枝豆の美容とダイエット効果★ハイブリッド緑黄色野菜★糖質・炭水化物→エネルギー代謝★不溶性食物繊維→便通促進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「枝豆の美容とダイエット効果★ハイブリッド緑黄色野菜★糖質・炭水化物→エネルギー代謝★不溶性食物繊維→便通促進」の事をお伝えしたいと思います。

サニーヘルス」はこのほど、「ダイエット情報発信サイト」「microdiet.net」にて「調査レポート」「夏の間食・おつまみは枝豆がオススメ★枝豆の美容とダイエット効果」を公開しました。

枝豆は大豆が熟す前の若い実で、緑色の未成熟のうちに収穫される大豆のことを指すしています。同じ大豆ではあるのですが、大豆と枝豆では含まれる栄養素が異なるといいます。




枝豆は豆と野菜の中間とも言える存在で、両方の栄養的特徴を兼ね備えた「ハイブリッド」な緑黄色野菜と言えるようです。大豆には含まれない「ビタミンC」が豊富であるほか、野菜としては非常に多い「タンパク質、必須アミノ酸」も含んでいます。「各種ミネラル」や食物繊維も多く、「低カロリー」であるため、「ダイエット」や美容に役立つ食べ物であるといいます。

枝豆には「糖質・炭水化物」を「エネルギー」に代謝し、脂肪として体に蓄えられるのを防ぐために必要な「ビタミンB1」が含まれています。「脳や筋肉、神経」に栄養を送り、全身の機能を正常に保つためにも必須の栄養素で、不足すると「疲労感、倦怠感、集中力」の低下などの症状が起こるようです。

ビタミンB1」は「水溶性ビタミン」で、余剰分は尿として排泄されるため、枝豆を食べすぎても過剰摂取になる恐れはありません。一方で体に蓄積しておけないため、日常的に補う必要のある栄養素であるようです。

また、枝豆には腸内環境を整える作用に優れた食物繊維が含まれています。その量は、ごぼうに匹敵するほどであるといいます。枝豆の食物繊維は水を吸収し数倍に膨れる性質がある「不溶性食物繊維」が多く、腸のぜん動運動を活発化し、便通を促進する効果があるようです。不溶性食物繊維が多い食品を食べる際には、水分を多めに取り入れるとようです。




枝豆はやせるためには必要な栄養素である「タンパク質」も多く含まれるのが特徴です。「ダイエット中」は、食事量を減らすことに意識が向くため、「タンパク質」の摂取量が不足しがちな人も見受けられます。「タンパク質」が不足してしまうと、初期に起こる現象として筋肉量の減少が挙げられます。すると代謝が落ち、やせにくく太りやすい体になってしまいます。

また、枝豆には造血に必要な「鉄分、葉酸」が含まれています。特に葉酸は、数多くの食品の中でも非常に高い含有量であるようです。これらの吸収を高める「ビタミンC」も含まれているため、貧血対策にもよいといいます。貧血になると、代謝の低下や脂肪分解酵素の働きが低下するので、「ダイエット」にも影響が及ぶようです。

詳しい説明は「microdiet.net」の最新の記事「夏の間食・おつまみは枝豆がオススメ!枝豆の美容とダイエット効果」で解説しています。

枝豆が苦しい「ダイエット中」の間食に食べられたら苦しさも半減しますよね。それでいて便秘解消になれば一石二鳥ですよね。





人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。