辛い手足の冷えなんとかしたい★自宅できる簡単な解消法でポカポカに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「辛い手足の冷えなんとかしたい★自宅できる簡単な解消法でポカポカに」の事をお伝えしたいと思います。
夏場なのに靴下が欠かせないくらい、手足が冷えている。眠るために「ベッド」に入ったはいいが、手足が冷えてなかなか寝付けない。

このような症状に悩まされている人もいるのではないでしょうか?

それらのような手足の冷えは、自宅でできる簡単な解消法を実践することで、症状が改善される可能性があります。

そこで、簡単に出来る手足の冷え解消法について、ご紹介していきます。

★要チェック項目です

★手足の冷えは血流が悪いことが主な原因です
★単なる冷え性ではなく、病気が潜んでいる可能性もあります
★食事や運動を見直したり、「ツボ」押しを取り入れたりすることで手足の冷えが解消する可能性があります

★手足の冷えの原因とは?
手足の冷えを引き起こしている原因とは、一体何なのでしょうか?

★血液の循環が悪い

手足の冷えの原因の多くは、血流が悪いことです。その血流の悪さの原因のひとつが、血圧が低いことがあげられます。

痩せ型の若い女性に多く見られるもので、朝なかなか起きられなかったり、顔色が良くなかったりといった特徴があります。

また、「悪玉コレステロール」のとりすぎも、血流の悪化を招きます。「悪玉コレステロール」をとりすぎると、血液が「ドロドロ」になり、血流が悪くなってしまいます。

すると、手足の先端まで血液が行き届きにくくなり、冷えを引き起こしてしまうのです。

★筋肉が少ない

血液は、体内を常に循環しています。この循環を活発にするためには、体の筋肉が欠かせません。

心臓と手足の先端との間を血液が行き来するためには、心臓だけでなく体の筋肉を使って「ポンプ」のような役割をなさなければなりません。

筋肉の少ない人は、その役割をうまく果たすことができないため、冷えを引き起こしてしまうのです。

★自律神経が乱れている

自律神経は、血液の循環に大きく関わっています。「ストレス」や疲労が積み重なると、自律神経が乱れてしまい、そのせいで血液が「ドロドロ」になってしまう可能性があります。

★病気が隠れている場合も
ただの冷え性だと思っていたら、実は病気が隠れていたという「ケース」も考えられます。症状や特徴で当てはまるものがあったら、一度医師に相談してみましょう。




★バージャー病

手足の動脈が閉塞してしまうことで、血流が滞って冷たくなってしまう病気です。症状としては、「手足の冷たさ・痺れ・蒼白感・歩行時の痛み」などがあり、酷い場合には手足が壊死してしまうこともあります。

この病気は「40歳」までの喫煙する男性に多い傾向にあるため、治療の際にはまずは禁煙をする必要があります。

★レイノー病

レイノー病」は、「バージャー病」と良く似た症状の病気で、動脈が収縮することで手足の「冷えや痺れ・手足」の先端の蒼白感などが起こります。治療は対処療法が基本ですが、重症の場合には交感神経切除術が行われいます。

この病気は、「40歳」までの女性に多い傾向にあり、治療の際には「バージャー病」と同じく禁煙が不可欠となります。

★胸郭出口症候群

なんらかの原因で血管や神経が圧迫されていることが原因で、手足の「冷えや痺れ・運動麻痺・脱力感」などが現れます。

治療法は鎮痛剤の投与や整形外科による「ストレッチ・猫背の矯正」などが一般的ですが、酷い場合には手術が行われることもあります。

首が長い人やなで肩の人に多い病気であるといわれています。

★手足の冷えを解消出来る「4つ」の体操
手足の冷えを解消するためには、運動や「ストレッチ」によって血流を促すことが効果的です。そこで、場所を選ばず気軽にできる体操や「マッサージ」などをご紹介します。

★:グーパー体操

手足の指を開いたり閉じたりする体操です。手足が冷たいなと感じたら、外出先でも気軽にできるのでおすすめです。

★:グルグル体操

足の先が冷たいと感じたときにおすすめの体操が、「グルグル体操」です。足の指をもって、「グルグル」と回すことで、血流が促されることが期待できます。

★:ブラブラ体操

手足の力を抜いて、「ブラブラ」と揺らす運動です。足を「ブラブラ」させるときは、高い椅子などに座って行うと良いでしょう。また、長座の姿勢になって足を左右に「ユラユラ」揺らすのも効果的です。

★:指先のマッサージ

手足が冷えて眠れないというときにおすすめなのが、指先の「マッサージ」です。それぞれの指の先端を、反対の手ではさんで「マッサージ」する方法です。

それぞれ「10秒」ずつ刺激するだけで「ポカポカ」と暖かかくなるのが実感できるはずです。




★手足の冷えを改善できる食事を心がけよう
手足の冷えは、生活習慣を見直すことが最も重要です。中でも、食事を見直すことは、冷えやすい体質を根本から解消することに繋がるため、手足の冷えに悩んでいる場合には、体を温める食生活を心がけると良いでしょう。

★暖かい飲み物を飲む

飲み物を選ぶときは、冷たいものではなく、暖かい飲み物を選ぶようにしましょう。水ではなくお白湯を、「アイスコーヒー」ではなく「ホットコーヒー」を選ぶことで、体を温めやすくなります。

★根菜を多くとる

根菜は、体を温める作用があるため、積極的にとるようにしましょう。「にんじん・ごぼう・れんこん」などを煮物にしたり、「スープ」にしたりして毎日とるようにすると、手足の冷えが改善されるかもしれません。

★「ショウガ」を積極的にとる

ショウガ」には、血管を広げて血流を促す作用があるため、手足の冷えに悩んでいる人にはおすすめです。体を温める即効性があるため、体が冷えて仕方がないときなどには、「ショウガ」の「スープ」などを飲むと良いでしょう。

★「ツボ」押しで手足の冷えに効果あり
手足の冷えは、手や足にある「ツボ」を刺激することで、和らぐことがあります。

★合谷{ごうこく}

手の親指と人差し指の間にある「ツボ」です。反対側の親指で「10秒程度」指圧をしましょう。手足の「冷えと、肩こり」に効果があります。

★太谿{たいけい}

アキレス腱」と内くるぶしの間にある「ツボ」です。痛みを感じる程度の強さで「5秒」おします。この「ツボ」は、冷えだけでなくおなかや腰周りの冷えや足のむくみにも効果的です。

★血海{けっかい}

膝の少し上の内側にある「ツボ」です。大腿骨に向かって「30秒」ほどおしましょう。椅子に座った状態で行うと力が入れやすくおすすめです。

血流がよくなるだけでなく、血の巡りがよくなることで血色が良くなるなどの効果もあります。

★不快な手足の冷えを解消しよう
手足の冷えは、単なる冷え性という言葉では片付けられないほど、不快な症状です。

しかし、食生活や運動などを見直すことで、改善する可能性もあります。

辛い冷え性から解放されたいと思ったら、まずは自分の出来る範囲での解消法を試してみましょう。

体操や「マッサージ」、食べ物で改善できるならやってみる価値はありますよね。





人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。