「第89回選抜高校野球大会」★履正社・安田尚憲{ひさのり}★PLに行きたかった

こんにちは。
今日は「「第89回選抜高校野球大会」★履正社・安田尚憲{ひさのり}★PLに行きたかった」の事をお伝えしたいと思います。

3月19日」に「春のセンバツ」こと、「第89回選抜高校野球大会」が開幕します。大会初日の「第2試合」で登場するのが、昨秋の神宮大会を制した優勝候補の一角、「履正社{大阪}」です。「プロ」の「スカウト」も注目する履正社の「4番バッター」について、新著「永遠のPL学園 六〇年目のゲームセット」を上梓した「柳川悠二氏{ノンフィクションライター}」が「レポート」します。

開幕が目前に迫った「センバツ」の「優勝候補・履正社」には、「早稲田実業{東京}」の「清宮幸太郎」と並ぶ左の「大砲、安田尚憲{ひさのり}」がいます。

全国屈指の「激戦区・大阪」で、大阪桐蔭と「2強」をなす履正社にあって、「安田尚憲{ひさのり}」は「1年生」の夏から「ベンチ」入りし、昨年夏には甲子園の土を踏みました。{結果はベスト16、国体は優勝}さらに最上級生となってから、「チーム」は昨秋の「大阪大会、近畿大会」を制し、秋の「日本一」を決する神宮大会では、決勝で早実と対決しました。「安田尚憲{ひさのり}」は「ライトスタンド」に本塁打を叩き込んで勝利に貢献しました。

188センチ」の長身で「スケール感」は先輩の「T-岡田{現オリックス}」をしのぎ、「ボール」を手元まで引きつけ、身体の軸を回転させて遠くにはじき返します。大柄な割に、やはり同校の先輩である「山田哲人{現ヤクルト}」のような器用さも併せ持ちます。

彼の本塁打を初めて目にしたのは、昨春の大阪私学大会でした。相手は「PL学園」で、場所は履正社の「グラウンド」でした。




その「第1打席」です。「左バッターボックス」に入った「安田尚憲{ひさのり}」がつぶやいた言葉を、「PL学園」の捕手で、主将だった「梅田翔大」から聞いたことがあります。

自分もPLに入りたかったんです

安田尚憲{ひさのり}」は、「1980年代」から「2000年代」にかけて、大阪の高校野球を牽引してきた「名門・PL学園」に入学予定だったというのです。実は、「安田尚憲{ひさのり}」の「11歳上」の兄である「亮太」が、かつて「PL学園」の野球部に在籍し、「1歳下」の「前田健太{現ドジャース}」と「バッテリー」を組んでいたというのです。兄は現在も現役を続け、「三菱重工名古屋」で主将を務めています。昨秋の大阪大会の際、「安田尚憲{ひさのり}」はこう語っていました。

自分が誰よりも憧れている野球選手は兄で、今も尊敬しています。時々、兄からもアドバイスをもらっています

その兄と同じ道を歩もうとしましたが、「安田尚憲{ひさのり}」が「中学3年生」だった「2014年10月、PL学園」は翌年からの新入部員の募集停止を決定し、「安田尚憲{ひさのり}」は履正社に進学しました。

憧れの「PL」との試合で、「安田尚憲{ひさのり}」は「バックスクリーン」の左に建つ「ブルペン」の天井に当たる、「推定130メートル」の特大本塁打を放ちました。同年夏以降の「休部」が決まっていた「PL」に対する、いわば惜別の「一打」となりました。




やっぱりPLが相手で、気持ちが入りました。手応えはありました

ちなみに、彼の父親である「功さん」は、「大阪薫英女学院陸上部」の監督を務め、「昨年12月」の全国高校駅伝女子の部では「2014年」以来、「2度目」となる「日本一」に導いた名将です。母も「元アスリート」だといい、こういう「スポーツ一家」の「DNA」が、「安田尚憲{ひさのり}」を大きく成長させました。

選抜で履正社は大会初日に早くも登場します。相手は、東京の「日大三高」です。同校には、昨秋の東京大会決勝で、「早稲田実業高校」の「清宮幸太郎」を「5打席5三振」と、完膚無きまでに抑え込んだ「エース左腕・櫻井周斗」がいます。「東の清宮幸太郎、西の安田尚憲{ひさのり}」」と、常に同級生の「ライバル」と比較される「安田尚憲{ひさのり}」ですが、「清宮幸太郎」が打ちあぐねた「櫻井周斗」との対決は、大きな注目を集めることはもちろんのこと、彼自身、期するものがあるはずです。

安田尚憲{ひさのり}」は言います。

神宮大会で優勝することができたので、春も、夏も無敗で高校野球を終えたい

目指すは{“三冠”}です。

東「清宮幸太郎」西「安田尚憲」「2人」の活躍と話題性はこれから「プロ野球」に入団しても続いて行くんでしょうね。





人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。