iPhone・動作が遅い時のテクニック★使用していないアプリはこまめに終了★再起動よりさらに早いRAMクリア

こんばんは。
今日は「iPhone・動作が遅い時のテクニック★使用していないアプリはこまめに終了★再起動よりさらに早いRAMクリア」の事をお伝えしたいと思います。

日本国内の「スマホ市場」において「大きなシェア」を誇る、「アップル」の「iPhone」です。「プライベート」から「ビジネスシーン」に至るまで、「iPhone」を活用している人は多いことでしょう。高性能で「バツグン」の操作性の良さを誇る「スマホ」ですが、それでも使っているうちに「動作が遅くなった」という「トラブル」に見舞われることがあります。そんなときに無用な「ストレス」をためないための、お手軽な解決法があります。

★「使用していないアプリはこまめに終了




動作環境を改善させるには、不必要な「アプリ」を終了して、「アプリ」が使用していた「メモリ領域」を解放することが重要です。画面に表示していなくても、「バックグラウンド」で「アプリ」が起動中なら「メモリ」を消費しています。そのため常駐している「アプリ」が多いと、「iPhone」の動作が遅くなる原因になりかねません。「バックグラウンド」で起動中の「アプリ」を終了するには、「ホームボタン」を「二度押し」して、表示された「アプリ」を上に向かって「スワイプ」すれば「OK」です。

もし、それでも動作が改善されない場合は、一度「再起動」するのが効果的です。再起動した場合は、「バックグラウンド」で立ち上がっていた「アプリ」を閉じることなく、「メモリ」の解放が行われます。方法は「スリープボタン」を長押しして、「スライドで電源オフ」が表示されたら、「電源ボタン」の「アイコン」を右に「スワイプ」して電源を「オフ」にします。そして、もう一度「スリープボタン」を「アップルマーク」の「ロゴ」が表示されるまで長押しすれば再起動完了となります。再起動をしても「バックグラウンド」の「アプリ」は立ち上がったままですが、「メモリ領域」は「リフレッシュ」されます。重要な「データ」は事前に保存してきましょう。

★「再起動よりさらに早いRAMクリア




そして再起動よりも、素早く「メモリ」の解放を行う方法が「RAMクリア」と呼ばれる「テクニック」です。基本的には「再起動」と同じ役割を果たしながら、圧倒的に短時間で行うことができます。手順はいたって簡単で、まずは再起動と同様に「スリープボタン」を長押しします。画面上部に「スライドで電源オフ」が表示されたら、その画面で「ホームボタン」を長押しします。そして再び「ホーム画面」に戻れば、「RAMクリア」が行われたということです。ただし再起動と同様、「バックグラウンド」に表示されている「アプリ」は「リフレッシュ」されるので、重要な「データ」の保存を忘れずにしてください。

iPhoneの動作が不安定だな」と感じたら、まずは「RAMクリア」を試して、それでも改善されないようなら再起動を試みるという手順が良さそうです。快適な「スマホライフ」を送るためにも、ぜひ覚えておきたいですね。

使用しているうちに動作が遅くなるのは良くあることですよね。少しでも対処方法を知っていれば「ストレス軽減」になりますよね。





人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です