「子どもの日」★端午の節句の由来★菖蒲で厄払い★柏餅やちまきの意味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「「子どもの日」★端午の節句の由来★菖蒲で厄払い★柏餅やちまきの意味」の事をお伝えしたいと思います。

5月5日」の{“子どもの日”}は、五節句の「1つ」となる「端午{たんご}の節句」です。健やかな子どもの成長を願うための、伝統行事に込められた意味を紹介します。

★「端午の節句の由来とは

その昔、中国では、旧歴の「5月」は病気が蔓延しやすく、毎年多くの人が亡くなる「忌み月」とされていました。そのため「厄災や穢れ」を払う力が宿っているとされる「菖蒲やヨモギ」を門に飾り、菖蒲酒を飲んで邪気を払ったことが始まりとされます。




端午の「」とは「はじめ」を意味し、「」は「午{うし}の日」を意味します。月初めの牛の日ということとなりますが、午は五に通じ、五が重なるなどことから、「重五{ちょうご}の節句」とも呼ばれ、現在では「5月5日」なったといわれます。

★「菖蒲で厄払い

日本でも暑さが増し、季節の変わり目となるこの時期は体調を崩しやすいため、薬草を摘み邪気払いが行われるようになりました。菖蒲は昔から薬草として煎じて飲まれており、根は漢方薬として「胃腸の調子を整えたり、解熱をしたり、傷口を治したり」するのに使われています。

そのため、この日は「菖蒲{尚武}の節句」とも言われ、「5月5日」には「菖蒲酒にして飲んだり、菖蒲枕として枕の下に敷き眠ったり、菖蒲湯」に入ったりして、災いとなる邪気を払い健康長寿を願いました。

★「柏餅やちまきの意味は




柏の葉は、新しい芽が出ないと古い葉が落ちないことから「家系が絶えることがない」とされ、「子孫繁栄、健康長寿」の願いが込められています。

ちまきは、中国の故事に由来します。その昔、「楚{そ}の国」の王の側近である「屈原{くつげん}」が、陰謀によって失意の中、川に身を投げ亡くなってしまいました。

屈原を慕っていた多くの人が、供物を川へ投げて弔っていたところ、幽霊となった屈原が出てきてこう言ったとされます。「供物は有り難いが、悪龍に盗られてしまう。悪龍が嫌う楝樹{れんじゅ}の葉で包み、邪気を払う五色{青・赤・黄・白・黒}の糸で縛ってほしい」。人々がその通りにすると、屈原の元に無事届くようになったとされます。この「五色」は、物事を「スムーズ」に進める意味をもち、鯉のぼりの吹き流しにも使われています。このことからちまきは、災いを避けることができ、無病息災の縁起の良い食べ物とされます。

いかがでしょうか。現代のように男の子のお祭りとして勇ましく立派な「兜や鯉のぼり」を飾るようになったのは、武家社会になってからです。季節の変わり目に大人も子どもも、男性や女性も、「菖蒲湯に浸かり、柏餅やちまき」を食べ、邪気払いをして、体調を整えるといいでしょうね。

端午の節句」の由来など真剣に考えたりしたことはあまりないかと思います。もちろん「3月3日」「桃の節句」の由来も知ればしるほど深い意味があるのが良く分かりますよね。どちらにしても男の子や女の子の大切なお祝いの「一日」になることは間違いないですよね。





人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。