「チロルチョコ」★台湾スイーツ★タピオカミルクティー★パイナップルケーキ

おはようございます。
今日は「「チロルチョコ」★台湾スイーツ★タピオカミルクティー★パイナップルケーキ」の事をお伝えしたいと思います。

チロルチョコ」から、台湾の代表的な「スイーツ」を再現した「台湾スイーツ」が「3月6日」に発売されました。参考価格は「100円{税別}」です。

これは、台湾の「人気スイーツ」「タピオカミルクティー」と「パイナップルケーキ」を再現した「チロルチョコ」です。「一袋」に、「タピオカミルクティー3個」と「パイナップルケーキ4個」の「計7個」が入っています。




タピオカミルクティー」は、紅茶の香り立つ「チョコ」に、食感と色にこだわった「タピオカ風」の「グミ」を入れたものです。包みを開けると、紅茶の香りがふんわり鼻をくすぐります。

ミルクティー風味」の「チョコ」は濃厚な甘さです。華やかで「コク深い」風味が口いっぱいに広がっていきます。

黒くて丸い見た目の「グミ」は、本物の「タピオカ」のようです。もちもちとしており、「タピオカ独特」の{“ムニッ”}とした食感が巧みに表現されています。これはまさに{“ひと口で食べられるタピオカミルクティー”}です★

パイナップルケーキ」は、「チョコ」の中に「ドライパイナップル」と「クッキークランチ」を入れたものです。鮮やかな黄色が目を引きます。




甘酸っぱい「チョコ」と「ドライパイナップル、焼き菓子のような香ばしさのあるクッキークランチが一体となったジューシー」なおいしさです。「パイナップル」の繊維もちょっぴり感じられます。

本物のような{“しっとり、ねっとり感”}はないものの、なめらかな「チョコ」と「ザクザク」とした「クッキー」の食感の違いが楽しめます。

手軽に「台湾スイーツ」が楽しめる、「2つ」の「チロルチョコ」です。個人的には、「タピオカミルクティー」の方が再現度は高い印象でした。が、感じ方には個人差があるので、ぜひ自分の舌で確かめてみてくださいね★

台湾スイーツマニア」の方にとってはものすごく気になる「台湾スイーツチロルチョコ」です。「チロルチョコ」の豊富な「バリエーション」のある中の「2種」です。「100円{税別}」で「台湾スイーツ」を感じられるのならこんなに贅沢なことはないですよね。





人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。