「井伊直弼」★ひな人形 ★滋賀各地ひな祭り一色★にんげん雛絵巻まつり

こんばんは。
今日は「「井伊直弼」★ひな人形 ★滋賀各地ひな祭り一色★にんげん雛絵巻まつり」の事をお伝えしたいと思います。

もうすぐ、ひな祭りの「シーズン」です。滋賀県では全国的にも極めて珍しい、地域色豊かなたくさんの「ひな人形」が県内各地で見ることができます。特に注目なのが、「井伊家13代直弼」の愛娘である「弥千代」の「雛と雛道具」と「にんげん雛絵巻まつり」です。

★井伊家の雛




井伊直弼」の愛娘の雛と、大揃いの雛道具が今回、彦根市の「彦根城博物館」で特別公開されます。「高松藩松平家の世子{せいし}・頼聡{よりとし}」に嫁いだ際に整えられた婚礼調度や雛人形で、婚礼調度の「ミニチュア」として製造された「85点」におよぶ「屏風や小袖」などの雛道具が一挙に見られます。「3月7日」までです。

また、東近江市五個荘は{“近江商人発祥の地”}で、江戸後期から昭和戦前にかけ、多くの近江商人を輩出したことで知られています。今回、故郷に残した娘に贈った雛人形をはじめ、近江商人屋敷などに長きにわたって受贈されてきた、さまざまな時代の「雛人形約100組」が、「東近江市五個荘近江商人屋敷」で展示されます。「3月20日」までです。

さらに、「東近江市レインボー大使」と「淡海書道文化専門学校」の学生が内裏様やお雛様などに扮し、来場者に白酒や雛あられなどを配布する「にんげん雛絵巻まつり」が、「2月18日と19日」に見られるのも「要チェック」です。




ほかにも、商店街や商人屋敷など懐かしさが感じられる日野町では、江戸時代から現代までの雛人形などが「約150ヶ所」で飾られるほか、日野独特の風景である古民家の「桟敷窓」などの風景とも合わせて楽しめます。「日本天台三総本山」の「1つ」、日本遺産の西教寺では期間限定で精進料理の「ひな御膳」を味わうことができます。

★「滋賀県観光情報
★「http://www.biwako-visitors.jp/

にんげん雛絵巻まつり」を機会に「井伊直弼」の人物像にふれてみるのも良いですよね。





人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。