赤福★白福★「お伊勢さん菓子博2017」 in 三重

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「赤福★白福★「お伊勢さん菓子博2017」 in 三重」の事をお伝えしたいと思います。

2017年4月21日{金}」から「5月14日{日}」まで、「三重県伊勢市」で「第27回全国菓子大博覧会・三重{通称:お伊勢さん菓子博2017}」が開催されます。三重県での開催は今回が初めてとなりますが、実はこの「イベント」は「1,900{明治44}年」から「約4年に1度」開かれており、「100年以上」の歴史を持ちます。会場では全国の菓子が「展示・即売」され、菓子職人により作られた「工芸菓子」も披露されます。

★内容盛りだくさんの「お伊勢さん菓子博2017」から、見所を「ピックアップ」




★まるで夢のよう★日本中の菓子が一度にお目見え!?

今回の「イベント」では、三重県をはじめとする全国のおよそ「530社」の「菓子、約1800点」の商品を購入できます。また県内の高校生が考案した、三重県産の「あおさ・伊勢茶・かんきつ類」を使用した「レシピ」が商品化されました。斬新な菓子で地元を盛り上げます。

★「超スゴイ」★巨大工芸菓子




一番大きな会場の「メインアリーナ」では、博覧会の「シンボル」となる巨大工芸菓子が登場します。「歌川広重」「伊勢参宮宮川の渡し」の浮世絵を「モチーフ」に江戸時代のお伊勢まいりのにぎわいを表現した作品をはじめ、「174点」が出品されます。繊細かつ大胆な工芸菓子に目を見張りましょう★

★ほっと一息「おかげ茶屋」

赤福、神戸風月堂、俵屋吉冨、つちや、花園万頭、両口屋是清」の「老舗和菓子メーカー6社」による「真菓会{しんかかい}」が、茶屋を「プロデュース★同イベント」のために共同開発した菓子を一度に味わえる、「オリジナル和パフェ「しんかパフェ{仮称}」のほか、通常の赤福餅と白あんの赤福餅を一粒ずつのせた新商品「赤福餅 祝盆」、江戸時代から明治時代に販売されていた{“黒糖味の赤福餅”}の復刻版など、ここでしか食べることのできない和の「スイーツ」も登場します。

老舗和菓子メーカー6社」が「タッグ」を組んで「和菓子」と三重県の知名度を改めて上げようと「スクラム」を組んでいるところが素晴らしいですよね。





人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。