2018年 2月 の投稿一覧

木村拓哉さん★長瀬智也さん★松本潤さん★日曜劇場ジャニーズ起用増加

こんばんは。
今日は「木村拓哉さん★長瀬智也さん★松本潤さん★日曜劇場ジャニーズ起用増加」の事をお伝えしたいと思います。

」の「二宮和也さん」が、「4月スタート」の日曜劇場「ブラックペアン」「TBS系毎週日曜よる9時」にて主演を務めることが「2日」、発表されました。「二宮和也さん」が日曜劇場で主演を務めるのは今回が「」になります。同枠では「2017年1月期」より、「ジャニーズタレント」の「出演ドラマ」が増加しています。

★「半沢直樹」「陸王数々のヒット作が誕生した「“日曜劇場”」

これまで「堺雅人さん主演」「半沢直樹」「2013年7月期」、「唐沢寿明さん主演」「ルーズヴェルト・ゲーム」「2014年4月期」、「阿部寛さん主演」「下町ロケット」「2015年10月期」、「役所広司さん主演」「陸王」「2017年10月期」と「池井戸潤原作」の「ドラマ」で高視聴率を獲得してきた同枠です。




さらに、「佐藤健さん主演」「天皇の料理番」「2015年4月期」は「東京ドラマアウォード2015」にて「連続ドラマ部門」の「グランプリ」を獲得しています。「佐藤健さん」が主演男優賞、「黒木華さん」が主演女優賞、「鈴木亮平さん」が助演男優賞に輝き、同表彰式において「“4冠”」を成し遂げ話題を呼んだ「鈴木亮平さん」は「NHK連続テレビ小説」「花子とアン」とともに受賞となりました。

★「“日曜劇場”」での「ジャニーズ起用が増加

そんな「“名門枠”」とされる同枠ですが、「2017年1月期」の「木村拓哉さん主演」「A LIFE愛しき人~」にはじまり、「同年7月期」には「TOKIO」の「長瀬智也さん主演」「ごめん愛してる」、現在放送中の「」の「松本潤さん主演」「99.9-刑事専門弁護士- SEASONII」「SEASON Iは2016年4月期」、そして「4月期」より「二宮和也さん主演」「ブラックペアン」と、「ジャニーズタレント」を起用した「ドラマ」が増加しています。

ジャニーズドラマ」といえば、「KinKi Kids」の「堂本剛さん主演」「金田一少年の事件簿」「シリーズ」や、「松本潤さん」らが出演した「ごくせん」「シリーズ」、「KAT-TUN亀梨和也さん主演」「野ブタをプロデュース」「2005年10月期」、「長瀬智也さん主演」「マイボス マイヒーロー」「2006年7月期」など、「日本テレビ」での名作が多く存在しています。「2017年4月期」より、「土曜9時」から「土曜10時」へと枠を移動した後は、「亀梨和也さん」と「山下智久さん」が「12年」ぶりに「タッグ」を組んだ「ボク運命の人です。」、「関ジャニ∞」の「錦戸亮さん主演」「「ウチの夫は仕事ができない」、「」の「櫻井翔さん主演」「先に生まれただけの僕」、そして現在は「Hey! Say! JUMP」の「山田涼介さん主演」「もみ消して冬わが家の問題なかったことに~」と「4作連続」で「ジャニーズタレント」を起用しています。




しかし日曜劇場でも、「木村拓哉さん主演」の「GOOD LUCK!!」「2003年1月期」、「華麗なる一族」「2007年1月期」、「南極大陸」「2011年10月期」、「中居正広さん主演」「砂の器」「2004年1月期」、「ATARU」「2012年4月期」など、高視聴率を獲得した名作があるのも事実です。現在放送中の「99.9-刑事専門弁護士- SEASONII」においては、初回平均視聴率が「15.1%」で「好スタート」を切り、「第2話」は「18.0%」、「第3話」は「16.2%」「ビデオリサーチ調べ関東地区」と好調です。

二宮和也さん」といえば、「2016年」に「第39回日本アカデミー賞」最優秀主演男優賞を獲得するなど、俳優としての評価も名高いようです。日曜劇場で主演を務めるのは初、さらに初の外科医役ということもあり、早くも注目の的になりそうです。「」としてともに活動する「松本潤さん」から「バトン」を引き継ぐかたちとなる「二宮和也さん」の「ドラマ」にも、より一層期待が高まります。

★「ジャニーズ」の写真が「ネット解禁」に。宣伝効果にも期待

また、これまで「webニュースサイト」での写真掲載を「NG」としていた「ジャニーズ事務所」ですが、「先月31日」に行われた「錦戸亮さん主演映画」「羊の木」「2月3日公開」の日本外国特派員協会記者会見をもって、「記者会見囲み取材舞台挨拶」などにおける「タレント登壇時」の写真使用が解禁になりました。主演俳優の写真が出回ることで、新たな宣伝効果にも期待できそうですね。

テレビ局」としては数字がとれる「ジャニーズアイドル」をやはり起用しない訳にはいかないですよね。





人気ブログランキングへ

木村拓哉さん★ジャニーズ世代交代★岡田准一さん&松本潤さん★ドラマ映画で抜かれる

こんばんは。
今日は「木村拓哉さん★ジャニーズ世代交代★岡田准一さん&松本潤さん★ドラマ映画で抜かれる」の事をお伝えしたいと思います。

SMAP解散後ジャニーズ事務所内」で世代交代が着々と進んでいるようです。

今期、「ドラマ」「BG身辺警護人~」「テレビ朝日系」で主演を務める「木村拓哉さん」と、「99.9-刑事専門弁護士- SEASON II」「TBS系」の「嵐・松本潤さん」の「“ジャニーズドラマ対決”」で、逆転現象が起こっています。

木村拓哉さん」の「BG」は初回の平均視聴率が「15.7%」「ビデオリサーチ調べ関東地区以下同」と、「1月期ドラマ」の「トップ」に立つ「好スタート」でした。ところが、続く「2話目」は微減の「15.1%」となりました。




対する「松本潤さん」の「99.9」は、「初回平均視聴率15.1%」と「BG」に続く「第2位」につけ、「2話目」では初回を上回る「18.0%」を記録しました。「3話目」では「16.2%」と数字は落ち着いたものの、「リード」は明らかです。

映画界では、「V6岡田准一さん」が顕著な活躍を見せており、「永遠の0」や「蜩ノ記」で最優秀男優賞や助演男優賞を「総ナメ」しています。昨年公開された「関ヶ原」でも、各映画賞に「ノミネート」されています。一方の「木村拓哉さん」は「無限の住人」が「大コケ状態」となり、銀幕の世界では、すでに「岡田准一さん」との世代交代が完了してしまいました。そのため、「ドラマ」が「木村拓哉さん」に残された唯一の道でした。

実のところ、「ドラマ界」での「木村拓哉さん」と「松本潤さん」の世代交代は、「一昨年」から始まっていました。「松本潤さん」の「99.9」は、「シーズン1」が「2年前」の「2016年4月期」に日曜劇場枠で放送され、「平均視聴率17.2%」を「マーク」する好調ぶりでした。「木村拓哉さん」は「翌年1月期」に、同じく日曜劇場枠で放送された「A LIFE愛しき人~」「TBS系」に主演しました。「平均視聴率14.5%」にとどまり、「“キムタクドラマ”」の「ブランド」に、陰りの見える結果となっていました。

当時は、「SMAP」の解散直後だったこともあり、「A LIFE」は「グループ内」で対立関係にあったとされる、「草なぎ剛さん」が主演した「嘘の戦争」「フジテレビ系」との「ドラマ対決」ばかりが注目されていました。結果、「嘘の戦争」の「平均視聴率11.3%」と、「A LIFE」を下回り、「“キムタクドラマ”」の勝利となりました。「同クール」の「ドラマ」の中でも、「トップ」の視聴率を飾りましたが、同じく日曜劇場枠で過去に主演を務めた「松本潤さん」の「ドラマ」には完敗していたわけです。




今回は、同時期での「スタート」だけに、「木村拓哉さん」と「松本潤さん」の「ドラマ対決」は避けられないようです。「木村拓哉さん」の「BG」は「江口洋介さん斎藤工さん上川隆也さん」という「主役クラス」の俳優陣に加え、女優陣には「菜々緒さん」や「“陰の視聴率女王”」と呼ばれる「石田ゆり子さん」という豪華出演者を起用し、背水の陣で挑んでいます。

「“キムタクドラマ”」は、「3年前」に放送された「アイムホーム」「テレビ朝日系」の「平均視聴率14.8%」前述した「A LIFE」は「平均視聴率14.5%」でした。今回の「BG」では、「初回平均視聴率15.7%」と「好スタート」を切っていますが、「「キムタクが一気に老けた」という声も上がっています。それでいて、「“何をやってもキムタク”」と揶揄される演技力が一向に上達しないことから、視聴者の「“キムタク離れ”」も起こっているといいます。「斎藤工さん」や「上川隆也さん石田ゆり子さん」が固定視聴率を持っているだけに数字が大幅に「ダウン」することはないでしょうが、これまでの「“キムタクドラマ”」からすると、「15%台」を維持するのが精一杯のようです。なお、「ドラマ関係者」によると「15%」が「合格ライン」だといいます。

一方、「松本潤さん」の「99.9」は、「第3話」の「平均視聴率16.2%」と高視聴率を維持しており、「シーズン1」並みの高視聴率が期待できます。

映画では、すでに「岡田准一さん」に抜かれてしまった「木村拓哉さん」ですが、「ドラマ」でも「松本潤さん」に抜かれるのは時間の問題でしょう。それにしても、「ジャニタレ」の世代交代は時代の流れを感じさせますね。

ジャニーズアイドル」の世代交代は「木村拓哉さん」でなくとも訪れる結果ですよね。





人気ブログランキングへ

ジャニーズ事務所★ネット写真解禁★掲載NGの牙城崩した背景

こんばんは。
今日は「ジャニーズ事務所★ネット写真解禁★掲載NGの牙城崩した背景」の事をお伝えし居たいと思います。

ジャニーズ事務所」が「1月31日」「所属タレント」の画像を「ネット上」に掲載することを認めると発表し、「ファン」や「マスコミ間」で大きな話題になっています。「使用写真は原則3カットまで」など、細かい「ルール」も設けられていますが、今回の決定を「各メディア」はどう見ているのでしょうか。

ジャニーズ」は公的な場所、つまり記者会見や「イベント」などで撮影されたものに限り、写真の「ネット掲載」を解禁しました。これまでは肖像権保護を理由に認めておらず、そのせいで「ウェブ」の「ニュースサイト」は、「ジャニーズタレント」が写っていない画像を使用しなければいけなかったようです。

ウェブメディア」が台頭してきた「10年」ほど前から、「ジャニーズ」による「“ウェブメディアの写真NGルール”」は現場で徹底されていました。

当初は「ウェブメディア」というだけで、会見場の出入りを禁止にされる「ケース」もありましたが、次第に「スポーツ紙」も「ウェブサイト」を運営するようになり、「ジャニーズ側」も「「アンチ媒体でなければウェブメディアでも受け入れる」または「写真を使わなければ取材OK」」など、態度を軟化させていきました。




現在では、「ジャニーズ」のそうした姿勢は異常に映りますが、かつてはそこまで珍しい話ではなかったようです。

大手や老舗の「プロダクション」も、「ジャニーズ」と同様に、「ウェブメディア」の「“出禁”」を普通に行っていました。また、現在でも「レプロエンタテインメント」は、「ジャニーズ」と同じく「ウェブ」への写真掲載は「3カット」までとしていますし、「エイベックス」も「10カット」まで、「長良プロダクション」は「1カット」のみ、さらに掲載期限も「1週間」と定めています。とにかく「ジャニーズ」に限らず、多くの事務所が「ウェブ」の写真掲載に対して制限をかけているので、「全面使用NG」でなければ、特に不自然なことではありません。

一方、「ネット上」では、「ジャニーズタレント」だけ写真掲載されない状況に違和感を持っていたという声が多く上がっています。

例えば、「イベント」で他事務所の「タレント」と「ジャニーズ」が共演した場合、集合写真を撮る際は「ウェブ媒体」で掲載する用の「ジャニーズ抜き」のものを別途撮影する必要がありました。当初は、他事務所の「タレント」から「面倒くさい」と不満も多く出ていたものですが、それでも「ジャニーズと共演するならしょうがない」という認識が、すぐに芸能界全体に広がったように思います。ですが、近年は「海外メディア」から「いち事務所の言い分に従っている日本のメディアは歪んでいる」などと批判される「ケース」があり、それも「ジャニーズ」が解禁に踏み切った理由の「1つ」かもしれませんね。

また、写真の「3枚ルール」に関しては、むしろ「制限して大正解」という指摘もあるようです。




制限がなければ、「アクセス稼ぎ」で写真を「50枚なんなら100枚」以上と、報道の範疇を超えた枚数を掲載する「サイト」が出てくるのではないでしょうか。以前ある「ウェブメディア」が、「タレント」の画像を、まるで「パラパラ漫画」のように大量掲載して、所属の大手「プロ」から「クレーム」が入ったという「トラブル」もあったようです。

今後、「ウェブ」での写真解禁は、「メディア」にとってどんな恩恵をもたらすのでしょうか。

ウェブメディア」からすれば、やはり読者に伝わりやすい記事を作れるとあって、喜ばしいことでしょう。ただ、「スポーツ紙」にとっては「売り上げが減るのではないか」という懸念もあり、全面的に賛成とはいかないようです。

一部」では、今回の写真解禁について、「ジャニーズ」を退社して「「ウェブメディアも写真掲載 OK」」となった「稲垣吾郎さん草なぎ剛さん香取慎吾さん」への「“あてつけ”」ではないかという意見も上がっているようです。果たして「ジャニーズ」にとって、この遅すぎた規制緩和は「プラス」に作用するのでしょうか。

ジャニーズアイドルファン」に限らず「ネット写真解禁」は大きな影響があるでしょうね。





人気ブログランキングへ

村上信五さん★音楽チャンプ★打ち切りも・惜しむ声ナシ・見てない・面白くない

こんばんは。
今日は「村上信五さん★音楽チャンプ★打ち切りも・惜しむ声ナシ・見てない・面白くない」の事をお伝えしたいと思います。

関ジャニ∞村上信五さん」と女優の「黒木瞳さん」が司会を務める「バラエティ番組」「今夜誕生音楽チャンプ」「テレビ朝日系」が、「3月末」で放送終了すると報道されました。同番組は、「昨年6月」に特別番組として放送されたのち、「10月」から「レギュラー番組」として始動しました。日曜日の「プライム帯」での放送とあって視聴率も期待されましたが、「昨年12月3日」の放送で「9.5%」「ビデオリサーチ調べ関東地区以下同」を記録した以外は、「4~6%」を「ウロウロ」するような状態で、決して良い数字とは言えない状態でした。打ち切りになった理由について「テレビ朝日」は「視聴率の低迷などさまざまな要素を総合的に判断した結果」と説明しています。

約半年で放送終了となれば、「関ジャニ∞」や「村上信五さん」の「ファン」にとっては「“悲しい知らせ”」なのでしょうが、その反応は意外にも冷静でした。「ネット上」では「「音楽チャンプ打ち切りなんだねなんか興味わかなくてほとんど見てないけど」「半年で打ち切りなんだまぁ正直あんまり面白くないもんなあ」「「村上くんが出てたから最初の方は見てたけどつまらなくて見なくなったわ打ち切りはやむなしだな」という意見が見受けられ、出演者の「ファン」であっても「音楽チャンプ」を見ていない人が多かったようです。




また、「関ジャニ∞」「ファン」からは「テレ朝は学習しない」という厳しい声もあるようです。というのも、「2011年~15年」に同局で放送されていた「関ジャニ∞」の冠番組「関ジャニの仕分け∞」も、「音楽チャンプ」と同じような末路をたどっているのです。

関ジャニの仕分け∞」は、世の中のあらゆるものを「あるなし」「出来る出来ない」に仕分けていくといった内容の「バラエティ番組」で、「関ジャニ∞メンバー」が体を張って調査する姿が「ファン」の間で話題となっていました。ですが、番組内容は次第に変化していきました。「ゲスト」が「カラオケ採点機能」を使って勝負するものや、「女性芸能人アスリート」が「リンボーダンス対決」をするものなどが中心で放送され、「関ジャニ∞」は勝敗を予想するだけの立場になっていきました。

これが影響しているのか、視聴率も次第に低迷していきました。「13年1月」には「番組最高視聴率16.2%」を記録するも、「14年7月」の「スペシャル放送」では、なんと「5.0%」にまで「ガタ落ち」しています。その後も視聴率が回復することはなく、「関ジャニの仕分け∞」もまた、ひっそりと姿を消しています。




仕分け∞」と「音楽チャンプ」は去り際が似ているだけでなく、両番組を見ている人にとっては新鮮味がなかったようです。「仕分け∞」終了前は「ゲスト」の「カラオケ採点」が中心でしたが、「音楽チャンプ」も「“次世代のスター”」を目指す「プロアマチュア」の歌手や「ピアニスト」が登場し、審査員から評価を受けるという内容でした。「関ジャニ∞」「ファン」からは「「音楽チャンプ」は「仕分け∞」の最後の方を見てるみたいでおもしろくなかった」「なぜテレ朝仕分け∞」の「カラオケみたいなことを続けようとしたのあれ全然おもしろくなかったじゃん」「「仕分け∞」みたいな番組またやるの!?って思ってたけど案の定打ち切り学習しないね」との声が上がっており、やはり「音楽チャンプ」の終了を惜しむ声は少ないようです。

「「二度あることは三度ある」ということわざがありますが、このままではまた同じことが起こってしまいそうです。「テレビ局」には、「村上信五さん」や「関ジャニメンバー」の個性を活かし、長続きする番組作りをお願いしたいものですね。

マンネリ化」している番組は「ジャニーズアイドル」でも数字が取れない時代になったんでしょうね。





人気ブログランキングへ

関ジャニ∞を見限った★ジャニーズ事務所★Sexy Zoneねじ込み連発裏事情

こんばんは。
今日は「関ジャニ∞を見限った★ジャニーズ事務所★Sexy Zoneねじ込み連発裏事情」の事をお伝えしたいと思います。

今年に入り、「ジャニーズ事務所」による「Sexy Zone」の「“ねじ込み”」が止まりません。

27日」に「24時間テレビ41 愛は地球を救う」「日本テレビ系」の「メインパーソナリティ」を務めることが発表されたばかりの「5人組アイドルグループ・Sexy Zone」です。これに続き「31日」には、衣料専門店大手「AOKI」の「新CM」に起用されたと「ワイドショー」などが一斉に報じました。

AOKI」の「Sexy Zone」起用は「2年連続」ながら、「楽曲タイアップ」が付いた好待遇です。今月には、「メンバー」の「中島健人さん」が「ぐるぐるナインティナイン」の人気企画「ゴチになります!」の「新メンバー」として、「TOKIO・国分太一さん」と入れ替わりで加入しました。さらに今年は、音楽番組への出演や「メンバー」の「バラエティ番組出演」が続いています。




Sexy Zone」の活躍が続く中、「ポスト中居正広さん」と名高い「関ジャニ∞・村上信五さん」が、女優の「黒木瞳さん」と共に「MC」を務める「オーディション番組」「今夜誕生音楽チャンプ」「テレビ朝日系」が「3月」に終了するとの報道がありました。「昨年10月」の「スタート」から、わずか半年での「スピード打ち切り」となります。

今夜誕生音楽チャンプ」は、「プライム帯」ながら初回から「平均視聴率4.4%」「ビデオリサーチ調べ、関東地区以下同」と「大コケ」し、その後も低迷が続きました。最近は特番に差し替えられることも多く、もはや「ファン」すらいつ放送しているのかわからない状態になっています。なお、視聴率不振で終了した前番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」は、「ゲスト」によって「8%前後」を記録していましたから、今回の打ち切りは妥当と言えそうです。

ジャニーズ事務所」の「藤島ジュリー景子副社長」が「猛プッシュ」しているともっぱらの「関ジャニ∞」は、ここ数年で冠番組が急増しました。現在、「ペコジャニ∞!」「TBS系」「関ジャム 完全燃SHOW」「テレビ朝日系」「関ジャニクロニクル」「フジテレビ系」「関ジャニのジャニ勉」「カンテレ」をはじめ、「メンバー個人」のものも含め多くの「レギュラー番組」を抱えていますが、そのほとんどが視聴率不振に陥っています。

15年」まで放送されていた「ゴールデン番組」「関ジャニの仕分け∞」「テレビ朝日系」も、視聴率が「1ケタ」続きで終了しました。「昨年10月」に「スタート」した「料理バラエティ番組」「ぺコジャニ∞!」も、「プライム帯」ながら「4~5%台」を連発し「大コケ」しています。「昨年12月11日」から「今月29日」まで「1カ月半」も放送が空いたことからも、打ち切りは時間の問題のようです。




SMAPTOKIO」に続く「“国民的スターグループ”」の育成に苦戦している「ジャニーズ事務所」です。「メンバー」の一般認知度を鑑みても、「関ジャニ∞」がこれに続くのはなかなか厳しそうです。

関ジャニ∞」の人気はもう天井が見えた感があり、「猛プッシュ」はこの辺が潮時かも知れません。今後、「ジャニーズ事務所」による「Sexy Zone」の「ゴリ」押しはますますあからさまとなり、冠番組も増えていくようです。「Sexy Zone」の「ゴリ」押しは、「関ジャニ∞」を「ゴリ」押しし始めた頃と重なるものがあり、「ジャニーズ事務所」が「関ジャニ∞」を見限ったようにも見えます。

メンバー」の関西弁が「国民的スター」になれなかった要因とも言われる「関ジャニ∞」です。「平均年齢20.6歳」の「Sexy Zone」は、「関ジャニ∞」がなれなかった「“国民的スターグループ”」になれるでしょうか。

ジャニーズアイドルグループ」の世代交代の早さには驚かされますよね。





人気ブログランキングへ

橋本良亮さん★他のグループ羨ましい★デビュー6年目失言★ファン失望

こんばんは。
今日は「橋本良亮さん★他のグループ羨ましい★デビュー6年目失言★ファン失望」の事をお伝えしたいと思います。

新ユニット・King&Prince」が今春の「CDデビュー」を表明し、「Sexy Zone」は今夏の「24時間テレビ 愛は地球を救う」「日本テレビ系」の「メインパーソナリティー」を務めるなど、若手たちの活躍が目覚ましい「ジャニーズ事務所」です。そんな中、今年で「デビュー6周年」を迎える「A.B.C-Z」の「橋本良亮さん」が、「公式携帯サイトJohnny’s web」で「グループ」に対する不満を示唆するような「一文」を書き、物議を醸しています。

橋本良亮さん」の所属する「グループ」はもともと、「五関晃一さん戸塚祥太さん塚田僚一さん河合郁人さん」の「4人」で「A.B.C.」として活動を始め、その後「2008年」に「橋本良亮さん」が加わり、「A.B.C-Z」に改名しました。以後は「グループ随一」の歌唱力を持つ「橋本良亮さん」が「センターポジション」を担い、「12年2月」に「ジャニーズ」初の「DVDデビュー」を果たしました。




現在の「A.B.C-Z」は、「グループ」の冠番組「ABChanZoo」「テレビ東京系」があるものの、「テレビ露出」は今ひとつで、「ジャニーズ勢」が多数出演する音楽特番から外れる場合も少なくありません。「CD」や写真集の売り上げ面も「ヒット」には程遠い数字が続いているため、「ファン」もかねてより不安を抱いていました。そんな中、「1月30日」に「橋本良亮さん」は「えびブロ」で、出演舞台「「蜜蜂と遠雷」「リーディングオーケストラコンサート」「~コトダマの音楽会~」」の感想を振り返り、「もうすぐ「A.B.C-Z」の誕生日だ」と、「2月1日」の「デビュー日」に触れ、続けて、「「グループで飯でも行きたいなー。他のグループが羨ましい」とつづったんです。また、同舞台で歌った曲について、関係者の承諾をもらえれば「「ソロライブで歌っちゃおー」と意欲をのぞかせたと思いきや、「今年ソロライブがあるか分からないけど」と一言添えていました。

これを読んだ「ファン」は、「他のグループが羨ましい」という記述が引っかかったようで「羨ましい応援してるこっちも他のグループが羨ましいよこんなセンター嫌だよ」「違うグループを羨ましがるはっしーの言葉に傷ついた」「みんなでご飯に行けるグループが羨ましいってことなにが言いたいの?」といった怒りの声が噴出しました。

一部」では「はっしーはきっと寂しいんだよ」「事務所は何も仕事くれないって思ってるってこと」「はっしーのモチベーションが下がってる何もできなくて歯がゆい」と「フォロー」する「コメント」も見られますが、以前から「ファン」の間で「橋本良亮さん」の発言が波紋を呼ぶことは少なくないため、「“言葉が足りない”」と感じる人もいたようです。

かつて「橋本良亮さん」は、「Hey!Say!JUMP」の「前身グループ」ともいえる「Jr.内ユニット・J.J.Express」に入っていたこともあり、過去の「テレビ番組」で「「Hey!Say!JUMPに入れると思ってた」と、こぼすなど、いまだに過去と折り合いがついてない様子も見受けられました。また、「16年」の「ソロコンサート」「Summer Paradise 2016」では、「24時間テレビ」内の「スペシャルドラマ」「盲目のヨシノリ先生光を失って心が見えた~」に、後輩である「ジャニーズWEST小瀧望さん」が出演していたことを持ち出し、「俺もジャニーさん「“スペオキ”」「特別に気に入られることになりたい」と「ポロリ」発言しました。この時は、「橋本良亮さん」のあまりに無防備すぎる発言に、「ファン」の方が慌ててしまったようです。




さらに「昨年3月」に、「プライベート」で親交のある「関ジャニ∞・渋谷すばるさん」の「ラジオ番組」「関ジャニ渋谷すばるのスバラジ」「NACK5」に「ゲスト出演」した際には、「「A.B.Cみんな真面目だからね~」「真面目じゃないってか真面目じゃないからその4人が真面目なのを見ると、「イライラしてくる」と、告白しています。「橋本良亮さん」としては、「渋谷すばるさん」に伝わりやすいよう話したつもりかもしれないですが、「イライラ」という単語が「ファン」の間で波紋を呼んでしまいました。

ラジオ」や「コンサートブログ」など「橋本良亮さん」の軽率な「コメント」には、もはや「ファン」もなにを言っても仕方ない、と「“あきらめムード”」なのでしょう。「グループ」の「センター」が、「メンバー」や「グループ」に対して否定的な発言ばかりしていたら、「ファン」も応援する気力がなくなって当然です。また、事務所は仕事を与えていない、と指摘されることもありますが、「A.B.C-Z」は先日、「CD」や「DVD」の「プロモーションシーズン」ではないにもかかわらず、「週刊朝日」「2月2日号」「朝日新聞出版」の表紙を務めていました。事務所も露出の機会は与えていますし、「“干している”」というわけではないはずです。

今後は、「King&Prince」が新たに「デビュー組」に加わることで、露出の機会も減っていくことが予想できます。「マイナス」な言葉を吐き出すよりは、目の前の仕事を着実にこなし、「ファン」を増やす努力をするべきなのかもしれないですね。

メンバー」の不満をつべこべ言う前に男らしく仕事に全力を尽くして欲しいですよね。





人気ブログランキングへ

二宮和也さん★SexyZoneだけにお年玉を用意する予定が★紅白直前珍事

こんばんは。
今日は「二宮和也さん★SexyZoneだけにお年玉を用意する予定が★紅白直前珍事」の事をお伝えしたいと思います。

嵐・二宮和也さん」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「bay storm」「bayFM」です。「1月28日」の放送回では、昨年の大みそかに放送された「第68回 NHK紅白歌合戦」の裏話を語りました。




リスナー」から正月をどう過ごしたのか問われた「二宮和也さん」です。「第68回 NHK紅白歌合戦」で白組司会を務めた「二宮和也さん」は、放送後行われた打ち上げに参加したあと、初詣へ赴き、家に着いたのは朝の「5時ごろ」だったと明かしていました。そんな多忙な中、「紅白」では後輩の「Sexy Zone」に会うだろうと思い、本番が始まる前に「“お年玉”」を用意していたようです。

ですが、そんな後輩思いの「二宮和也さん」に悲劇が起こりました。「二宮和也さん」が「ジャニーズ事務所」でお金を包んでいると、「スタッフ」が入ってきて「何やってんの?」と訊ねたそうです。「二宮和也さん」が「お年玉作ってんだよお年玉あげんの」と答えると、「スタッフ」は「あなたが?」「すごい!」と驚き、「「Sexy ZoneHey!Say!JUMPもすごく喜ぶわ~」と口にしたといいます。それを聞いた「二宮和也さん」が「?「Hey!Say!JUMPにもあげるの?」と戸惑っていると、「スタッフ」から「そりゃそうじゃない! 「Sexy Zoneがすごい喜んでもし雑誌とかテレビとかラジオとかで「「二宮くんからお年玉もらったんだって言った時にそれを見て聞いたHey!Say!JUMPの子はどう思うの?」と諭されたのだそうです。「二宮和也さんん いやそうか」と納得してしまい、急遽「Hey!Say!JUMP」の「メンバー」にもお年玉をあげることにしたといいます。

スタッフ」とのやり取りを振り返り、「二宮和也さん」は「お年玉をあげるかあげないかであんなにそんなに言う? っていうくらい言われて」と不服そうに「コメント」しました。その後は「わかったあげるよ。「Hey!Say!JUMPって9人だっけ?」「二宮さん」「「9人お金ないの?」「スタッフさん」「いやいやあるよ大丈夫あるよ」「二宮さん」という会話が続いたそうで、「二宮和也さん」は内心「相当だよね急に急にスタッフが入ってきたんだよな~」と思っていたようです。「“ケチ”」なことでも知られる「二宮和也さん」だけに、予想外の急な出費にいろいろと思うところがあるのでしょう。




二宮和也さん」は「紅白」が始まる前にお年玉を包む作業をしていたそうですが、「「5」「人分やってそのあとまた9」「人分」。倍ぐらいの時間かけてさ入れ続けてさ」と「ブツブツと言ったそうです。「お家でやってきたらよかったんだな」と自身の行動を反省するも、「でも確かにさおっしゃる通りだよだってオレだってお年玉もらったらうれしいもん先輩からねうんそうだよな」となんとか自身を納得させていました。

後輩へのお年玉は予想外に増えてしまったようですが、「二宮和也さん」の先輩らしい一面が垣間見えた今回の放送でした。「二宮和也さん」が「紅白」の司会という大役を務める直前に、こんな後悔をしていたとは誰も思わなかったでしょうね。

後輩想いの「二宮和也さん」の人柄が現れた優しい「エピソード」話ですよね。





人気ブログランキングへ

ジャニーズJr.★PON!見学のため★徹夜組大量発生★日テレ側対応求める

こんばんは。
今日は「ジャニーズJr.★PON見学のため★徹夜組大量発生★日テレ側対応求める」の事をお伝えしたいと思います。

1月31日」に放送された「情報・バラエティ番組」「PON!」「日本テレビ系」に、「関西ジャニーズJr.」の「藤原丈一郎さん」と「大橋和也さん」が出演しました。同番組では夏休み期間中に「Jr.」を日替わりで「スタジオ」に招き、「トーク」を繰り広げる「おとなりJr.」という「コーナー」が設けられています。また、熱心な「ジャニーズファン」として知られる「青木源太アナウンサー」が出演していることから、「“ジャニオタ視聴率”」が高めの番組でもあります。

同番組は、「ゼロスタ」と呼ばれる「ガラス張り」の「収録スタジオ」から生放送されているのですが、「スタジオ」の外で「ファン」がその様子を見学することができます。また、「ジャニーズアイドル」が出演する際には、見学に来た「ファン」の目の前を通って「スタジオ」に入っていくのが恒例となっており、自作のうちわや「メッセージ」が書かれた「カンペ」を持参し、ご贔屓の「ジャニーズアイドル」を「アピール」する「ファン」も少なくないようです。実際、昨年放送された「おとなりJr.」では、個性的なうちわの「デザイン」などに注目が集まり、「面白すぎて本当に大好き」」「「ファンの熱さが伝わる!」など、「ネット上」で大きな反響がありました。




ですが、「藤原丈一郎さん・大橋和也さん」が登場した放送回では、「ゼロスタ」に集まった「ファン」の行動が悪い意味で話題になりました。「企画自体考え直した方がよいのでは」という厳しい声まで出ている状態です。

前出の通り、「PON!」では「スタジオ外」での見学ができる上に、出演者が「スタジオ」に出入りするところを見ることもできます。普通の「テレビ番組」では「ファン」の出入り待ちは禁止されていることが多いため、「PON!」は「ジャニーズアイドル」を間近で見られる貴重な「チャンス」として、「ファン」が特に殺到する傾向にあります。そのため、前日の夜から「ゼロスタ」前で「“徹夜”」をして待っている人が目撃されることもあります。「PON!」の「公式サイト」では「前日からの徹夜は近隣の迷惑になりますのでご遠慮ください」と注意喚起がされているものの、なかなか改善しないのが実情のようです。

そして「藤原丈一郎さん・大橋和也さん」が登場した放送回でも、徹夜組が数名いた模様です。「深夜0時」にはすでに数人の「ファン」が集まっていたようで、「深夜0時半」ごろに「ゼロスタ」に到着した「ファン」が「これもうかなり来てるわ」と「Twitter」に投稿しています。一方、「朝6時」ごろに到着した「ファン」は「7列目くらいまで埋まってる」と「Twitter」に投稿しています。本来徹夜は禁止されているはずなのですが、集まった人たちに特に「ペナルティ」はなかったようで、決まりを守って早朝に「ゼロスタ」に到着した「ファン」が後列に回されてしまうという、不平等なことが起こっていたようです。

さらに今回、徹夜をしていた「ファン」が勝手に「“整理券”」を作成し、深夜に集まっていた「ファン」に配布していたことが発覚しました。整理券を「作成・配布」した「ファン」は自身の「Twitter」で「自分が徹夜等のそもそもやってはいけないことをしてしまったから起きた事だと自覚しています」と、今回の行動について反省していると投稿していますが、その上で、整理券を配布することについて警備員から「了承を得てました」としています。また、「勝手に始めた事ではなく警備員さんと話し合い許可をもらって行った事です」「すべて、現在は投稿を削除」とも説明しており、あくまでも「“警備員の了承を得て”」行った行動だと主張しています。




徹夜組の中で整理券が配布されていたとあれば、早朝に「ゼロスタ」に到着したところで「“時すでに遅し”」だったことに説明がつきます。整理券を配布した「ファン」に対しての批判はもちろん多いのですが、「警備員が無能すぎないまさか徹夜がダメだって知らないの?」「いやこれを許してる警備員はなにしてんの?「ルール守らないで徹夜する人が1番悪いけどこの対応はどうなのか」と警備員の対応に疑問を持つ「ファン」も少なくないようです。

PON!」をめぐるこのような「トラブル」は今回に限ったことではなく、悲しいかな定期的に話題に上がっています。例えば、「2016年8月31日」に当時「ジャニーズJr.内ユニット」「Mr.KING」だった「3人」が同番組に登場した際も、大勢の「ファン」が詰めかけ、さらに徹夜をしている「ファン」も多く見られたようです。また、集まった「ファン」がその場に「ゴミ」を放置していたことも問題になり、「「マナーが悪すぎる」と批判を浴びていました。

こういうスタイルを取るなら局側も警備員に徹夜組は排除するとか徹底してほしい」「そもそもこの誰でも参加OKシステム自体良くないのではここまで問題が多いなら応募制にしたらいいのに」など、「日本テレビ側」に対応を求める「ファン」の声もあるようです。「ジャニーズアイドル」たちの印象が悪くなる前に、「ファン」はもちろん、「日テレ側」も策を講じる必要がありそうですね。

ファン」心理とすれば「ジャニーズアイドル」がまじかに見られる「チャンス」を逃したくない気持ちは良く分かりますよね。





人気ブログランキングへ