「福寿園&和食の鬼才・黒木純氏コラボ」★GINZA SIX★くろぎ茶々★鯛茶漬け★常葉

こんばんは。
今日は「「福寿園&和食の鬼才・黒木純氏コラボ」★GINZA SIX★くろぎ茶々★鯛茶漬け★常葉」の事をお伝えしたいと思います。

4月20日{木}」開業の「GINZA SIX」「地下2階」に、和食の若き鬼才「黒木純氏」と、京都のお茶の老舗福寿園とが「コラボレーション」した初の「」の物販専門店「くろぎ茶々」が「OPEN」しました。




同店では、究極素材に「シェフ」の技で完成させた和菓子や逸品のお茶を販売します。販売されている「常葉」{3,240円}は、注目の「スイーツ」です。同店広報担当者は「クリームチーズに本くず粉で作った抹茶のくず餅のようなものをのせています。わらび餅よりもしっとりしていて、くずよりもモチモチしていると思います。あるようでなかったクリームチーズと抹茶の意外な組み合わせも楽しんでほしいです」と「コメント」しました。抹茶の「苦味、クリームチーズ」の酸味と甘味が「マッチ」した「スイーツ」となっています。

また、「イートインスペース」では湯島名物「鯛茶漬」の「コース」が楽しめる{イートインでは同メニューのみ提供}です。この鯛茶漬は、用意された「2種類」のお茶から好みの方を選んでかけられるのも嬉しいです。




同広報は「鯛茶漬コースでは3つのお茶が飲めるのが特徴なんです。1つめは「食前茶」です。グラスで玉露が楽しめるんです。そして2つめは、茶漬にかけるお茶です。最後は甘味に合わせるお茶です。こちらも2種類から選べます」と、「メニュー」を説明しています。しっかりとお茶を堪能できるようになっているといいます。

内装は「割烹スタイル」です。「職人の対応を楽しみながら日本の文化を感じられる内装になっています。料理長との会話を楽しんでください」。同店では、改めてお茶のおいしさを実感できるのではないでしょうか。

福寿園&若き鬼才・黒木純氏コラボ」「スイーツ・常葉」と「鯛茶漬け」は最高級の食材を使用して作られた「最強タッグ」商品ですよね。集客力がどこまで拡大するのか楽しみですよね。





人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。