「お盆」★窯蓋朔日★七日盆★風習・盆義理★お盆玉★京都・五山送り火★長崎・精霊流し★お盆行事

こんばんは。
今日は「「お盆」★窯蓋朔日★七日盆★風習・盆義理★お盆玉★京都・五山送り火★長崎・精霊流し★お盆行事」の事をお伝えしたいと思います。

暑い日が続きますが、楽しい夏休み、お盆休みまで、もうあと少しですね。ところで、お盆の時期には仕事をしてはいけないとはよく言われます。このころには「地獄のふたが開くので畑仕事をしてはいけない」「舟幽霊が出るから海に出てはいけない」と、ちょっと怖い言い伝えもありますが、お盆について詳しく調べてみると、意外なことにお正月との共通点がいくつも見つかります。
今回は、お盆の話の中でも特に、お正月とお盆の比較や、地方のちょっと変わったお盆の風習をご紹介します。

★「お盆とは

お盆というのは、ご先祖様の霊をお迎えする行事です。毎年、「7月15日」にこの世に帰ってくるとされていました。
明治時代に江戸時代に使っていた暦から、西欧で使われていた「暦・現在、日常的に使われているカレンダーです」に変更されました。この時、古い暦と新しい暦との間に「1カ月」ほどのずれが生じました。そのため、新しい暦に合わせて「7月」に行うところがあれば、旧盆といって昔の暦でお盆があった「8月」に行うところもあるという具合に、地域ごとにお盆の時期も変わるようになりました。
一般的には首都圏など都市部では「7月」のお盆が多いのに対し、農業が盛んな地域では、農作業の閑散期に当たる「8月」にお盆を迎えることが多いといわれています。
また、「8月15日」前後はお盆休暇を設けている企業も多く、帰省する人も増加します。江戸時代には、商店の奉公人や職人など正月とお盆にしかお休みがありませんでした。生前のご先祖様たちにとっても、お盆は特別な日だったようです。




★「お盆とお正月はどれくらい似てる

お盆の由来については諸説ありますが、「ルーツ」をたどっていくと中東のお祭りが伝わって来たともいわれています。
さらに、かつて「1年」は「冬と春、夏と秋」と「2サイクル」だったという説もあります。これは、それぞれの「サイクル」の始まりがお正月とお盆だったという説です。そのように意識してみると、似ていることはいくつもあります。お正月は歳神様を迎える行事、お盆はご先祖様を迎える行事と、どちらも異世界からのお客様を迎える行事です。また、お盆の最後に送り火を焚きますが、お正月の終わりには門松などを燃やします。さらに、日程にも共通点があります。
★「お正月
★「1月1日:元日、大正月
★「1月7日:七日正月。七草がゆ
★「1月15日:小正月

★「お盆
★「7月1日:窯蓋朔日・かまぶたついたち・地獄の釜の口が開く日
★「7月7日:七日盆・七日盆といって、地域によってはこの日からお盆が始まるところもあります
★「7月15日:お盆・13日にご先祖様を迎え、15日または16日に送り出す
神社で行っている「茅の輪くぐり」も、「6月」と「12月」にあります。それぞれの「サイクル」の終わりに「穢れ・けがれ」を「祓・はら」うということなのかもしれませんね。

★「ちょっと変わったお盆の風習・盆義理」って




夏祭りなどで踊る盆踊りも、もともとはお盆で帰ってくるご先祖様の霊を慰める踊りだったといわれています。夏になると各地でさまざまな盆踊り大会も開かれ、観光の目玉にもなっています。盆踊りだけでなく、お盆の行事そのものにも地域によっていろいろなものがあります。京都の「五山送り火」や長崎の「精霊流し」なども、お盆の行事です。
静岡県の浜松市など遠州地方では、「盆義理」という風習も残っています。その年に亡くなった方のいる新盆の家庭にお悔やみに行くというものです。きちんと喪服を着て「御香典・御仏前」も持って行きます。初盆の家では、お盆の提灯だけでなく祭壇も飾り、お悔やみに来た弔問客には返礼品として「ジュース」などをお返しします。この時期、「盆義理」に向かう大勢の人々で渋滞が起こることもあるようで、「盆義理渋滞」と呼ばれています。

お盆とお正月の意外な共通点です。最近では、「お年玉」だけでなく、夏に「お盆玉」を子どもにあげる風習も注目を浴びているようです。

こんなにも「お盆」に対する知識のなさを痛感してしまいました。お正月に比べ「テレビ」などでも取り上げる情報が少ないので知らないことだらけだった自分に呆れるばかりです。





人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です