2018年 2月 の投稿一覧

藤井流星さん★筋トレマスター★山下智久さんからアドバイス受ける★ストイックな素顔

こんばんは。
今日は「藤井流星さん★筋トレマスター★山下智久さんからアドバイス受ける★ストイックな素顔」の事をお伝えしたいと思います。

ジャニーズWEST」が「パーソナリティー」を務める「ラジオ」「bayじゃないか」「bayFM」です。「2月24日」深夜の放送は、「濱田崇裕さん」と「藤井流星さん」が「パーソナリティー」を担当しました。

今週も「リスナー」からの質問に答える「ふつおた」の「コーナー」が放送されたのですが、「藤井流星さん」がある話題に対して「ノリノリ」で答える場面がありました。その質問はというと、「腹筋ローラーを持っているがうまく使いこなせないのでコツがあったら教えてほしい」というものでした。「腹筋ローラー」とは、その名の通り腹筋を鍛えるための「アイテム」で、取っ手のついた「ローラー」を手で持ち、腕立て伏せをするような体勢で「ローラー」を床で前に転がし、伸びをするだけです。一見簡単そうですが、体を伸ばし切った状態から元の体勢に戻すのが至難の業なのです。




この「ローラー」を所持しているという「藤井流星さん」は、「これできるのはジャニーズWESTの中でオレだけやんな」と「“自信アリ”」といった様子でした。「濱田崇裕さん」は前に転がすことはできても、元の体勢に戻ることができないらしく、「リスナー」への「アドバイス」は「藤井流星さん」がすることになりました。

まず「藤井流星さん」は、「最初はみんなムリなんですよ腹筋ローラー結構キツいんで男性でもキツいから女性なんて膝ついてもできひんレベルだと思うんですけど」と「リスナー」を優しく「フォロー」していました。その上で、「良い方法はね壁に向かってやる行ききるとこを制御してしまう」と具体的な「アドバイス」を送りました。「藤井流星さん」自身もこの方法で「腹筋ローラー」を使いこなせるようになったそうで、「努力の積み重ねですから、腹筋ローラーは!」と力強い言葉を残していました。

実は以前、「藤井流星さん」が「バラエティ番組」「メレンゲの気持ち」「日本テレビ系」に出演した際、自宅で「筋トレ」をする様子を収めた「VTR」が紹介されていました。なんでも、「筋トレ」をするために「SIX PACK COMING SOON」と「プリント」された「タンクトップ」を購入したらしく、「藤井流星さん」の本気度がうかがえます。




腹筋ローラー」以外にも、「プッシュアップバー」という腕立て伏せで使う器具や、「5キロ」の重さがある「メディシンボール」を使って鍛えていると紹介していました。また、「筋トレ」については先輩の「山下智久さん」から「アドバイス」をもらうこともあるらしく、「“筋トレ”」を通じて先輩後輩関係が築かれていることも明かしていました。

普段は「“天然エピソード”」が多い「藤井流星さん」ですが、「筋トレ」にはかなり「ストイック」に取り組んでいるようです。鍛え抜かれた肉体が披露されることを楽しみにしたいですね。



中居正広さん★登場・泣きそうになった★二階堂高嗣さん★舞祭組コンサート裏話明かす

こんばんは。
今日は「中居正広さん★登場泣きそうになった★二階堂高嗣さん★舞祭組コンサート裏話明かす」の事をお伝えしたいと思います。

昨年「12月13日」、自身初の「アルバム」「舞祭組のわっ!」を発売した、「Kis-My-Ft2派生ユニット」「舞祭組」です。「同アルバム」を引っさげ、今年「1月10日2月28日」に「コンサートツアー」「舞祭組村のわっと驚く第1笑」を行っています。「2月21日」深夜に放送された「ラジオ」「Kis-My-Ft2 キスマイRadio」「文化放送」では、「パーソナリティ」を務めた「藤ヶ谷太輔さん」と「二階堂高嗣さん」が、「同ツアー」の話題で盛り上がっていました。

藤ヶ谷大輔さん」は「1月31日」に行われた「東京中野サンプラザ」の「1公演」を見学したそうです。「ジャニーズアイドル」の「コンサート」や舞台は夕方以降に公演が行われることが多いのですが、この日の「1公演目」は開演が「午前10時半」でした。ここまで早い時間から「コンサート」が行われることは、出演者である彼らにとっても初めてのことだったようです。




二階堂高嗣さん」は「午前6時半」に起床したというのですが、「リハーサルするじゃないですか会場入ってまったく喉が起きてないんですよ本番MCあとくらいでやっと起き始める」と明かし、すかさず「すみません今のはちょっと だったらMC前は寝てんのかって話になるので」と「藤ヶ谷大輔さん」が「ツッコミ」ました。「ポロリ」と本音が漏れてしまいましたが、それだけ彼らにとって大変な「ステージ」だったということでしょう。

2人」が盛り上がったのは、「31日」の「3公演目」についての話でした。実はこの公演、「舞祭組」の「プロデューサー」であり、「Kis-My-Ft2」の先輩でもある「中居正広さん」が「ゲスト出演」したのでした。当然、「中居正広さん」が「ステージ」に登場したことは「藤ヶ谷大輔さん」の耳にも入っていたため、「いや~、見に行きたかったですよ!」と見学の「タイミング」が「ニアミス」してしまったことを悔やんでいました。「二階堂高嗣さん」も「中野サンプラザの2日目の3公演目は特別でしたね泣きそうになったもん!」と語っており、「2人」の会話から「Kis-My-Ft2」にとって「中居正広さん」の存在が非常に大きいことが感じられました。

2月17日」に放送された「ラジオ」「中居正広 ON ON AIR」「ニッポン放送」では、「舞祭組メンバー」から出演の依頼があったこと、「出るからにはちゃんとやらないと、迷惑になりますからね」と、「中居正広さん」がどのような気持ちで出演したかが語られていました。「二階堂高嗣さん」は現場での「中居正広さん」の様子について「中居さんが照明とか見てくれるんですよ」「めちゃめちゃ学ぶことが多かった!」「すんごい細かく見てくれた」などと明かしていましたが、「中居正広さん」がただの「“ゲスト”」ではなく、「“出演者”」として「コンサート」に参加していたことがよくわかります。「藤ヶ谷大輔さん」も「愛情をホント感じるな」と、「中居正広さん」が「舞祭組」を溺愛していることをうらやましがっていました。




また、「中居正広さん」は「ボク」らの前では絶対褒めないんですよ。絶対に褒めないんですよ。ただ、「中居正広さん」がやってる「ラジオ」では、めちゃめちゃ褒めてくれたって、と「二階堂高嗣さん」が語った通り、「中居正広さん」は前出の「ラジオ」で「知恵を絞りながら舞祭組の4人がやってることはボクはすごく素晴らしいことだと思います」と「舞祭組」をべた褒めしていました。直接本人たちの前で褒めることはなくても、「中居正広さん」の愛情は確かに「舞祭組メンバー」に伝わっているでしょう。

2月27日」には、舞祭組主演の「ドラマ」「○○な人の末路」「日本テレビ系」が「4月」から「スタート」することが発表されました。さらに活動の幅を広げていくだろう「舞祭組」に、今後も注目していきたいですね。

後輩思いの「中居正広さん」の男義が伝わってきますよね。



二階堂高嗣さん★地方LIVEストレス★ネチネチ言うな&ファン紛糾

こんばんは。
今日は「二階堂高嗣さん★地方LIVEストレス★ネチネチ言うなファン紛糾」の事を御伝えしたいと思います。

Kis-My-Ft2」の「二階堂高嗣さん」が、「公式携帯サイトJohnny’s web」で「“出待ち”」をする「ファン」への苦言ともとれる一文を書き記し、賛否両論が巻き起こっています。「二階堂高嗣さん」は「派生ユニット舞祭組」の「コンサートツアー」中ですが、地方から東京に帰ってきた際に気分を害される出来事があったようです。

舞祭組」の「ツアー」は「1月10日」に大阪で「スタート」し、「名古屋東京」を巡って「2月2122日」には仙台で開催されました。「翌23日」、「二階堂高嗣さん」は「Johnny’s web」の連載「にかちゃんの海ときどき◯◯」で、「ここでは海の生き物達を紹介するんですが今回は○○の部分をお話しするね」として、まずは仙台公演の終了を報告しました。「LIVE自体は本当に盛り上がったと思いますよ」などと、絵文字を交えながら「ゴキゲン」な様子で振り返りました。




ライブ」の感想を書いた最後には、「ただ地方のLIVE帰り程ス○○スが溜まることは無いんじゃないかなと思います」と、冷や汗の絵文字を付けてつづっています。連載の「タイトル」にかけて「○○」と伏せ字にしているものの、この「4文字」は「“ストレス”」を意味しているのではないかと、「ファン」の間では話題のようです。

これを受け、「ネット上」の「ファン」からは「出待ちのせいでストレス溜まるから地方は嫌ってなってるのかな」と、駅で出待ちする行為にうんざりしているのでは、という声が上がっています。これを投稿した「二階堂高嗣さん」に対し、「可哀想幸せ楽しかったって言ってたのに最後でス○○スとか」などと同情の声がある一方で、「ストレスを伏せ字にする必要ないし、「駅で待つな追っかけてくるな!」くらい言えばいいのに」「一部のファンの行動が迷惑になるなら会員限定ブログでネチネチ攻撃してないでハッキリ言った方がいい」「ニカちゃん言葉悪いあの書き方じゃファン悲しむわ」と、批判的な反応も多く見られます。

また、仙台で「舞祭組メンバー」と同じ時間の新幹線に乗っていたという「ファン」が、「東京駅降りたら後ろから追っかけてくる人がたくさんいてエスカレーターとかも押されました」と、当時の状況を「Twitter上」で証言しています。「スタッフ」は厳戒態勢だったようですが、「メンバー」が新幹線の改札を出た後も追いかけて写真を撮る「ファン」がいたり、一般人にぶつかってもお構いなしだったようです。こうした場面を目の当たりにし、「あの状況確かにほんとにストレス溜まるわ」と、「二階堂高嗣さん」に同意する「コメント」を寄せています。さらに、同じ新幹線に乗車したという別の「Twitterユーザー」も「車両内とかもすごかったみたい」と、「ツイート」していました。




ジャニーズタレント」と出待ち「ファン」といえば、「昨年11月」に同じく「Kis-My-Ft2」の「玉森裕太さん」が、「Johnny’s web」の「コーナー」「まいにちたまもりゆうた」で、注意喚起した件が記憶に新しいですね。この時、「Kis-My-Ft2」は「ベストヒット歌謡祭2017」「日本テレビ系」出演のため大阪に滞在していたが、移動の行きも帰りも、「たくさんの方」に靴を踏まれながら歩いていたと、愚痴をこぼしました。靴を踏む距離まで近づくことを含め、「正直いろいろと辛かったですわ きっとたまたまそこに居合わせた方の靴も踏まれちゃってたのかな」「気をつけて じゃなくて やめて欲しいかなそして危ないからね」と、正直な思いを吐露しました。柔和な「イメージ」の「玉森裕太さん」の口から出た厳しい言葉だっただけに、多くの「ファン」に衝撃を与えました。

そして、「Hey!Say!JUMPメンバー」も出待ちや「コンサートマナー」などについて、「Johnny’s web」で言及しています。「昨年8月」、「八乙女光さん」は「グループ連載」「JUMPaper」内で、駅や空港で「メンバー」を待つ「ファン」に対し、一般利用者の迷惑にならないような行動を取ってほしいと、理解を求めました。さらに、「JUMP初」となる和歌山での公演を前に、「高木雄也さん」は「ラジオ番組」「Music Bit」「FM OH!、9月28日放送」で、「この和歌山がね最初で最後にならないように僕たちも皆さんもいろんなことを気をつけながら皆さんで楽しみましょう」と、「メッセージ」しました。「翌29日更新」の「JUMPaper」では、「ホエール」「クジラ」「ウォッチング」参加時の苦い経験談を交えて、禁止されている行動でも「大人になるとあの人もやってるからいいじゃんってなってしまう」「俺もそうだなっ反省」とつづり、出待ち「ファン」への警告だと話題になりました。

舞祭組」の「ツアー」は「27日28日」の「福岡サンパレス公演」で「ラスト」を迎えます。この先、「Kis-My-Ft2」や「舞祭組」の「コンサート」が各地で実現するためにも、暴走行為は控え、「メンバー」に安息を与えてあげてほしいですね。

ファン心理」として出待ちで「ジャニーズアイドル」に会いたいと思う気持ちは誰でもありますよね。



井ノ原快彦さん★あさイチ★降板の裏・NHK&ジャニーズ完全決裂

こんばんは。
今日は「井ノ原快彦さん★あさイチ★降板の裏NHK&ジャニーズ完全決裂」の事をお伝えしたいと思います。

NHK紅白歌合戦」にて、「“ジャニーズ出演枠”」だけでなく、ここ数年は司会にも「ジャニタレ」を連続起用するなど、「ジャニーズ事務所」との「“蜜月関係”」を深めてきた「NHK」です。ところが、「あさイチ」の「井ノ原快彦さん」の降板や、「元SAMP草なぎ剛さん」の「ドラマ出演」をめぐって、今年に入り、その関係が悪化しているという情報を入手しました。

井ノ原快彦さん」と同局の「有働由美子アナウンサー」が司会を務める、同局の朝の情報番組「あさイチ」です。「2人」は「“最強コンビ“」として、主婦から絶大な人気を誇っていましたが、新年早々、「有働由美子アナウンサー」の「“降板”」が「スポーツ紙」によって報じられました。




有働由美子アナウンサー」の電撃降板について「井ノ原快彦さん」は、「NHK」内の「“アンチ有働派”」の画策によるものだと激怒しました。相棒を外されたまま番組を続けることはできないと、「3月」いっぱいでの同時卒業を決めました。「W降板」発表の翌日、「2月7日」の放送では、「誰かひとり辞めるんだったらみんなで辞めた方がいいとずっと思っていた」と、自らの思いを明かしました。結果、「井ノ原快彦さん」は男を上げましたが、事はそう単純ではなかったようです。

というのも、いくら「井ノ原快彦さん」が「降りる」と言っても、そもそも所属の「ジャニーズ事務所」の許可がなければ降板できません。事務所が今回の「井ノ原快彦さん」の降板を許した裏には、「ジャニーズ」と「NHK」の関係性の悪化があるといいます。

ジャニーズ」は、事務所を退所した「元SMAP」の「稲垣吾郎さん草なぎ剛さん香取慎吾さん」の「“3人潰し”」を画策し、民放各局もそのことを察知して、「3人」の起用を見送る「“忖度”」を見せました。「フジテレビ系」に至っては、「草なぎ剛さん」ありきだった「関西テレビ制作」の「ドラマシリーズ」の主演を、最新作「FINAL CUT」で、急遽「ジャニーズ一押し」の「亀梨和也さん」に変更させるほど気を使っています。

一方の「NHK」は、以前より「草なぎ剛さん」が「ナレーション」を務めている「ブラタモリ」での起用を継続しており、今年に入ってからは、未解決事件の「“赤報隊事件”」を「テーマ」にした「実録ドラマ」「未解決事件 File.06赤報隊事件」」の主演に抜擢しました。「ドラマ」は「1月27日28日」と「2夜」にわたり、「ゴールデンタイム」で放送されました。これは、同局が番組作りにおいて「ジャニーズ事務所」に「“忖度”」することなく、「元SMAP」の「3人」を使うという意思表示とも受け取れます。




NHK」は「草なぎ剛さん」を同作の主演に起用したことで、案の定「ジャニーズ」と「ドラマ制作部門」との関係が悪化しました。そして、「あさイチ」の「有働アナウンサー」の降板情報を「ジャニーズ側」に事前に知らせなかったことで、さらなる怒りを買い、「ジャニーズ」は同番組から「井ノ原快彦さん」を降板させたのでした。

あさイチ」の後任司会者は、吉本興業のお笑い「コンビ」である「博多華丸大吉」となることが決定しました。「井ノ原快彦さん」の後任として「ジャニタレ」の起用がなかったことからもわかるように、「NHK」は情報番組の「スタッフ」まで「ジャニーズ」との関係が悪化し、同番組では「ジャニーズ」の「ゲスト出演」すら今後はないのではといわれています。

ジャニーズ」に「“忖度”」しない「NHK」からはこれからも目が離せないのですが、民放も、その姿勢を見習ってほしいところですね。

忖度」しないと「ジャニーズ事務所」に「3人潰し」の様な事が起きるんですね。



亀梨和也さん★ユメより、亀。★売り切れ続出・ファン激怒★初版少なすぎ・増刷急いで

こんばんは。
今日は「亀梨和也さん★ユメより★売り切れ続出ファン激怒★初版少なすぎ増刷急いで」の事をお伝えしたいと思います。

KAT-TUN亀梨和也さん」が雑誌「MAQUIA」「集英社」で連載中の「亀カメラ」を「1冊」に収めた「パーソナルフォトブック」「ユメより。」が、「2月23日」に発売されました。連載のために撮りおろされた写真だけでなく、昨年行われた「亀梨和也さん」の「ソロコンサート」「KAT-TUN KAZUYA KAMENASHI CONCERT TOUR 2017 The一Follow me~」の「スチール写真」も公開されています。また、「ロングインタビュー」も収録されており、「亀梨和也さん」「ファン」にはたまらない内容となっています。

大手通販サイト」「Amazon」の「タレント本ランキング」では、「26日」にも「ユメより。」が「第1位」を獲得するなど、売り上げは上々な様子です。ですが、それゆえに「ファン」が「ヤキモキ」する事態が起こっているようです。




発売開始から「1週間」も経っていない「26日」現在、全国の書店や「通販サイト」で「ユメより、。」の売り切れが続出しているようなのです。「ネット上」では「「ユメ亀買おうとしたら近所の本屋さんで売り切れって言われた大人気でうれしいけど買えなかったのは残念」「大型書店に行ったんだけど、「ユメより。」は売り切れと言われてしまった 発売日に行っても買えないとか、どういうこと?」「本屋さんに売ってなくてネットで注文しようとしたらメーカー取り寄せだってすごいなと思う反面一体いつ入荷するのか不安」と、「“売り切れ報告”」が続出しています。

確かに、「Amazon」では在庫切れの状態で、「通常24週間以内に発送します」との案内がされています。その他、「楽天ブックス」では「メーカー取り寄せ」、「オムニ7」では「現在商品はございません」と案内されており、「大手通販サイト」では現在購入ができない状態でありました。発売前に「通販サイト」で予約したにもかかわらず、商品が手元に届いていないと嘆く「ファン」も「チラホラ」見受けられ、かなり品薄な状態であることがうかがえます。

また、「ユメより。」刊行記念として、同書に収録されている「代表カット」を展示した「パネル展」を行っている「大阪梅田蔦屋書店」でも、店頭在庫はすでに完売しているようです。「パネル」の前には「次回入荷は3月初旬を予定しております」との案内が書かれた「POP」が置かれており、予約をするよう促されています。




売れ行き好調なのは喜ばしいことですが、「たくさんの人に手に取ってもらいたいのに店頭に無いのはもったいないよ~!」「どうしてどこにも売ってないの!? 予想以上に売れたとか?それにしたって初版少なすぎるでしょ!」「「ユメ亀すごくよかったからいろんな人に勧めたいのに 肝心の本がない増刷急いでください!」と「ヤキモキ」している「ファン」の声が続々と上がっています。

実は昨年、「亀梨和也さん」と「山下智久さん」で結成した「ユニット」「亀と山P」が「シングル」「背中越しのチャンス」を発売した際にも、今回と同じようなことが起こっていました。「初回限定盤1」「初回限定盤2」「通常盤」の「3形態」で発売していたのですが、発売当日から「初回限定盤1」「初回限定盤2」が全国の「CDショップ」で品薄となり、手に入れられない「ファン」が続出していたのでした。同楽曲は「亀梨和也さん山下智久さん」が出演していた「ドラマ」「ボク運命の人です。」「日本テレビ系」の主題歌でもあったため、「ジャニーズファン」ではない一般層の耳に入る機会も多かったようです。ですが、「ドラマを見て楽曲が気になったからCDを購入しよう」と思っても、「“時すでに遅し”」という状態であったことになります。

ジャニーズ事務所」や出版社の予想を上回る勢いで売れているのは喜ばしいことですが、一方で、新しい「ファン」を獲得する「チャンス」を逃がしているようにも思えます。「2度あることは3度ある」と言うのですが、そろそろ対策を考えてほしいものですね。

発売されているのに店頭にないのは「ファン」にとっては「空振り三振」を取られた気持ちになりますよね。



恋愛シミュレーションゲーム★NEWSに恋して★V6ファン★マナー守って助言

こんばんは。
今日は「恋愛シミュレーションゲーム★NEWSに恋して★V6ファン★マナー守って助言」の事をお伝えしたいと思います。

2月26日」、「NEWSメンバー」との「“擬似恋愛”」が楽しめる「スマートフォン専用実写恋愛シミュレーションゲーム」「NEWSに恋して」が今春に「リリース」すると発表されました。同日には事前登録受け付けが「スタート」しており、「サービス開始」までに「同ゲーム」に登録すると「ゲーム内」で役に立つ「アイテム」や、「メンバー4人」の「メインビジュアル画像」などが受け取れるとのことです。すでに事前登録数は「5万人」を超えているとの発表もあり、大きな盛り上がりを見せているようです。

ジャニーズアイドル」の「恋愛シミュレーションゲーム」といえば、「2013年」から「サービス」が「スタート」した「V6」の「ラブセンV6とヒミツの恋~」が記憶に新しいですね。「ユーザー」が主人公となり「V6メンバー」と恋愛と楽しむという内容で、「シナリオ」を進めていきながら、この「ゲーム」のために撮り下ろされた写真や「ボイス」を楽しむことができます。基本的には無料で遊べる「ゲーム」ですが、課金しないと楽しめない「シナリオ写真ボイス」も存在します。




NEWSに恋して」も同じく、基本無料の「アイテム課金制ゲーム」のようです。「ユーザー」は「旅行情報サイト」の会社で働く女性となり、取材先で「NEWSメンバー」と出会います。「メンバー」から間違い電話がかかってきたことをきっかけに、彼らとの恋が始まっていく という「シナリオ」です。「同ゲーム」では、「シナリオ」を読み進めていくことで「NEWSメンバー」との「チャット」や電話を疑似体験できるような「イベント」も予定されており、かなり「リアル」な恋愛体験が楽しめそうです。

この発表に「NEWSファン」からは「「NEWSに恋して楽しみすぎる早くやりたくて速攻で事前登録完了させた」」「もうすでに恋してるけどゲームは絶対やる楽しみ!」「NEWSとチャットができるとかリアルすぎてやばい恋愛ゲームやったことないけど本当に楽しみ!」など、大興奮の声が「ネット上」に投稿されています。

ですがその一方、「実写恋愛シミュレーションゲーム」の「“先輩”」である「V6」の「ファン」からは、心配の声も聞かれます。というのも、「アイテム課金制」の「ゲーム」であるため、お金を払った「ユーザー」のみが見られる写真や「ボイス」が、「ネット上」に流出してしまうのを懸念しているようです。特に写真は「スクリーンショット」で簡単に保存できてしまうため、「ネット上」に流れやすいと心配しているようです。「ネット上」では「NEWS担に今言いたいことはゲーム会社のスタッフさんといい関係を築くためにもゲームのスクショやボイスは絶対にネットに上げないでくださいということ当たり前だけどすごく大事なことなので」「マナーを守って楽しくゲームしましょうNEWSのファンはマナーが悪いと思われないように!」などと呼びかけを行う「ファン」も見受けられます。




ラブセンV6とヒミツの恋~」は「13年」から「サービス」が「スタート」し、当初は「1年間」で「サービス」を終了させる予定だったそうです。ですが、実際には「16年」まで「約3年間」続いており、「ソーシャルゲーム業界」では「“長期間運営”」の部類に入るほどの人気を集めました。「ラブセン」がここまで継続できたのも、「ファン」が「スクリーンショット」などをほとんど「ネット上」に投稿せず、個人の範囲で「ゲーム」を楽しんでいたことがひとつの要因だと見ている「ファン」は多いようです。そのため、「NEWSに恋して」が長く続く「ゲーム」になるよう、「V6ファン」が「NEWSファン」に「“助言”」を与えているようです。

両ゲーム」とも、「グリー株式会社」が運営する「ソーシャルネットワーキングサービス」「GREE」によって提供されています。「NEWSに恋して」が「ラブセン」と同じように「ヒット」すれば、「“次回作”」が作られる可能性もあるでしょう。「ジャニーズアイドル」と「実写恋愛シミュレーションゲーム」の未来を占う「NEWSに恋して」の成功を願いたいですね。

ファン」にとっては「疑似恋愛」であっても一緒に過ごせれば幸せの時間になりますよね。



二宮和也さん★ブラックペアン★撮影参加ファン暴走★竹内涼真さん裏話Twitter暴露

こんばんは。
今日は「二宮和也さん★ブラックペアン★撮影参加ファン暴走★竹内涼真さん裏話Twitter暴露」の事をお伝えしたいと思います。

二宮和也さん」が主演を務め、「4月」に「スタート」する「連続ドラマ」「ブラックペアン」「TBS系」です。「2月中旬」から撮影も始まる中、「一部エキストラ」参加者の言動が、「ネット上」で問題視されています。

二宮和也さん」が孤高の「天才外科医渡海征司郎」を演じる同作は「海堂尊氏」の小説「新装版 ブラックペアン1988」「講談社」をもとにした「医療エンターテインメントドラマ」です。共演は「竹内涼真さん葵わかなさん小泉孝太郎さん内野聖陽さん倍賞美津子さん」といった豪華な「メンバー」で、「4月」の放送に向けてすでに「クランクイン」を迎えています。




そんな中、「ドラマ」の「エキストラ」として撮影に立ち会ったとみられる「一部ジャニーズファン」の女性が、「2月25日」の「Twitter」に「エキストラ終わりました」と投稿しました。「日曜劇場 ブラックペアン」と書かれた「ノート」と「クリアファイル」らしき「グッズ写真」を「アップ」しました。「プロフィール欄」を見る限り、「」や「Hey!Say!JUMP」「ファン」のようですが、この日の撮影には「二宮和也さん」が不在だったのか、「生ニノには会えなかった」と、落胆気味に「ツイート」しています。

この「アカウント」は、監督や助監督が「エキストラ」を気遣ってくれていたという様子を「レポート」しつつ、参加者の雰囲気について「マナーが良くてとっても楽しかった!」と書いていました。また、撮影の「メイン」は「竹内涼真さん」だったそうで、自身の「半径1メートル」以内を何度も行き来したり、咳をしていたこと、「竹内涼真さん」が誰かに電話をかけていたと、具体的な裏話をつづっています。さらに、自身は患者役での出演だったようですが、医者役の人に衣装を借りたと、白衣を着た記念写真も「アップ」していました。公表されている「二宮和也さん」の白衣姿と、白衣の病院の「マーク」が一致しているため、少なくとも女性の「エキストラ参加」は事実なのでしょう。

エキストラ現場」を満喫する様子が伝わってくるものの、基本的に番組収録時の「レポート」を「ネット上」に公開する行為は禁止されています。そのため、「一連」の書き込みが「ネット上」に広まると、「楽しむのはかまわないけどうれしくても撮影の詳細をツイートするのはマナー違反」「これは未公開情報脅すつもりはないけど削除が身のためだと思います」「撮影に関することや小道具などの写真をSNSに上げることは禁止されていますエキストラ募集もなくなってしまう可能性があるので削除をお願いします」と、削除要請が相次いだようです。その後、「アカウント」は一時的に非公開設定に変えたそうですが、「26日」の段階では削除しています。




一方で、「フリマアプリ」「メルカリ」には「ブラックペアン」の「非売品ノート」が「3件」出品されています。それらは、件の「アカウント」が投稿した「ノート」と特徴が一致しているため、「エキストラ参加者」にお礼として配られた非売品である可能性が高く、出品者も同様のようです。そのうち、「1冊」は「2,999円」で落札されている上に、残る「2冊」は「3,999円4,480円」の値がついているようです。

放送前から「ネガティブ」な話題が続いている同作ですが、そもそも「2月2日」の「TBS」からの正式発表前に「“情報漏えい”」が勃発していました。「2月1日」発売の「週刊文春」「文藝春秋」が、「二宮和也さん」主演の「ブラックペアン」の「ドラマ化」を先取りで伝え、「嵐ファン」は騒然としていました。さらに、同日の「午後10時」頃、雑誌「MORE」「集英社」の「二宮和也さん」の連載「It一途」」取材」を担当する「芳麗氏」が、「ニノといえば祝ドラマ!」「久々約4年ぶり?!」の連続ドラマで日曜劇場で医者役で原作のあらすじを読む限りドラマは厚みがあり演じる役柄もパンチが効いていそう」と、「フライング」で「ツイート」してしまったのです。

その後、「ファン」の指摘を受けた「芳麗氏」は「ニュースになっている記事を読み公式な話かと勘違いいたしましたつい嬉しくて知りもせずに書いてしまいましたが 心よりお詫びさせていただくとともに削除させていただきました」と謝罪しました。これに加えて先述の「エキストラ」の一件があったことから、「芳麗とかエキストラとか問題多いな ルールくらい守らないと」と、呆れた声が上がっています。

TBS」の「サイト」では、「2月26日」現在で「ブラックペアン」の「エキストラ募集」は「17件掲載」されており、今後は都内や神奈川県の「緑山スタジオ」などでの収録が予定されているといいます。今後、くれぐれもこうした残念な「トラブル」が起こらないことを願いたいものですね。

本当の「ファン」ならば情報漏えいは絶対にしてはならない行為だと「ファン」成らずとも誰もが思いますよね。



高橋一生さん&森川葵さん★交際匂わせ★15歳年の差★単なる遊びという指摘

こんばんは。
今日は「高橋一生さん&森川葵さん★交際匂わせ★15歳年の差★単なる遊びという指摘」の事をお伝えしたいと思います。

近年ブレーク」した俳優の中でも、「トップクラス」の人気を誇るとされる「高橋一生さん」です。その「“新恋人”」を、「2月27日発売」の「フラッシュ」「光文社」が「スクープ」しています。お相手は「2016年」の「ドラマ」「プリンセスメゾン」「BSプレミアム」にて共演した「森川葵さん」で、この作品をきっかけに急接近したとのことです。「森川葵さん」は、先日報じられた「高橋一生さん」購入の「“新居”」の合鍵も持っており、「“おこもり愛”」などと報じられているのですが。

記事が「ネット」で公開された途端に、「高橋一生さん」「ファン」からは悲鳴が上がり、一番注目されてたのは、両者の年齢差のようです。「高橋一生さん」は現在「37歳」なのに対して、「森川葵さん」は「22歳」です。「15歳差」の熱愛報道となりました。




高橋一生さん」は、先日「女性セブン」「小学館」に「マンション」を購入したことを報じられ、その額は「2億円」ともいわれています。「ファン」の間で「まさか結婚間近なのでは?」と話題になり、多くの週刊誌が「新マンション」周辺を「パトロール」していたものの、まさかこんなにあっけなく、恋人の出入りが確認されるとは思っていなかったようです。

森川葵さん」は、かねてから「“高橋一生さんファン”」を公言していることもあり、「高橋一生さん」「ファン」から反感を買ってしまったようです。

昨年「1月」、「高橋一生さん」が「AStudio」「TBS系」に「ゲスト出演」した際、当時、同番組の「アシスタント」だった「森川葵さん」は「一生さんすごく顔が好きですどタイプなんです」と、目を「ハートマーク」にさせていました。同番組での共演は、「プリンセスメゾン」が終了した後だけに、もしこの時点で両者が交際していたならば、「森川葵さん」の言動は「“交際匂わせ”」に近いものがあります。最近、世間では、こうした「“匂わせ”」行為を良しとしない風潮があるので、「森川葵さん」の発言は完全に「“アウト”」と言えるでしょう。




さらに、ここまで年が離れた女性に「“手を出した”」ことで、「高橋一生さん」には「ファン離れ」も懸念されているようです。

高橋一生さん」は「ブレーク前」にも、「尾野真千子さん田中麗奈さん」と熱愛が報じられています。「尾野真千子さん」と破局した際、「高橋一生さん」は「彼女が女優として大事な時期だった為私達は同棲を解消しました」と、事務所を通じて「コメント」を発表しており、当時は「潔い」と好感を持たれたものです。ただ今回は、かなり年の差がありますし、本人も「インタビュー」で「結婚願望は一切ない」と断言しているだけに、「単なる遊び」にも見えてしまいます。この報道によって、人気低下につながらなければいいのですが。

今回の熱愛報道に関しては、「高橋一生さん森川葵さん」ともに、世間からあまり好ましくないとの見方をされているようですが、当人たちはこの現状をどのように受け止めているのでしょうか。

匂わせ行為」が事実ならば「ファン離れ」は免れないでしょうね。



村上信五さん★音楽チャンプ半年打ち切り★トホホ・テレ朝春改編

こんばんは。
今日は「関ジャニ∞・村上さん音楽チャンプ半年打ち切りトホホテレ朝春改編」の事をお伝えしたいと思います。

テレビ朝日」が今春の改編で、日曜夜の「2時間特番枠」を「1年」ぶりに復活させることがわかりました。番組名は「日曜プライム」「日曜午後9時11時5分」で、初回は「斎藤工さん二階堂ふみさん」が「ダブル主演」を務める「スペシャルドラマ」「探偵物語」が「オンエア」されます。

現在同時間帯に放送されている報道番組「サンデーステーション」「日曜午後8時54分~」は日曜「午後4時30分6時枠」に移動します。また「関ジャニ∞・村上信五さん」と「黒木瞳さん」が司会の「今夜誕生音楽チャンプ」「日曜9時58分~」は打ち切りとなり、不定期で放送していく予定だといいます。




同局は、昨年春の改編で、土日の夜に大型報道番組を放送すべく、「同4月」より、「土曜プライム」「日曜エンタ」を打ち切って、「サタデーステーション」「サンデーステーション」の放送を開始しました。これによって、平日の「報道ステーション」を含め、全曜日の「プライム帯」で報道番組を「オンエア」することになりました。「メインキャスター」には、「サタステ」が「元フジテレビ」の「高島彩アナウンサー」、「サンステ」が、「同月2日」に終了した「報道ステーションSUNDAY」の「元フジテレビ」の「長野智子アナウンサー」を起用しています。

初回視聴率は、「サタステ」が「8.8%」「ビデオリサーチ調べ関東地区以下同」、「サンステ」は「8.0%」で大差なかったものの、その後、徐々に差がついていきました。「サタステ」は番組が浸透すると、「2ケタ」を超える週も出るようになりましたが、「サンステ」は低迷したままでした。裏には、「日本テレビ系」「行列のできる法律相談所」や「TBS日曜劇場」など、強力な「ライバル番組」があり、なかなかその牙城を崩せなかったようです。結局「1年」で、もともと「報ステSUNDAY」を放送していた日曜夕方に戻る「ハメ」になりました。

一方、「音楽チャンプ」は、打ち切られた「しくじり先生 俺みたいになるな!!」の後番組として、「昨年10月」に「スタート」しましたが、「平均6%前後」と低調でした。休止になる週も増え、わずか半年で見切りをつけられました。




長野智子アナウンサー」は「フリー」ながら、「報ステ」など数多くの報道番組を支えてきた功労者で、なかなか切るに切れない事情があるようです。日曜夕方に放送中の「帰れまサンデー見っけ隊」が「月曜ゴールデン」に昇格するに伴い、その枠が空いたので、元の「サヤ」に収まった格好です。「音楽チャンプ」は放送時間帯を変えても、需要があるとは思えず、打ち切りとなりました。この番組が日曜の「プライム帯」で通用するかどうか、たった「1回」の特番で判断した編成側の「ミス」のようです。「村上信五さん」にとっては、「“黒歴史”」になったといえそうです。

日曜夜の特番枠といえば、「フジテレビ」も「昨年10月1年」ぶりに「ニチファミ!」として復活させたばかりですが、視聴率は振るわないようです。日曜「午後9~10時」台は「日テレ」が圧倒的な強さを誇っているだけに、「テレ朝」もまた苦戦をしいられそうですね。

ジャニーズアイドル」の中でも群を抜いて司会業が板に付いている「村上信五さん」ですが、今回の「音楽チャンプ」だけは数字が振るわなかったようですね。



Jr.大賞★1位・岩崎玄樹さん・猛プッシュ3位・平野紫耀さん&9位・中村嶺亜さん

こんばんは。
今日は「Jr.大賞★1位岩崎玄樹さん猛プッシュ3位平野紫耀さん9位中村嶺亜さん」の事をお伝えしたいと思います。

今回「ツッコ」ませていただくのは、「1年」に「一度」、「ジャニーズJr.ファン」の「“本気度”」が試される「Myojo」「集英社」恒例の「Jr.大賞」です。

これは、さまざまな項目について、「ジャニーズJr.」の名前を書いて投票する「システム」で、「ネット上」で投票できる「アンケート」と異なり、雑誌を買って「アンケート葉書」に切手を貼って送るという、お金も手間も要するものだけに、「ファン」の熱量が問われてくるようです。中でも「恋人にしたいJr.」部門は、実質、「Jr.」の「人気ランキング」となるため、「ファン」にとっては本気の見せどころです。

そんなわけで、「2018年版」で「5年連続1位」という快挙を成し遂げ、「有終の美」を飾った「Prince岩橋玄樹さん」の強さを、あらためて痛感させられます。「千葉雄大さん」や「志尊淳さん」など、「フェミニン系」の俳優が活躍する姿を見るにつけ、「ジャニでも岩橋玄樹さんをもっと早く世に出すべきだったんじゃないだろうか」と思ってきましたが、「KingPrince」の「今春デビュー」が決定しました。今後は「ジャニオタ」だけでなく、世間からの注目を浴びることになるだけに、ぜひとも頑張ってほしいところです。

逆に、この「Jr.大賞」の結果が足枷にならないか少々心配なのは、同じく今春に「KingPrince」で「デビュー」する「平野紫耀さん」です。




平野紫耀さん」は同部門において、「14年は6位15年は5位16年17年」は「3位」ときて、「18年」も「3位」に「ランクイン」しました。十分立派な成績ではあります。ですが、残念ながら「一度」も「1位」を獲得したことはなく、「岩橋玄樹さん」に常に敗れ、「15年」からは「2位」を「キープ」している「永瀬廉さん」にも負け続けています。そして今回の結果を最後に、同部門においては「無冠」のまま「デビュー」が決まってしまいました。

たかが「アンケートされどアンケート」です。「本気のファンがいかに多いか」示す結果は、「デビュー」に向けた、大きなはなむけになるはずです。「4月」から「花のち晴れ花男NextSeason~」「TBS系」で「プライムタイム」の「連続ドラマ初出演初主演」を果たすほか、主演映画「honey」「ういらぶ。」の公開が控えているという、近年稀に見る「猛プッシュ」ぶりを思うと、「デビュー前」に「一度」くらいは「1位」をとっておきたかったところでしょう。

さて、「KingPrince」の「デビュー」により、今回の「Jr.大賞」「14位」までの面々が卒業することになった中、気になるのは、今後そこに誰が続くかということです。

今回「5位」となったのは、「関西ジャニーズJr.」の「西畑大吾さん」でした。「2本」の「NHK朝の連続ドラマ小説」「ごちそうさん」「13年」「あさが来た」「15年」出演により、全国区の知名度を得て、「ランキング」も「14年15年」の「15位」から「16年17年」は「6位」まで上昇しました。「18年」はさらに「1つ」順位を上げてきました。また、「17年」の「18位」から大きく順位を上げ、「5位」に「ランクイン」したのが、同じく「関西ジャニーズJr.」の「大西流星さん」です。となると、「KingPrince」の卒業により、来年度は関西勢が「ランキング最上位」を占めることが予想されます。人気順にいけば、次の「デビュー」は関西勢でしょうか。

また、今後の活動が気になるのは、かつて「同部門1位」を獲得したこともあり、「SixTONES」でただ「1人毎年10位」以内に「ランクイン」し続けている「松村北斗さん」「今回7位」です。孤軍奮闘ぶりは、どうにかしてあげなければいけないのではないかと、ちょっと不安になります。




さらにもっと心配なのは、どこの「ユニット」にも属することなく、「フリー」の立場にありながら、「毎年10位」以内に「ランクイン」し続けている孤独な「戦士中村嶺亜さん」「今回9位」です。

炎の体育会TV」「TBS系」に少し出ていたものの、「テレビ番組」の露出も舞台仕事などもほとんどなく、「ネット」でその名前を検索すると、「関連ワード」として「干され」が出てくるほどの、見事な干されぶりです。いったい「中村嶺亜さん」が何をしたというのか、と思うほどですが、そんな状態にもかかわらず、常に熱烈な支持者が多数います。

かつては「スケボー」枠としてそれなりに重宝されていた時期もありました。「Mr.KING」の「3人」とともに「4人」で「シアタークリエ」「ジャニーズ銀座」に出ていたこともありました。かつての「シンメ」や一緒に活動していた「Jr.」たちが退所したり、他事務所に移ったりするなか、干されてもめげずに「フリー」で頑張り続ける「中村嶺亜さん」です。

10位」以内には入らなかったものの、「20位」以内に「5人」が「ランクイン」と、大躍進を見せた「HiHi Jet東京B少年」の今後の活躍とともに、見守っていきたいと思います。

ジャニオタファン」にとっては最高の本気度が試される大切な大賞ですよね。