「ピンク醤油華貴婦人」★母の日プレゼント★赤ビーツ使用★華やかピンク色醬油★幸せな気分

こんばんは。
今日は「「ピンク醤油華貴婦人」★母の日プレゼント★赤ビーツ使用★華やかピンク色醬油★幸せな気分」の事をお伝えしたいと思います。

人はおいしいものを食べると幸せな気分になります。その{“幸せな気分”}は必ずしも味だけではなく、目で料理を楽しむ視覚も重要な要素のひとつといえます。

今回は料理好きはもちろん苦手な人にもおすすめ、さらに「母の日」の「プレゼント」に最適な、華やかな醤油を紹介します。

その名も「ピンク醤油華貴婦人」です。

びっくりするぐらい鮮やかな「ピンク色」のこの商品は、醤油にだしなどが入っているのでだし醤油として使えます。「アレンジ方法」はいろいろです。




★「ピンク醤油華貴婦人」の紹介です。

たとえば、刺身に少しかけるだけで、華やかな「ピンク色」の「カルパッチョ」になるし、そうめんのだしに使えば、「ピンク色」のそうめんのでき上がりです。

タレ」の醤油にこれを使えば、子供も喜ぶ「ピンク色」のみたらし団子の完成です。

普段使用するだし醤油を「コレ」に変えるだけで、鮮やかな「一品」に変わるのです。

この「ピンク色」の正体は、「赤ビーツ」です。日本ではあまり聞かない名前ですが、れっきとした「鳥取県産」の野菜です。「ミネラル」が豊富で「免疫力を高め、整腸作用や貧血、高血圧、便秘」などの改善に効果が期待できるといわれています。




カブ」のような形ですが、切ると鮮明な赤色で服などに着くと色が取れなくなるほどです。天然着色料としても使用されています。

この商品は、鳥取発の「地域ブランド」を構築するため商品開発されたもので、だし醤油以外にも「ピンクカレー、ピンクマヨ、ピンクわさび」などがあります。

さらに、だし醤油には紅こうじから作った「黄色、クチナシブルー」を取り入れた青も展開しています。この「3色」があれば混ぜることで「オレンジ」や「グリーン」などの色をつくることもできます★

だし醤油はさまざまな「サイズ」を展開しており、自分用だけでなく「プレゼント」にも適しています。

どうしても日本食は茶色の食材を使用することが多く、暗い色の食卓になりやすいです。これひとつあれば、きっと華やかな食卓に変身できるのではないでしょうか。

ピンク醤油華貴婦人」耳慣れない商品名ですよね。お料理の隠し味としても使用できるので「レパートリー」が広がりますよね。





人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です