「きゃりーぱみゅぱみゅ」★良すた★MV公開★良いスタート★イースターパーティーソング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「「きゃりーぱみゅぱみゅ」★良すた★MV公開★良いスタート★イースターパーティーソング」の事をお伝えしたいと思います。

2011年」夏に「CAPSULE」の「中田ヤスタカプロデュース」で「デビュー」を飾った「きゃりーぱみゅぱみゅ」ですが、「デビュー5周年」となった昨年は、{“日本の元気をさらに世界に伝えること”}を「テーマ」に、{“5つのたくらみ”} として様々な「チャレンジ」をすることを決意表明しました。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」内の「クールジャパン2016」で開催された「アトラクション」「きゃりーぱみゅぱみゅ XRライド」の制作を皮切りに、初の「ベストアルバム」「KPP BEST」の「リリース、3度目のワールドツアー」「KPP 5iVE YEARS MONSTER WORLD TOUR 2016」の「開催、海外アーティスト」との「コラボレーション、初めてのアートワーク展」の開催など、宣言通りにど派手に「5つ」の「チャレンジ」を達成しました。

そして「2017年」も勢いをそのままに、「原宿いやほい」の「リリース、全国ホールツアー」「きゃりーぱみゅぱみゅ KPP JAPAN IYAHOI TOUR 2017」を敢行するなど、精力的に活動を展開しました。

そんな、「きゃりーぱみゅぱみゅ」ですが、「4月5日{水}」に発売される日本初の「イースターパーティーソング」「良すた」の「ミュージックビデオ」が解禁になりました。

今作は、きゃりーが初めて「女性ディレクター」の「佐渡恵理さん」と「タッグ」を組み、卵の王国の王女であるきゃりーが個性的な仲間たちと共に旅立ちに向けて「良いスタート」が切れるようにと盛大な「パレード」を行う超前向きで「ポップ」な「ミュージックビデオ」に仕上がりました。明日には「デジタル配信」も「スタート」します。




★「きゃりーぱみゅぱみゅ コメント

今回も「ポップ」でかわいらしい作品に仕上がりました★
イースターソング」ですが、「良いスタート」とかかっているので、新生活、気持ちを切り替えて前向きに進んでいくことを「イメージ」して衣装は「スポーティー」な「アイテム」に拘って作ってみたので衣装にもご注目ください★

★「制作ノート
3月」中旬、神奈川県某所。深夜まで「良すた」の「ミュージックビデオ」の撮影が行われました。
合成が非常に多い作品となるため、本番日の数日前からの綿密な「リハーサル」を重ねての撮影となりました。

今作の「スタッフィング」は、「デビュー当時」からきゃりーを支える「衣装デザイナー」の「飯嶋久美子、ヘアメイスズキミナコ」が担当しました。

監督は今作が「初タッグ」となる「佐渡恵理監督」が担当です。きゃりーとしては、初めての女性の監督との作品作りになりました。

中田ヤスタカ氏」が「イオンイースターキャンペーンCMソング」として書き下ろした、日本初の「イースターソング」です。今までのきゃりーの楽曲の「ポップ」さや「キャッチー」さを残しつつも「メロディライン」に、少し「メランコリック」さを感じさせる、春らしい楽曲に仕上がっています。




デビュー」より親交深い「クリエイター」や、新たに「タッグ」を組む監督と、きゃりー自ら企画段階より入念に打合せを重ね完成した「ミュージックビデオ」です。「ミュージックビデオ」の「コンセプト」は卵の王国です。そしてきゃりーはその卵の王国を束ねる王女の設定です。

卵の王国は個性的な卵の「キャラクター」が多数登場し、さらに宮殿や地獄温泉など「シンボリック」な「ロケーション」が存在する世界です。そんな世界の王女であるきゃりーは地球に向けて旅立つことになり、新しい世界への出発を記念して仲間たちと共に盛大な「パレード」を行います。王国を「テーマ」にした今回の「ミュージックビデオ」では「クラシカル」な「バレエダンス」を披露しています。

しなやかな「ダンス」を披露したきゃりーは実は「3歳」から「クラシックバレエ」を習っていたと語ります。

今回の「メイン」の衣装は「イースターソング」と、「良いスタート」がかかった楽曲になっているため、きゃりー自身が「スポーティー」を「コンセプト」に「デザイン」を考えた「スポーツブランド」の「ウェア」と「カラフル」な「タスキ」を取り入れた「スポーティ」な衣装になっています。

撮影から制作期間が「約1ヶ月」を要した「モーションキャプチャー」により制作した「ダンサー」たちと、きゃりーが「シンクロ」しながら繰り広げられる「ストーリー」が「ポップ」でかわいい最高傑作に仕上がっています。

近年「イースター」を取り上げる事が「テレビ」などで多くなりましたね。今回、制作された「きゃりーぱみゅぱみゅ」の曲もこの先、取り上げられる事になるでしょうね。





人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。