モバイルバッテリー型カメラ★探偵がモバイルバッテリー型カメラを使う理由★モバイルバッテリー型カメラは自然★A-610 Plus

こんばんは。
今日は「モバイルバッテリー型カメラ★探偵がモバイルバッテリー型カメラを使う理由★モバイルバッテリー型カメラは自然★A-610 Plus」の事をお伝えしたいと思います。

今や「3人」に「1人」が常時携行するほど一般的となった「モバイルバッテリー」です。市民権を得た「モバイルバッテリー型カメラ」は、実際に充電もできるとあって秘匿性が飛躍的に向上しています。そんな「モバイルバッテリー型カメラ」を重宝しているのが探偵です。探偵が「モバイルバッテリー型カメラ」を使う理由を見ていきます。

★「探偵がモバイルバッテリー型カメラを使う理由

★「モバイルバッテリー型カメラは自然




モバイルバッテリー型カメラ」は一般家庭の室内はもちろん、事務所などに置かれていても自然で、「ターゲット」に気づかれにくくなっています。特に注目は「オンスクエア」の「A-610 Plus」です。

まず「モバイルバッテリー型」なので、目に触れても怪しまれません。動体検知機能もあり、調査を省力化できます。「バッテリー」の容量が通常の「小型カメラ」より非常に大きいため、「AC電源」が確保できなくても長時間の撮影が可能なのも「メリット」です。

しかも、この「モバイルバッテリー型カメラ」は、最新の「超省電力ICチップ搭載」で、容量はこの「クラス」では中程度の「4,200mAh」ながらも安定して「24時間連続」での撮影が行えます。無人撮影にも有効でしょう。

★「モバイルバッテリーとして充電可能




例えば、「カモフラージュテープ」などで覆い、「ターゲット」の自宅前に設置しておけば、出入りした時間、同行した人物の容姿など、通常なら探偵が張り込みをしなければならない場面でも、無人での監視が可能です。

ダッシュボード」にこっそり置けば、周辺の監視にも役立ちます。「ボディ」が大きいためか、動作が安定しているのもうれしいところです。限られた調査時間で、最大限の成果が得られます。実際に「モバイルバッテリー」として、「スマホ」の「充電・2台同時もOK」ができるのも「ポイント」です。

モバイルバッテリー型カメラ」の解像度は「1920×1080ドット・MOV」、「記録メディア」は「microSDカード・最大32GB」電源は「リチウム充電池」です。「サイズ/重さは約120W×78H×13Dmm/約120g」です。実勢価格は「19,800円」です。

「モバイルバッテリー」の機能も多機能になってきてるんですね。充電以外にカメラが付いていたら使用できる幅も広がりますよね。





人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です