伊野尾慧★知念侑李に 付き合いましょうか★めざましで公開告白

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★知念侑李に 付き合いましょうか★めざましで公開告白」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の「伊野尾慧」が「木曜レギュラー」を務める情報番組「めざましテレビ」「フジテレビ系」が「11月21日」に放送されました。




この日、「伊野尾慧」は、自身が撮影した写真を披露する「コーナー」「伊野尾ピクチャー」で、「Hey!Say!JUMP」の「メンバー・知念侑李」との「ツーショット写真」を紹介しました。仲が良いことで知られている「2人」ですが、「伊野尾慧」は「一昨日、メンバーの知念侑李と一緒にお昼ご飯を食べたんですけれども、昨日も知念侑李と一緒にお昼ご飯を食べました」といい、どんぶりを持っている写真と、「テーブル」越しに向き合っている「2枚」の写真を公開しました。「伊野尾慧」はこの写真について、「よーくよーく見てみると、2人別々に注文して頼んでるんですよ。だけど食べてる物がまったく一緒なんですよ!」と、「タイミング」が違っていても同じ「メニュー」を偶然注文していたという仲良し「エピソード」を明かしました。

これには「スタジオ」でも驚きの声が上がり、同番組の「メインキャスター・三宅正治アナウンサー」からは、「どんだけ仲いいんだよ!」と「ツッコ」まれます。すると、「伊野尾慧」は「付き合いましょうかね」と「知念侑李」に公開告白します。視聴者からは、「カップルにしか見えない!」「仲良しを極めている」という声が集まりました。

続いて、放送された「イノ調」では、一般人も利用できる社員食堂を「伊野尾慧」が調査します。「Yahoo! JAPAN」と「JICA」「国際協力機構」に足を運び、「JICA」では「地球ひろば」という開発途上国について体験学習ができる「コーナー」にも寄り道します。「カザフスタン共和国」や「ガーナ共和国」の民族衣装を着用し、「アフリカ」の打楽器を楽しんでいましたが、「今日の目的はここじゃないのよ!」とはっと我に返り、食堂に向かう「伊野尾慧」でした。




食堂の入り口には「J’s Cafe」の文字があり、どことなく「“ジャニーズ”」を感じたのか、「伊野尾慧」は「馴染み深いような名前」と一言。その後、各国の大使館からお墨付きをもらった「大使館セット」に舌鼓を打ちます。「イラク料理」の「ビリヤニ」「混ぜご飯料理」を、「伊野尾慧」は「おいしい!」と絶賛し、「ここでしか食べられない味っていうのがまた面白いよね」と満足気な様子でした。

この放送に、視聴者からは「民族衣装が、とても似合ってた!」「「地球広場」に行ったら、伊野尾さんの着た民族衣装を着られるの!?」という声が寄せられました。

もし告白が現実なことになっても「ファン」は誰一人驚くことはないでしょうね。



藤ヶ谷太輔★マスコミ報道に言及★初 紅白 会見の心境を振り返る

こんばんは。
今日は「藤ヶ谷太輔★マスコミ報道に言及★初 紅白 会見の心境を振り返る」の事をお伝えしたいと思います。

「11月20日」深夜放送の「ラジオ」「Kis-My-Ft2のキスマイRadio」「文化放送」に、「Kis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔」と「二階堂高嗣」が登場しました。「デビュー9年目」にして、「NHK紅白歌合戦」に初出場することが決まったばかりの「Kis-My-Ft2」ですが、この日の放送では「紅白」の記者会見時の様子について語りました。




番組冒頭で、「藤ヶ谷大輔」は「「紅白」に出場することが決まりました。ありがとうございます」とあらためて「リスナー」に報告します。会見の様子について、「一部マスコミ」が「キスマイが緊張した面持ちだった」と報道していたこと触れ、「もしかしたら、その記者のみなさんとか、キスマイは常にわちゃわちゃしているイメージを持たれてるのかなって。だからちゃんと静かにしてると「緊張してるんですか?」って言われるのかなって」と分析していました。

実際に、会見場でも記者から「すごい緊張されてますが」と声を掛けられたようで、「二階堂高嗣」が「ガチガチ「に緊張」ってわけじゃない」と当時の心境を明かすと、「藤ヶ谷大輔」も「だからあそこでさ、「全然緊張してないです」って言うのもなんかさ」と本音を吐露しました。

そして、「紅白」の本番については、「現段階では、まだ何も決まっていない」とのことです。「キスマイ」の代名詞である「“ローラースケート”」の「パフォーマンス」も未定だといい、「藤ヶ谷大輔」は「「スケボーやってください」って言われたらやる。要望にはもちろんお応えする」と冗談を交え、意気込みを語りました。




一方、「16日」放送の「ラジオ番組」「Kis-My-Ft2のオールナイトニッポンPremium」「ニッポン放送系」では、「北山宏光」も「紅白」の記者会見の裏側を話していました。「北山宏光」によると、記者の質問に対して、「メンバー」内で「マイク」を回すという段取りだったものの、「玉森裕太」をはじめ、ほかの「メンバー」が緊張していたことから、「北山宏光」が「1人」で受け答えをすることになったといいます。

そのため、両番組を聞いていた「ファン」からは「緊張していないなら、しゃべればよかったのに!」「北山の告発を2人は聞いたのかな~」「マイクの件について、藤ヶ谷と二階堂に言及してほしかった!」という声が上がりました。

伊達に「デビュー9年目」を迎えた「グループ」だけのことはありますよね。「マスコミ」が思っているほど緊張はしてなかったようですね。



西畑大吾★ちょっと待って&混乱★今まで一番過酷&漏らしたロケ

こんばんは。
今日は「西畑大吾★ちょっと待って&混乱★今まで一番過酷&漏らしたロケ」の事をお伝えしたいと思います。

関西地方で放送されている夕方の「報道・情報番組」「キャスト」「朝日放送」に、「水曜レギュラー」として出演している「関西ジャニーズJr.内ユニット」「なにわ男子」です。「メンバー7人」の中から週替わりで「2人」が「ロケ」に出て、関西のさまざまな仕事に体当たりで「チャレンジ」する「コーナー」「なにわの仕事を学びまSHOW」を担当しています。




「11月20日」放送では、「西畑大吾」と「大橋和也」が「信楽焼のお仕事」に挑戦しました。「ロケ」は信楽焼でできた狸の置物が並ぶ、「滋賀県・信楽駅」から始まります。「誰かに似てない?よく見る子にめっちゃ似てんねん」と切り出し、「「大西」流星~」と言いながら置物をなでる「大橋和也」に、「西畑大吾」が「やめろ!流星ちゃうわ!」と「ツッコ」む場面も見られました。

続いて「2人」は信楽最大の販売店を見学し、「なにわ男子」とゆかりの深い、「岡本太郎氏」の作品「太陽の塔」の背面にも、信楽焼が使われているという「エピソード」を学びます。その後、「2人」は「1,200度」を超える窯から作品を取り出す作業に挑戦することになり、顔面を「タオル」で覆った姿で登場します。「西畑大吾」は「タオル」を巻かれている最中に、「めっちゃ笑いながら「髪の毛も溶けるから」って言われたから」と不安を口にしていました。

そして、窯の扉が開かれると一気に熱気が広がり、あまりの熱さに「あっつ!ちょっと待って!」と躊躇する「西畑大吾」でしたが、職人から「早くいって。早くいかな色が変わる」と言われてしまいます。その後、職人の指示通り作品を取り出し、わらの上に乗せると作品の熱で藁が一気に燃え広がります。続いて「大橋和也」が、わらと水を使い作品を冷やすとついに完成します。その色合いの美しさに、「2人」とも感動していたものの、「西畑大吾」は「「キャスト」の今までのロケの中で一番過酷なロケやったわ」と本音を漏らしました。




次に、「2人」は「オリジナル」の作品を作ることになり、手先が器用な「大橋和也」は、土から空気を抜く「菊練り」も難なくこなします。一方、「西畑大吾」は「不器用で通っているんで、今回で巻き返していく」と宣言しましたが、案の定ぎこちなく、職人からは「空気をますます入れてしまっている」と指摘されていました。その後はろくろを回し、「大橋和也」は難易度の高いお皿を、「西畑大吾」は比較的簡単なお茶碗に挑戦し、なんとか完成します。焼き上がった作品が「スタジオ」で披露されると、その出来栄えに、「レギュラー陣」から称賛の声が飛び交いました。

番組を見ていた「ファン」からは「西畑くんの不器用なところが愛しい~」「過酷なロケに頑張って偉い!」「ビビりで不器用なところも、全部かわいい」といった愛にあふれた感想が寄せられていました。

過去の「ロケ」よりも過酷だったようですが「西畑大吾」の明日への糧になったことは間違いないでしょうね。



松岡昌宏★童貞疑惑浮上★長瀬智也から照れてるな&ツッコまれた訳

こんばんは。
今日は「松岡昌宏★童貞疑惑浮上★長瀬智也から照れてるな&ツッコまれた訳」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO」の冠番組「TOKIOカケル」「フジテレビ系」が、「11月20日」に放送されました。この日は「ゲスト」に、「俳優・高良健吾」と「お笑いコンビ・ガンバレルーヤ」の「まひる、よしこ」を迎え「トーク」を展開しました。「合コンに誰呼ぶ?」という話題から、「まひる」が「合コン未経験」であると判明し、独身の「松岡昌宏」と「長瀬智也、高良健吾、ガンバレルーヤ」の「2人」で、「男女比3対2」の「“模擬合コン”」を開催することになりました。




開始早々から、男性陣の間に「ガンバレルーヤ」が入るという席替えを「よしこ」が提案します。座り順を決めるとかこつけ、「よしこ」が間近で男性陣の顔を凝視する一幕がありました。「10月9日」の放送回で、「よしこ」のおでこに「キス」をしていた「長瀬智也」は、そのことを思い出したのか、「俺、「この前」キスしてるからドギマギしてる!」と言い、早くも「よしこ」に翻弄されている様子でした。

その後、それぞれが自己紹介をすることになり、積極的な「よしこ」は「どこに住んでいるんですか」と出演者たちの住所を聞き出そうとします。すると、「松岡昌宏」は実際の「住所」を明かし、「スタジオ」は笑いに包まれます。そんな中、「よしこ」の提案で「愛してるゲーム」をすることになります。隣の人に「愛してるよ」と言い、照れた方が負けという「ルール」ですが、「松岡昌宏」は「僕ら男チームは負けないでしょ」と豪語します。ですが、いざ隣に座る「まひる」と向き合うと、「松岡昌宏」は「イヒヒヒヒ」と照れ笑いします。




「俺、余裕だと思ってたんですけど」と焦りを見せる「松岡昌宏」に、「まひる」は「もしかして童貞ですか?」と疑問を投げかけ、これには出演者たちも大爆笑します。気を取り直し、あらためて「ゲーム」に挑戦することになります。「まひる」の「愛してるよ」になんとか持ちこたえ、「俺も愛してるよ」と照れずに返答できた「松岡昌宏」でしたが、「まひる」に「ここで言って」と、顔面から「10センチ」ほどしか離れていない「“至近距離”」でのささやきを要求されます。「松岡昌宏」は「ニヤニヤ」してしまい、「長瀬智也」から「照れてるな!」と「ツッコ」まれながらも、なんとか成功します。その後、「まひる」が唇を突き出す「“キス顔”」をしたため、「松岡昌宏」は涙が出るほど大笑いし、照れて熱くなったのか、手で顔をあおいでいたのでした。

「松岡昌宏」の反応に、視聴者からは、「松岡くんの童貞疑惑に笑った」「愛してるゲーム最弱王の決定」「一番照れていて、かわいかった!」という声が集まっていました。

「松岡昌宏」が童貞でないのは分かっていてもこの手の話になると笑ってしまいますよね。



村上信五★預貯金30億円説★銀行から電話が&ジャニ勉で告白

こんばんは。
今日は「村上信五★預貯金30億円説★銀行から電話が&ジャニ勉で告白」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の冠番組「関ジャニ∞のジャニ勉」「関西テレビ」が、「11月20日」深夜に放送されました。今回は、「タレント・生島ヒロシ」と「女優・平祐奈」を「ゲスト」に迎え、お金にまつわる「トーク」を展開しました。

「生島ヒロシ」は、年収が「4億円」近くあった時代に不動産を買いあさり、「バブル」が弾けると一転して、借金「10億円」を背負うことになったといいます。あまりの波瀾万丈ぶりに、「関ジャニ∞メンバー」も驚くばかりでした。




「生島ヒロシ」は現在も、当時購入した「4億円」の豪邸に住んでいるとのことで、暖炉まであるきらびやかな「リビング」の写真が紹介されます。また、「バスルーム」は大理石でできているといい、「安田章大」から「冬場入ったら寒いですって~!冷えますって!」と独特の感想が漏れます。

そして、玄関には甲冑が飾られており、「大倉忠義」から「村上くんと一緒やん!」と声が上がります。というのも、「村上信五」は自宅に徳川家康の甲冑を飾っているとのことで、「大倉忠義」は「やっぱ金持ちって飾るんかなあ~」と「ポツリ」。「MC業」で活躍する「生島ヒロシ」と「村上信五」に、まさかの共通点が発覚し「メンバー」は大爆笑します。「村上信五」は「ちゃうちゃう!好きで~趣味やから!」と否定しますが、「横山裕」は「俺ら甲冑飾ろうなんて発想がないから!」と言い、「金持ちMCは甲冑を飾る」という新しい定説が生まれたようです。

また、「月400万円」の借金返済など、不動産投資で痛い目に遭っている「生島ヒロシ」ですが、「芸能界は不安定だから」という理由で続けているといいます。すると「生島ヒロシ」は「「村上の」預貯金が30億円くらいあるって聞いた」と切り出し、「村上信五」に不動産投資を勧めます。「横山裕」が「そんなないです。29億くらいです」と「ツッコ」むと、「あらへん!あらへん!」と全力で否定する「村上信五」でした。




その後も「生島ヒロシ」は、「東京オリンピック後の、「価値が」下がった時に、不動産を爆買いしておけばいい」と熱心に説明しますが、「村上信五」は終始苦笑いします。すると「村上信五」が「俺、最近銀行からおんなじ「内容の」電話かかってきましたよ!」と告白し、「スタジオ」は笑いに包まれました。

この日の放送を見ていた「ファン」からは「銀行から電話がかかってくることを、さらっと言う村上くんすごい」「村上さんガチの資産家じゃないですか!」「銀行も認めるお金持ち!」と驚きの声が寄せられていました。

銀行からの電話があること自体「村上信五」に対する信用度の高さが見え隠れしますよね。



SixTONES★Takaプロデュースが滝沢秀明の本命★元ジャニーズを起用したがる訳

こんばんは。
今日は「SixTONES★Takaプロデュースが滝沢秀明の本命★元ジャニーズを起用したがる訳」の事をお伝えしたいと思います。

「2020年1月22日」の「CDデビュー」が決定している「ジャニーズJr.内ユニット・SixTONES」の「デビューシングル」を、「X JAPAN・YOSHIKI」が手がけると発表されました。「ジャニーズ事務所副社長」で、「ジャニーズアイランド」の社長を務める「滝沢秀明」の「熱烈オファー」によって実現したというのですが、一部業界関係者の間では「滝沢の「“本命”」は別人だった」と指摘されています。

「SixTONES」は、「10月23日」に行った「YouTube」の「Johnny’s officialチャンネル」の「ライブ配信」内で、来年「1月」の「CDデビュー」を発表しました。現在、「ホールツアー」「Rough“xxxxxx”」の真っただ中ですが、「19日」に行われた東京公演中に、楽曲の「プロデューサー」が「YOSHIKI」であることを明かしました。「滝沢秀明」が「“ダメ元”」で直談判したといい、その熱い思いに、「YOSHIKI」が動かされたそうです。




ですが、「滝沢秀明」には「YOSHIKI」以上に熱視線を送っていた人物がいたといいます。

「滝沢秀明」の「“第1希望”」は、「ONE OK ROCK・Taka」でした。「8月」に発売された「女性セブン」「小学館」でも報じられていましたが、「滝沢秀明」は本気で「Taka」に「オファー」を出していたそうです。

「ONE OK ROCK」といえば、今や海外でも活躍する日本を代表する「ロックバンド」ですが、その「ボーカル」を務める「Taka」は、かつて「ジャニーズ事務所」に所属していたことでも知られています。

「2001年」に「ジャニーズ事務所」に入所した「Taka」は、「2003年9月」に「NEWS」の「メンバー」に選ばれたものの、同「12月」には事務所から去ってしまい、「グループ」も脱退した形になりました。一方、「滝沢秀明」は「Taka」が「ジャニーズ」に在籍していた当時から、「ジャニーズJr.」をまとめる「リーダー役」で、「セブン」でも伝えられていたように、両者は当時、「ジャニー喜多川氏」を介して知り合っていました。今年「7月」に「ジャニー喜多川氏」が亡くなり、その遺志を継いだ「滝沢秀明」は、「SixTONES」を世界で活躍できる「グループ」にすべく、「ワールドワイド」な「Taka」に協力を依頼したというわけです。




ですが結局、「SixTONES」は「YOSHIKIプロデュース」の楽曲で「デビュー」することになりました。

「Taka」はこれまで「“元ジャニーズ”」という肩書のせいで「テレビ」に出られない といった、「“芸能界の掟”」のようなものを毛嫌いしていて、周囲にもそう公言していたそうです。それだけに、今や「ジャニーズ」の「“大幹部”」となった「滝沢秀明」からの「オファー」には相当驚いたでしょう。当初は取り合おうともしなかったようですが、その後、「滝沢秀明」の本気さに心を揺さぶられたのか、一度は回答を「“保留”」とする動きもあったという話も。これには、「滝沢秀明」が「ジャニーズを退所したら、芸能界から干される」という慣習を、今後はなくしていきたいと考えていることも少なからず影響したのではないでしょうか。結局今回は、残念ながら話が流れてしまったものの、もし「Taka」が首を縦に振っていたら、それこそ芸能界の誰もが仰天するような、「大ニュース」になっていたかもしれません。

「滝沢秀明」の「“改革”」により、「“元ジャニーズ”」と「“新世代ジャニーズ”」の「コラボレーション」が実現する日はそう遠くないかもしれないですね。

今回に限ってはお互いの距離感を図るいい機会になったように思えますよね。



関ジャニ∞&嵐も被害★デジタルチケットの惨劇★事務所アホ&呆れた声

こんばんは。
今日は「関ジャニ∞&嵐も被害★デジタルチケットの惨劇★事務所アホ&呆れた声」の事をお伝えしたいと思います。

「11月20日、ジャニーズ事務所」の「ファンクラブサイト」に「アクセス」が殺到し、「関ジャニ∞」の「コンサート」や、「一部イベント」において、「デジタルチケット「QRコード」が表示されない」という「アクシデント」が発生しました。さまざまな要因が重なって「サーバー」に負荷がかかってしまったものとみられますが、「ジャニーズファン」からは「サーバーダウンでサイト開けないとか、もうデジチケやめたら」「運営がアホすぎる」と、手厳しい声が相次いでいます。

騒ぎの発端は「20日午後12時頃、1時開演」の「関ジャニ∞ 47都道府県ツアー UPDATE」熊本公演に参加する人や、「東京・ソニーミュージック六本木ミュージアム」で開催中の「ARASHI EXHIBITION “JOURNEY” 嵐を旅する展覧会」に向かう「ファン」などの書き込みでした。入場の際は、「ファンクラブ」の「会員サイト」へ「ログイン」後に「QRコード」を表示し、係員に見せる形ですが、同時間帯は「ファンクラブページ」がつながりにくい状況だったそうです。




同時間帯には、来年「デビュー」する「SixTONES」と「Snow Man」の「ファンクラブ入会」受け付けが始まったばかりで、我先にと申し込む「ファン」により「アクセス」が集中したとみられています。また、この日は「ARASHI SPECIAL SHOOTING “5×20” at Tokyo Dome 2019.12.23」の当選発表と、「King&Prince」が出演する番組協力の当選発表も重なっていたそうです。

「関ジャニ∞」の「コンサート」や「嵐を旅する展覧会」に加えて、「関西ジャニーズJr.内ユニット・Aぇ!group」も同日に公演を控えていました。なお、「関ジャニ∞」は熊本公演のあとに福岡公演を行うという、「1日2ステージ」の予定でした。「チケット」が表示されず、焦る「ファン」の人数も「2倍」になりました。通常、「デジタルチケット」の「案内メール」には、「万が一の大規模な電波障害等」の可能性もあるため、「スクリーンショットでかならず保存してください」と、記載があります。とはいえ特別な事情がない限り、「スクリーンショット」での入場はできない仕組みのようです。「コンサート」に行く「ファン」は大焦りしたことでしょう。

「一部ファン」の間で「嵐の展覧会、これから行くんだけどサイト開けない。困る」といった「“悲鳴”」が上がると、「スノストのFC入会の影響を考えなかった事務所がバカ」「スノストFC開設でサーバー落ちてデジチケが表示できないのは、あまりにも可哀想」「事務所、相変わらずデジタル関連に弱いな」と、「事務所サイド」への批判が飛び交いました。そんな中、「SNS」上で「デジチケ使う人のために、6時までFCページにアクセスしないで」との呼びかけも広まり、「3時頃」までには「ファンクラブページ」は閲覧できるようになったといいます。




「デジタルチケット」を導入した直後には、多くの観客が入場できず大惨事になったこともあります。「2017年4月8日」に開催された「ジャニーズJr. 祭り」の昼公演では、「“機材トラブル”」により「約80分」遅れで「スタート」するなど、前代未聞の公演になりました。「翌9日、ジャニーズ」は「公式サイト」で「本来、存在しない座席番号がチケットに印刷されてしまっていることが、開場後すぐに発覚いたしました」と説明し、主催者側の「コンサート事務局」と「ヤング・コミュニケーション」の連名で謝罪しました。その後、「デジタルチケット関連」で「“事件”」はなかったものの、ここへ来て大きな「ミス」を犯してしまいました。

なお、最も緊急性の高かった「関ジャニ∞」の熊本公演は、「スクリーンショット」を保存していた人が会場内へ通されたほか、会員証や身分証明書を提示するなどの対応を取り、無事に入場できた「ファン」も少なくなかったようです。また、「MC」では「メンバー」が「電波障害起こったでしょ?」と、「タイムリー」な「デジタルチケット」の話題に触れる場面もあったそうです。

今後はこうした「ハプニング」が起こらぬよう、改善してくれることを願いたいですね。

「ファン」としては「デジタルチケット」を手に入れようと頑張っているのに「サーバーダウン」してしまうようでは話になりませんよね。



小島健★末澤誠也のむちゃくちゃな振る舞い★限界訴える&復讐方法

こんばんは。
今日は「小島健★末澤誠也のむちゃくちゃな振る舞い★限界訴える&復讐方法」の事をお伝えしたいと思います。

「関西ジャニーズJr.」の「メンバー」が週替わりで「パーソナリティー」を務める「ラジオ番組」「関西ジャニーズJr.のバリバリサウンド」「FM OH!85.1」です。「11月19日」の放送は、「関西Jr.内ユニット」「Aぇ!group」の「正門良規、末澤誠也、小島健」が担当しました。




「11月5日」の放送で、「末澤誠也」による度重なる「“いじり”」に憤慨し、「復讐」を誓った「小島健」です。番組内で「#小島復讐」という「ハッシュタグ」を考案し、「末澤誠也」への復讐方法を「リスナー」から募集する展開となりました。そして今回、「エンディング」で「小島健」から「末澤パイセンのむちゃくちゃな振る舞いに我慢の限界が来たわたくし小島は、パイセンにどうやって復讐したらいいのか、その方法をみなさんから募集していたところ、たくさんの案がホンマに来まして!」との報告がありました。

「小島健」によると、「リスナー」から送られてきた「“復讐案”」は「約70件」で、「末澤誠也」は「来すぎちゃう!?」と驚きます。ちなみに、「#小島復讐」と同時に「末澤誠也」から「#末澤逆襲」、「正門良規」から「#正門協力」の「ハッシュタグ」が提示され、同じくその方法を「リスナー」から募っていましたが、「#末澤逆襲」は「4件」、「#正門協力」は「2件」だけだったとのことです。

「“復讐案”」の内容を見てみると、「飲み物がレモン汁」「何かの流れで髪の毛1本抜く」といった地味なものが多かったそうで、「小島健」は「みなさんこれ、僕からの疑問なんですけど、これでホンマに「“小島復讐”」って成り立つんかなって思うんですね、僕は」と、冷静に指摘します。「正門良規」が「甘いってこと?」と尋ねると、「小島健」は「甘い!もっと待ってますから!」と、引き続き「末澤誠也」への復讐案を募集すると宣言しました。




「小島健」の熱弁はさらに続き、「もっとみなさんが見たいものを送ってくれたらいいですから!誠也くんのファンも「こういう誠也くんが見たい」というのがあれば、小島が協力しますんで!」と、「末澤誠也」の「ファン」にも「#小島復讐」の内容を募り始めます。すると、「末澤誠也」もすかさず「小島のファンの人らも、「小島くんのこうなってるの見たい」ってなったら、ぜひ「“#末澤逆襲”」に送ってもらえたら。僕ちゃんと引き受けますんで!」と対抗します。思わぬ展開に焦る「小島健」は、「まずは「“#小島復讐”」ですからね?」と「末澤誠也」の発言を訂正し、放送終了「ギリギリ」まで「小島復讐 小島復讐」とささやき続けたのでした。

「リスナー」からは「復讐の内容募集しといて文句言い始めるの笑う」「「小島復讐」ってささやくの怖いからやめて~「笑」」「小島くんが納得する復讐方法を考える「“大喜利”」みたいになりそうじゃない!?」といった反響が寄せられていました。

「末澤誠也」の「イジリ」に耐えてきた「小島健」には「スカッ」とするような復讐を期待したいですよね。



SixTONES★デビュー曲YOSHIKI提供★さすがタッキー&滝沢の功績みたいで嫌

こんばんは。
今日は「SixTONES★デビュー曲YOSHIKI提供★さすがタッキー&滝沢の功績みたいで嫌」の事をお伝えしたいと思います。

「2020年1月22日」に「デビュー予定」の「ジャニーズJr.内ユニット・SixTONES」の「デビュー曲」が、「X JAPAN」の「YOSHIKI」による作品であることがわかりました。「ジャニーズ事務所副社長」に就任したばかりの「滝沢秀明」の熱意がかなって実現したとされ、「ネット」上ではさまざまな声が上がっています。

「SixTONES」は、「11月19日」の単独公演「Rough“xxxxxx”」で、「デビュー曲」を「YOSHIKI」に提供してもらったと発表しました。この吉報が「ニュース」でも報じられると、「ネット」上では「楽しみ」「絶対カッコイイ曲になりそう」「さすがタッキー。やるなぁ」と「ファン」から喜びや感謝の声が飛び交いましたが、「一部ジャニーズファン」からは「どの媒体もこぞって滝沢上げしているのが気持ち悪い」「SixTONESのデビューなのに、滝沢ばかりフィーチャーしすぎじゃない?」という「コメント」が見受けられます。




どうやら、一部の「ファン」は「滝沢秀明」と「SixTONES」の名前を揃って扱うことに否定的なようで、「SixTONESの実力なのに、滝沢のおかげみたいになるのが嫌」「滝沢の功績の方が大きなニュースになっている」と不満を募らせているようです。実際、いくつかの「ニュース記事」の「タイトル」では「滝沢秀明」の名前が前面に押し出されています。

「YOSHIKI」が発表した「コメント文」には、「滝沢秀明」の名前が「4回」登場するようです。「滝沢さんからお話をいただいたのは、ジャニーさんがご存命の頃でした」と、以前から「オファー」を受けていたと明かした上で、ですが一度は断るつもりだったとも述べています。それでも、「滝沢さんの熱心な思いに心を打たれ」、提供を決意したようです。その後も、「楽曲については滝沢さんとも話し合い」「先見の明を持つ滝沢さんのもと」などの言葉が続いています。

こうした「コメント」や「ニュース記事」を目にしたことで、「滝沢のせいでSixTONESが霞む」「裏方は裏方らしく前に出てこないで」との反発が起こったのでしょう。




一方で、「SixTONES」と「同日デビュー」する「Snow Man」については、曲の詳細が明らかになっていません。「滝沢秀明」は「YOSIKIさんと競合する形は避けたい」と、「ビッグネーム」の起用は暗に否定しているものの、「滝沢はスノの方がお気に入りだから、話題性抜群の人物にお願いしてるのでは?」といった指摘も出ています。

「Snow Man」の「メンバー編成」や「デビュー」については、「滝沢秀明」の意向が強いと「ファン」の間で言われています。ひょっとしたら、「滝沢秀明」自らが「楽曲プロデュース」ということもあり得るかもしれません。

「デビュー」前から「滝沢秀明プロデュース」の印象が強い「SixTONES」と「Snow Man」です。「デビュー」後は、自分たちの力だけでも勝負できると世間に知らしめてほしいところですね。

「SixTONES」の知名度を世に早く知り渡らせるためにも「YOSHIKI」からの「デビュー曲」提供が必要だったのかも知れないですね。



三宅健★嵐はおじさんと認定★若く見えますけど&VS嵐 収録ウラ話

こんばんは。
今日は「三宅健★嵐はおじさんと認定★若く見えますけど&VS嵐 収録ウラ話」の事をお伝えしたいと思います。

「V6・三宅健」が「パーソナリティ」を務める「三宅健のラヂオ」「bayfm」です。「11月18日」深夜の放送回では、「三宅健」が「ゲスト出演」した「VS嵐 3時間スペシャル」「フジテレビ系、11月14日放送」の裏話が語られました。

同番組は「スペシャル版」として、「嵐メンバー」が「5チーム」に分かれて対決し、最後まで勝ち残ると「Mr.VS嵐」の称号をもらえるという企画を放送しました。「三宅健」は「お笑い芸人・狩野英孝」とともに「相葉雅紀チーム」へ参加し、番組おなじみの「アトラクション」「キッキングスナイパー」と「クリフクライム」で、「二宮和也チーム」と対戦しました。




「三宅健」は「ゲーム」について「僕は「クリフクライム」はやりたくないとアンケートに書いてたんですよ」と、「事前アンケート」で「“NG”」を出していたと告白します。その理由は、以前「三宅健」が同番組で「クリフクライム」に挑戦した際、頂上まで登ったものの「“終了ボタン”」を押し忘れて結果が残せず、これが「トラウマ」になっているからだといいます。ですが、「まあ やらざるを得ない状況になっちゃったんで。先輩として頑張ってやったんですけど」と渋々挑戦しましたが、「相葉雅紀」が「ゲーム」の途中で「ミス」をしてしまい、「二宮和也チーム」に敗北してしまいました。

そんな「クリフクライム」について、「三宅健」は「松潤「松本潤」と櫻井「翔」のチームに選んでほしかった」と「コメント」します。「松本潤チーム」には「King&Prince・岸優太、櫻井翔チーム」には「KUT-TUN・上田竜也」がいたため、「三宅健」は「一番若くてピチピチしてて体が動くであろう岸優太と、肉体系の上田くん。この対戦を見たいじゃないですか?」と、「“本気の対戦”」をするべきだったと指摘します。「だからそこは、松潤と櫻井のチームに選んでほしかったんだけど」と惜しみつつも、「三宅健」は「奴らも若く見えますけども、おじさんなんで。たぶん「クリフクライム」は嫌って選ばなかったんだと思う。と、「松本潤」と「櫻井翔」の心情を推測していました。

また「VS嵐」では、「三宅健」が「相葉雅紀」と「ケンカ」をしながら「キス」で仲直りをする、「お笑い芸人・ダチョウ倶楽部」の「ネタ」のような場面があり、「ファン」を盛り上げていました。これについて「三宅健」は、「あれもなんだったかわかんないよね、突然だから。相葉がたぶん、あいつ、かわいいもんだから「“フリ”」だって思っちゃって、まさかのキスしてきた」と告白します。どうやらこの流れは、「2人」で事前に打ち合わせたことではなく、その場の雰囲気で起きた「“想定外”」の展開だったようです。




ちなみに「三宅健」は、以前「櫻井・有吉THE夜会」「TBS系」に出演した際、「櫻井翔」とも「“ケンカからのキス”」を披露します。今回の「ラジオ」では改めてこれを振り返り、「「嵐で」2人目のキスをするとは、私も思いもしませんでした」としみじみ語っていたのでした。

この放送に「ネット」上では、「健くんと相葉ちゃんのチューは台本的なものがあると思ってたけど、違うの!?」「健くん、相葉ちゃんのこと本当にかわいがってるよね~」「このまま嵐5人とキスしそうな勢いの三宅さん すごいな「笑」」といった声が寄せられていました。

「三宅健」の「松本潤&櫻井翔」の心理を知り尽くしたような発言には笑ってしまいますよね。