むくみや冷え性予防に★ミカンを食べて冬のトラブルを回避しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「むくみや冷え性予防に★ミカンを食べて冬のトラブルを回避しよう」の事をお伝えしたいと思います。
冬の果物といえば代表的なのが「ミカン」ですよね。身体の余分な水分を排出し、むくみを予防する働きのある「カリウム」や、毛細血管を広げて血流をよくし、温度を末梢血管まで運ぶ作用があるので冷え性改善にも効果が期待されている「ヘスペリジン」の他、気管支を拡張させ喉の風邪に効果があるといわれる「シネフリン」など冬に必要な有用成分がたっぷり含まれています。

まな板と包丁がなくても手軽に食べられるのが最大の「メリット」ともいえる「ミカン」は、面倒くさがりだけど健康や美容が気になるという人にぴったりの「フルーツ」です★「1人」暮らしで外食が多いという人は常備するといいですよ。




★「冬に{ミカン}を食べた方がいい{理由1}」むくみ改善

朝履いていた「ブーツ」が夕方になると「キツ」くなる……。という経験をしたことがある人も多いのでは?寒い冬は身体の血流がどうしても滞ってしまいがちです。
ミカン」に含まれる「カリウム」は利尿作用があることからむくみの改善に◎です★またむくみの原因の「1つ」に栄養や酸素を運ぶ役割がある毛細血管の透過性が良くなりすぎることがあります。「ミカン」に含まれる「ヘスペリジン」には、この透過性の亢進を抑えて毛細血管を強くする働きがあることから、むくみにも効果が期待できちゃいますよ。
ヘスペリジン」は白い筋の部分に多く含まれるので、筋は取らずに食べるのが正解です。

★「冬に{ミカン}を食べた方がいい{理由2}」冷え性改善に

ミカン」に含まれる「ヘスペリジン」には、毛細血管を広げて血液を流れやすいようにする働きがあります。温度を手足などの末梢血管まで運ぶため、冷え性の改善にも◎です★
また、「ミカン」の皮を乾燥させてお風呂に入れると、「ミカン」の香りの元「リモネン」などの精油成分が溶け出し、毛細血管を広げて血行を良くしてくれるのだそう。冷え性の人は試してみてはいかがでしょうか?

★「冬に{ミカン}を食べた方がいい{理由3}」風邪予防

ミカン」に含まれる有用成分「シネフリン」は、気管支などを拡張させる働きがあることから、喉の風邪に効果があると考えられています。
ミカン」には免疫力を高める効果がある「ビタミンC」が含まれているので、風邪が多くなる冬は食べて体調管理をしましょう★




★もっと美味しく食べるために

たまに酸っぱい「ミカン」を買ってしまう時ってありませんか?そんな時は少し手で揉んでから「ビニール袋」の中へ入れるといいですよ。一説によると、酸味成分である「クエン酸」が傷の修復に利用されるので、酸味が減少するのだとか。やってみると面白いですね。

手軽に食べられる「ミカン」、積極的に活用して冬の「トラブル」とは無縁でいたいですね。

昔から「ミカン」が風邪予防に効能があるとは聞いてはいましたが、むくみや冷え性予防にまで効果があるとは驚きですよね。





人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。