顎関節注意★超極太★恵方巻き

こんばんは。
今日は「顎関節注意★超極太★恵方巻き」の事をお伝えしたいと思います。

邪気を払うという言い伝えで食べられていた鰯の知名度を越えて、もはや全国区の知名度となった、関西発祥の節分定番料理「恵方巻き」です。 町中の正月の雰囲気も薄らいだ「1月12日」に「イトーヨーカドー」が今年の恵方巻き試食会を開催するというので招待されるままに参加してきました。

★「顎関節注意」を促される恵方巻き

今年の恵方巻きは昨年好評だった、「イタリアンレストラン」「オステリア ルッカ」の「オーナーシェフ桝谷周一郎氏監修」「サーモンのミルフィーユ仕立てROLL{ハーフ}」、「メディア」などでも活躍する料理研究家の「浜内千波氏監修」「阿波尾鶏と生ハムのサラダ恵方巻{ハーフ}」、「“豊漁八宝海鮮巻{ハーフ}”」「“胡麻香る★海老たっぷりサラダ巻き{ハーフ}”」「“卵が決め手★招福恵方巻{ハーフ}”」の「3種」の恵方巻が「セット」になった「イトーヨーカドー自慢の三福セット」、煮穴子とごぼうを稲荷で巻いた「ふっくら煮穴子とごぼうの信田巻」、「直径60mm、開発スタッフ」も食べる際には「顎が外れないように注意してください」という「15種類」の海鮮を惜しみなく巻いた「15種類の豪華絢爛海鮮巻」の「7種」「5商品」を用意しています。「7種類」の恵方巻を味わってきたので、それぞれについてお伝えしていきましょう。

★「15種類の豪華絢爛海鮮巻」

圧倒的な質量と「食べる際に顎関節に気をつけて食べてくだい」と表する圧巻の太さを誇る極太巻きが「15種類の豪華絢爛海鮮巻」です。

細巻きの「6倍」、一般的な太巻きの「2倍」の太さを誇るこの新作恵方巻きは、口をつける場所によって味わいが変わるという趣向が凝らされており、「ボリューム」、味ともに今回、試食した恵方巻きの中で最もおすすめしたい「一品」です。「チャレンジメニュー」的意味です。
使用されている具材は、外周から「煮穴子、えんがわ、すじこ、うに、本ずわいがに、甘エビ、とびっこ、まぐろのたたき、オーロラサーモン、真鯛、ほたて、ぶり、まぐろ、海老、数の子」の「15種類」です。
極太のこの恵方巻きを一口、口にすれば、海鮮丼を勢い良くかっこんだかのような錯覚を覚えることができました。




★「ふっくら煮穴子とごぼうの信田巻」

海苔の代わりに甘いお稲荷さんの皮を使って、ふっくらと甘く煮上げた穴子と「アクセント」になるごぼうを具材とした変わり恵方巻です。

そもそも信田巻とは、関西地方の郷土料理で、開いた油揚げで様々な具材を巻いて煮付けた料理のことです。今回、発売されるこの恵方巻きも酢飯と具材を油揚げで巻いており、煮てはいないが、煮穴子などをつかっているので、広義の意味で信田巻といえるのでしょう。

茶色分が多く、昭和のお弁当を思わせる見た目だが、ひとたび口中に取り込めば、揚げと煮穴子の甘い味わいが口いっぱいに広がり、さらにふっくらと柔らかいだけではなく、ささがきにされたごぼうが「シャキシャキ」とはごたえが程よい歯ごたえを与えてくれます。試食会には男女あわせて「20人」以上が参加していたが、口々に美味しいと感想を述べており、始まって「15分」くらいで、用意された分が品切れとなっていました。

★「サーモンのミルフィーユ仕立てROLL{ハーフ}」

イタリアン」と酢飯の相性はいかに★といった声が聞こえてきそうだが、最近では人気の「寿司ネタ」となっている「サーモン」と醤油や鰹出汁などとの相性も良い「クリームチーズ」を爽やかな口当たりと「マイルド」な辛味が特徴の「ディジョンマスタード」と「アップルビネガー」を使用した「オニオンマリネ」で「サンド」した「サーモンのミルフィーユ仕立てROLL{ハーフ}」は、酢飯や香ばしい海苔との相性もよく、思わず「白ワイン」と合わせて食べたくなる「シャレオツ」な味に仕上がっています。「シャレオツ」=上品な味と思う人もいるかと思うが、「サーモン」と「クリームチーズ」というこってり味に、「ディジョンマスタード」と「オニオンマリネ」のさっぱり味が組み合わさることによる「マリアージュ」が、深い味わいを生み出しています。
ただ、残念だったのは今回の試食会には、「白ワイン」の用意がなかったことです。自宅で楽しむ際には、「白ワイン」とともに頂きたいものです。

★「阿波尾鶏と生ハムのサラダ恵方巻」




阿波尾鶏」を「トマト」が香る「ミートソース」で味付けした阿波尾鶏の「ミートソース和え」を主に、歯ごたえを加えるきゅうり、旨味が凝縮された「生ハム」、そして挑戦的な「コーン」入りの「ポテトサラダ」を酢飯でくるりと巻き上げた「洋風恵方巻」「阿波尾鶏と生ハムのサラダ恵方巻」です。

ミートソース」でこってりとした味かと思っていたのですが、思いのほかさっぱりと仕上げられています。鶏肉を使用しているということで軽め「イメージ」を持つかもしれませんが、男爵いもを使った{“コーン入りポテトサラダ”}がどっしりとした「パンチ」を放ち、食べごろの男の子のお腹も満たしてくれるに違いないでしょう。お子様向けかというと、そんなことはなく、先に紹介した「サーモンのミルフィーユ仕立てROLL」と同様にお酒のお供にも「ピッタリ」で、個人的には「ビール」もしくは軽めの「赤ワイン」とあわせると良いのではないかと感じました。

★「イトーヨーカドー自慢の三福セット」

胡麻香る★海老たっぷりサラダ巻き{ハーフ}」「豊漁八宝海鮮巻{ハーフ}」「卵が決め手★招福恵方巻{ハーフ}」の味わいの異なる「3つ」の太巻きが「セット」の「イトーヨーカドー自慢の三福セット」です。

どれも魅力的な恵方巻ですが、その中でも特に筆者の心を掴んだのは、「プリプリ」の海老を「3本」に野菜を錦糸卵で包んだ「胡麻香る★海老たっぷりサラダ巻き{ハーフ}」です。そのまま食べると海老と胡麻だれによるこってりとした味が楽しめ、胡麻の風味を損なわないようにわさび醤油をちょっとつけると後味がさっぱりとして楽しめるのです。「数の子、とびっこ、いか、まぐろ、ほたて、海老、サーモン、まぐろ」のたたきにきゅうりを添えた「豊漁八宝海鮮巻{ハーフ}」は、期待を裏切らない味わいで、大人から子供まで楽しる味わいとなっています。
卵が決め手★招福恵方巻{ハーフ}」は、甘く煮られたしいたけとかんぴょう、きゅうりに桜でんぶ、そして圧倒的な存在感を示す卵焼きが特徴の「スタンダード」な味わいの恵方巻となっています。味わいは基本に忠実ながらも丁寧に煮られたしいたけとかんぴょうが、甘めを押さえた出汁の香りと「ハーモニー」を奏でています。

★{総括}
変わり種から「スタンダード」まで、幅広い「ニーズ」に対応した「イトーヨーカドー」の恵方巻は予約がすでに始まっています。さらに「15種類の豪華絢爛海鮮巻」は「3,000本」、「ふっくら煮穴子とごぼうの信田巻」は「5,000本」の限定予約販売となっているので、注意が必要です。また、残りの「3品」は予約限定ではないが、どうしても食べたい★という人は、「1月30日{月}」まで予約をすることで、当日、買い逃すことなく確実に手にすることができます。今回の試食会で、すべての味を味わったところかなり満腹になってしまったので、欲張って注文のしすぎに注意しましょう。

顎関節」が外れようとも折角の機会なので「超極太恵方巻」は食べてみたいと思います。





人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。