紫外線対策★なぜUV対策が必要なの★でもうっかり焼けちゃったときは応急処置★とにかく冷やす★熱がとれたら保湿

こんばんは。
今日は「紫外線対策★なぜUV対策が必要なの★でもうっかり焼けちゃったときは応急処置★とにかく冷やす★熱がとれたら保湿」の事をお伝えしたいと思います。

いよいよ夏本番になり、紫外線が猛威を振るう季節がやってきました。紫外線対策は「バッチリ」でしょうか。紫外線は「肌にダメージ」を与えることが知られており、「UV対策」をおこたるのは「絶対NG」です。もし、うっかり焼けちゃった…という場合は正しい応急処置で「お肌のピンチ」を回避しましょうね★

★「なぜUV対策が必要なの

夏は日差しが強くなり、紫外線の量が「1年」を通して「一番」多くなる季節です。太陽光には、地表に到達する「UVA・UVB」と、地表には届かない「UVC」という波長の紫外線が含まれています。つまり私たちが対策すべき紫外線は、地表に届く「UVA」と「UVB」の「2つ」です。
A波」は波長が長く、肌の真皮まで到達し、「コラーゲン」を変性させて「シワ」やたるみの原因を作ります。しかも「窓ガラス」も通過し、曇りの日だって降り注がれているという厄介者です。一方、「B波」は皮膚表面の細胞を傷つけ、「肌の炎症・水ぶくれ・シミ・そばかす・皮膚ガン」のもとになります。要は、家の中にいるから「UV対策」をしなくて「OK」ということはなく、お肌を守るためには一年中「UV対策」することが大切なのです。

★「でもうっかり焼けちゃったときは応急処置




ですが、日焼け止めを塗っていても焼けちゃうこともありますよね。そんな時は正しい応急処置をすることで、その後の肌人生を明るくしてくれるのです。

★「とにかく冷やす

日焼けしたら「すぐに美白化粧水をつけなきゃ」という発想になりがちですが、美白化粧品はお肌への刺激が強いものが多く、焼けた肌にすぐ使用するのはおすすめできません。日焼けはいわばやけどの状態なので、お肌はとっても敏感なのです。「冷水や保冷剤、冷やしたタオル」などを患部に当て、ほてった肌を沈静してあげましょう。

★「熱がとれたら保湿

お肌の熱が落ち着いたところで、いよいよ保湿の出番です。刺激の強い化粧水や「クリーム」は肌に刺激を与えてしまうため、「ナチュラルオイル」や「セラミド、コラーゲン」などの低刺激なものを使いましょう。「アベンヌ ウォーター」や「アロエクリーム、ハトムギ化粧水」などは日焼け肌にはおすすめの保湿剤です。




★「インナーケアでシミ・しわを撃破

合わせてとり入れたいのが、食事による「インナーケア」です。ついつい外側の「ケア」ばかりに注力してしまいがちですが、食べ物によっては「シミ」の原因となる「メラノサイト」に働きかける食べ物もあるのです。例えば、「イチゴ」には豊富な「ビタミンC」が含まれており、活性酸素の生成を抑えることができると言われています。他にも「アセロラ」や「トマト・アボカド・ニンジン」などもおすすめです。

★「肌の炎症が治まったら美白ケアにシフト

肌の赤みが引いて痛みがなくなったら、「美白ケア」をしましょう。「メラニン色素」の量が増えて肌が黒くなり始めるのは、日焼けしてから「2~3日後」です。この「タイミング」に合わせて「美白ケア」を始めるのがおすすめです。

★「UV対策をしながら楽しい夏を

紫外線は美容の大敵ですが、外に出ないで引きこもるなんてもったいないですよね★日光浴は精神状態を整えたり、生活習慣病にかかる「リスク」を下げたり骨を強くしたりと、体にいいこともあります。「UV対策」をしつつ気持ちよく日光を浴び、楽しい夏を過ごしてくださいね。

紫外線対策と言っても知らないと肌を傷めてしまうんですね。しっかりと時間をかけて肌の「ケア」をしないといけないんですね。





人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です