「市川海老蔵♡麻央さん」★僕を変えた奥さん★来世も再来世も一緒にいよう★父・團十郎さんの生まれ変わり・勸玄くん誕生

こんばんは。
今日は「「市川海老蔵♡麻央さん」★僕を変えた奥さん★来世も再来世も一緒にいよう★父・團十郎さんの生まれ変わり・勸玄くん誕生」の事をお伝えしたいと思います。

歌舞伎俳優・市川海老蔵さん」が「23日」、都内で緊急会見を行い、乳がん闘病中だった妻で「フリーアナウンサー・小林麻央さん{享年34}」が死去したことを報道陣の前で報告しました。

海老蔵さん」は「昨日夜に、妻、麻央が旅立ちました」と報告しました。「22日」、自宅療養中だった「麻央さん」の容態が急変し、同日夜、「海老蔵さん」や実姉で「フリーアナウンサー」の「小林麻耶さん」、長女の「麗禾{れいか}ちゃん」、長男の「勸玄{かんげん}くん」ら家族に見守られる中、息を引き取ったといいます。

★「番組共演を機に交際に発展

2人」は「麻央さん」が出演していた報道番組「NEWS ZERO{日本テレビ系}」での共演をきっかけに交際に発展しました。「2010年1月29日」に婚約発表会見を行い、「3月3日」に婚姻届を提出しました。「7月29日」に挙式、結婚披露宴を執り行いました。

海老蔵さん」からの「プロポーズ」の言葉は「来世も再来世も一緒にいよう」でした。「麻央さん」は婚約発表会見で、この「プロポーズ」を受けたときの心境を「とても嬉しかったです」と笑顔で明かしていました。




★「挙式から4ヶ月後・海老蔵が大ケガ・舞台自粛・麗禾ちゃんが誕生

しかし挙式から「約4ヶ月後」の同年「11月」、「海老蔵さん」が東京都内の飲食店で暴行を受け、歌舞伎役者の命である顔面を陥没骨折するなどの「大ケガ」を負いました。「12月」、「海老蔵さん」が記者会見を行い騒動を謝罪しました。出演を予定していた舞台を降板し、無期限で舞台出演を自粛しました。当時、「麻央さん」も騒動を謝罪しました。このときすでに「長女・麗禾ちゃん」を身ごもっていました。

2011年7月」海老蔵さんが舞台に復帰しました。同月「25日」「麗禾ちゃん」が誕生しました。

★「父・團十郎さんの死 {“生まれ変わり”}勸玄くんが誕生

2013年2月」には、「海老蔵さん」の「父・十一代目市川團十郎さん」が死去しました。成田屋の名跡を継ぐ「孫・勸玄{かんげん}くん」の誕生を心待ちにしていましたが、叶わずでした。「翌3月」に「勸玄くん」が誕生しました。

歌舞伎が大好きな「2人」の子どもたちは「海老蔵さん、麻央さん」の「ブログ」に頻繁に登場しました。「勸玄くん」は「2015年11月」に初お目見得でした。今年「7月3日」に初日を迎える「七月大歌舞伎」にも「海老蔵さん」とともに出演します。




★「麻央さんのがんを公表 死去を報告

昨年「6月」、「海老蔵さん」が記者会見を開き「麻央さん」の乳がんが公表されました。「麻央さん」の実姉で「フリーアナウンサー」の「小林麻耶さん」も献身的に「サポート」していました。「海老蔵さん」も公演の合間をぬって病院に足繁く通い、手作り「スープ」を届けるなど懸命に看病し、「メディア」にも隠すことなく「麻央さん」の病状を丁寧に語ってきました。

一方、「麻央さん」は入退院を繰り返しながら「ステージ4」のがんと闘い、「9月」には「ブログ」を開設し闘病生活を今月「20日」まで発信し続けました。

海老蔵さん」はきょう「23日」も「自主公演ABKAI2017」「石川五右衛門 外伝」に出演中です。「23日」昼に更新した「ブログ」では「今日は麻央と一緒に舞台に立ってるような感覚です、、気のせいでしょうがとても温かく感じます」とつづっていました。

海老蔵さん」は昼夜公演の合間に緊急会見を行い、自らの口で気丈に「麻央さん」の死去を伝えました。最後の言葉は「愛してる」だったことを明かし、「麻央さんはどんな奥さんでしたか?」という問いかけには「僕を変えた奥さんじゃないですか?」と返答しました。

生前には「プロポーズ」の言葉である「来世も再来世も一緒にいよう」と伝えたことについて話したといい、現在も「そのつもりです。その話もしました。でも僕が愛想つかされないように頑張らないと」と強い愛情を滲ませていました。

小林麻央さん」「2年8カ月」の闘病生活には頭が下がるばかりです。「海老蔵さん」「子供さん」の事を天国で見守っていくでしょうね。本当にお疲れ様ですた。ゆっくりお休みください。





人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です