朝のコーヒーは冷え性女子に大敵★代謝を上げる飲み方は?

こんばんは。
今日は「朝のコーヒーは冷え性女子に大敵★代謝を上げる飲み方は?」の事をお伝えしたいと思います。
目覚めの「モーニングコーヒー」は大変おいしく感じるものです。
ところが、朝一番の「コーヒー」は基礎代謝の低下の原因になります。「ダイエット」を成功させるためには、「コーヒー」はお昼まで待つのが「ポイント」です。

朝の「コーヒー」は目が覚めておいしいものですが、からだは冷えてしまいます★
目覚めて飲む、今日はじめての飲み物です。それは「コーヒー」と言う方も多いことでしょう。「コーヒー」が朝のぼんやりとした頭を覚ましてくれるのは、覚醒作用のある「カフェイン」が含まれているからです。

しかし「カフェイン」は覚醒作用のほかにも、「利尿作用」や「交感神経への刺激」といった影響をからだに及ぼします。この「2つ」の作用が実は冷えの原因になります★
利尿作用によって必要以上に水分を排出することでからだの熱が奪われてしまいます。さらに交換神経への刺激は自律神経の乱れを引き起こし、血行不良を起こす可能性もあります。




摂取量によっても影響度は異なりますが、「コーヒー」好きは要注意です。
朝一番に「コーヒー」飲むと、目は覚めても、からだはひんやりと冷えてしまうのです。

目を覚ますなら、「ストレッチ」や「ヨガ」です。血流も上がり、からだにこころよい「スイッチ」が入ります★
そこで、目を覚ますためには「コーヒー」よりも、からだを動かすほうが断然おすすめです。ゆっくりと布団の中で伸びをしたら起きたてのからだを少しずつほぐしてあげましょう。ゆるい「ストレッチ」や「ヨガ」を数分も行えば全身に気持ちよく血がめぐり、無理なく目を覚ますことができます。

さらに深呼吸をすれば、からだの中に新鮮な空気が送り込まれることで、全身に「エネルギー」が満ち、気持ちまでも「シャキッ」と元気になります。
わずか数分でもいいので実践しましょう。からだにこころよい「スイッチ」が入ります★




代謝アップ」を狙うなら、朝一番の飲み物は冷え取り効果のあるお茶です★
からだに「スイッチ」を入れたら、次は飲み物です。冷え取り効果のあるお茶で、さらにからだをあたためていけば万全です★
おなじみの「しょうが紅茶はもちろん、ほうじ茶、黒豆茶、どくだみ茶」といったものも血行を改善し、「冷えを取り、代謝」を上げる効果があります。また、からだをあたためる根菜から作ったごぼう茶もおすすめです。
お好みに合わせていくつか「ストック」しておき、その日の気分で楽しめば「1日」の「エンジン」のかかり方もぐっと違ってきます。
そしておいしい「コーヒー」は「ランチタイム」まで待ちましょう。

毎日のこうした心がけで自然に代謝のいい痩せ体質になれます。本当にちょっとした、ささやかなことで、からだは変えられるのです。
朝はからだも心もあたためるのが正解です★しっかり熱を生み出して、代謝を上げるとともに「テンション」も上げ、元気に「1日」をはじめましょう。

モーニングコーヒー」が冷え性の引き金だったとは驚きますよね。





人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。