「海の日」★神戸開港150年記念★2017年海の日行事・海と日本プロジェクト・in晴海★小学生乗船無料キャンペーン

こんばんは。
今日は「「海の日」★神戸開港150年記念★2017年海の日行事・海と日本プロジェクト・in晴海★小学生乗船無料キャンペーン」の事をお伝えしたいと思います。

7月17日」は「海の日」ですね。いわゆる夏の祝日「海の日」ですが、どうして「海の日」が制定されたのか、みなさんはご存知でしょうか?そもそも「海の日」って何をする日なのでしょう。「海の日」を中心に「各種行事・催しもの」の開催などの広報活動を行っています、「公益財団法人日本海事広報協会」に聞いてみることにしました。

★「海の日・が制定された由来

まず、「海の日」が制定された由来を聞きました。

元々・海の日」は、「平成8年」から「7月20日」が「海の日」として、国民の祝日にされました。この「7月20日」は、「昭和16年」以来「海の記念日」として、「海運、造船、港湾」などの海事産業や船員等これらに従事する人々について国民の皆様に理解を深めていただくために、全国各地でいろいろな行事が開催されてきました。「公益財団法人 日本海事広報協会

海に関する記念日ができるぐらい、人々と海の関わりが深いことも、記念日制定につながっているといいます。




私たちの国は、四面を海に囲まれた海洋国で、はるか昔から外国からの文化の伝来をはじめ、人の往来や物の「輸送、産業、生活」などの各分野にわたって、「海」に深くかかわってきました。最近では、海洋開発や「ウォーターフロント」の整備、また「マリンスポーツ」の普及など、海を利用する機会は急速に多様化しています。さらに、地球環境の保全という観点からも、海の役割が重要視され、海洋汚染防止などの必要性が一層高まっています」。「公益財団法人 日本海事広報協会

こうして海と親しみのある国民性から「海の日」を制定しようという気運も高まったのです。

そのような海の重要性をかんがみ、近年になって国民の祝日「海の日」を設けようとの国民運動が大いに盛り上がり、その結果、「平成7年2月」に国民の祝日に関する法律の一部改正が行われ、「平成8年」から「7月20日」が国民の祝日「海の日」として制定されました。「平成13年6月」に「国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律」が成立し、「平成15年」から「海の日」が「7月」の「第3月曜日・今年は7月17日」となって「3連休化」されました」。「公益財団法人 日本海事広報協会

海の日」が制定されるまでは、そういった経緯があったわけであります。

★「海の日・は何をする日

由来が分かったところで、せっかくなので「海の日」を本来の目的に沿って楽しみたい場合、どのように過ごすとよいのでしょうか。




「海の日」は、海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う日です。具体的には、「7月17日」の「海の日、7月」の海の月間を中心に各地でいろいろな「海の日」の「イベント」が開催されます。「ご家族、お友達」とお誘い合わせのうえ、参加してみてはいかがでしょうか」。「公益財団法人 日本海事広報協会

実際、「7月15~8月6日」には、「神戸開港150年記念」として「海フェスタ神戸」、「7月17日」には、国内外で活躍する船の一般公開をする「2017年海の日行事~海と日本プロジェクト~in晴海」です。

ほかにも、「「海の日」小学生乗船無料キャンペーン」や、全国で開催される「」や「」の見学会「船との出会い事業」です。「8月7日」には、小~高校生に向けた「海洋教室・新聞づくり講習会」も開催されるとのことです。

イベントに参加されたら、「どんな時、どんなところに海の恩恵を感じたか」。また、「海洋国家日本の繁栄のために、今後何をすればよいと思ったか」などを考えられると、より「海の日」を堪能できるのではないでしょうか」。「公益財団法人 日本海事広報協会

知っているようで意外と知らなかった「海の日」です。今年は「海の日」の理解を深めるために、恋人と家族と、「各イベント」に出掛けてみてはいかがでしょうか。

国民の祝日の由来や意味を理解している方の割合はどんなものなんでしょうか。知らなくても困りはしませんが知っていたらどこでどんな役に立つことがあるかも知れませんよね。今年の「海の日」は「3連休」とまとまっているので遠出やちょっとした小旅行のお出かけには良いかも知れませんね。





人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です