豆で魔(ま)★滅(め)せよ★豆まきのルール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「豆で魔(ま)★滅(め)せよ★豆まきのルール」の事をお伝えしたいと思います。

2月3日」は「節分」の日です。子供のころに家族で「鬼は外★福は内★」と言いながら、豆をまいたことは誰しもありますよね。あるいは、学校で鬼の格好をした先生を追いかけ回しながら友達と一緒に投げつけた経験はありませんか。しかし、なぜ豆をまくことが鬼を退治することにつながるのでしょうか?疑問に思いつつも、そのまま親になり今度は自分が節分について教える番になりますよね。そこで今回は、子供に「何で豆をまくの?」と聞かれたときのためにも節分で豆をまく「ワケ、ルール」を紹介します。

★節分で豆をまく「由来・意味」

そもそも節分は、「立春・立夏・立秋・立冬」の前日のことを示していました。その中でも立春の前日は特に大切にされており、時代の移り変わりとともに「2月3日」の節分だけが残ったのです。旧暦では立春が一年の始まりであり、節分は大晦日にあたります。

★ 立春 「新暦2月4日」ごろ 旧暦の元日
★節分 「新暦2月3日」ごろ 旧暦の大晦日

年が変わる節分の夜には今まで潜んでいた鬼たちが現れやすいと考えられ、その鬼たちを追い払うために豆まきが始まりました。

★豆で鬼を退治できるの?

正直、豆だけでは鬼を追い払うのは難しそうではありますが、なぜわざわざ豆をまくのでしょうか?それは、豆は「魔滅{まめ}」に通じ、魔を滅すると考えられているんからなんです。京都に鬼が現れたとき、「毘沙門天{びしゃもんてん}」のお告げにより大豆を鬼の目に投げつけて鬼を退治したという話もあります。また、鬼退治に一役買った以外にも大豆は五穀の一つとされており、五穀には精霊が宿ると言われています。




★豆まきの「ルール」

★節分に使う豆

ここまで読んできた方には分かると思いますが、節分に使う豆は大豆。しかし、単に大豆をまけばいいのではなく炒った大豆を使います★拾い忘れた大豆から芽が出てしまうと災いが起きるとされているんです。

★時間帯

午前中でもいい気がしますが、豆まきは夜に行いましょう。旧暦で「2月3日」は新年の前日であり、夜に邪気や鬼たちがやってくると考えられていたためです。

★投げる人

豆をまくのは一家の主人が行うものとされていましたが、現代では鬼を追い払うためというよりは「イベント」の側面が強いので家族全員で豆をまき、みんなで一年の無病息災を願いましょう。

★「まき方・掛け声」




部屋の奥から玄関に向けて移動しながら「鬼は外★福は内★」と豆をまきましょう、ただし、夜なので盛り上がりすぎて近所迷惑にならないようにしましょう。

★豆を食べる

まき終わったら、自身の「年齢+1歳した数だけ」豆を食べてください。最後に豆を食べることで鬼退治完了となります。お疲れ様でした。

★名字が「鬼塚」なんだけど

日本には「鬼塚さん」をはじめとした名字に「」がつく方がいます。また、子供の名前に「元鬼{げんき}くん、真鬼{まき}ちゃん」のように鬼を入れている方もいると思います。そういう人たちが「鬼は外★」と言うのは、なんだかためらわれますよね。そのため「鬼は内、福は内」と言いながら豆をまきましょう。実際に鬼を祀っている鬼鎮神社の節分祭では「福は内、鬼は内、悪魔外{あくまそと}」と言いながら豆をまきます。

★豆をまいて、恵方巻きを食べよう★

ここ最近は、豆をまくだけではなく恵方巻きも食べますよね。「2017年」は北北西が恵方とされているので、北北西を向いて食べましょう。恵方巻きは形が太くて黒いことから鬼の金棒になぞらえ、食べることで鬼を退治するという意味もあります。最近は恵方巻きを食べて終わりという家庭も多いようですが、今年は豆もまいて家族で節分を楽しみましょう★

豆まきもちゃんとした「ルール」があり奥が深いんですよね。





人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。