冷え対策を間違っていませんか?●●で簡単に解決★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「冷え対策を間違っていませんか?●●で簡単に解決★」の事をお伝えします。
寒がりなので、冷え対策は万全なのに足先が冷える、体が冷えてよく眠れないというとあなた、もしかしたらその冷え対策が体を冷やしているのかもしれませんよ。そこで「やってしまいがちな間違った冷え対策」を紹介します。

★間違った冷え性対策:「タイツ」の上に「ソックス」をはく

タイツ」に「ソックス」をはく、「タイツ」の下に「ストッキング」をはく、これで寒さ対策は万全と思っているかもしれませんが、実は最近の「タイツ」は保温効果がすぐれています。暖房の効いた部屋やちょっと歩くと体が温まり汗をかきやすくなります。一番冷える足も汗をかきますので、この汗により熱が奪われて足先が冷えやすくなってしまうのです。自分に合った厚さの「タイツ」をみつけましょう。

★間違った冷え性対策:寝るときに電気毛布など一晩中つけている

寒いこの時期、暖かい電気毛布や「電気シーツ」がついた布団に入るのは「天国、ホカホカ」と気持ちが良いですよね。でも私達が寝るときは体温を下げて代謝を落として熟睡します。ずっと温かいと体が熟睡できません。これが続くと自分で体温を調節しにくくなります。体の水分も奪ってしまうので脱水になってしまいます。寝る直線まで温めて寝るときには「スイッチ」を切りましょう。

★間違った冷え性対策:生姜をたくさん摂っている

生姜は冷えに効果があるといわれていますが、取り方を間違えると逆に冷えてしまいます。生の生姜は「解熱、発汗作用」がありますので体温を下げてしまうことがありますので、取りすぎは禁物です。冷え予防で飲むなら乾燥させた生姜がおすすめです。自分で「スライス」して干せば簡単に作れます。「1日」の適量は「スライス」して干した生姜「4~5枚」です。「スープや味噌汁、紅茶」など温かい飲み物にいれて飲みましょう。

★間違った冷え性対策:「ソックス」をはいたまま寝ている

寝るときに足が冷たいので靴下をはいて寝ている方は要注意、足先の血流が悪くなってしまいます。靴下はずり落ちないように足首がしまっています。これが足だけでなく寝ているときの体全体の血流だけでなく「リンパ」の流れも悪くなってしまいます。「ソックス」をはいて寝る前の足湯で暖めましょう。




★間違った冷え性対策:熱めのお風呂に一瞬だけ

体が冷たいからといって熱めのお湯に入りたくなりますが、冷えた体で熱いお湯に入ってすぐに湯船からでてしまったのでは、体の表面が温まっただけですぐに体が冷えて湯冷めしてしまいます。「40度」前後のお湯に「15分」くらい入りましょう。体を「リラックス」させて体の芯から温める入浴法が冷えの予防になります。

ただ、半身浴よりも体に負担をかけず、誰でも気軽にできる「足湯」についてご紹介します。

★おすすめの冷え性対策は足湯★

体は温かいのに、足先や足裏が冷たいという人に、足湯は特におすすめです。足は「第二」の心臓と呼ばれるほど体の各器官の末梢神経が集まる場所です。温めることで血液の循環がよくなり、冷えの改善が期待できます。

同時に体の末端を温めることは、全身を温めるのにも効果的です。そのため、続けているうちに「ジワジワ」と汗が出てきます。この体の奥からじわっと出てくる汗が、毛穴を開いて体の外へ老廃物を押し出してくれるのです。体が温まり全身の血行がよくなることで「代謝アップ」につながり、内側から輝くような美肌に近づけます。

★効果的に足湯を行うには?

必要なものは、足を入れる「バケツ、足を拭くためのタオル、適温のお湯」だけです。可能であれば、お湯の温度を測るための「温度計、さし湯用のお湯を入れたやかん、防水性のある敷物」などを用意しておくと便利です。お湯の量は、足首が隠れるくらいの量を準備しましょう。

お湯の温度は、「43度~45度」が理想的です。冷めないように「3分」くらいたったら差し湯をしましょう。足先が冷え切っていると「43度」のお湯でも熱いと感じますが、くるぶしのあたりにゆっくりお湯をかけたりして、徐々に慣らしてください。




時間は大体「7分」が目安です。体がぽかぽかと温まってきたら、足を「バケツ」から出して、左右の足の赤味を「チェック」します。

もし、左右の足の色が違っていたら、色が薄い方の脚だけもう一度お湯につけます。「3分」程度でかまいません。寒い今の時期に行う場合、風邪をひかないように、お湯に浸ける足以外の部分は、温かい格好をしましょう。しかし、汗をかきますので、肌着はすぐとりかえられるようにしておいてください。

疲れがたまっている夕方~夜の時間帯にやると最も効果を実感しやすいだけでなく、「1日」の疲れを「リセット」できます。食後すぐの足湯は消化の妨げになったり、気分が悪くなる可能性もあるので、「1時間」程度経ってからにしましょう。

たくさん汗をかくことで水分を失うので、積極的な水分の摂取を心がけて下さい。冷たい飲み物ではなくぬるま湯や白湯を飲みながら行うと、より「スムーズ」に発汗効果を促し美肌効果が高まります。

★「アロマオイル」を入れて、「リラックス効果アップ」★

お湯だけでも全身を温める効果のある足湯ですが、「アロマオイル」を「プラス」するだけで「効果アップ」が期待できます。やり方は、お湯にお気に入りの「アロマオイル」を「1~2滴」ほど垂らすだけです。

寝つきが悪い場合には、安眠効果のある「ラベンダー、むくみにはジュニパー」などその日の気分で変えてみても良いでしょう。「アロマ」を入れて足湯をすると、体が温まるだけでなく香りによる「リラックス効果」の相乗作用があり最適です。

全身を温めて血行を促すことで、発汗による老廃物の排出と「代謝アップ」が期待でき、冷え対策につながりますよ。

間違った「冷え性対策」をしても改善できなければ意味がないですよね。





人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。