「中国マクドナルド」★ストロベリーパイ★食べてみた★中身はいちごジャムのよう

おはようございます。
今日は「「中国マクドナルド」★ストロベリーパイ★を食べてみた★中身はいちごジャムのよう」の事をお伝えしたいと思います。

マクドナルド」の「スイーツ」で定番の「1つ、ホットアップルパイ」です。冬の期間限定で「三角チョコパイ 黒」も、日本では販売され、特に「1月下旬」から「2月下旬」には「いちごチョコクリーム」が入った「三角いちごチョコパイ」も登場しました。「いちごバージョン」はすでに終了、「三角チョコパイ 黒」は「3月下旬」までなので、お見逃しなくです。




さて、中国では日本とはまた異なる「パイ」が、「マクドナルド」で販売されているのを見つけました。

その「メニュー」は「草莓派」、英語を読むと、「ストロベリーパイ」とあります。日本の「いちごチョコパイ」とは違うのか、ちょっと気になって買ってみました。

大きさも形も、「三角パイ」ではなく、日本の「ホットアップルパイ」と同じです。外から見てもなんとなく「ピンク」のいちご色です。そして中身は、まるで{“いちごジャム”}のようでした。たまに、いちごらしき塊の果実が入っています。「パイ」の「サクサク感」は、「マクドナルド」の「パイ」そのものです。食べているうちに、けっこう美味しいなと思えてきました。




日本の「マクドナルド」でも、ぜひ発売して欲しい「スイーツ」です。

ちなみに、重慶の地下鉄構内に、「マクドナルド」の売店がけっこうありました。「カウンター」のみ「テイクアウト専門」のお店で、中国人の若者がかなり並んでいたので、人気があるのでしょう。

マクドナルド」の「スイーツ」も国が変われば全く違った形や味の商品が発売されているんですね。中身は「いちごジャム」のようですが日本で発売しても「ヒット」しそうな気がしますよね。





人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。