「豆まき」★「恵方巻」★今年の恵方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「「豆まき」★「恵方巻」★今年の恵方は?」の事をお伝えしたいと思います。

先週末は気温が上がり、「3月並み」の暖かさを記録した場所もあるようです。気候が不安定で体調の管理が難しく、受験生や受験生を抱えるご家族は気をもんでいらっしゃるのではないでしょうか。
さて、いよいよ「2月」に突入しました。「3日{金}」には節分を迎えます。
節分といえば「豆まき」ですが、最近は「恵方巻」も認知度が上がってきましたね。
今回は、明日の節分を控え、「恵方巻」に注目してみました。「まだ食べたことがない」という方も多いと思いますが、ご家族や仲間と食べれば盛り上がるはずです★今年はぜひ挑戦してみてください。

明日「2月3日{金}」は節分です。豆まきと恵方巻で楽しみましょう★

★節分とは




節分」は季節の分かれ目のことですから、「立春、立夏、立秋、立冬の前日」を指し、「年に4回」あります。
その中でも、なぜ、「2月」の節分を盛大に行うのかといえば、昔は立春が新年の始まりに相当すると考えられ、最も大事な節目とされたからです。
季節の分かれ目には「邪気{鬼}」が生じると考えられており、それを追い払うために悪霊ばらいの儀式が行われてきました。節分で行われる豆まきもそのひとつです。豆まきは、平安時代に宮中で行われていた「追儺{ついな}」が起源とされています。
そして、ここ数年「ブーム」になっているのが「恵方巻」です。「恵方巻」とはどんなものかご存じですか。

豆まきは平安時代から続く節分の儀式

★「恵方」と「恵方巻」

恵方」とは、その年の最も良いとされる方角のことです。その方角に、その年の福をつかさどる神様「歳徳神{としとくじん}」がいるとされています。「2017年」の恵方は、「北北西やや北」です。
恵方巻」は、節分に恵方を向いて食べると縁起が良いとされている太巻で、大阪の商人たちが商売繁盛と厄ばらいの意味合いを込めて始めたといわれますが、正確な起源は分かっていません。
ただし、大阪を中心に行われていた風習であることは確かであり、大阪では元来「丸かぶり寿司」「幸運巻寿司」と呼んでいました。「恵方巻」の名前が定着したのは、「1998年、セブンイレブン」が全国発売の商品名に「丸かぶり寿司 恵方巻」を採用したことから、急速にその名が広まったといわれています。




今年の「恵方」は北北西やや北

★「恵方巻」を食べよう
福を巻き込む」ことから巻寿司が食べられるようになったと考えられています。また、太巻を逃げた鬼が忘れていった金棒に見立て、鬼退治とする説もあります。
七福神にちなみ「7種」の具材を巻くのが望ましいとされていますが、実は、特定の具材の種類も数もなく、最近では「バリエーション」に富んだ巻寿司を楽しむ方が増えています。
決まりがあるとすれば、その食べ方です。「ポイント」は以下の「2点」です。
恵方巻の食べ方
★恵方を向いて食べる
歳徳神のいる方角に向かって事を行えば、何事も吉とされています。
★願い事をしながら、黙って一気に食べる
縁を切らないように「カット」せず丸のまま食べます。言葉を発すると運が逃げてしまうので、食べ終わるまで話をしないようにしましょう。
★ 節分の新しい風習として定着した感のある「恵方巻」ですが、太巻ではない、便乗(?)商品が登場しています。「恵方巻ロールケーキ」や「クレープロール、オムライスをロール状」に巻いたもの、「トルティーヤ」など。思考を凝らした商品が多いので探してみるのもおもしろいかもしれません。

願い事をしながら「恵方」を向いて一気に食べる

恵方巻き」の認知度も広まりつつあり特別な巻きすしとは思わなくなってきてますよね。





人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。