「三菱電機イベントスクエア」アート★スイーツ家電リサイクル★五感体感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「「三菱電機イベントスクエア」アート★スイーツ家電リサイクル★五感体感」の事をお伝えしたいと思います。

東急プラザ銀座」にある「三菱電機イベントスクエア」「METoA Ginza」{メトア ギンザ}で「2月22日、家電リサイクル」を「テーマ」とした「イベント」「Re-Birth in Ginza-家電リサイクルが創る、出会いと驚きの世界。」が「スタート」しました。

三菱電機グループ」の「テクノロジー」をわかりやすく、楽しみながら伝えることを目的として、「2016年3月」に「オープン」した同施設です。「見て」「触って」「体験して」を「キーワード」に、「イベント」の定期開催を行っています。「第4弾」となる今回は、使い終わった家電が資源として再生され、新しい製品へ生まれ変わる循環型社会が「テーマ」です。

記者が会場に足を運んでみたところ、青と紫の「透明アクリル」が陽の光を受けて美しく輝く、縦長の「オブジェ」が目に飛び込んできました。「1階フロア」に展示されているのは、廃家電の{“解体”}を「モチーフ」にした「Reincarnation-解体のシャンデリア-」です。解体の「プロセス」を連想させる、螺旋状の光る輪も印象的です。

同イベント」ではこの「オブジェ」を起点として、「3階」までの「各フロア」を利用し、廃家電が新しく生まれ変わるまでの「ストーリー」を表現しています。次に向かった「3階」では、{“再生”}を表した作品「Reincarnation-再生-」が来場者を出迎えます。「再生プラスチックペレット」を敷き詰めた土台に設置された「オブジェ」は、「緑や紫、赤」などさまざまな色に変化します。さらに、操作台に手をかざすと「オーロラ色」の光が流れる仕掛けもあります★




同フロア」はこの他に、かわいい小人たちが家電を生まれ変わらせる、子ども向けの「アニメーション作品」「カイタイノセカイ」や、「家電リサイクル」の工程を「10段階」に分けてわかりやすく解説する展示「PLASTICS RECYCLING」などがあります。

最後は、今回の目玉ともいえる「家電リサイクルエンターテインメント」「Re-Birth –循環の鼓動を聴く-」を体験★「2階フロア」には、「64面液晶マルチディスプレイ」「METoA VISION」が設置されており、「映像と音、風」を駆使して表現した{“家電リサイクルの世界”}を楽しめます。

和太鼓集団「DRUM TAO」による和太鼓の音色が心臓に響き、目前に広がる美しい映像に合わせ、時折風が頬を撫でていきます。あまりの迫力に、思わず見入ってしまうこと間違いなしです★

展示は以上で終了ですが、合わせてぜひ足を運んでほしいのが、「1階」に併設されている「カフェ」「Me’s CAFE & KITCHEN」{ミーズ カフェ アンド キッチン}です。こちらでは今回の「イベント」に合わせた「コラボスイーツ」「3B{スリービー}{3種}の{ベリー}の{アイスケーキ}」{単品税抜880円、コーヒーセット税抜1,130円}を、「1日20食限定」で提供しています。

環境活動の{“3R”}{リデュース、リユース、リサイクル}にちなみ、{“3B”}すなわち「3種」の「ベリー」を使用しています。「ストロベリー、ラズベリー、ブルーベリー」を「アイスクリーム」に練り込み、「アイスケーキ」という新たな「スイーツ」に生まれ変わらせることで、「リサイクル」の過程を表しています。




アイスケーキ」は、「スポンジ生地」を土台とした「3層」仕立てです。「ベリー」の「コンポート」を練り込んだ「アイスクリーム」の上に、「バニラ系」の「アイスクリーム」と、「クルミ」を加えた「ベリー」の「アイスクリーム」を重ねています。

ちなみに、「ベリー」の「コンポート」を作る際には、売り上げの「一部」が「コアラ基金」に寄付される、「オーストラリア産」の「赤ワイン」を使用しているとのことです。さらに、提供する際に用いる「プレート」と「カトラリー」も、「100%天然素材」のものを「チョイス」しているといいます。

聞けば聞くほど、よく考えられていると感心せずにいられない「同スイーツ」です。肝心の味はというと、「ベリー」の甘酸っぱさと「シナモン」の「スパイシー」さが調和する、他ではあまりお目にかかれない大人の味わいが魅力です。「アイスケーキ」の周りには花びらがあしらわれ、見た目も華やかです。

Re-Birth in Ginza-家電リサイクルが創る、出会いと驚きの世界。」は、「6月14日{水}」まで開催予定です。入場無料のため、ちょっとした空き時間に立ち寄ってみるのもおすすめです★思いがけない発見と驚きが待っているはずです。

こんなにもいろんな体験ができる施設はなかなかないですよね。いろんな体験で動いた後には「スイーツ」を食べて糖分を補給したいですよね。入場無料も魅力があり家族揃って楽しみたいですよね。





人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。