簡易カーセキュリティ★100均の窓防犯アラームで簡易カーセキュリティ★窓の防犯アラームとネオジム磁石★両面テープ

こんばんは。
今日は「簡易カーセキュリティ★100均の窓防犯アラームで簡易カーセキュリティ★窓の防犯アラームとネオジム磁石★両面テープ」の事をお伝えしたいと思います。

100均」の「窓防犯アラーム」を活用して、「簡易カーセキュリティ」を構築しましょう。窓が開いたら警告音が鳴る「防犯アラーム」を、「クルマ」の「ドア」の開閉や「ハンドル動作」で作動するようにすれば、車両泥棒を爆音で撃退できるというわけです。「窓の防犯センサー付属」の磁石を「100均」の「ネオジム磁石」に替えるのが「ポイント」です。

★「100均の窓防犯アラームで簡易カーセキュリティ

★「窓の防犯アラームとネオジム磁石




窓ロック」や「防犯ステッカー」など、「100均」ではいろいろな「セキュリティグッズ」が売られています。しかし、今のところ「カーセキュリティ用品」は見かけません。なければ、あるもので代用しましょう。

カーセキュリティ」にちょうどよさそうなのが、窓が開くと大音量で警告を発する「窓の防犯アラーム」です。これを車の「ドア」や「ハンドル」に「セット」することで、「簡易カーセキュリティ」が完成します。

簡易カーセキュリティ」の主な材料は、いずれも「100均」で購入した「窓の防犯アラーム」と「ネオジム磁石、両面テープ」です。ここで窓の「防犯アラーム内部」を見てみると、磁石で「ON/OFF」する「リードスイッチ」が組み込まれています。

★「窓の防犯アラームをドアにセット




リードスイッチ」は「ガラス管」に密閉封入されていて、磁石を近づけると動作する仕組みになっています。ただし、「窓の防犯センサー付属」の磁石は大きくて邪魔です。そこで、強力な「ネオジム磁石」を「両面テープ」を貼り付けて使います。

まずは「ドア」を開けると警報が鳴るように「窓の防犯アラーム」を「セット」する方法です。「ドア」を閉じた状態で「アラーム」が鳴らないよう、「フットペダル付近」に「アラーム本体、ドア」に「ネオジム磁石」を貼り付けます。

ハンドル」を動かすと警報が鳴るように「セット」することも可能です。この場合、「ステアリングボスカバー」に「窓の防犯ラーム本体」を、「ハンドル」に磁石を設置します。知らずに動かすと警報音が鳴り響きます。

100均」の商品で「簡易カーセキュリティ」を作れるのなら騙されたと思って「一度」は試してみるのも悪くはないですよね。





人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です