チーズ★美容・ダイエットサポート効果★ダイエット中のイライラを防ぐ★美や背に必須のたんぱく質が約20%含まれている

こんばんは。
今日は「チーズ★美容・ダイエットサポート効果★ダイエット中のイライラを防ぐ★美や背に必須のたんぱく質が約20%含まれている」の事をお伝えしたいと思います。

チーズ」は脂肪分が多いため「ダイエッター」には敬遠されがちですが、実は「ダイエット中」だからこそ食べることをおすすめしたい、「美容・ダイエット」を「サポート」してくれる効果の高い食べ物です。

チーズ100g」を作るためには、牛乳はその「10倍」の「1,000ml」もの量が必要です。つまり「チーズ」は、牛乳の栄養素を「ギュ」っと凝縮した食品と言えます。
しかも発酵の工程を経ているので酵素や乳酸菌なども含まれており、勘違いされがちな「悪い動物性脂肪の塊」どころか健康的な食品です。

チーズ」の種類は大きく「プロセスチーズ」と「ナチュラルチーズ」の「2つ」に分けられます。
日本でなじみ深い「チーズ」といえば「6Pチーズ」や「ベビーチーズ」など加工された「プロセスチーズ」や「ピザ用」の「シュレッドチーズ」ですが、「チーズ」の本場である「ヨーロッパ」では、「チーズ」といったら風味の豊かな「ナチュラルチーズ」のことを指し、「プロセスチーズ」はあまり一般的ではありません。

ナチュラルチーズ」は、水分を抜いた原料乳を固めて、型に入れ「発酵・熟成」させたものです。
牛や「山羊、羊」など原料乳の種類や「成分、製法」などによって非常に多種多様で、その数は「1,000種類」を超えると言われています。「ナチュラルチーズ」は乳酸菌や「カビ菌」が生きている状態で存在し、菌の働きにより「チーズ」が熟成され、非加熱で食べることでこれらの菌や酵素を摂取することができます。

こうした「ナチュラルチーズ」を「1種類~数種類」ほど加熱溶解し、乳化剤などを加えて再び成型したものが「プロセスチーズ」です。
プロセスチーズ」は製造工程で高温にかけられ殺菌されるため、熟成はその時点で止まっています。そのため長期の保存がきくのが利点です。ただし酵素は失活し、善玉菌も死滅しています。




こうした違いはありますが、どちらの「チーズ」も非常に栄養が豊富であることには変わりなく、「ダイエット」を「サポート」してくれる成分が含まれています。
その効果をご紹介いたします。

チーズ」には「ビタミンA、B2」が含まれています。このどちらも皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあり、肌に潤いを与えてくれます。

★「ダイエット中のイライラを防ぐ

ダイエット」のために食事量を減らすようになると、空腹感のためや、「カルシウム」が不足しがちになって「イライラ」することがあります。
ダイエット中」ではなかったとしても、「カルシウム」は日本人が慢性的に不足しがちな栄養素でもあります。
骨の原料となるほか、精神安定に作用する「カルシウム」を「チーズ」は多く含んでおり、その吸収率も優れています。
100g」当たりの「カルシウム量」は、「プロセスチーズ」は「630mg、カマンベールチーズ」は「460mg、パルメザンチーズ」は「1,300mg」もの量が含まれています。
牛乳を飲むよりも、少量の「チーズ」で手軽に「カルシウム補給」をすることができます。

★「美や背に必須のたんぱく質が約20%含まれている




筋肉を維持したり増やしたりするのに使われ、やせ体質になるためには必須の「タンパク質」が、「チーズ」にはだいたい「20%前後」含まれています。
ダイエット中」は食事制限で「タンパク質」が不足しがちになり、そうすると筋肉量が減少し始めます。
筋肉量が減少すると、運動しなくても生命維持のため自動的に体で消費される「カロリー・基礎代謝量」が落ち、やせにくい体になってしまいます。
基礎代謝量が落ちた分だけ体内で「カロリー」が余るようになるので、その分は脂肪として蓄積され、「タンパク質不足」は太りやすくやせにくい体になってしまうのです。

★「チーズの脂肪分は気にしなくてもOK

各種チーズ」にはおよそ「30%前後」の脂肪分が含まれており、高脂肪の食べ物ではあるのですが、短鎖脂肪酸や中鎖脂肪酸という種類の脂肪酸が含まれています。これらの脂肪酸は体内で「エネルギー」に変換されやすく、しかも体脂肪として蓄積されにくいという特徴を持っており、「やせるオイル」として大人気の「ココナッツオイル」や最近注目の「MCTオイル」の主成分でもあります。
また、脂肪燃焼を「サポート」する働きを持つ「ビタミンB2」も含まれているので、大量に食べ過ぎない限りはそれほど脂肪分を気にしなくても大丈夫です。
ただし、気を付けなければならない種類の「チーズ」があり、「脂肪部60~75%」以上の加工された「タイプ」です。こうした「チーズ」は「生クリーム」が添加されているため、脂肪分が高くなっています。栄養成分表示や原材料表示を確認してみてくださいね。なるべく添加物の少ないものを選ぶと良いでしょう。

★「美肌効果

チーズ」には「ビタミンA、B2」が含まれています。このどちらも皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあり、肌に潤いを与えてくれます。
また、「チーズ」には乳酸菌が含まれているので、腸内環境を整え肌の状態を良くしてくれる働きもあります。「ナチュラルチーズ」は乳酸菌が生きた状態で存在し「腸内フローラ」に作用し、加熱処理されている「プロセスチーズ」は死滅していますが、どちらにしても腸内で有効に働くと考えられているので、あまりこだわる必要はありません。

チーズ」が「美容・ダイエット」の「サポート」役になるのなら食べない訳にはいかないですよね。





人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です