「御菓子司 玉川屋」★目黒・和菓子★バターどら焼き&コーヒーわらび餅★小豆の餡

こんばんは。
今日は「「御菓子司 玉川屋」★目黒・和菓子★バターどら焼き&コーヒーわらび餅★小豆の餡」の事をお伝えしたいと思います。

桜の名所として知られる、「東京・目黒川」です。今年の桜の季節は終わってしまいましたが、お花見でなくともわざわざ訪れたい魅力的なお店が、目黒にはたくさんあります。

今回ご紹介するのは、そんな目黒にある和菓子店「御菓子司 玉川屋」です。定番の和菓子のほか、目黒にちなんだ名前のお菓子なども販売されています。

★「人気のバターどら焼き




数ある商品の中でも人気なのが「バターどら焼き」です。ほのかな甘みのある生地で、青えんどう豆と富貴豆のうぐいす餡と、「ホイップ」した良質の「バター」が「サンド」されています。価格は「190円」です。

しっとりやわらかな生地と、ねっとりとした餡、軽い口あたりの「バター」が「ベストマッチ」です。餡のところどころに、「ホクッ」とした食感の残る豆が入っており、ほどよい「アクセント」になっています。餡がぎっしり「サンド」されているので、食べごたえも抜群です★

生地と餡の爽やかな甘みを、「バター」のうまみがまろやかに包み込みます。「コク」があるのに後味はあっさりです。どら焼きといえば{“小豆の餡”}という「イメージ」が良い意味で覆される、新しいおいしさに出会えます。

★「コーヒーわらび餅

どら焼きに加えて、同店に訪れたらぜひ味わってほしいのが「コーヒーわらび餅」です。和菓子のような洋菓子のような不思議な魅力のある「一品」です。価格は「170円」です。




コーヒーゼリー」のような見た目ですが、食感はわらび餅です。しっかりとした弾力がありながらも、なめらかに口どけます。舌に吸いつくような、ねっとりもっちりとした独特の食感が「クセ」になります★

上品な甘みのあとに「コーヒー」らしい苦みが広がる、「キレ」のある味わいです。最後に芳醇な香りが鼻にふわっと抜けていきます。「シンプル」だからこそ、飽きのこないおいしさです。

別添えの「ミルク」をかけると、「クリーミー」なわらび餅になります。「コーヒー」の豊かな風味に「コク」が加わった、まろやかな味わいが楽しめます。はじめからかけるのも良し、途中でかけて味の変化を楽しむのもよしです。好みに合わせて楽しんでみてくださいね★

和菓子の新しい魅力に気付ける、玉川屋の「バターどら焼き」と「コーヒーわらび餅」です。目黒散策のお供にもぴったりですよね。

和菓子」なのに「洋菓子」の爽やかさが感じられる「バターどら焼き&コーヒーわらび餅」ですよね。「目黒」散策の時には立ち寄らないと後悔してしまいそうな「御菓子司 玉川屋」のこだわり和菓子「2種」ですよね。





人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です