冷え性の原因にも★冬こそやるべき「セルライト除去」マッサージ法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「冷え性の原因にも★ 冬こそやるべき「セルライト除去」マッサージ法」の事をお伝えしたいと思います。
ますます気温が下がるこれからの季節、冷え性に悩む女性は多いのではないでしょうか。たとえ暖房のきいた「オフィス」にいるとしても、太ももや足先などが冷えると感じることがありませんか?

じつはその冷え性の原因は、気温だけではなく「セルライト」かもしれません。

セルライト」とは皮下脂肪細胞に老廃物と水分が溜まって肥大した塊のことです。「セルライト」は皮下温度を下げ、多ければ多いほど体を冷やしてしまう、厄介なくせ者です。

さらに気温が低いと「セルライト」が溜まりやすく、どんどん肥大化するため、放置しておくと悪化するばかりです。

そこで今回は、美容ライター」の筆者が、冬にこそやるべき{溜まったセルライトを除去するマッサージ法}をご紹介します。

★足裏を指圧して「ツボ」や「リンパ」を刺激

セルライト」の元である老廃物は、「リンパ」に沿って除去することができます。

その「リンパ」の流れを促進するには、まず体を温めて血流をよくすることが必要です。「マッサージ」を行うのは、お風呂や「シャワー」を浴びて、体が温まった状態のときに行ってくださいね。




さらに、足裏を優しく指圧することで体が「ポカポカ」と温かくなるのを感じられます。それは「ツボ」や「リンパ」が刺激され、下半身の血流を促してくれるからです。

無数にある足裏の「ツボ」を熟知していなくても、気持ちいい程度に全体を押しながら、揉みほぐしてください。とくに土踏まずは入念に押しましょう。

★ふくらはぎから膝裏を「マッサージ」

足裏の次は、ふくらはぎを揉みます。

膝の裏には「リンパ節」があるので、そこに流し込むつもりで、下から上へと、ふくらはぎを「マッサージ」していきましょう。

ボディクリーム」や「オイル」などを使って滑りを良くして、ふくらはぎを揉んでから両手で包み、下から膝まで手を滑らせてください。

膝まで手がいったら、膝裏を数回押します。これを何度か繰り返すことでふくらはぎの「セルライト」が分解され、老廃物が出口へと流れやすくなります。

1回」行っただけでも、むくみも取れて細くなった、なんて嬉しい実感をする人もいるかもしれません。




★「セルライト」を潰す「イメージ」で★太ももを揉みほぐし

セルライト」が一番溜まってしまうのが、太ももです。ここは「セルライト」を潰すような「イメージ」で、手でつまみながら揉みほぐしましょう。力を入れても効果は変わりませんので、痛くする必要はありません。

「内側、外側、表、裏」と全体を揉んだら、拳を作ります。

第二関節」の「ボコボコ」したところを太ももにあて、下から上へ滑らせて、ふくらはぎ同様に「リンパ」を流していきましょう。後ろは「ヒップ、前は股」まで拳を滑らせたら、これを何度か繰り返して完了です。

以上、溜まった「セルライト」を除去する「マッサージ法」でしたが、いかがでしょうか?

セルライト」を放置しておくと冷え性が悪化するだけでなく、「マッサージ」だけでは除去できないほど固くなってしまいます。

その日の老廃物はその日のうちに流して溜め込まないように、そして既に溜まっている「セルライト」は少しずつ除去していけるように、今日から「マッサージ」を始めてみてくださいね。「アロマ」などをたきながら「マッサージ」すれば、「リラックスタイム」になるでしょう。

セルライト」の塊が冷え性の原因だったとは驚きですよね。





人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。