「端午の節句」★西はちまき・東は柏もち★ちまきが食べられる理由って?★中国有名詩人・屈原{くつげん}

おはようございます。
今日は「「端午の節句」★西はちまき・東は柏もち★ちまきが食べられる理由って?★中国有名詩人・屈原{くつげん}」の事をお伝えしたいと思います。

さわやかな新緑の季節となる「5月」です。まだまだ過ごしやすい気候が続きそうな時期ですね。「ゴールデンウイーク」の終盤、男の子がいる家庭ではひとつ大きな「イベント」があります。それが「端午の節句」です。
鯉のぼり、かぶと」などは江戸時代から子孫繁栄を願って飾られるようになった日本ならではの風習です。さらに、端午の節句に欠かせないものといえば、「柏もち、ちまき」といったお祝いのお菓子です。「東日本では柏もち、西日本ではちまき」が「メジャー」といわれていますが、今回は「ちまき」のあれこれに迫ります。

★「西日本での定番は{ちまき}




★「笹の葉に包まれた、ちまきは中華?

ちまき」と聞いて、皆さんはどんな形を思い浮かべるでしょうか? おこわが葉に包まれた三角形のものが真っ先に出てくる人も多いのではないでしょうか。その形は中華料理で出てくる、いわゆる「中華ちまき」といったものです。端午の節句でお祝いとして食べられるのは、日本ならではの米粉でつくった餅を葉で包んだ円すい形の「ちまき」です。
この日本ならではのちまきは、もともと武士が戦に向かうときに持っていく携帯食だったともいわれています。そのため、抗菌作用のある笹の葉に包むようになったそうです。

★「様々な具材が詰まった{中華ちまき}

★「なぜ端午の節句でちまきを食べる?




戦に行くときの携帯食であったちまきが、なぜ、端午の節句でお祝いとして出されるようになったのでしょうか? ちまきを食べるようになった風習は、中国から伝えられたものだとされています。
紀元前に存在していたという、中国の有名な詩人「屈原{くつげん}」は国王の側近として仕えていましたが、陰謀により国を追われることに。ついには、悲観した屈原自身は川へ身投げし、命を絶ってしまったのです。それが「5月5日」のことでした。
屈原の死を悲しんだ国民は、川に身投げをした屈原の死体が魚に食べられないよう、ちまきを投げ入れ、そちらに引き寄せるようにしたのです。そしてこれを機に、ちまきを投げ入れる風習は、やがて国の安泰を祈願するものになっていったそうです。この風習が日本にも伝わり、端午の節句でちまきが出されるようになったのだそうです。

★「西はちまき、東は柏もち

ただ、そもそも端午の節句でちまきを食べたことがないけれどと、これまでの話に「ピン」とこない人もいるのではないでしょうか? そのような人は、もしかしたら東日本出身の人ではありませんか?というのも、端午の節句の定番というと、「西はちまき、東は柏もち」と分かれているからなのです。
柏の葉は新芽が出るまで落ちないということから縁起物とされています。ただ、西日本では柏が少ないこともあり、広まりをみせなかったようです。一方、ちまきは京都の祇園祭でも売られたり、玄関先に飾られたりと関西の人たちにとっては思い入れの強い食べ物なのです。
今では流通の発達によって、ちまきも柏もちもいろいろな場所で食べられるようになりました。端午の節句は、それぞれの食べ物に込められた意味を感じながら、子孫繁栄を願いたいものですね。

端午の節句」に食べるお祝いお菓子が西日本と東日本では違うのは驚きですよね。どちらにしてもお祝いをすることは同じなので子供を囲み一家団欒の時間を過ごしたいですよね。





人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です