「ゴールデンウイーク前後・5月」★紫外線種類★紫外線ケア

こんばんは。
今日は「「ゴールデンウイーク前後・5月」★紫外線種類★紫外線ケア」の事をお伝えしたいと思います。

夏には紫外線対策をしっかりやるという人が多いと思いますが、紫外線は通年で降り注いているものです。「ゴールデンウイーク前後」の「5月」は、日焼けで肌を傷めてしまうという人も多いようです。春先の今ごろからの「紫外線ケア」の「スタート」を心掛けましょう★

1年」のうちで{“紫外線が一番強いのは5月”}と聞いたことはないでしょうか。紫外線には「UVA{紫外線A波}」と「UVB{紫外線B派}」という「2種類」があり、それぞれ肌に与える「ダメージ」が違います。




UVA」は全紫外線のうち「約95%」を占め、肌の奥まで届き、「シミ、シワ、たるみ」など、老化の原因になります。「UVB」は、全紫外線のうち残りの「約5%」です。波長が短いので、肌の表面で吸収されます。日焼けや「シミ」などになりやすいです。

UVA」と「UVB」の紫外線量は月ごとに違い、「UVA」は「4月」から「8月」に「ピーク」を迎えますが、それ以外の時期も「ピーク時」の半分以上はあるので、年間を通じて気を付けたいです。一方、「UVB」は「5月」から「8月」が「ピーク」で、「10月」から「3月」は少なくなります。

★具体的な日焼け対策は?

紫外線対策の基本といえば、何といっても日焼け止めです。下地や「ファンデーション」なども、冬でもできれば「UVカット効果」のあるものを使いたいです。また、日焼け止めを塗ったら、きちんと落とすことも鉄則です。「日焼け止めクリーム」が残っていると肌荒れの原因になることもあります。




顔や手や腕、足などには「日焼け止めクリーム」をたっぷり塗っても、頭の地肌や髪の毛の紫外線対策は意外と忘れがちです。頭皮の日焼けには、日傘や帽子なども有効です。

頭皮や髪は、洗い流さない「タイプ」の「トリートメント」で小まめにうるおいを与えたり、日焼け対策用の「シャンプー」や「トリートメント」を使うなど、日々の「ケア」でいたわってあげるのも効果大です。

日焼けをしてしまった場合、赤く熱を持っているようであれば、まずはぬるめの「シャワー」で冷やすことです。そしてしっかり保湿をしましょう。日ごろから、抗酸化作用があり、肌を健康にするのに役立つ「ビタミンA、C、E」を含む食材を積極的にとるのもおすすめです。

紫外線ケアー」も肌であったり頭皮であったりと体の部位により「ケアー方法」違ってきますよね。特に女性の方には早めの「紫外線ケアー」を心がけて欲しいですよね。





人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。