運転免許証★運転免許証番号の数字から取得年と場所がわかる★運転免許証番号12ケタの読み方

こんばんは。
今日は「運転免許証★運転免許証番号の数字から取得年と場所がわかる★運転免許証番号12ケタの読み方」の事をお伝えしたいと思います。

マンガ喫茶」などで本人確認として使われる運転免許証です。「コピー」をとられたり、本人確認のために運転免許証番号を記入したりした経験があるでしょう。じつは、この運転免許証番号の数字には、さまざまな情報が入っています。運転免許証番号の数字から「取得年や場所、再発行回数」がわかるのでした。

★「運転免許証番号の数字から取得年と場所がわかる

★「運転免許証番号12ケタの読み方




運転免許証には、「名前、生年月日、住所」が記されているため、本人確認の証明用に提示を求められることがあります。そんなときに気になるのが「運転免許証番号を控えさせていただきます」の「一言」です。

運転免許証には、「12ケタ」の数字が記されています。この数字は発行順に付与される単なる数字の羅列というわけではありません。じつは、数字それぞれに意味が秘められているのです。

具体的には、運転免許証番号の数字から「免許の取得年や取得場所、再発行回数」などを読み取ることができます。さっそく、運転免許証番号の詳しい読み方を見ていきましょう。

★「運転免許証の再発行回数が記載




まず頭の「1~2ケタ目」は各都道府県の公安委員会の番号です。「全国51」の番号があります。北海道が「10番台」で、東北地方が「20番台」、東京が「30番台」です。また関東から甲信越地方は「40番台」、北陸や中部が「50番台」、関西が「60番台」、中国地方が「70番台」、四国地方が「80番台」、九州地方が「90番台」となっています。

次の「3~4ケタ目」が、初めて運転免許証の交付を受けた年の西暦の「下2ケタ」です。そして、「5~10ケタ目」は各都道府県の公安委員会が独自に決めている管理番号になります。

さらに、「11ケタ目」は「入力ミス」の確認用番号です。最後の「12ケタ」は運転免許証の再発行回数です。紛失で再発行したことが「1回」ある人は「1」と記載されています。

あまり抵抗感もなく身分証明書として提出している「運転免許証」です。もちろん「免許証番号数字」がどんな意味を持っているのかなど「一般人」の私たちには気になりながらも知らないことだらけですよね。少しでも数字の意味が知っていれば役に立つ時があるかも知れませんね。





人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です