コンディトライ・バッハマン★本場・ドレスデン風バウムクーヘン★ドレスデン風バウムクーヘン★黒豆ぱうんどケーキ

こんばんは。
今日は「コンディトライ・バッハマン★本場・ドレスデン風バウムクーヘン★ドレスデン風バウムクーヘン★黒豆ぱうんどケーキ」の事をお伝えしたいと思います。

湘南・平塚」の手みやげとして外せないのが「コンディトライ・バッハマン」の洋菓子です。「1976年」に創業した当時から「41年」の間守られている「バウムクーヘン」の味は、もはや地元で知らない人はいないほどです。華々しい数々の受賞歴を誇る逸品を紹介します。

★「店を語るなら、まずはバウムクーヘンを

ドイツ」では製菓学校の試験にも出るほど伝統的な菓子で、「バッハマン」は「本場・ドレスデン風」の「バウムクーヘン」を作ることで有名です。「バウムクーヘン職人」の最高権威である、「ドイツマイスター」として認定された「オーナー」が技術を継承しています。




コンディトライ・バッハマン」という店名は、「オーナー」が学んだ「スイス・ルッツェルン」の名店「Confiseur Bachmann」が由来です。日本で唯一の姉妹提携店です。技術と「レシピ」の共有はもちろん、「バッハマン家」との家族ぐるみの交流もいまだ続いているのだそうです。

ドレスデン風バウムクーヘン・1段1365円」です。「14年」も「DLG金賞・ドイツ農業協会食品品質コンテスト」を受賞しました、「本場ドイツ」のお墨付きの「バウムクーヘン」です。しっとりした食感と、どっしりとした食べごたえが特徴です。「マジパン」と「天然ハチミツ」を配合した「レシピ」で、「シナモン」の風味が香ります。飽きのこない味わいで、数々の著名人の心をとらえて離さないのも納得です。

★「バウムクーヘン以外もこだわり満載

バウムクーヘン以外」はどうでしょうか。焼き菓子から生菓子まで「バラエティ」も豊富ですが、「黒豆ぱうんどケーキ・1本2,070円」もまた評判です。黒豆が「ゴロゴロ」と入った贅沢な「パウンドケーキ」で、黒豆は丹波産の「A級」を使用しています。大きくずっしりした粒は「重くて沈んでしまうくらい入れる」との談です。「国産バター」と卵を使用した、洋菓子と和食材の「コラボ」が楽しめます。こちらは宮内庁御用達の品です。




★「ご当地名物にちなんだジャムまで

バラの町・平塚」にちなみ、「食用バラ」を用いた「ばらの花びら・918円」です。平塚市の名産品にも選ばれています。「バラ」の花びらを「リキュール」など秘伝の「レシピ」で漬けこみ、信州の工房で土地の「リンゴ」と共に「オリジナルレシピ」で煮た「ジャム」です。手間のかかる製法ですが、これも発売当時から変わらないようです。紅茶や「トースト、ヨーグルト」にも「マッチ」する逸品です。ふんわり香る「バラ」の香りで癒され効果もありそうです。

三世代にわたり愛されている店には、信じた「スタイル」を貫く信念があり、洋菓子にもそれが垣間見れます。受賞歴も納得の手みやげは、大切な人に贈るにも申し分ない自慢の品になるでしょうね。

創業から「41年間」「バウムクーヘン」の味を守り抜いてきたのは伊達ではないですよね。「DLG金賞・ドイツ農業協会食品品質コンテスト」を受賞した「バウムクーヘン」を自分へのご褒美に堪能するのも良いかも知れませんね。





人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です