冷え症にも効果大★欧米風乾布摩擦「ドライスキンブラッシング」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
今日は「冷え症にも効果大★欧米風乾布摩擦「ドライスキンブラッシング」とは」の事をお伝えしたいと思います。
事前の準備としては、乾いたブラシを用意してください。「ブラシ」選びはかなり重要★「ナイロン」や合成繊維の「ブラシ」は肌を傷める可能性があるので、天然素材のものを選ぶようにしましょう。

特に刺激肌や乾燥肌でお悩みの方は、柔らかい毛のものを選ぶようにしてください。お値段は少し張りますが、肌を傷付けてしまってはこの美容法は台無しです。美容液や「保湿クリーム」を買う分のお金だと思って、少し贅沢な「ブラシ」を購入しましょう。

ここからは、「ドライスキンブラッシング」の順番をご紹介していきます。

基本的に動きは、心臓に向かって行います。まずは、下半身から心臓に向かって「ブラッシング」します。次に、手先から心臓です。さらに、「背中、お腹」を大腸の動きに沿って時計回りに「ブラッシング」していきます。そして最後に「胸、首」という順番です。

これだけ覚えてしまえばあとは簡単★ひたすら「2~5分ブラッシング」するのみです。




一つ」注意しておきたい「ポイント」としては、顔などの皮膚が敏感な部分や傷がある部分には絶対に「ブラッシング」しないことです。また、強く「ブラッシング」すればその分効果が得られるというわけではないので、「マッサージ」するように優しく「ブラッシング」しましょう。

個人差はありますが、約「1分間」の「ブラッシング」で「10分」ほどの有酸素運動と同じ効果が見込めるとのことです。継続的に行っていくことで、女性に嬉しい様々な「メリット」が得られます。

★「ドライスキンブラッシング」の効果

ドライスキンブラッシング」最大の魅力は、皮膚を刺激することによって得られる様々な効果です。「エステ」や「マッサージ」でもよく「リンパ」を刺激するなどと言いますが、それは「ドライスキンブラッシング」も同じです。皮膚に刺激を与えていくことで、血流促進効果や「代謝アップ」が期待できます。

女性にとって身体を温めることはとても大切です。「ドライスキンブラッシング」を始めて、平均体温が「1℃」近く上がったという女性も多くいるようです。これからますます寒さが厳しくなる季節です。冷え性の方には特に「オススメ」です。「フードバス」と合わせて試してみてください。




他にも、「血行が良くなることで肌が{スベスベ}になった」「古い角質がとれて肌がしっとりした」なんていう驚きの声も聞かれます。摩擦することでたるみを防止する効果もあるので、老化予防にも一役買ってくれそうです。

また循環機能を高めることは、むくみをとることにも繋がります。「ブラッシング」するだけで、「セルライト対策」になります。「ダイエット効果」も期待できるなんて嬉しいですよね。

入浴前はもちろんですが、就寝前に「ブラッシング」を行う女性も結構いるようです。程よい刺激で身体が温まり、安眠できるそうですよ★「ブラッシング」する回数は「1日1回」で十分なので、その日の気分や体調によって行う「タイミング」を変えてみてもいいかもしれませんね。

早速「理想的なブラシ」を手に入れて、今日からでもすぐに「ドライスキンブラッシング」生活を始めてみましょう★

ブラシ」を使った乾布摩擦は日本にでは聞いたことがない方法ですよね。

試してみる価値はありそうですよね。





人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。