「横浜赤レンガ倉庫・赤レンガパーク」★ヨコハマフリューリングスフェスト2017

こんばんは。
今日は「「横浜赤レンガ倉庫・赤レンガパーク」★ヨコハマフリューリングスフェスト2017」の事をお伝えしたいと思います。

4月」に「リニューアルオープン15周年」を迎える「横浜赤レンガ倉庫」では、「4月28日{金}」から「5月7日{日}」までの「10日間、横浜赤レンガ倉庫イベント広場」と「赤レンガパーク」にて、「Yokohama Frühlings Fest{ヨコハマフリューリングスフェスト} 2017」を開催します。




建物の「一部」が「ドイツ様式」で建造されていることや、横浜港が「北ドイツ」「ハンブルク港」と姉妹港であることなど、「ドイツ」と縁が深い同施設です。年間を通じて、「ドイツ発祥」とされる様々な「イベント」を実施しています。「フリューリングスフェスト」とは「ドイツ語」で春祭りを意味し、待ちに待った春の到来を祝う「イベント」です。

5回目」を迎える今年は、例年の「ドイツビール・フード」が中心の構成に加え、「アトラクション数」を増やし、より本場「ドイツ」の「イベント」に近づけました。これまで子ども用のみだった「アトラクション」も、今年は「全7種」のうち「3種類」は大人も子どもと一緒に楽しめます。振り子の動作で上下の浮遊感を楽しめる「海賊船」と、てんとう虫を模った「4機」の乗り物が旋回する「レディー・バード」は初登場です。また、昨年好評を集めた「ドイツ製」の「メリーゴーランド」も、家族で乗れる大きさに「パワーアップ」しました。

ビール」を含む「ドリンク」や「フード」は、老若男女問わず楽しめる「メニュー」を展開します。「ビール」は、「3月」から「5月」のみ期間限定で提供される「アインガー マイボック」{1,100円}と、「ドイツ北部」の醸造所「メッツェラー」の「ランドビア」が日本初上陸します。特に「アインガー マイボック」は「本イベント限定販売」のため、この春、日本ではここだけでしか味わえません。さらに、今年日本初上陸した、「ワッフルコーン」の中を「チョコレート」で「コーティング」し、飲み物等の「カップ」として楽しむ「ハイブリッドスイーツ」「コーンショット」{800円}が初登場します。そのほか、名物の「ソーセージ・菓子パン」や、「フレッシュジュース」など「定番メニュー」も用意されます。




さらに、「ドイツ雑貨」や「名産品、お持ち帰りできるフード類」の販売と、子ども向けの「ワークショップ」を開催します。来場の思い出や母の日の「プレゼント」として持ち帰ることができる、「オリジナル」の「雑貨、小物、アクセサリー等」の制作が楽しめます。

ゴールデンウィーク」は家族で「赤レンガ倉庫」に行って、春祭りを楽しみましょう。

横浜赤レンガ倉庫」「ヨコハマフリューリングフェスト 2017」毎年恒例の「人気イベント」は家族連れや「カップル」などが楽しめる老若男女問わずなところが一番の魅力かも知れませんね。





人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。