和菓子★洋菓子★太りにくいのはどっち?

おはようございます。
今日は「和菓子★洋菓子★太りにくいのはどっち?」の事をお伝えしたいと思います。

ダイエット」して「キレイ」に痩せて意中の彼を振り向かせたい★そうは思っていても、ついつい甘い「 スイーツ」 の誘惑には負けてしまいますよね。

でも最近、太らない「スイーツ」があるって知っていますか?「セレブ」も夢中になる、話題の太らない「スイーツ」を紹介します。

★和菓子は太りにくい「スイーツ」 だった★

さて、日本人には馴染み深い和菓子は、実は太らない「スイーツ」であることが、最近話題になっています。

和菓子に使われている食材は、どれも低脂肪なのです。「ケーキ」には「バター」や「生クリーム」が使われていますが、和菓子には一切使われていません。そして、油分は太ってしまう原因のひとつなので、油分が使われていない和菓子は、洋菓子よりも「カロリー」控えめで太りにくいというわけなんです。洋菓子と比べて、和菓子は「1個」あたりの「サイズ」が小さいことも、太らない「スイーツ」といわれる理由のひとつです。




また、和菓子に使われることが多いあんこは、小豆から出来ています。小豆は「ダイエット」に必要な食物繊維をたっぷり含んでいる食材なので、「ダイエット中」には適しているのです。とはいえ、あんこにはお砂糖が使われているので、食べすぎには注意してくださいね。

★「スイーツ好き」なのでどうしても洋菓子が食べたいときには

和菓子が太らないとはいえ、どうしても洋菓子が食べたいときもあります。甘い「ケーキ」を眺めると、どうしても食べたくなってしまいますよね。そんなときには、選び方に「ポイント」があります。

まず、洋菓子が太ってしまう「スイーツ」といわれる原因は、たっぷり使われている油分です。「生クリーム」にも、「スポンジ生地」にも油分が使われているので、それが原因で太ってしまうのです。ということは、油分が少ない「ケーキ」を選ぶことが「ポイント」になってきます。「フルーツ」たっぷり、「生クリーム」の乗っていない「タルト」や、野菜で出来た「スイーツ」を選ぶことで、洋菓子でも太りにくくなります。また、牛乳ではなく豆乳を使用しているなど使用されている材料で工夫してもよいでしょう。

最近では、おからを使った「焼きドーナツ」なども人気がありますよね。おからは太りにくく腹持ちがいい食材として、「ダイエット」の強い味方として知られています。普通は油で揚げる「ドーナツ」も、焼くことで油分を少しでも「カット」することができます。おからの「焼きドーナツ」など、「カロリー」の低いものをおやつに選んでみることも、洋菓子を選ぶときの「ポイント」です。

★食べるのは「14~18時」が「ベスト」




太りにくい「スイーツ」を買っても、食べる時間帯を間違えては意味がありません。食べる時間も気にしてみることで、より太りにくくなるのです。

スイーツ」を食べる時間帯で一番「ベスト」なのは、「14~18時」の間です。この時間帯は、人が最も活動していて、「カロリー」を消費している時間帯なので、「スイーツ」を食べても、その「カロリー」を消費することができて、太りにくいのです。これが、夕飯のあとになってしまうと、後は寝るだけなので、消費できなかった余分な「カロリー」がそのまま脂肪として身体に残ってしまうことになります。とは言え、夕飯直前に食べてしまうと、お腹が膨れて夕飯が食べられないことになることも。それは栄養面で心配です。

★夕飯との間の、おやつの時間に食べるのが、一番太りにくいでしょう。

スイーツ」を選ぶなら、太らない「スイーツ」を選んでみてください。そして、食べる時間にも気をつけると、より太りにくくなります。

これから肌の露出も増えてくる季節になるのでその前に「ダイエット」してきれいになっていい恋をしてみてはいかがでしょうか。

和菓子」「洋菓子」どちらにしても甘いもの好きには我慢のできない食べ物ですよね。太りにくい「スイーツ」と時間が分かれば少しは「ダイエット効果」もあるのかも知れませんね。





人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。