下半身を集中ケア★足冷えとむくみを改善する開脚ポーズ

こんばんは。
今日は「下半身を集中ケア★足冷えとむくみを改善する開脚ポーズ」の事をお伝えしたいと思います。
冷え性の方の多くは、入浴でも緩和されない足先の冷えに悩んでいると思います。冷えている場所は血流が悪くなっています。特に下半身は重力に逆らえないので老廃物などが溜まりがち。これは足全体の筋力不足や運動不足、股関節の柔軟性の低さも原因の「一つ」といえます。
そこで今回は冷えやむくみを改善する下半身の「リンパ節」が集まるひざ裏と鼠径{ソケイ}部に働きかける「ポーズ」をご紹介します。消化機能にも働きかけるので、便秘気味の方にも「オススメ」です★

★下半身を「集中ケア」★足冷えとむくみを改善する「開脚ポーズ」

★「STEP1」

長座の姿勢で座ります。左右の座骨をしっかりと床につけて骨盤を立たせ背筋を伸ばします。

★「STEP2」




足を左右に開きます。このとき足は「90℃」くらい開ければ「OK」です。無理に足を大きく開くと、骨盤が後傾して背中が丸まってしまうので背骨を伸ばすことを優先します。

★「STEP3」

両足のつま先を自分の方向に引き寄せ、かかとを蹴り出すようにしてひざ裏を床の方へ押し付けます。

★「STEP4」

両ひざが伸びた状態で身体が安定している人は、息を吸って背筋を伸ばし、吐く息で両手を身体の前に出し、少しずつ前方に伸ばして前傾します。
両手を遠くへ伸ばしていくとお尻が床から離れやすくなります。お尻はしっかりと床につけて行いましょう。




ひざが床から離れてしまう方は、ひざ裏が床にきちんとついた状態で背骨を伸ばすところから始めます。

★「STEP5」

慣れてきたら少しずつ背骨を伸ばした状態で前傾して、軽く足の付け根とお腹を床方向へ近づけるように前屈していくことで、消化機能に働きかけ便秘の改善にも役立ちます。

いかがでしたか?普段運動していない人には少し難しいポーズだと思いますが、身体に嬉しい効果がたくさん期待できるので、ぜひ毎日続けてほしいところ。できるところから少しずつ深めてみてくださいね★

開脚ポーズ」がこんなにも冷え性改善になるとは思いもよりませんよね。





人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。