菅田将暉さん★ファンタ 情熱のオレンジ★ファンタ宣伝部長★日本のマサキが超おいしいファンタを作ったよ★アクション完成度

こんばんは。
今日は「菅田将暉さん★ファンタ 情熱のオレンジ★ファンタ宣伝部長★日本のマサキが超おいしいファンタを作ったよ★アクション完成度」の事をお伝えしたいと思います。

情熱のヒーロー」が宙を舞う。




コカ・コーラシステム」が「9月11日・月」から発売する「ファンタ 情熱のオレンジ」です。その「新テレビCM」が「9月12日・火」から全国放映され、「“ファンタ宣伝部長”」の「菅田将暉さん」が渾身の「アクション」を見せました。

新CM」は、「グローバル」「ファンタ」本社宣伝部で「日本のマサキが超おいしいファンタを作ったよ★」と、宣伝部内に動画を共有する「シーン」から「スタート」します。動画を再生すると「ハロウィンにはこれ★」と、楽しげな表情で「ファンタ 情熱のオレンジ」を取り出す「菅田将暉さん」が登場します。「アクションヒーロー」のように製品を片手に「カメラ」に向かって「フルーティーでほろ苦うまいぜ★」とかっこよく「セリフ」を決めます。が、「カメラ」が引くと、「ファンタ宣伝部」の「オフィス一角」に設置された手作り感満載の「ワイヤーセット」で、日本の「ファンタ」宣伝部員たちと撮影している様子が明らかになるという内容です。




デビュー作」が「特撮ヒーロー」だった「菅田将暉さん」は、「ワイヤーアクションシーンの撮影は年中あるのですが、何回やっても慣れないですね。空中での動きは、吊られる人とそれを支える人とカメラワークの一体感が大事で、僕ひとりでできるものではないので難しいです。それに、そのときの体重や身体の姿勢で微妙に変わってきます。ずっと吊られる仕事をしていれば、自分の重心がわかるのかもしれませんが、そのときの生活によって重心は変わるので、それを捉えるのが難しいです。しかもワイヤーアクションシーンの撮影って、体の調子がいいからうまく動けるというものでもないので奥深いです。でも、今回は“情熱のアクションヒーロー”ということで楽しかったです」と、「CM撮影」の感想を述べました。

撮影では、監督から「OK」が出た後も、「菅田将暉さん」自ら「あと1センチ動かしたい」「もうちょっとこっち」と、妥協なく手足の位置を変更した「別テイク」の撮影を要請する一幕もありました。こだわりの「“アクション”」の完成度をその目でぜひ確かめてほしいですね。

ファンタCM」も今は「イケメン俳優」が出演する時代になったんですね。





人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です