岡田准一★来る★3位スタート★妻夫木主演って感じ&駄作の声

こんにちは。
今日は「岡田准一★来る★3位スタート★妻夫木主演って感じ&駄作の声」の事をお伝えしたいと思います。

「V6・岡田准一」が主演を務め、「12月7日」に公開となった「ホラー映画」「来る」です。「同8日~9日」の「国内映画ランキング」「全国週末興行成績/興行通信社提供」では、話題作に負けて「3位スタート」となりました。映画を見た「ネットユーザー」からは、「駄作」「無駄に長いし怖くない。つまらなかった」という声や「終盤に進むにつれてスゴい引き込まれた」といった意見もあり、賛否両論が出ています。

同作は「澤村伊智氏」による「ホラー小説」「ぼぎわんが、来る」「角川ホラー文庫」の実写版で、「岡田准一」以外にも「妻夫木聡、松たか子、小松菜奈、黒木華」といった「実力派キャスト」が集結しています。「岡田准一」演じる「オカルトライター」の「野崎和浩」が、「田原秀樹」「妻夫木」の依頼を受けて超常現象の調査に乗り出し、田原家にとり憑いている「何か」の正体に迫る過程を描いた物語です。「告白」や「渇き。」で知られる「中島哲也監督」が「メガホン」をとり、「岡田准一」は宣伝のためにと「バラエティ」「ウチのガヤがすみません!」「日本テレビ系、4日放送」に登場したほか、「妻夫木聡」とも「櫻井・有吉THE夜会」「TBS系、6日放送」に「ゲスト出演」するなど、映画の封切りに合わせて「PR」に勤しんでいました。




「全国331スクリーン」で公開されましたが、ふたを開けみれば首位を逃して「3位」という結果に。すでに好評を博している「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」「ボヘミアン・ラプソディ」に敗北を喫し、土日「8日~9日」「2日間」で「動員10万1,000人」、「興収1億3700万円」を記録しました。「公開3日間」の「データ」は「動員13万5,000人」、「興収1億8000万円」だといい、「映画情報サイト」「映画.com」では、「まずは興収10億円超えが当面の目標となりそうな出足」と伝えています。

「岡田准一主演映画」でいうと、前作の「散り椿」「今年9月公開」を上回る「スタート」です。こちらは時代劇で、初週土日に「動員9万2,000人」、「興収1億800万円」をあげ、初登場「3位」に「ランクイン」していました。前作超えを果たした一方、「ジャニーズタレント」の「ホラー映画」でいうと、「昨年6月」には「滝沢秀明」が「こどもつかい」で映画初主演を務め、「Hey!Say!JUMP・有岡大貴」と共演しています。こちらは「250館」で上映され、初週土日動員は「12万人」、「興収1億5000万円」でした。公になっている「来る」の場合は土日の動員が「10万人」、初日を含めた「3日間」の記録で「13万人」ですから、どちらかと言えば「キャスト」の「ネームバリュー」が弱い「こどもつかい」の方が、滑り出しは好調だったといえます。

「大ヒット」とはいえない状況の「来る」ですが、映画を鑑賞した「原作ファン」からは「原作とは違ったけど、これはこれで面白かった」という評価もあれば、「まれに見る原作クラッシャーの駄作」「ひどい駄作。原作には下品で安っぽい恐怖はなかった」と酷評も少なくないようです。このほか、「レビューサイト」や「Twitter」上でも、「ホラーとして見ると駄作。でも、雰囲気に乗れたら面白い。私は面白かった」「エンタメ映画としては面白かった」などと、さまざまな感想が上がっています。




映画の前半は「妻夫木聡」の「登場シーン」が多く、主演のはずの「岡田准一」は「40分」近くたつ頃にようやく姿を現したようです。そのため、「途中まで岡田主演とは思えなかった」「妻夫木くんが主演っていってもいいほど出番が多かった」「岡田があんまり主演っぽくない。前半はほぼ妻夫木メインだった」との声も聞かれました。また、「霊媒師・逢坂セツ子」を演じた「柴田理恵」については、「最高にクールな柴田理恵が登場するので、「来る」はそれだけでも一見の価値あり」「「来る」の柴田理恵、クソかっこいい」と絶賛が続出しました。ほかの「キャラクター」が目立っている分、「岡田准一」の演技を褒める「コメント」は少ないようです。

とはいえ、映画界で引っ張りだこの「岡田准一」は、「2019年」も主演作「ザ・ファブル」が控えています。同作では人々の印象に強く残る演技を見せてほしいものですね。

出す曲も全てが「ヒット」に繋がる訳でもなく、当然映画も同じように全て「ヒット」に繋がるとは限りませんよね。



岸優太★ZIP!企画★たまたま見つけた特技★永瀬廉&スタッフ驚き

こんばんは。
今日は「岸優太★ZIP!企画★たまたま見つけた特技★永瀬廉&スタッフ驚き」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」で「King&Prince」の「冠コーナー」「弟子入り~DESHIIRI」です。「12月10日」から「14日」は、先週に引き続き「岸優太」と「永瀬廉」が和太鼓の「スペシャリスト集団」「“DRUM TAO”」に弟子入りしました。

先週は「筋トレ」や「バチ」の持ち方を習得し、今週からは本格的に太鼓の練習へ。「ジャニーズ」で培った「リズム感」を武器に覚えていく「2人」でしたが「パッパーン パパッパパッパパ」と「リズム」を刻んで覚える「永瀬廉」に対し、「岸優太」は「ダンッにしおか」となぜかひらがなで「リズム」を覚えているようです。この覚え方には「永瀬廉」も「にしおか? すみこ?」と懐かしい芸人の名前を挙げ疑問を持っていましたが、「岸優太」は「完璧!」と満足気です。




ですが、左右の太鼓を交互に打つ「“交差打ち”」では「先生、「手が」届かないッスけど!」「岸」と早速「大ピンチ」になります。膝を使って体重移動をすることで隣の太鼓を打つのが「ポイント」らしく、「永瀬廉」いわく「腕が基本的に短い」「岸優太」でも大丈夫ということになりました。

ただ、それ以前に師匠たちの高速早打ちに「2人」はついていけず、早くも「2人」の体力は限界寸前でした。「岸優太」にいたっては「俺できない」とすっかり自信を失っているようです。すると、「永瀬廉」が「太鼓の距離近づける?」と打診します。ちょっと「ズルい」気もしますが、師匠の許しもあり太鼓の距離を近づけてから再度挑戦すると、なんとか最後までできた「2人」でした。

「この短時間でここまでマスターするのはすごい!」と師匠からもお褒めの言葉をもらい、やる気を復活させた「2人」は、最大の難所である大太鼓を叩きながらの大開脚に挑戦することになったのですが、元々開脚ができない「2人」にとっては至難の業です。

すると、再び「岸優太」が秘策を見つけたようです。実は「岸優太」、横での開脚はできなくても縦ならかなり脚を開くことができるようで、「永瀬廉」も「優太そんな軟らかいんや!」とびっくりします。ただ「岸優太」も「たまたま見つけたね」とのことで、これには「スタッフ」も大爆笑しているようでした。




そしていよいよ「パフォーマンス本番」へ。休憩する間も惜しんで練習していた「2人」でしたが、やはり師匠たちの「スピード」にはついていけず「岸優太」は大失敗します。一方の「永瀬廉」も「カウントミス」でうまくできず、再挑戦させてもらうことになりました。

その後は、高速交差打ちも大開脚も見事に大成功させた「2人」です。わずか「5時間」の練習時間という中で「この内容をやった人は今までいないです」と師匠も驚きの成長だったようです。「岸優太」や「永瀬廉」にとっても、「僕たちが今後ショーをやっていく、ショービジネスで生きていく中で、今日はほんと大事なことを教えてもらいました」と、身になる弟子入りとなったようでした。

「ファン」からも「さすがの完成度 さすがジャニーズ!」「ほんとかっこよかった!永久保存します!」「最高だった!」との声が上がっていました。いつかぜひ、この弟子入りで習得した内容を「グループ」の「コンサート」などでも披露してほしいものですね。

誰にでも自分では気づかない特異体質を持っているんですよね。



佐藤勝利★マリウス葉と英語でチャット告白★思わぬ事態に聡ちゃん困る

こんばんは。
今日は「佐藤勝利★マリウス葉と英語でチャット告白★思わぬ事態に聡ちゃん困る」の事をお伝えしたいと思います。

「Sexy Zone」が週替わりで「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「Sexy ZoneのQrzone」「文化放送」の「12月10日~13日」には「菊池風磨」と「佐藤勝利」が登場しました。

「11日」の放送回で、「リスナー」から「Sexy Zoneのみなさんが最近ひそかに行っていることはありますか?」という「メッセージ」が寄せられると「ない」と言う「菊池風磨」に対し「マリウス葉と英語でチャットしてる」と明かした「佐藤勝利」です。今年「2月」、「ジャニー喜多川社長」は、「東京オリンピック期間中」の舞台開催に向けて、所属事務所の「全タレント」に「“英語習得令”」を出したと言われていますが、「佐藤勝利」も英語を勉強中のようです。




ですが、「マリウス葉」との「チャット」では「僕が日本語で送ってもずっと英語で返してくる。それが面倒臭い」と、日本語で会話したくてもさせてくれないことにはちょっぴり不満気です。ただ、「ドイツ出身」で「ドイツ語・日本語・英語」と「トリリンガル」の「マリウス葉」と「メール」や「チャット」を交わしながら英語を学ぶという方法は、「Sexy Zone」ならではの勉強法でしょう。

そこで「菊池風磨」はもう「1つ」の勉強法として「グループの会話を全部英語にしてみる?それはアリじゃない?みんなでね」と提案しました。「グローバル化」が進む中では、社内での公用語を英語にしている会社もありますが、それと同じように「グループ」内の会話を英語にすれば、「佐藤勝利」以外のほかの「メンバー」も一緒に英語を勉強できるため「それいいじゃない。それにしようよ」とのことでした。

これに「佐藤勝利」は「絶対します?」と疑っているようでしたが、意外にも「菊池風磨」は「絶対にしましょう。それは!」とやる気の様子です。そして、さっそく「来年の頭からやろう!」と「2019年」の「Sexy Zone」の公用語は「“英語”」に決定したのでした。




ただ、英語を完璧に話せるようになるまでは「深い話とかできなくなるね」と「佐藤勝利」。さらに「菊池風磨」は「講師が「最年少の」マリウス一人だけ」ということを不安視しているようです。ですが「ある程度の英語は絶対できるようになりますからね」と、「英会話力アップ」には高い期待を寄せているようで「5人でね、しゃべれたらいいですよね」と、「グループ全員」で英語を勉強することには最後までやる気をみせていたのでした。

これに「ファン」は「すごくいい」「グループの会話が、all英語って面白そう!」「着々とグローバルゾーンになっていってる気がする、すごすぎ!」「5人で英語だけで会話とかかっこよすぎ」などと反応しました。ですが一方では、「グループ」内の「おバカ担当」でもある「松島聡」に対し、「英語にしたら、聡ちゃんが会話入んなくなっちゃうよ「笑」」「聡ちゃん困るよ、きっと「笑」」と、「松島聡」の英語力を心配する声もありました。とはいえ、「松島聡」が病気療養のため活動休止中である現在、「菊池風磨」の「5人で」という「ワード」には「うれしい」と反応している「ファン」が多くいたようでした。

英語を話せる「ジャニーズタレント」は多くいますが、「グループ全員」が話せるとなれば「ジャニーズ初」ということになり、ますます活躍の幅が広がりそうな予感がします。きっと、「マリウス葉」先生の指導にも熱が入ることでしょうね。

「松島聡」復帰後の初仕事は「メンバー同士」の英会話教室になりそうですね。



中島健人★渡辺直美の対応★俺クリスマス迎えられないッスね

こんばんは。
今日は「中島健人★渡辺直美の対応★俺クリスマス迎えられないッスね」の事をお伝えしたいと思います。

「Sexy Zone」の「中島健人」が「レギュラー出演」している「ぐるぐるナインティナイン」「日本テレビ系」内の「コーナー」「ゴチになります!」が「12月13日」に放送されました。「20戦目」となった今回は、「中島健人」の「クビ」もかかった一戦です。同じく今年「ゴチ」入りした「橋本環奈」も「クビ候補」で、最終戦直前ということもあり、「ファン必見」の戦いとなりました。




この日の「ゲスト」は「山崎育三郎」と「古市憲寿」です。「中島健人」はまず「シャトーブリアンの炭火焼き アンコールペッパーと共に」を「オーダー」しました。口に入れた瞬間、「うわー!おいしい!」と素直な感想が飛び出し、「いい具合にお肉の脂身と生ペッパーのうま味がちゃんと仲がいい」と「食レポ」しました。また、肉の乗った皿が月の形であると指摘され、「今夜も月がキレイです。おいしい」と「ニッコリ」です。「ナインティナイン」の「岡村隆史」からは、「食べなさい!」となぜかお父さん風に叱られてしまったのでした。

そんな中、「羽鳥慎一アナウンサー」から、「そろそろクリスマスということで王子様キャラのケンティーに、このままだとひとりぼっちのクリスマスを過ごすことになるであろう女性へコメントを考えてほしいと思います」と「オーダー」され、「中島健人」は、「それは駆けつけたくなりますよね」と寂しそうに「ポツリ」。「渡辺直美」が「1人」ぼっりの女性役となり「今年もクリスマス1人ぼっちかあ。ねえケンティー、どうしたらいい?」と前振りすると、「今年のクリスマスのプレゼントは俺でよくない?」と爽やかに「決めゼリフ」を披露しました。ですが、これに出演者たちは示し合わせたように「ノーコメント」です。無表情の「山崎育三郎」の一方、「渡辺直美」と「橋本環奈」は口を開けて驚きの表情で、思わず「中島健人」は、「これ、メリークリスマスって、俺迎えられないッスね」と「キレ気味」に一言。すると「渡辺直美」はじめ出演者たちは、「違う違う!今みんな、すごすぎて言葉を失った」と大興奮、「岡村隆史」も「嘘みたいに素敵な言葉だった」「けなすにけなせなかった」と絶賛したのでした。




その後は、「スペシャルメニュー」の「伊勢えびしゃぶしゃぶ えび味噌ソース」を獲得し、「ワイルドサンキューデリシャス!」も飛び出した「中島健人」でした。その後は「ズワイ蟹のおかゆグラタン 白味噌仕立て」「トラフグの白子とキノコ香る土鍋ごはん」など高級食材を使った料理を「計6品オーダー」し、目標金額「4万円」のところ、「3万9,400円」で「1位」勝ち抜けしました。総合順位は「3位」に繰り上がり、見事「クビ圏内」から脱出することに成功しました。

これには視聴者からも、「1位おめでとう!ほっとした!」「今日のケンティー絶好調!」「めっちゃヒヤヒヤした これからもゴチに出続けてください!」といった声が集まっていました。

「中島健人」独特の表現力に「ゴチメンバー」も認めざるを得なかったようですね。



嵐★VS嵐で掲げた2018年の目標を振り返り★達成率の低さがスゴい

こんばんは。
今日は「嵐★VS嵐で掲げた2018年の目標を振り返り★達成率の低さがスゴい」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の冠番組「VS嵐」「フジテレビ系」が「13日」に放送されました。この日の対戦相手は「2018年活躍芸人チーム」です。「チョコレートプラネット」はじめ、「和牛、尼神インター、ゆりやんレトリィバァ」が出演しました。また、「プラスワンゲスト」には「長嶋一茂」と「村上佳菜子」が登場しました。




この日の「オープニングトーク」では、「1月」にそれぞれが発表した目標について、達成できたかどうか触れられましたが、「松本潤」は「もう覚えてないよね」と「ボヤ」きます。すると「相葉雅紀」が「覚えてなくても言っていこうよ!たぶん自分が思ってることだから当たるでしょ!」となぜか自信満々で、そんな「相葉雅紀」は「俺たぶんね、フルマラソンしたい」という目標だったというものの、実際には「スキューバーダイビング」でした。「大体合ってるよね?」という「相葉雅紀」に、思わず「全然違うでしょ!」と「松本潤」は「ツッコミ」ました。ちなみに「スキューバーダイビング」はできなかったといいます。

また、「大野智」の目標は「思い出の場所に行く」でした。これを見た「大野智」は「え?え?」と戸惑います。自身ではまったく覚えていなかったらしく、「どんな流れでこれ言ったんだろう」と不思議がる始末でした。もちろん、目標達成はできなかったようです。さらに、「キャンプで自然の中、星を見ながら寝る」という目標を立てたのは「櫻井翔」でした。「二宮和也」が「できたんですか?」と聞くと、「櫻井翔」は「できてな〜い!」とあっさり回答していました。




ここまで全員目標を達成できていない「嵐」です。「松本潤」が目標と言った「紅葉狩り」についても、自身で「紅葉狩りか」と若干驚きつつ、「行ってねえなあ」と苦笑いしました。そんな中、「二宮和也」の目標「芸能人100人くらい集まる自分の誕生日会」については、「相葉雅紀」から「無理そう!」と大笑いされていたのですが、「できたの?」と聞かれると、「二宮和也」は「結果的にね」と「ドヤ顔」です。誕生日の前日に「ドラマ」「ブラックペアン」「TBS系」の打ち上げで結果的に「100人」以上の人が!」と説明したものの、「メンバー」からは「いやいや、誕生日会じゃない!」「打ち上げでしょ?」と鋭い「ツッコミ」。それでも「二宮和也」は「結果的にね?」とあくまで目標を達成できたと言い張っていました。

この「オープニングトーク」に視聴者からは、「年初めの目標、みんな達成できてない!めっちゃ笑った!」「忙しいからなかなか達成できないだろうけど、嵐の目標達成率の低さはある意味すごい!」「あの目標って年始に立てたのか 1年早いな」といった声が寄せられていました。

多忙な毎日を送っている「嵐メンバー」が年始にたてた目標が達成できる方が逆におかしいですよね。



NEWS★カウコン★定価割れチケット続出★空席やばそう

こんばんは。
今日は「NEWS★カウコン★定価割れチケット続出★空席やばそう」の事をお伝えしたいと思います。

「12月31日」、「京セラドーム大阪」で「グループ初」の「単独カウントダウンコンサート」を開催する「NEWS」です。年明けには「2日間」の「東京ドーム公演」も予定していますが、「ネット」上の「チケット売買サイト」では定価の半額以下の値段で出品されるなど、あわや「“空席祭り”」の様相を呈しています。

今年、「CDデビュー15周年」を迎えた「NEWS」です。「3~5月」にかけて「アリーナツアー」「NEWS LIVE TOUR 2018 EPCOTIA」を行い、「8月11日・12日」には「東京・味の素スタジアム」で「15周年記念コンサート」「NEWS 15th Anniversary LIVE 2018 “Strawberry”」を開催しました。そして、この年末年始には「京セラドーム」での「単独カウントダウンコンサート」が控えています。

「コンサートタイトル」は「NEWS DOME TOUR 2018-2019 EPCOTIA -ENCORE-」に決まり、「12月31日・1月1日」の「京セラドーム公演」がいよいよ迫る中、「大手売買サイト」では「1月6日・7日」の「東京ドーム公演」も含め「4,000件」近くの「チケット」が出回っている状況です。「ジャニーズ公式サイト」に掲載されている「ファンクラブ」の「チケット料金」は「8,000円、一般料金は8,500円」となっていますが、「出品チケット」では最安値で「1月1日公演」の「3,000円」の値がついています。




この「3,000円チケット」は「取引中」ですが、同日公演は「4,000~8,000円台」が数多く販売されており「“定価割れ”」が続出しているようです。初の「単独カウコン」となる「12月31日公演」も、「6,500~7,000円」がまだ売れ残っています。「1月6日・7日」には「東京ドーム公演」もありますが、こちらも同様、まったく売れておらず。東京は「5~9万円」の出品もありますが、今公演は「デジタルチケット」「QRコードを掲示するシステム」のため会場入りまで席は不明となっています。高額だから良席とはいえないようです。

「Twitter」上でも、「京セラ公演」の「チケット譲ります」という「ツイート」が複数見受けられ、事態を知った「ジャニーズファン」からは「NEWSコン、3,000円とかで叩き売り状態だけど大丈夫?空席やばそう」「NEWS、絶対空席できる」「どこまで値下がりするんだろう?」と心配の声もあるようです。

今年の「NEWS」は「小山慶一郎&加藤シゲアキ」、そして「手越祐也」に未成年女性との飲酒疑惑が持ち上がり、「小山慶一郎」が一定期間の活動自粛処分を受けました。騒動直後に出た「シングル」「BLUE」は応援の意味で「ファン」が熱心に購入し、発売初週に「16.5万枚」を売り上げ、「オリコン週間シングルランキング」で「1位」を獲得しました。「9月リリース」の「シングル」「生きろ」は初週「21.5万枚」に数字が跳ね上がり、人気の高さを証明していましたが。

「CD」は「1人」の「ファン」が大量買いできますが、「チケット」は「1公演」につき「1人1枚」です。ある意味、「ドーム公演」の「チケット大放流」が実際の「ファン人口」を物語っているのかもしれません。さらに、「12月13日」発売の「週刊文春」「文藝春秋」に掲載された「アンケート調査企画」「嫌いなジャニーズ」において、「小山慶一郎」と「手越祐也」が不名誉な「2位、3位」に「ランクイン」しています。「小山慶一郎」は「2年連続」の「2位」だった上に、「1位」の「木村拓哉」「373票」との差は「50票」程度でした。




一方、「NEWS」以外の「ジャニーズ」が集合する「ジャニーズカウントダウン2018-2019」では、「9月」に解散した「タッキー&翼」が一夜限りの復活を果たすほか、その「ラストステージ」で「バックダンサー」を務めるため、「山下智久」に加えて、「生田斗真、風間俊介、長谷川純」の参戦が決定しています。「ジャニーズJr.時代」の「人気ユニット」「FOUR TOPS」として、華を添えるようです。

この発表に対し、「NEWSファン」は「NEWSが仲間外れみたいで寂しくなった。でも単独公演は素晴らしいことだから、楽しまなきゃ!」「ここまで揃うと、なんで今年はNEWSが単独なんだろ って思っちゃう。2018年は反省の年なのかな」「平成最後の「カウコン」で、ジャニーズ軍団の中にいるNEWSは見られないのか」と嘆いています。

空席が懸念される「NEWS」の年末年始公演ですが、「ジャニーズ事務所側」が転売対策を講じた際には、「“復活当選”」で「ファン」に「チケット」が振り分けられる場合もあるでしょう。なるべく多くの「ファンクラブ会員」が「正規ルート」で「チケット」を手にし、会場に集まることを願いたいものですが。

やはり飲酒疑惑の影響があるようにしか思えないですよね。



伊野尾慧★恥ずかしい姿★ファン興奮★こんな28歳男性って

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★恥ずかしい姿★ファン興奮★こんな28歳男性って」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP・伊野尾慧」が「木曜レギュラー」を務める情報番組「めざましテレビ」「フジテレビ系」が「12月13日」に放送されました。

この日、「伊野尾慧」受け持ちの「コーナー」「伊野尾ピクチャー」では、「カンニング竹山」との「ツーショット写真」を披露しました。「いただきハイジャンプ」に「カンニング竹山」が「ゲスト出演」した際、そのまま食事に行き撮影した写真とのことで、「竹山さんにお仕事の話もいろいろさせていただきましたし、本当に貴重なお時間でした」「竹山さん、ぜひまたお食事行かせてください!」と報告しました。




その後放送された「イノ調」では、昨年に引き続き、この冬に「ブーム到来間近」といわれている「ビックリ鍋」を調査しました。「スーパーレタス豚巻きロール鍋」「みどり鍋」「牡蠣氷レモン鍋」などが紹介され、試食した「伊野尾慧」が「5段階」の星で評価していきました。

ですが、視聴者の注目をもっとも集めたのは、最初に紹介された「不思議の国のアリス」を「テーマ」にした店での「伊野尾慧」の姿でした。同店には、客がうさ耳をつけるという決まりがあるそうで、「伊野尾慧」もさっそく装着しました。「おいおい、待ってくれよ」と言いつつも、「ポーズ」を決めるなど「ノリノリ」で、店員から「今日イチ似合ってます」との称賛もありました。ですが最後には、「やっぱりどうしてもうさぎの耳が恥ずかしい」と照れ、「ゆめふわカプチーノ鍋」には「星4つ」を付けていました。

「コーナー」終わりに「伊野尾慧」があらためて鍋について解説していると、「三宅正治アナウンサー」が「一個気になったのは、伊野尾くんはうさ耳つけてましたけど、ほかのお客さんつけてなかったよね?」と鋭い「ツッコミ」です。爆笑が起こる中、「伊野尾慧」は慌てたように「あそこに行ったら、うさ耳つけなきゃいけないんですよー!」と主張しましたが、「つけたいだけじゃないの!?」と言われ、思わず苦笑いを浮かべたのでした。




この日の放送に視聴者からは「こんなにウサ耳が似合う28歳男性って、いないでしょ!」「あざとすぎるくらい可愛い!」「うさ耳ラビット伊野尾の可愛さと食べっぷりの良さに、こっちまでおなかいっぱいになった!」といった、悶絶の声が上がっていました。

鍋を食べるだけで、視聴者を幸福にさせるとは、さすが「アイドル」といったところでしょう。

どんな変な格好をしようが可愛く見せようが「ファン」は全てを許してしまうものなんですね。



藤ヶ谷太輔★すんげえ人に言う割に★横尾渉のゲップ悪癖に苦言

こんばんは。
今日は「藤ヶ谷太輔★すんげえ人に言う割に★横尾渉のゲップ悪癖に苦言」の事をお伝えしたいと思います。

「12月12日」深夜放送の「ラジオ」「Kis-My-Ft2 キスマイRadio」「文化放送」に、「北山宏光」と「藤ヶ谷太輔」が登場しました。先週に引き続き、「藤ヶ谷大輔」が大好きだという「カップ麺」「わかめラーメン」の話で盛り上がったあと、「メンバー」である「横尾渉」のちょっぴり恥ずかしい「“ある癖”」が暴露されました。

「北山宏光」の記憶では、「藤ヶ谷大輔」は「ジャニーズJr.」に入所した当時から「わかめラーメン」を食べていたといい「俺が知ってる中でも16年、17年くらい」と、昔と変わらず今でも楽屋でその「カップ麺」を見つけると食べているようです。




一方、「横尾渉」については「いつもカップ焼きそば食べて、それを烏龍茶で流し込んでる」と「藤ヶ谷大輔」。その姿を見て「北山宏光」は「横尾さんが食べてる焼きそばがいつもおいしそう」と思っているそうです。また、「2人」によると「横尾渉」は昔から、「飲み終わった烏龍茶やコーラの2Lのペットボトルにタオルを巻いて枕にして寝てた」といいます。すると、「藤ヶ谷大輔」は「あまり「本人が」いないところで言うのもなんだけど」と切り出し、仲が良いからこそ言いたいことがあると前置きしたうえで、「すんげえ人に言う割に、コーラを飲んだあとゲップするのよ」と大暴露しました。それが「藤ヶ谷大輔」は許せないようです。

というのも、「横尾渉」は「グループ」の中では教育係的なところもあるようで「ゴミ片づけて」とか「あの時はああやって言った方がいいよ」などと「メンバー」に注意することも多いといいます。だからこそ「藤ヶ谷大輔」は、「マナー」の基本である「人前でゲップをしてはいけない」ということを平気でやってしまう「横尾渉」が信じられないようです。

これについては、「宮田俊哉」や「玉森裕太、二階堂高嗣、千賀健永」など、いつも「横尾渉」に注意されている年下組の「メンバー」たちからも「横尾さん、いつも注意してくるけどゲップしてくるときマジむかつくんだよぁ~」と言われていることを明かしていました。

「藤ヶ谷大輔」は、「キスマイ」が「Jr.時代」に帝国劇場で舞台をやっていたときから「ゲップ」が気になっていたようで、稽古期間を含め「2カ月」ほど「ずっとゲップ聞いてるのよ」と愚痴りつつ、「懐かしいなぁ」と振り返っていたのでした。




一方、この話を終始「ケラケラ」笑いながら聞いていた「北山宏光」は「飲み方がいいんですよ、横尾さんは。一口が大きいからゴクリゴクリと飲んでて気持ちいいですけどね~」と特に気にしていない様子です。ですが「藤ヶ谷大輔」は、「ゲップが出ちゃって「ごめん」とかあればまだいいけど、ガッてゲップしてそのままペットボトルの枕でそのまま寝て。なんか一言言わないの「笑」?」と気持ちを明かし、最後は「2人」で楽しそうに笑い合っていたのでした。

この「エピソード」に「ファン」からは「横尾さん、休日のお父さんやん」「2リットルのペットボトルにタオル巻いて枕にするうえに、コーラがぶ飲みしてゲップする状況、ただのおじさん「笑」」「横尾さん自由奔放すぎ「笑」」などの声が上がっていました。

「アイドル」とはいえ、やはり中身は一般男子と変わらないようです。小さいときから一緒にいる仲間だからこそ気を許しているのかもしれませんが、親しき仲にも礼儀ありで、「ゲップ」には気をつけてもらいたいものですね。

炭酸を飲んで「ゲップ」を我慢しろと言うのは到底無理なことだとは分かっていますが、最低限の「マナー」として時と場所をわきまえてもらいたいですよね。



SixTONES★YouTubeフェス登場★内輪ネタでファン騒ぎすぎ

こんばんは。
今日は「SixTONES★YouTubeフェス登場★内輪ネタでファン騒ぎすぎ」の事をお伝えしたいと思います。

今年「10月」、「動画配信サイト・YouTube」の「アーティストプロモ」「キャンペーン」に抜てきされた「ジャニーズJr.」内「ユニット・SixTONES」です。「12月11日」には「人気クリエイター」や「アーティスト」が集う「イベント」「YouTube FanFest Music JAPAN 2018」に出演しましたが、そこでの「ファン」の言動に対し、「ネット」上で辛らつな声が上がっています。

「SixTONES」と「Snow Man、Travis Japan、Sexy美少年、HiHi Jets」が取り組む「YouTube」の「ジャニーズJr.チャンネル」は、今年「3月」に「スタート」しました。中でも「SixTONES」は高い再生回数を誇っており、都内の駅に「アーティストプロモ」「キャンペーン」の大きな広告が掲示されるなど、「同チャンネル」の「顔」となりました。そんな「SixTONES」が、「YouTube FanFest Music JAPAN 2018」に初参加しました。この日は「水曜のカンパネラ、TWICE、コブクロ」といった「アーティスト」が会場を盛り上げる中、「大トリ」として登場しました。




大役ということもあってか、「田中樹」は「ステージ」でやや緊張気味に「シックストーンズって書いて、ストーンズって読むんで。ぜひグループ名も覚えて帰ってもらいたいんですけども。こんな機会めったにないので、一人ひとり自己紹介の方をさせていただきたい」と話し、「メンバー6人」それぞれが挨拶しました。「パフォーマンス」では、「オリジナル曲」「JAPONICA STYLE」「IN THE STORM」「Amazing!!!!!!」を披露し、大歓声に包まれたといいます。ですが一方で、「MCタイム」での「SixTONESファン」の「参入」が物議を醸しています。

「3曲」歌い終えた「SixTONES」は、「MC」の「ハリー杉山&Chigusa」と「キャンペーン」の反響や動画について「トーク」を展開しました。その間、「ステージ」の後ろにある「モニター」では、「SixTONES」の過去動画が流れており、「ファン」はそれに合わせて何度も「キャー!」などと反応し、「メンバー」のしゃべりもあまり耳に入っていない雰囲気でした。思わず「ハリー」が、「モニター」を見る「ファン」に「みんな反応良すぎ」とつぶやいたほどです。「ジェシー」も「MC」の最後にはおどけた声で「聞いて~!」と、「ファン」に注意したのですが、するとあちこちから「マンキー」と「ファン」の叫び声が上がり、「ジェシー」は戸惑いつつ「あ、マンキー?はい、あとでね」と「コメント」しました。この応答に、また「ファン」は「キャー!」と興奮状態となりました。

「マンキー」とは、夏公開の動画で「SixTONES」が「ドライブ旅」をしている最中、野生の猿に遭遇したことから、「メンバー」の間ではやった「ワード」でした。「ファン」が騒いだとき、「モニター」にはこの「シーン」が映っていたそうで、「メンバー」に伝えようと声を出したようです。

ですが、「ジャニーズJr.チャンネル」で公開された「SixTONES @ YouTube FanFest Music JAPAN 2018」「イベント」の映像を見た「ファン」からは、「内輪ネタで騒ぎすぎ。せっかくパフォーマンスが最高だったのに、ファンのせいでSixTONESの評判が下がるはもったいない」「メンバーが話してるのに後ろの映像に反応したり、「マンキー」って言うのは、単独コンサートじゃないんだからよくない」「フェスで身内ネタを持ってくるのは良くない。今ノリに乗っているSixTONESの足を引っ張らないようにしたい」との声が続出しました。現場にいた「ファン」は「悪ノリ」だったと、不快感をあらわにしています。




この「フェス」は「YouTube」で「ライブ配信」も行われ、「チャット」では「他アーティスト」の「ステージ」中に「ジャニーズファン」の関係ない書き込みが複数見られたようです。こうした点も含め、現地にいる「ファン」も「ライブ配信」の「チャット」に加わった人も「ジャニーズのホーム」ではない場所での言動に気を配るべきと、「ファン同士」で注意喚起している状況のようです。

さまざまな歌手が集まる「イベント」の場合、「ジャニーズファン」があまりにも目立つ行為をすれば、顰しゅくを買う可能性もあるでしょう。とはいえ、現場にいた「ファン」からは「マンキーの映像が後ろで流れから言っただけで、邪魔したかったんじゃない」「ファンは会場を盛り上げてたし、そこにいた自分はマナーとか気にならなかった」と「フォロー」の声も見受けられました。

「YouTube」の活動を通じて露出を増やしている時期だからこそ、「ファン」は「SixTONES」に迷惑をかけぬよう、応援してほしいものですね。

最近「ジャニオタ」の「ライブ会場」での迷惑行為が後を絶たず他の「アーティストファン」に不快な思いをさせていることに苛立ちを覚えますよね。



手越祐也★すぐに落とせるから&一発で仲良くなる★交友スキルに自負

こんばんは。
今日は「手越祐也★すぐに落とせるから&一発で仲良くなる★交友スキルに自負」の事をお伝えしたいと思います。

長年、「世界の果てまでイッテQ!」「日本テレビ系」に「レギュラー出演」している「NEWS・手越祐也」です。「ロケ登場時」に「ハイテンション」で「手越祐也」が口にする「テイッ!」という「フレーズ」は、手の平を頭の横で半回転させて敬礼の仕草をする「ポーズ」とともに、お茶の間にも浸透しています。

今や「手越祐也」の代名詞ともいえる「テイッ」ですが、「12月11日」深夜放送回の「ラジオ番組」「KちゃんNEWS」「文化放送」に「ゲスト出演」した際には、これをめぐって一般人に苦言を呈する場面がありました。

「パーソナリティ」を務める「NEWS・小山慶一郎」から「今から6年前、私の方が先に「テイッ」と言いながら手越くんと同じ振りをしていました」という「リスナー」からの「メッセージ」が読み上げられると、あくまで自分は番組の中でやっていることだと言い、「プライベート」でやっている「リスナー」に対しては「頭おかしいですよ「笑」」と「バッサリ」。




そして、ありがたい話でもあると前置きしつつも、道端で子どもなどに「手越くん「“テイ”」やってください」と求められることについては「俺、プライベートでは「“テイ”」やってないから!」と苦言を呈したのでした。

また、「6年間」交際している彼の家に挨拶に行くことになったという「リスナー」から、「印象を良くするためのアドバイス」を求められた「手越祐也」は、「俺は向こうの両親とすぐ仲良くなれる人だから」と「キッパリ」。自身が挨拶に行くとしたら、特にかしこまった服装で行くこともなければ、緊張することもないとのことで、まずは出会いや彼女の好きなところを両親に説明するといいます。

そのうえで、「俺は先にパパとママと仲良くなっとくね」「だから俺の場合は「結婚してください」に対する弊害はない」と言い切ったのでした。これに「世間一般ではなかなか難しいと思うのよ」と反論する「小山慶一郎」でしたが、「俺はわかんないけど彼女がいるとしたら、彼女のお父さん、お母さん、もっと言ったら兄弟とかとも仲良くなってたい人だから」と「手越祐也」も譲らずでした。

「手越祐也」の金髪を指摘してくるような厳格な父親の「タイプ」だったとしても「厳格なパパでもすぐに落とせるから大丈夫!「彼だったらいいな」と思わせる自信あるもん!」と、自信をのぞかせていたのでした。




また「男が彼女側に挨拶に行く方が、彼女が彼氏側に挨拶に行くよりハードルが高い」という「手越祐也」は考えているそうで、「俺の両親に彼女が挨拶来るってなったらすぐOKになる」とのこと。

また、女性が挨拶に行くときにできる対策としては「「お母さんと」共通の話題でしゃべって、仲良くなることじゃない?言葉使いとかタメ語とかはダメだけど、フレンドリーに柔らかくいったらいいんじゃない?」と「アドバイス」を送っていたのでした。

「俺どんなIT企業の社長だろうが、超有名なアーティストだろうが一発で仲良くなるもん。20~30分あれば」と、最後まで自信満々だった「手越祐也」には、「ファン」からも「さすがテゴちゃん」「一回でお父さん落とせるとかすごい!」「お父さんすぐ落とせるならお母さんは瞬殺だな」などの声が寄せられていました。

その誰の懐にでも潜り込める才能で、一体「手越祐也」はどんな人たちと交友録を繰り広げているのでしょうか。そこも気になるところですね。

「手越祐也」の「交友スキル」なら大統領でも総理大臣でも瞬殺で「フレンドリー」な関係になれるでしょうね。