中間淳太&小瀧望★ご新規ファン★WESTとはこういうものや★熱心にプレゼン

こんばんは。
今日は「中間淳太&小瀧望★ご新規ファン★WESTとはこういうものや★熱心にプレゼン」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズWEST」の「メンバー」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「bayじゃないか」「bayfm」です。「9月15日」深夜の放送回は、「1年2カ月」ぶりに「中間淳太」と「小瀧望」の「コンビ」が「パーソナリティ」を務めました。

「10月24日」に「ツアーDVD&Blu-ray」「ジャニーズWEST LIVE TOUR 2018 WESTival」の発売が決定した「ジャニーズWEST」です。「3月28日」に行われた「大阪城ホール公演」の模様と、「WEST初」の試みとなる「ツアー型密着バラエティ」「未来ダイアリー」も一緒に収録されるといいます。




現在、「ジャニーズ・エンタテイメント公式サイト」には「未来ダイアリー」について、「お題に書かれた「“未来の出来事”」をLIVE中に遂行していた!?」とその内容が記されていますが、これについて「大変やったな、これホンマ」と「中間淳太」です。「小瀧望」にいたっては「大変でした。正直言ってね、あんまりやりたくなかった」と正直に告白していました。

「ライブ初日」に「ミッション」を遂行した「中間淳太」は「ほんま地獄でしたよ」と愚痴をこぼし、「小瀧望」から見ても「淳太とか可哀想やったもんな、ほんま」という状況だったようです。ただ、「ライブ」に参戦した「ファン」からは「ミッションってなに?淳太スタート?何も不思議に思わんかったんやけど」「えっ?初日参戦したけど 何してたんだ「笑」?」という声があがっており、一体何をしていたのかについては発売までのお楽しみとなりそうです。

そして、連載「中間地点」を「女性ファッション雑誌」「Oggi」「9月号」「小学館」から「スタート」させている「中間淳太」に、「「Oggi」の連載で中間さんを知り、ジャニーズWESTに興味を持ちました」というお便りが寄せられると、「ご新規様1名入りました~!」と「2人」とも大喜びでした。

「どのアルバムやCDがおすすめですか?」との質問には「ライブDVDを一番見てほしい」としながら、「アルバム」については「僕がおすすめするのは「なうぇすと」「2016」か「パリピポ」「2015」かな」とのことでした。また、「「パリピポ」は社会人向けの曲「Toxic Love」とか、なんかどっか懐かしいメロディーというか、そういう曲が多いからすんなり入ってくる」と解説し、「「Mambo de WEST!」とか、そういう曲は僕ら今でも印象に残ってるし。すごいなんだろな、いい感じの全世代が楽しめるアルバムになってると思うから。あの人気曲の「PARTY MANIACS」も入ってきたりするから」と、「新規ファン」に向けて熱心に「プレゼン」していました。




ほかにも、「ドライブデート」するなら「WESTival」「2018」がおすすめだそうで、「中間淳太・小瀧望・藤井流星」による「Into Your Eyes」や「神山智洋」が作詞作曲した「Evoke」など、「メンバー」が関わっている曲についてもしっかりと「アピール」していました。

そして「DVD」なら、「2人」とも「ジャニーズWEST 1stドームLIVE 24「ニシ」から感謝届けます」「2017」がおすすめのようで「一応ひとつの夢が叶った瞬間やから、すごい良い顔してるし。あと、「“WESTとはこういうものや”」っていうのがすごい体感できるというか、そういうライブになってるから」と、熱く解説していたのでした。

新しい仕事で「グループ」の「知名度アップ」に貢献できたとなれば、「中間淳太」もうれしかったことでしょう。とりあえず、これから「ジャニーズWEST」をもっとよく知りたいという人は、今回「中間淳太」がおすすめした「4枚」と今度「リリース」される「DVD」も「要チェック」ですね。

自分達のことは自分達が良く分かっているからこそ自信を持って「新規ファン」に「オススメ」できるんでしょうね。





ジャニーズランキング

相葉雅紀★嵐メンバー★くん&ちゃん呼び★村上信五は呼び捨てのワケ

こんばんは。
今日は「相葉雅紀★嵐メンバー★くん&ちゃん呼び★村上信五は呼び捨てのワケ」の事をお伝えしたいと思います。

「9月14日」の「嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス」「文化放送」では、「相葉雅紀」が「メンバー」の呼び名について言及する場面がありました。

今回の「オープニング」は「自炊ネタ」で「スタート」しました。「いやぁもうさぁ、また今年もですよ。「“そうめん余った問題”」」と話し出した「相葉雅紀」です。大好きなそうめんは自分で買うことが多いといいますが、「出張が多かった。今年はね」と、家を空けることもあったことから、そうめんが余ってしまったといいます。




そして、余ったそうめんを消費すべく「またね、また「“カレーそうめん”」」と「相葉雅紀」にとっては定番の「カレーそうめん」を作って食べたようです。その結果、そうめんは消費できたようですが、「カレー炒めてるだけで次の日「“筋肉痛”」になっちゃった」と告白しました。

「カレー」を作るだけで筋肉痛とは何事かと思いますが、「右手のココなんつうの?親指と人差し指のこのL字の間あるじゃん。なんつうの?水かきのところ。そこが筋肉痛になっちゃって。木のヘラでずっとこう玉ねぎ炒めてたんだよ。パッパパッパと」と、玉ねぎを炒める工程で指を酷使したようです。本人は「普通のカレーなんだけど」と言っていましたが、「玉ねぎ超炒めた!」と話すあたり、「カレー」に対するこだわりは相当強い様子です。

その後、「リスナー」からの「関ジャニ∞の村上「信五」くんが、以前ラジオでメンバーの呼び方について話していましたが、嵐さんたちが、お互いを呼び捨てで呼んでいるのは聞いたことがないと思いました。誰か呼んでいますか?」という「メッセージ」が紹介されると、「ないね、嵐」ときっぱりです。

「テレビ出演時」も「メンバー」を呼び捨てにすることはない「相葉雅紀」ですが、普段から、「櫻井翔、大野智、松本潤、二宮和也」のことを「翔ちゃん、リーダー、松潤、ニノちゃん」と普段は「くん」や「ちゃん」付けで呼んでいると説明します。




ですが、「逆に、関ジャニ∞の村上くんは「村上」とか呼ぶの?」と「番組アシスタント」に聞かれると「うん。「村上」とか「むら」とか。「年齢は村上の方が」1個上だけどね。でも、まぁ大体「ジャニーズ事務所に入所した時期が」一緒くらいだからね」と、「村上信五」のことは呼び捨てのようです。

さらに「呼び方が、昔そんな呼び方してたな~みたいな呼び方あります?」と聞かれると「嵐ってないんじゃない。変わんなくない?変わんない嵐は」と「相葉雅紀」でした。最初こそ、「櫻井くん」と呼んでいた時期はあったといいますが、それを「さっくん」という感じの「ニックネーム」で呼んだりしたこともないと明かしたのでした。

もうすぐ「デビュー20周年」を迎える「嵐」です。いつまでも「メンバー同士」の関係がいいのは、昔と変わることのない呼び方も関係しているのかもしれないですね。

ずっと「くん&ちゃん」呼びにしてきたのなら今さら変えられませんよね。





ジャニーズランキング

伊野尾慧★八乙女光・極秘操作法伝授★ちょっと泳がせる操作方法

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★八乙女光・極秘操作法伝授★ちょっと泳がせる操作方法」の事をお伝えしたいと思います。

「9月15日」は、現在公演中の「ツアー」「Hey!Say!JUMP LIVE TOUR SENSE or LOVE」静岡公演を終えてすぐ、「生放送ラジオ」「らじらー!サタデー!」「NHKラジオ第1」に出演した「伊野尾慧」と「八乙女光」です。今回は、「高木雄也」と静岡出身の「知念侑李」も「ゲスト」として登場しました。

「高木雄也」は、「ライブ」の「MC中」に「「らじらー!」出るかわかんねぇ。フィフティーフィフティーですよ」と言っていたらしいのですが、「そんなこと言いながらも、「コンサートが」終わった瞬間に「伊野尾くん出るね」「と高木が言ってくれた」」と「伊野尾慧」が暴露しました。




「らじらー」は「生放送ラジオ」のため、「リスナー」の反応を「SNS」で確認できたり、「Twitter」を通して「リスナー」とやりとりができるのですが、これを知った「高木雄也」は「すごいね!こんないっぱい、ばーって来るんだね。楽しい~」と「テンション」も上がっている様子です。

もう「1人」の「ゲスト」である「知念侑李」は、自身の「ソロ曲」「159」にちなみ「159って、ほんとはどんな意味?」という企画を展開します。なんと「ラジオ放送」もちょうど「159回目」だったようで、この共通点に「知念侑李」は「「らじらー!」僕、レギュラーの方がいいんじゃない」と「コメント」しました。また、「高木雄也」の「ソロ曲」「題名の無い物語」にちなみ、「リスナー」から寄せられた「何気ないエピソードに題名をつける」という企画では、お便りを紹介する「八乙女光」が、「カナダに留学してきました」を「神奈川県に留学してきました」と読み間違えたり、「自宅療養」を「じたくようよう」「じたくりょうりょう」と噛んでしまったりと、「グダグダ」な展開になりました。

これに「高木雄也」は大爆笑していましたが、「ラジオ」の相方を務めている「伊野尾慧」は「気づいてもちょっと泳がせる。泳がせることによって面白いことになるから」と、いつもの感じで対応します。「なんでカナダを神奈川県と間違えたの?」「伊野尾」「わっかんねぇわ、カナにいっちゃった」「八乙女」「だってカタカナよ!?」「伊野尾」「たしかにね」「八乙女」というやりとりをする「2人」の後ろで、「面白い」と「知念侑李」です。「高木雄也」にいたっては、「クックック」と笑いをこらえるのに必死な様子がうかがえました。




そんな「八乙女光」の天然発言に、「リスナー」も「カナダを神奈川県っていうの、最高すぎるでしょ」「ひかる、今日も絶好調だね!」「漢字とカタカナとか読み間違えようがないのに、ひかの脳みそファンタジー」「カナダを神奈川県って間違えるひかが、もう可愛くて仕方ないのと同時に心配になる「笑」。でもこれでこそ八乙女光」と大爆笑していました。

いつも奇想天外な読み間違いを披露している「八乙女光」です。若干、心配になるところもありますが、これからも「伊野尾慧」にはどんどん「八乙女光」を泳がせてもらって、面白い「天然エピソード」を引き出していってほしいものですね。

「伊野尾慧&八乙女光コンビ」が長いせいか「伊野尾慧」の「八乙女光」に対する優しさが伝わってきますよね。





ジャニーズランキング

二宮和也★木村拓哉&明石家さんま★間合いがある★共通点を語る

こんばんは。
今日は「二宮和也★木村拓哉&明石家さんま★間合いがある★共通点を語る」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・二宮和也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「BAY STORM」「bayfm」が「9月16日」に放送されました。この日の放送でも「リスナー」から送られてきた「メッセージ」を読み上げ、それに答えていった「二宮和也」ですが、その中で取り上げられたのは「4月期」に放送された「二宮和也」主演の「ドラマ」「ブラックペアン」「TBS系」に関する話題でした。いまもなお「リスナー」から「メッセージ」が送られてくるほどの人気作となっていますが、この日も「続編期待しています」という「メッセージ」が取り上げられていました。




以前も番組内で「ブラックペアン」続編について「原作構成上難しい」と述べていた「二宮和也」は、この日も「続編、あってほしいと思う?」と語りかけつつ、「ないよ」と断言します。原作が「3部作」で、「竹内涼真」演じた「世良雅志」が主人公になっていることから、続編を「二宮和也」演じた「渡海征司郎」で作るのは実質不可能だと言い、「SPがあるかないかぐらいじゃない?続編はないでしょ、たぶん。俺はそんなに出て来られないよ」「だって渡海先生病院辞めちゃったし。違う病院の方描いちゃったらオリジナルでしょ?出て来られない人も出てくるし。難しいと思うよ」と同じ「メンバー」での「ブラックペアン」続編を望む声を徹底的に否定しました。「ドラマファン」からは、「やっぱり難しいのか」「無理ってわかってても「ブラックペアン」また見たいって思うのやめられない」といった声が集まっていました。

その後は、「二宮和也」出演の映画「検察側の罪人」で主演を務めた「木村拓哉」の話題になりました。「明石家さんま」の番組で「明石さんま」と「木村拓哉」は、「2人」ともせっかちという結論が出た、という話から「二宮和也」は「せっかちってイメージあるかなあ?」と首を傾げつつ、「せっかちというよりも自分のペースでやりたいけど、自分のペースでやると周りがついて来れないからってことなんだと思う。さんまさんも、そうだと思うけど」と「2人」の人物像について言及しました。




「ここでボケてほしいとか。ここでツッコんでほしいとかっていうさ、さんまさんの間合いもあるけどさ、それについていけないからさ。結局全部自分でやっちゃうっていう。それがせっかちに見えるってことなのかなぁ?」と言い、「あんまりせっかちって感じしないけどな、2人を見てて」と「二宮和也」は「“せっかち”」と思ったことはないと言いつつ、「木村くんもたぶん、自分のペースで物事を進んでいきたいけど、周りがついてこれないから、やるけど、スマートにやっているんだろうね」「せっかちなのかなぁ、それは。区切るとせっかちなんだろうね」と語っていました。

「検察側の罪人」で初めて共演した「二宮和也」ですが、「木村拓哉」に好印象を持ったことがよくわかるこの「トーク」に、「ニノって木村くんのことよくわかってるんだね!」「二宮くんが木村くんの本質をよく理解してるみたいでうれしかった」といった声が集まっていました。

「お笑い界のビッグスター」「明石さんま」と「ジャニーズアイドルトップスター」の「木村拓哉」「2人」に共通点があったとは驚きますよね。





ジャニーズランキング

大倉忠義★関ジャムでポンコツ指揮★ショートコントみたい&爆笑の声

こんばんは。
今日は「大倉忠義★関ジャムでポンコツ指揮★ショートコントみたい&爆笑の声」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」が毎回さまざまな「音楽アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ番組」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「9月16日」は、「東京フィルハーモニー交響楽団」を「スタジオ」に迎え、「オーケストラ」の魅力に迫りました。

今回は、「ゲスト」として「芳根京子」と「アンタッチャブル・山崎弘也」、そして「関ジャニ∞」からは司会の「村上信五」をはじめ、「横山裕、大倉忠義、丸山隆平、錦戸亮」が登場しました。




まずは、「栗田博文指揮者」のもと「CM」で使用されることの多い「行進曲「威風堂々」第1番二長調」が演奏され、次は「スター・ウォーズのテーマ」や「ゲーム音楽」「ドラゴンクエスト序曲」も披露し、「うわー!」とみんな大喜びしました。特に、「村上信五」から「横山さん、ドラゴンクエスト好きやからたまらんでしょ?」と言われるほど「ゲーム」に「ハマ」っていたらしい「横山裕」は「これはテンション上がるよね~!この生演奏ヤバい!」と、感動すらしている様子でした。

その後、「指揮者によって演奏が大きく変わる」という話になり、有名な「3人」の指揮者ごとに演奏された「交響曲第5番第一楽章「運命」」「作曲:ベートーヴェン」を聞き比べてみると、確かな違いがあることにみんな驚きます。そこで「指揮するの初めてよ」という「山崎弘也」が実際の指揮に挑戦してみるも、当然「グダグダ」です。とりあえず簡単な指導を受けて再挑戦したのですが、芸人魂のせいか自分が主役になってしまい、そんな姿にみんな「大ウケ」しました。

その後、「栗田博文指揮者」が同じ「運命」を指揮すると、その違いは明らかです。これに対し、「山崎弘也」の演奏で大爆笑していた「大倉忠義」が「やっぱザキヤマさんヘタくそやわ~」とつぶやいたところ、「いや、そんな言うんなら、ちょっとちょっと「やってみてよ」!」と「山崎弘也」に背中を押され、「大倉忠義」も挑戦することになりました。もちろん曲は同じ「運命」です。




ですが、指揮の動きを確認しながら立ち上がった「大倉忠義」は、「えー!? っちゃ難しいですね、これ。これで」と、すでに手の動きが怪しい感じになります。実際に指揮をしてみると音が弱々しいばかりか、「超スローテンポ」で、演奏し終えた「大倉忠義」も「遅いな」と「ポツリ」。「こんな遅い?」「俺はもっと速くやってほしいねんけど!」と、わざと遅くしているつもりはなかったという「大倉忠義」は、「栗田博文指揮者」から「聴いて合わせよう、乗っかろうと思っちゃうと、どんどん遅くなるから」と「アドバイス」をもらい、再挑戦することになりました。

すると、今度は「なんか馬に乗って「手綱を振って」るみたい」と「丸山隆平」に言われるほどに早く指揮棒を動かしてしまい、「いや、速すぎるわ!全然ゆうこと聞いてくれへんわ!」とこれまた大失敗します。そんな「大倉忠義」の姿に、「関ジャニ∞メンバー」は大笑いしていたのでした。

あまりの「ポンコツ」ぶりに「ファン」からは「大倉忠義ショートコント「指揮」って感じでかわいい」「予想外に慎重な大倉くんの指揮っぷりに爆笑!」という声が上がっていました。「ドラム担当」の「大倉忠義」なら「リズム感」ばっちりかと思いきや、指揮者には不向きだったようです。

「大倉忠義」ならではの「ポンコツ指揮」でも許される「キャラ」は「ファン」も認めている証でしょうね。





ジャニーズランキング

村上信五★黄金世代守っていかなくては★滝沢秀明引退&すばる退所★決意語る

こんばんは。
今日は「村上信五★黄金世代守っていかなくては★滝沢秀明引退&すばる退所★決意語る」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の「村上信五」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「村上信五の週刊!関ジャニ通信」「ABCラジオ」が「9月16日」深夜に放送されました。




番組冒頭、「9日」に「東京ドーム」で行われた「ライブ」「KANJANI’S EIGHTERTAINMENT GR8EST」の公演中、終盤の挨拶の段階で倒れかけたことについて、「確かに張り切りすぎて。自分の限界をとうとう超えてしまった」と、とにかく全力を出しきったと説明しました。「レベルアップですから、あれは。びっくりしましたけど。人ってあんな力出せるんだ、って。最後、力出しきりすぎて、ところどころ最後の方覚えてない」としながらも、充実感はあったことを明かしていました。

その後、「11月」の「京セラドーム大阪公演」の振替公演まではなんとか頑張りきりたいと話した「村上信五」は、「そうすると2018年終わってしまうけど、その頃はタッキーが引退ってね」と先日に発表された「タッキー&翼」の解散と、「滝沢秀明芸能界引退」について言及しました。「翼くんも退所ということで、タキツバも解散ですけども。同世代としては、ね。翼くん、ひとまずお疲れ様でした」と「ジャニーズ事務所」を退所する「今井翼」に対して労いの言葉を送りました。

また、「滝沢秀明」については「僕は育成っていうことに関しては、ちんぷんかんぷんですから。でもタッキーはバックのJr.含め、ジャニーさんの側で一番見てるわけですから」と期待を話しつつ、「でも不思議な感じですよね。タキツバは「自分が事務所に」入ったときからJr.として活躍してて、我々世代を牽引してくれてた存在ですからね」と感慨深そうに語りました。




「村上信五」世代の「ジャニーズJr.」といえば、「東のタッキー西のすばる」と呼ばれるほど、「滝沢秀明」と「渋谷すばる」「関ジャニ∞」は、東西の「Jr.」を引っ張る存在として君臨していました。図らずも同年に「2人」とも引退や退所という形になりましたが、そのことに対しても「村上信五」は、「すばるもね。よもや、僕なんかがタラタラやってるなんて、あの頃は露知らずでしたし。あの当時、Jr.を応援してくれてたファンの面々は「まだやっとんのかい!」って思う人の方、多いんじゃないかな「笑」」と自虐します。「黄金世代と言われましたからね、我々の世代は。タキツバに嵐の櫻井「翔」くん、横山裕「関ジャニ∞」も同じ世代で。勝手に「黄金世代や!」って言ってたんですよ」と「エピソード」も披露しました。全員が揃っていた時代を懐かしみつつ、「でも僕は黄金世代の端くれとして、黄金世代守っていかなくてはいけないな、と思いました」と語っていました。

この日の放送に「ファン」からは、「感動した!」「黄金世代、守っていってほしい!」「すごくいい話。これからも黄金世代を応援したい!」といった声が集まっていました。

「元メンバー」の「渋谷すばる」退所に「滝沢秀明引退」と「村上信五」にとっては「Wパンチ」を食らった「2018年」になったことは間違いないですよね。





ジャニーズランキング

高木雄也★小栗旬のモノマネ★うまい&結構似てた★ファン大興奮

こんばんは。
今日は「高木雄也★小栗旬のモノマネ★うまい&結構似てた★ファン大興奮」の事をお伝えしたいと思います。

「9月15日」放送の「Hey!Say!JUMP」の冠番組「いただきハイジャンプ」「フジテレビ系」は、「ゲスト」に「福田彩乃」が出演しました。「有岡大貴、高木雄也」との「ゴーカート対決」が放送されました。

芸能人からあらゆる特技を学んで成長する「いただき人」の「コーナー」です。今回は、車好きで「国内A級ライセンス」を取得し、「レース経験」もある「福田彩乃」に、「カート」の「テクニック」を教えてもらうという内容でした。「プライベート」で「カート」をやっているという経験者の「高木雄也」と、まったくの初心者という「有岡大貴」です。場所は、千葉県にある「茂原サーキット」です。初めて「カート」に乗った「有岡大貴」は、「このままキノコカップ参戦したいんですけど!」と、任天堂が発売する「ゲーム」「マリオカート」の「グランプリカップ」の名前を叫び、周囲の笑いを誘いました。




まずは、一人ずつの「1周」の「タイムトライアル」を測ることにしました。「有岡大貴」が「ノロノロ」と走りながら「あーー!!!」「ハンドルが重い!」と文句を言うと、それを見ていた「高木雄也」が「たまにいるんだよね。元気だけよくて遅いヤツ」と一言いいます。慎重な走りで完走した「有岡大貴」は、「俺、週1でここに来るわ」とご機嫌な様子でした。

一方の「高木雄也」は、ぐんぐんと「スピード」を上げて走り、「福田彩乃」も「早い。悔しい。かっこよい!」と興奮します。「有岡大貴」も「あいつ似合うんだよな、カートが。ちょっと悪そうな顔してるから。やんちゃそうな顔が似合うんだ」と「高木雄也」の顔と「カート」が「マッチ」してると称賛しました。

結果、「有岡大貴」が「1分24秒」、「高木雄也」が「44秒15」、「福田彩乃」が「50秒01」と、教え人の「福田彩乃」が負けるというまさかの展開になりました。「番組スタッフ」が、「高木雄也」に「モノマネは?」と突っ込むと、「武田鉄矢」の「モノマネ」で「はい。できません」で返答していました。

その後は、「中学1年生」の「美少女天才レーサーJuju」が登場し、「福田彩乃&JujuVS有岡大貴&高木雄也」で対決することになりました。「好きなジャニーズのタレントは?」と聞かれ、「Juju」は照れながら「風間俊介」と返答します。その答えに、「風間俊介くん?」「風間くん?」と驚く「有岡大貴」と「高木雄也」です。「俺らが驚いちゃいけないんだけど」と「有岡大貴」は言いながらも、「風間俊介」を好きな理由を聞くと「顔」と即答します。その後、「Hey!Say!JUMP」の印象を聞くと、乾いた笑いで誤魔化されてしまった「2人」なのでした。




対決の結果はというと、「福田彩乃&Jujuチーム」が、「有岡大貴&高木雄也チーム」に周回差をつけて「ゴールイン」しました。ご褒美の伊勢海老定食を堪能する「福田彩乃」に、「高木雄也」が「ちょっとちょうだいよ、ヤンクミ」とかつて自身が生徒役として出演していた「ドラマ」「ごくせん」「日本テレビ系、2008年」の「ネタ振り」をすると、「福田彩乃」は「なんでお前らにあげなきゃいけないんだよ」と「仲間由紀恵」演じる「ヤンクミ」の「モノマネ」で反応し、周囲を沸かせました。

最後に、「有岡大貴」が「どうだった?小栗旬さんも」と「高木雄也」に振ると、「僕は好きだ」と「小栗旬」の「モノマネ」を披露しました。顔も仕草も声も似ているその「モノマネ」は、「福田彩乃」から「そっくり!」とのお墨付きをもらっていました。

「SNS上」では、「そう言われれば、雄也くんの地声も小栗旬さんとちょっと似てるー!」「高木の小栗旬のモノマネ、確かに結構似てた!」「高木くんは小栗旬系だね」という声が集まっていました。今後、「高木雄也」の「小栗旬」の「モノマネ」は定番化するのでしょうか、注目したいですね。

「カートテクニック」も「ものまね」も器用になんなくこなしてしまう「高木雄也」の器用さに「ファン」は「シビレ」てしまうでしょうね。





ジャニーズランキング

小山慶一郎★明かす父からの虐待経験★ずっと心にトラウマが残る★警鐘鳴らす

こんばんは。
今日は「小山慶一郎★明かす父からの虐待経験★ずっと心にトラウマが残る★警鐘鳴らす」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・加藤シゲアキ」と「小山慶一郎」が「MC」を務める「NEWSな2人」「TBS系」です。「9月14日」深夜の回では、先週に引き続き、「児童虐待の「“今”」」を「加藤シゲアキ」と「小山慶一郎」が徹底取材しました。

今回、「小山慶一郎」が取材したのは、「7年」もの間、虐待を受け続けた「青年・ブライアンさん」「仮名・26歳」です。現在、「モデル」をしているという彼は、「フィリピン人」の母と日本人の父の間に生まれましたが、「「実父は」ほかに家族がいて、4歳の時に新しいお父さんができた」そうで、その義父から虐待を受けたといいます。

「ブライアンさん」は、「母が夜の仕事に出かけると殴る蹴るは普通。傘で思いっきり殴られて」と頭部に残った傷を見せ、「ライターで耳元やお尻をあぶられたり」と虐待の内容を告白しました。母や学校など周囲に伝えることはできず、「4~11歳」まで虐待されたのち、教師がその事実に気づき、児童養護施設に入所したと話します。




その話を真剣に聞いていた「小山慶一郎」は、「夜、お母さんがいない状況で、お義父さんが帰ってきてドアを開ける音から全部聞こえるんですよ。自分がどんなに寝ていても。僕が物置部屋で寝かされていて、そのまま通過してくれれば「今日はセーフ」って思うんですけど、自分の部屋の扉が開いた時から覚悟が決まって「あぁ今日もやられるんだな」って始まるんです」という「ブライアンさん」の話に、「僕も似てる経験をしてて」と一言はなします。

実は「小山慶一郎」は、以前、当番組で小学生時代に父親から虐待を受けていたことを告白しています。そんな過去を振り返りながら「どんだけ寝てても、ガチャってなった瞬間にバッて起きるの。で、構えるわけ。来ると。で、俺と姉の部屋を通過したらセーフ。まるっきり一緒。で、ガチャって来た瞬間に姉と覚悟するわけ」と話し、「殴られた時に顔が腫れていくっていう感覚を小学校3年生くらいの時に初めて知って、今でもその感覚を覚えている」と「トラウマ」が残っていると語りました。また「ブライアンさん」も「男の人が大声をあげていると、どっかで体が縮まる」と、「トラウマ」が残っているそうです。

その後、「ブライアンさん」が「14歳」の時に、母親はがんで亡くなってしまいます。当時は母親が亡くなった理由はお父さんたちにあると感じ、特に義父に復讐したいと思っていましたが、今は「お義父さんのおかげで、「自分は」絶対人に暴力をしないんですよ」と、虐待があったから人の痛みがわかる人間になれたことを、養父に伝えたいと明かしました。

そして、いよいよ「15年」ぶりに養父の元へ。車内で「小山慶一郎」が見守る中、「ブライアンさん」が養父の家を「ノック」すると、再婚して「11年」という現在の妻。「ブライアン」のことを知っていたようで、深夜に帰宅する養父の連絡先を教えてくれたといいます。




後日、義父と会う約束をした「ブライアンさん」は、「僕のお母さんの写真が並べてあったんですね。玄関入ってすぐに。その人「義父」の中で過去の人かと思ってたんだけど、すごい大事に飾られてあって意外だったな」と明かし、養父が母親を大切に思っていたことを知って穏やかな気持ちになれたと、「小山慶一郎」に心境を語りました。

取材を終えた「小山慶一郎」は、「自分の経験からも、子どもにはずっと心にトラウマが残るわけですよ。トラウマを抱える子どもたちを少なくするためにはどうすればいいのか、もっと大人たちも一生懸命考えるのが大切」と締めくくりました。

「SNS上」では、「私も虐待受けてたし、小山さんも受けてたから、つらくなった」「小山くんが、義父から虐待を受けていた男性に、寄り添いながら話を聞いていたのがよかった」などの声が見受けられました。

虐待を経験した者でないと知りえない恐怖や憎しみ「小山慶一郎」の「ブライアンさん」への気遣いが伝わってくる心温まる放送回になったようですね。





ジャニーズランキング

堂本剛★森山直太朗から説教★迷惑してる人がいる★ダジャレ気をつけろ

こんばんは。
今日は「堂本剛★森山直太朗から説教★迷惑してる人がいる★ダジャレ気をつけろ」の事をお伝えしたいと思います。

「9月15日」に放送された「KinKi Kids」の「バラエティー番組」「KinKi Kidsのブンブブーン」「フジテレビ系」は、前回に引き続き、「森山直太朗」が「ゲスト出演」しました。「堂本剛」の「ダジャレ」や「堂本光一」の「モノマネ」も飛び出す大波乱の放送となりました。

「食のプロが選ぶ珠玉のタレを味わう!」という企画で、先週、「3本」の「タレ」が紹介されたことを振り返り、「堂本剛」は「我々が思っている以上に、タレはポテンシャル持ってるんですよ」と発言します。今週は残りの「4本」を紹介する展開となりました。




まずは、「野菜ソムリエ協会」の「今井智美さん」が、「野菜ソムリエ協会主催」の「調味料選手権2017」で「素材が引き立つ調味料部門」の最優秀賞を獲得した「タレ」「五島軒大地のサラダソース山わさび」を紹介しました。これを食した「3人」は「うめぇ!何これ!?」「森山」「おいしい!」「剛」「フレンチドレッシングみたいな感じ」「光一」と絶賛します。

さらに、目の前に出された「ローストビーフ」を見て、「これは恵みだよ。恵み。恵みきちゃったよ」と「森山直太郎」が言うと、「恵ね。奥菜恵」と「堂本剛」は相槌を打ちます。「おじさんになるとダジャレが多くなるから、気をつけた方がいいぞ!」と「森山直太郎」から注意が入ると、「堂本光一」は「ちなみに、うちの姉ちゃん、メグミだから」と負けずに畳み掛けるのでした。

そして、「ローストビーフ」に「山わさび」の「タレ」をつけて食した「堂本光一」が「高貴な味がするね」と言うと、「堂本剛」は「亀田興毅さんね」とまたしても「ダジャレ」の相槌です。「森山直太郎」から「本当にやめた方がいいぞ。それで迷惑してる人、たくさんいるからね」と、またしても説教を受ける「堂本剛」なのでした。

次の「タレ」は、料理研究家の「青木敦子さん」が「オススメ」する「淡路島ソース」です。淡路島産の玉ねぎを「ベース」に「味噌、醤油、オレンジ、きのこ」など淡路島産のものを合わせた「ソース」です。これを食した「森山直太郎」は、「あー!おいしい」と叫び、「3人」は「ハンバーグにかけるとおいしい」と予想するが、出てきた「メニュー」は「アジ」のたたきでした。「オススメ」した「青木敦子さん」に「ここはハンバーグ!」と「ツッコミ」をいれる「堂本剛」と「森山直太郎」でしたが、「ソース」をかけた「アジ」のたたきを食した「2人」は「ランチパック!」と言いながら「ハイタッチ」しました。どうやら「ランチパック!」とはおいしい時に飛び出す合言葉のようです。そして、「堂本光一」も「剛力彩芽」が「ランチパック」の「CM」で踊っていたような右手をぐるぐると回す「ダンス」を「マネ」しながら、はしゃいでいました。




さらに、「青木敦子さん」が「オススメ」している納豆に「ソース」をかけたものを食した「3人」は、「え、めっちゃうまいんですけど」「光一」「めっちゃおいしい」「森山」「納豆をこういうアプローチにするか」「剛」と大絶賛します。「森山直太郎」に至っては「おいしい!おいしい!マジでおいしい!恋してる。これ恋だ」と叫びながら興奮の様子を見せます。

ほかにも、料理研究家の「あまこようこさん」が成城石井の「シラチャソース」を紹介します。また、同じく料理研究家の「野口英世さん」がまるはらの「鮎魚醤」を「オススメ」すると、その瓶を「マイク」に見立てた「森山直太郎」が、「野口五郎」の「モノマネ」をしたり、「堂本光一」が「五木ひろし」の「モノマネ」をするなどやりたい放題です。

最終的に、「今持って帰りたいタレ」として、「森山直太郎」が「淡路島ソース」、「堂本光一」が先週紹介された「藤田 吟醤油だれ」、「堂本剛」も先週紹介された「カルディ」の「サラダの旨たれ」を「チョイス」しました。「2週」に渡って大盛り上がりとなった「タレ特集」は幕を閉じたのでした。

関西出身の「KinKi Kids」に「ダジャレ」を止めろと説教をする「森山直太郎」が理解していないだけですよね。





ジャニーズランキング

伊野尾慧★児島一哉に気にしすぎ&すごく小さい★厳しいツッコミ

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★児島一哉に気にしすぎ&すごく小さい★厳しいツッコミ」の事をお伝えしたいと思います。

「9月16日」放送の「嵐・二宮和也」の「冠バラエティー」「ニノさん」「日本テレビ系」は、「深夜ドラマ」「トーキョーエイリアンブラザーズ」に出演中の「Hey!Say!JUMP」の「伊野尾慧」と「A.B.C-Z」の「戸塚祥太」が登場しました。

今回は「ニッポン更生サミット」と題し、日常生活にある問題点や疑問点を徹底討論&勝手に改善案を審議していくという企画です。番組冒頭で、「二宮和也」は「伊野尾慧」と「戸塚祥太」に「なんか悩んでる?」と問いかけると、「スーツ姿」の「伊野尾慧」は「悩んでいますよ。国民の皆さんが思っている日頃のモヤモヤを持ってきていますから」とそつなく「コメント」します。




一方、同じく「スーツ姿」の「戸塚祥太」も「僕もちゃんとしっかり用意させていただきました」と笑顔で「コメント」しますが、「二宮和也」は奇行を繰り返し「クレイジー」と呼ばれる「戸塚祥太」に「なんかさ、普通だよね」と指摘しました。「ゲスト」の「平成ノブシコブシ・吉村崇」も「地方議員の方じゃない?」と「ツッコ」み、やけに「スーツ」が似合う「戸塚祥太」に、「スタジオ」は笑いに包まれました。

まず、「伊野尾慧」の疑問点は、「ゼリーの容器がパンパンで、開ける時に絶対に汁がこぼれる」というものです。その原因を「食品メーカー」に聞くと「おいしい状態を長く保つために、殺菌という工程が必要。60〜90度のお湯にくぐらせて殺菌するため、パンパンにせざるを得ない」と回答しました。また、会社に同様の苦情がくることはあるものの、平謝りをするしか方法がないと告白し、よって、「ゼリー」の汁をこぼさず開けるのは無理であることが結論づけられました。

次に「戸塚祥太」は、「靴下に小さいプラスチックの留め具が必要か?」という問題を提起します。「ハサミでカットしないといけない。切って、それが原因でほつれたり、穴が開いちゃう時もあるんですよ」とよどみなく話して、周囲の共感を得ていました。その疑問を「靴下メーカー」に尋ねると「販売するためのバーコードシールをとめるためのピンとしてつけています」「改善するにはコストがかかる」とのことで、「改善は検討してみないと」といった結論に至りました。




次に、「ゲスト」である「アンジャッシュ・児島一哉」が提起したのは「レストランでの誕生日サプライズをやめてほしい」です。これに対して、「二宮和也」は「じゃ、やめます」と即答します。次の人にいこうとするが、もっと話し合いたい「児島一哉」は、「特にジャニーズなんて、そんな感じ悪さ出せないよね?」と質問します。

「伊野尾慧」は「そんなに気にしなくないですか?逆に気にしすぎてすごく小さい」と「コメント」し、「児島一哉」に共感できない様子です。焦る「児島一哉」は、「え、でも自分だと思って、恥ずかしいとかいう思いはあるでしょ?」と聞くも、「戸塚祥太」は「自分だと思って恥ずかしい思いをしたことはないです」と「トーク」がまったく噛み合わないようでした。ついには「吉村崇」が「こんなに盛り上がらないんだったら、次いきましょう」と提案し、その意見が「二宮和也」に受理されるのでした。

「SNS上」では、「「ニノさん」の伊野尾ちゃん、めっちゃ共感したわー」「日常生活の疑問について討論する企画、楽しかった。伊野尾くんは、討論好きな感じがするし、もっと話が聞きたいな。戸塚くんの笑顔もかわいい!「“いのとつ”」が並んでるのがうれしい!」「「ニノさん」の「“いのとつ”」で、伊野尾くんはいろんなところで顔を使い分ける人なんだなぁと思った。戸塚くんは、いつも戸塚くん。どちらにも安心感がある」という声が集まっていました。「ニッポン更生サミット」は次週も放送予定とあって、「ファン」は今から心待ちにしているようです。

お約束の「ツッコミ」の「タイミング」とは言え「伊野尾慧」の的確な発言に「児島一哉」も反論の余地がないですよね。





ジャニーズランキング