夜ヨーグルトダイエット★腸のゴールデンタイムに合わせてヨーグルトを食べる★量は120g目安★ヨーグルトドレッシング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「夜ヨーグルトダイエット★腸のゴールデンタイムに合わせてヨーグルトを食べる★量は120g目安★ヨーグルトドレッシング」の事をお伝えしたいと思います。

ヨーグルト」には乳酸菌などの善玉菌がたっぷり含まれています。

善玉菌の働きは、悪玉菌の増殖を抑えて腸内環境を良くする、有害物質の発生を抑える、風邪をひきにくくする、花粉症など「アレルギー症状」の「緩和、 便秘の改善、肌荒れ改善」など、様々な全身の健康に作用していると考えられています。

ヨーグルト」にはこうした健康効果があることは以前から有名ですが、最近注目されているのが夜に「ヨーグルト」を食べる「夜ヨーグルトダイエット」です。
ヨーグルト」は朝に食べることが多いと思いますが、夜食べることでどんな効果があるのでしょうか?

★「腸のゴールデンタイムに合わせてヨーグルトを食べる

人間の体は、「1日」の中で、朝は排泄、昼は食べたものを消化し栄養の補給、夜間は吸収という「リズム」があります。
朝にお通じがあったり、夜遅くに食べると太りやすいことからも、この「リズム」は実感できると思います。
こうした「体のリズム」には、腸の働きが最も活発になる「腸のゴールデンタイム」があり、「22時~翌2時」がその時間帯だと言われています。

この時間に合わせて腸を整える「ヨーグルト」を食べることで、腸の「ゴールデンタイム」をさらに後押しすることができるというのが、「夜ヨーグルトダイエット」の「メソッド」です。




夕食の時間帯に「ヨーグルト」を食べることで、眠っている間に乳酸菌などの善玉菌が働いて腸が活性化し、腸内環境を整えたり、老廃物の排泄や有害物質を減らしたり、太りにくい体質作りに役立つとされています。

★「夜ヨーグルトの食べ方

ヨーグルト」を食べる「タイミング」は、基本的には夕食後です。
なるべく就寝の「3時間前」には食べ終えるようにします。寝る直前や「22時以降」では体重が増加する可能性もありますので、できれば「21時」までには「ヨーグルト」を食べ終わると良いと思います。

量は「120g」が目安です。

種類により「多少カロリー」は異なりますが、無糖の「プレーンタイプ120g」なら、「75kcal~80kcal程度」です。
脂肪分の高い「リッチ」な「タイプ」や加糖のものは避け、できれば無脂肪や低脂肪のものが「ベスト」です。甘味を付けたい場合は、はちみつを少量加えてください。

夕食後に単体で食べるのではなく、料理に「ヨーグルト」を使っても「OK」です。
乳酸菌は熱に弱いので、なるべく加熱をせずに使いましょう。

★「夜ヨーグルトダイエットで気を付けることは

腸の働きが最も活発になる「腸のゴールデンタイム」があり、「22時~翌2時」がその時間帯だと言われています。




★「ダイエット」のために夕食を取らずに、「ヨーグルト」だけを夕食替わりに食べることは避けましょう。栄養が偏り、健康を損なってしまう可能性がありますし、必用な栄養が足りなければ美しくやせることはできません。

★量を食べ過ぎたり寝る直前や遅い時間に食べると、体重増加に繋がってしまいます。遅くても「21時」まで、眠る「3時間前」には食べ終えましょう。

★どんな「ダイエット」にも共通しますが、「ダイエット」に効くとされるその「一つ」に頼るのではなく、食事内容や「バランス」を整えることが最も大切です。
極端な食べ方をして一時的に体重が減ったとしても、栄養不足や「バランス」が悪いと結果的に「ダイエット」はうまくいかず、太りやすい体質になってしまいます。

ヨーグルト」の使い方

★「ヨーグルトドレッシング

プレーンヨーグルト 120g/エキストラバージンオリーブオイル 大さじ1/ 塩 小さじ1/2/こしょう少々/砂糖 ひとつまみ
これらの材料をよく混ぜるだけです。生野菜にも温野菜にも合いますので、野菜をたっぷり食べることができます。「ヨーグルト」の乳酸菌と野菜の食物繊維の両方を摂ることができますから、腸にとっては一挙両得と言えそうです。

★「水切りヨーグルト

水に強い「キッチンペーパー」を敷いた「ザル」に「ヨーグルト」を入れて、数時間から一晩置いておきます。「ザル」の下には「ボウル」や深めの皿などを「セット」しておきましょう。水きりをすると「ヨーグルト」は「フレッシュチーズ」のような味わいになるので、「オリーブオイル」と塩を少々かけてそのまま食べても美味しいですし、「トマト」や「バジル」と合わせて「カプレーゼ風」にしても合います。

水切りヨーグルト」を作った際に下に落ちる水は「ホエー・乳清」といい、「ホエー」には「タンパク質」や「カルシウム、ナトリウム」などが含まれ栄養価が高く、しかも体に吸収されやすいので、そのまま捨ててしまってはもったいないです。
ジュース」と割って飲んだり、肉を柔らかくする性質を持っているので、唐揚げなど肉を漬け込んだり、浅漬けの汁に入れる、「スープ」や「カレー」などの汁物に入れるなど、料理に活用していてはいかがでしょうか。

ヨーグルト」を食べるのにも「ダイエット」に効果的な時間帯があるんですね。





人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。