医師が指南★冷え性の特徴とメカニズム★そして対策

こんばんは。
今日は「医師が指南★冷え性の特徴とメカニズム★そして対策」の事をお伝えしたいと思います。
屋外でも屋内でも体を温めているつもりなのに、常に手足を中心に冷えを感じるいわゆる「冷え性」に悩まされている人はいないでしょうか。中には夜、冷えでなかなか眠りにつけず、睡眠の質が低下することで、疲れがたまって困っているという声もあるでしょう。このような深刻な冷え性に悩む人は体調を崩してしまわないよう、寒さが本格化する前に対策を立てておきたいものです。そこで今回は、冷え性になりやすい人の特徴、職場でできる冷え性対策、冬場だからこそ注意したいことについて、「女性医療クリニックLUNA・ANNEX」の「小林愛医師」に話を聞きました。




★冷え性になりやすい人の特徴

暖房の効いた部屋に入ってもまだ冷えを感じる……このような典型的な冷え性の症状はなぜ起こるのでしょうか。その「メカニズム」について、冷え性になりやすい人の特徴と併せて教えていただきました。

「運動不足や食事の{バランス}が悪いことで、熱を産生するための筋力の低下や血流の悪化が引き起こされます。その結果、基礎代謝の{低下、末梢循環}の障害が起き、低体温になる場合があります。また、{むくみやすい、胃腸が弱い、痩せている、貧血気味、常に薄着}である……こういった項目に当てはまる方も身体が冷えやすくなります」{小林医師

末梢循環とは、血流や「リンパ」の流れのことを指します。上記に少しでも当てはまる人は、普段の生活習慣から抜本的に改善していく必要がありそうです。




★職場でできる冷え性対策

冷え性の改善には、適度な運動、「バランス」のよい食事から始めるのが基本ですが、その他にも、多くの人が一日の大半を過ごす職場などでできる有効な冷え性対策もあります。

「{保温・発熱効果のあるインナー}を着用して体温を調整し、{タンブラー}に温かい飲み物を常備して適宜飲むのが効果的です。白湯や生姜紅茶がおすすめですね。また、同じ姿勢を長時間とらないように心がけ、時折{足首を回す、ストレッチ}をする等、適宜動いて血流をよくしましょう。{デスクワーク}が多い人は、お尻や腰回りを温かく保つために{ブランケット}や{クッション}を置くことも効果的です。移動が多い人は、腰に{カイロ}を貼るのもよいでしょう」{小林医師

業務に長時間集中していると、気付かないうちに体の一部が冷たくなっていることもあるでしょう。無理に厚着をするより、「インナー」などを活用し、内側からもしっかり保温したいですね。また、冷たい飲み物や「コーヒー」が好きな人も、たまには体が温まる飲み物を試してみるとよいでしょう。

★冬場だからこそ注意したいこと

最後に、冬場に冷え症の人が注意すべき点について「アドバイス」をいただきました。

「冷えて体温が下がることで免疫力や代謝が低下します。冬場はただでさえ乾燥し、{ウイルス}や細菌が活発になる{シーズン}です。感染予防として冷え対策をしっかり行い、日ごろから{バランス}のよい{食事、運動}による{筋力アップ}を心がけましょう。無理な{ダイエット}で{栄養バランス}が崩れ、皮下脂肪が少なくなりすぎることも問題です。また、{胃腸の不調等、冷え}以外の体調不良が続く場合、何らかの病気が原因の可能性があるため、病院を受診してください。冷えは{頭痛、腹痛等}の痛みを引き起こす可能性があります。日ごろから身体を温かく保ちましょう」{小林医師

やはり「冷え」は万病のもとになるようです。寒いからと億劫がらず、適度な運動と適切な食事の摂取を心がけましょう。

基本の対策としては体を冷やさない様に心がけるのが一番の予防になるんでしょうね。





人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。