朝の白湯にひと手間★便秘&冷えが改善「スパイス白湯」がスゴイ

こんばんは。
今日は「朝の白湯にひと手間★便秘&冷えが改善「スパイス白湯」がスゴイ」の事をお伝えしたいと思います。
モデル」や女優さんなど、きれいな人が「朝起きたらまず白湯を飲んでいます」などと話していることが多くあります。

朝の白湯には、眠っている間にたまってしまった老廃物などを排出し、全身のめぐりをよくする効果があったり、体を温めたりする「メリット」がありますが、最近はその白湯に「スパイス」を加えたものがいいと評判なんです。

★白湯を飲む「メリット」をおさらい

白湯とは、一度沸かしたお湯を冷ましたもののことを言います。朝目覚めのあとに白湯を飲むと、体が温まって胃腸の働きを促進し、腸内の老廃物を流す便秘予防効果があったり、新陳代謝を高めたりといった「メリット」があります。

やかんなどで水を沸かし、ぶくぶくと沸騰している状態で「5~10分」ほどそのままにし、火を止め、「ポット」や「カップ」に入れて「50度」くらいの飲み易い温度まで冷ましてから飲みます。

★「スパイス白湯」の「メリット」は?




基本の白湯に「スパイス」を加えるのが、「スパイス白湯」です。加える「スパイス」は「コリアンダー、クミン、ジンジャー、七味唐辛子」などさまざまなものがありますが、それぞれの「スパイス」に即した健康効果が期待でき、白湯との相乗効果も生まれるというわけです。

それに白湯は味気ないですが、「スパイス」の香りで「リラックス」できたり、日によってさまざまな「スパイス」を変えて「バリエーション」豊かに楽しむこともできます。

★スパイス白湯のレシピ

★「ジンジャー」

生姜を粉末状にした「ジンジャーパウダー」が便利です。冷え性予防の食材といえば生姜の名前が必ず挙がるように、白湯に「ジンジャー」を「プラス」すると体の温め効果がさらに「アップ」するでしょう。

★「コリアンダー+クミン」




どちらも「カレー」に使われる香辛料で、「コリアンダー」は消化を促進させる働きと「デトックス」作用が、「クミン」は消化や利尿作用があります。「コリアンダー+クミン」に「ジンジャー」を加えても「OK」です。

★スパイス白湯の作り方

基本の白湯を作ったら、「カップ」にお好みの「スパイス」を「2~3振り」いれ、そこに白湯をゆっくり注ぎます。

スパイス」は胃腸に刺激を与えるため、「食べ過ぎや飲み過ぎ、風邪」などで体調を崩しているときは控えたほうがよいでしょう。

「ただの白湯に飽きてきた」「白湯だけじゃ効果が{イマイチ実感}できない」といったときは、ぜひ「スパイス白湯」を飲んでみてはいかがでしょうか?

スパイス白湯」の効果には即効性があるんですね。





人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。