2018年 2月 の投稿一覧

NEWS&ふぉ~ゆ~★同期・先輩★小山慶一郎さん混乱中★ジャニーズ不思議関係

こんばんは。
今日は「NEWSふぉ~★同期先輩小山慶一郎さん混乱中ジャニーズ不思議関係」の事をお伝えしたいと思います。

NEWS小山慶一郎さん」が「メインパーソナリティ」を務める「ラジオ」「KちゃんNEWS」「文化放送」「2月20日」深夜放送回に、「増田貴久さん」が登場し、「ジャニーズ」の「同期メンバー」である、「ふぉ~ゆ~メンバー」との交流が語られました。

きっかけとなったのは、「ふぉとの思い出があったら教えてください」という「リスナー」からの「メッセージ」でした。なんでも、「ジャニーズ公式携帯サイト」「Johnny’s web」の「グループ連載」「あ~ゆ~ことふぉ~ゆ~こと」で、「越岡裕貴さん」が「1月26日」に更新した記事の「先日偶然まっすーに会って一緒にラーメン食べました」といった文を読み、「ラジオ宛て」に「メッセージ」を送ったのだそうです。その日の投稿には、「またたまたままっすーに会えますように」と書かれており、「増田貴久さん」と「越岡裕貴さん」が普段から仲が良いことがうかがえる内容でした。




この手紙に対し、「小山慶一郎さん」がまず「越岡かなついね~なんか!」と「コメント」しました。すると「増田貴久さん」は「こっしーはね、“同期なんだよ」と打ち明け、その発言に「小山慶一郎さん」が「そうなの!?」と驚きの声を上げました。「2人」と「ふぉ~ゆ~メンバー」は同世代のため、特別な親近感があるようです。

小山慶一郎さん」は「偶然会ってラーメン行ったの?」と「増田貴久さん」に質問しました。「2人」は本当にたまたま会ったらしく、仕事終わりの「増田貴久さん」が「越岡裕貴さん」に会い「ちょうど昼時だったんで、「じゃあラーメン行っちゃう?」つってラーメン行っちゃって」と、自然な流れで食事に行くことになったと経緯を明かしました。これには「小山慶一郎さん」も「いいじゃないですか~」と、うらやましそうに「増田貴久さん」の話を聞いていました。

その後、「小山慶一郎さん」は「ふぉ~ゆ~」に対して「だって先輩だからね!」と語り始めました。「増田貴久さん」は「“同期”」と言っており、「越岡裕貴さん」も連載の中で「実は同期のまっすー」とつづっていましたが、「ジャニーズ事務所」への入所順で言うと、「小山慶一郎さん」より「増田貴久さん」が先であり、「増田貴久さん」の同期である「ふぉ~ゆ~」の「メンバー」は全員、「小山慶一郎さん」の先輩にあたる、ということのようです。




小山慶一郎さん」は「2017年」に放送された「ドラマ」「重要参考人探偵」「テレビ朝日系」の「第4話」で「ふぉ~ゆ~福田悠太さん」と共演していますが、「福ちゃんは重要参考人探偵のドラマに出てくれたからちょっと知ってるけどやっぱり先輩のイメージが強いかな~」と語っており、「増田貴久さん」が「“同期”」として「ふぉ~ゆ~メンバー」と接しているのを新鮮に感じたようでした。

NEWSと一緒になにかってことはなかなかないよね」と、「ふぉ~ゆ~」と共演する機会が少ないと語っていた「小山慶一郎さん」でした。この放送がきっかけとなり、「NEWS」と「ふぉ~ゆ~」の「“同世代共演”」が実現することを期待したいですね。

ジャニーズアイドル」も同期であったりそうでなかったりと当人同士でも「先輩後輩」が分からないでしょうね。



堂本光一さん★Endless SHOCK★出演者全員・完璧主義者

こんばんは。
今日は「堂本光一さん★Endless SHOCK★出演者全員・完璧主義者」の事をお伝えしたいと思います。

KinKi Kids」の「2人」が交互に「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KinKi Kidsのどんなもんヤ!」「文化放送」の「2月19日」深夜放送回に、「堂本光一さん」が登場しました。今月「4日」から「スタート」した、「堂本光一さん」が座長を務める舞台「Endless SHOCK」への意気込みを語りました。

Endless SHOCK」は「“日本一チケットが取れない舞台”」と言われるほどの人気を博しており、通算「1,500公演」を超える「ミュージカル」です。今年もまた、「ネット上」を中心に「「Endless SHOCK最高だった!」「圧巻のパフォーマンスに鳥肌立った!」などと、絶賛の声が多数上がっています。今年は「堂本光一さん」演じる主人公の「ライバル役」に「中山優馬さん」が抜てきされ、さらに進化を遂げた「ステージ」になっているようです。




そんな「中山優馬さん」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」で、占いの企画が行われたようです。この情報を送ってきた「リスナー」によると、「2018年の運勢、「Endless SHOCKへ向けてのアドバイスをもらっていました」とのことでした。占いの結果、「堂本光一さん」は「“トップの星を持ち完璧主義”」で、共演の「ふぉ~・福田悠太さん越岡裕貴さん松崎祐介さん」も同じく完璧主義の性格だといいます。続けて「光一さんはこの結果当たっていると思いますか?」との質問がされていました。

堂本光一さん」はまず、「なにを持ってして完璧と言うかですよね」と冷静な意見を述べ、「自分の中でできる最大限を尽くすというのが自分にとってのモットーかな」と日々心がけていることを明かし、自分にも周りにも「“完璧”」を求めている「ワケ」ではないと語りました。

堂本光一さん」は、出演者や「スタッフ全員」が「今自分にできる最大限」を発揮することで、「全員が全員を支え合うモチベーションになると思いますしねあいつこんなに頑張ってるからオレも頑張ろうとか逆しかりね」と精神面に変化が起こると考えているようです。普段この「ラジオ」では、歯に衣着せぬもの言いで「リスナー」の笑いを誘っている「堂本光一さん」ですが、「Endless SHOCK」のことになると、非常に「マジメ」な言葉が並びます。それだけ、同舞台への愛情と想いが強いということでしょう。




実は今回の放送、収録が昨年末に行われていたようで、この時点ではまだ稽古も始まっていないと明かす「堂本光一さん」でした。「リスナー」を気遣いながらも「優馬とも少し話しましたけどね頑張ろうとしてますし これを聞いてる時には公演始まってるんですけどボクにとっても楽しみではありますね稽古に入るのがね」と意気込みを語っていました。

毎年、「ファン」に感動を与えている「Endless SHOCK」です。次回以降の「ラジオ」では、舞台裏の出来事について「堂本光一さん」が語ってくれることを楽しみにしたいですね。

完璧主義者でなくとも緊張感を持って出演者全員の気持ちが一致団結しているので日本一「チケット」が取れない良い舞台になっているでしょうね。



中間淳太さん発言・ファン衝撃★アイドルは偶像じゃない★要望メッセージ

こんばんは。
今日は「中間淳太さん発言ファン衝撃★アイドルは偶像じゃない★要望メッセージ」の事をお伝えしたいと思います。

ジャニーズWEST桐山照史さん」と「中間淳太さん」の「冠ラジオ」「関ジャニ村上信五とジャニーズWEST桐山照史中間淳太のレコメン!」「文化放送2月22日放送回」で「2人」が繰り出した発言が、「ファン」の間で物議を醸しています。

今回の放送は、「関ジャニ村上信五さん」が自身の舞台公演で大阪にいるため欠席しました。「3月末」には「村上信五さん」が同番組を卒業し、「4月」からは「2人」だけでの放送になるため、「中間淳太さん」は「今日は一応練習みたいな感じになるのかな」と「コメント」し、頼れる先輩がいないとあって気を引き締めているようでした。




そんな中、「リスナー」から「桐山さんは前髪作っていいと思います待ってる人多いのに」という、「桐山照史さん」への「“要望メッセージ”」が紹介されます。というのも以前、「桐山照史さん」は「村上信五さん」から前髪のない短髪の「ヘアスタイル」を褒められたことがあり、以降この髪型が定着していたのでしだ。ですが、この「リスナー」は「村上信五さん」とは異なる意見で「前髪を作ってほしい」と思っており、「村上信五さん」が「ラジオ」を休んでいる「タイミング」で、こっそり要望を送ってきたという「ワケ」です。

この意見に「桐山照史さん」は「髪の毛上げるの好きやからオレもともと短髪が好きやしオールバックもめっちゃしてるから」と、「村上信五さん」が褒めたから前髪を上げている「ワケ」ではないと説明しました。そして、「ジャニーズファン」が前髪にこだわることについて、かねがね不思議に思っていると暴露しました。さらに「桐山照史さん」は「よう考えたら失礼ちゃう?「前髪下ろせ」ってさ、「顔隠せ」って言うてるみたいなもんやん!」と、「リスナー」からの「メッセージ」を「“深読み”」し始めたのでした。これには「中間淳太さん」が「いやそういうことじゃないでしょ」と「フォロー」するも、「前髪作ってなんやかんやせいってさ なんでもカッコいい言うてくれたらええのに」と「桐山照史さん」が言うと、それには「中間淳太さん」も「ホンマやな」と同意していました。

この「桐山照史さん」の発言には、「モヤモヤ」してしまった「ファン」が多かったようで、「メール送った人はいち意見を言っただけなのに、「失礼って言うなんて 桐山くんの発言の方が失礼でしょ」「桐山くんの発言にビックリなんで“前髪下げる=顔隠せ!”になるの勝手に妄想してファンの人に失礼って言うとか意味不明」「ファンは桐山くんのことカッコいいと思った上で前髪作ってって言ってるのに全然話が通じてないなあ」と、受け止め方の「ズレ」に「ショック」を受けてしまったようです。




また、その後の「中間淳太さん」の発言にも、「ファン」が「モヤモヤ」してしまう内容があったようです。「4月」以降、「2人」での放送になる「ラジオ」について、「下ネタなくなるんでしょうね」と言う「桐山照史さん」に対し、「「レコメン!」の良さってなくしたくないと語った中間淳太さん」でした。さらに「アイドルですけど偶像じゃないですからね、ボクらは。人間なんで」と「キッパリ」言い切ったのでした。さらに「中間淳太さん」は、偶像という単語の意味がわからず戸惑う「桐山照史さん」に対し、「アイドルは幻じゃないですか言うたらでも偶像ではないんで素の自分たちを見せられるような番組にしたいですけどねボクは」と発言の真意を説明していました。

中間淳太さん」の「アイドルですけど偶像じゃない」という言葉に対し、「一部ファン」からは納得の声もあるものの、「そんなのわかってるけどファンの前では偶像”でいてほしい素の部分なんて見たくないよ」「アイドルから偶像という概念を取ったらただの人間だよ?ただの人間のことをお金払って応援したいと思う人なんていると思う?」「自担からオレたちは偶像じゃないって言われるのつらい本人たちにはそれがラクなんだろうけど私にとってはアイドルって実際にいるけどいない偶像”なんだよ」と、悲痛な声が上がっていました。

村上信五さん」が卒業する直前の「“練習放送”」は、聞いていた「ファン」を不安にさせる発言が「チラホラ」あった様子でした。「4月」以降の放送は、「桐山照史さん中間淳太さん」「コンビ」ならではの軽快なやり取りで「ファン」を楽しませてほしいものですが。

村上信五さん」が抜ける「4月」からの「2人」の「コンビネーショントーク」がどうなるのか心配になりますよね。



Jr.大賞2018★結果発表★HiHi Jet・東京B少年大飛躍★時代が来た・ファン歓喜

こんばんは。
今日は「Jr.大賞2018★結果発表★HiHi Jet東京B少年大飛躍★時代が来たファン歓喜」の事をお伝えしたいと思います。

今年も「東京シアタークリエ」にて、「ライブイベント」「ジャニーズ銀座」が行われることが発表されました。毎年「ジャニーズJr.内ユニット」が数組出演し単独公演を行ってきましたが、今年は「Jr.内ユニット」の中でも平均年齢が若い「HiHi Jet」「東京B少年」が「中心メンバー」として出演することが決定しました。公演は「4月29日」に初日を迎えることも発表されました。また、増員が「ウワサ」されていた「HiHi Jet」に、「5人目」の「メンバー作間龍斗さん」が加入することが正式に発表されました。今年は「パワーアップ」した「若手Jr.」が、「シアタークリエ」を盛り上げてくれそうです。

そんな彼らは、「アイドル誌」「Myojo」「集英社」にて「1995年」から行われている「Jr.大賞」でも大飛躍を見せ、「ファン」を驚かせています。




Jr.大賞」とは、現在活動中の「Jr.」を対象に、「友だちにしたい」「お兄さんにしたい」などの部門で順位を競う読者投票です。特に「恋人にしたい」部門は毎年熱戦が繰り広げられており、順位に注目している「ファン」は多いようです。というのも、これまで「第1位」に輝いてきたのが「V6森田剛さん三宅健さんタッキー滝沢秀明さん相葉雅紀さん山下智久さんKAT-TUN亀梨和也さんHey!Say!JUMP山田涼介さん八乙女光さん」ら、そうそうたる顔ぶれです。「恋人にしたい」部門で「第1位」を獲得することは、「Jr.」にとって「“デビューへの布石”」とも言うべき、非常に大事な結果なのです。

今年の結果はというと、「2014年」から首位を守り続けてきた「KingPrince岩橋玄樹さん」が、「5度目」の「第1位」に輝きました。今春に「デビュー」を控えている「KingPrince」の人気は絶大で、同部門では「第2位」に「永瀬廉さん」、「第3位」に「平野紫耀さん」、「第4位」に「岸優太さん」が「ランクイン」し、上位を「総ナメ」にしています。その他にも、「関西ジャニーズJr.」の「西畑大吾さん」が「第5位」、「SixTONES」「松村北斗さん」が「第7位」、「Lovetune」「阿部顕嵐さん」が「第9位」と、毎年上位に名を連ねる「メンバー」は今年も安定して「ランクイン」しました。ですが、「11位」以下は「ガラリ」と順位が変わり、「HiHi Jet」や「東京B少年」の「メンバー」から「5人」が初めて「ベスト20」入りを果たしました。

さらに、今年新設された「私のリア恋枠」という部門では、「第2位」に「HiHi Jet高橋優斗さん」、「第6位」に「東京B少年那須雄登さん」が「ランクイン」する大健闘でした。「2人」は「ランクイン」したことについて、「マジで!? 事務所に入ったのが遅い俺が、“自分にできることを考えたとき自然体で生きることだったんだよねその姿をリアルに感じてもらえたならうれしいな」「高橋さん」、「俺みたいなのは身近にはいてほしくないタイプだろうなと思ってたからランクインできたのはビックリ!」「那須さん」と「コメント」しており、驚きを隠せない様子でした。




大飛躍を遂げた「HiHi Jet東京B少年」について、「ファン」からは「HiBの人気がすごいここ1年でこんなに人気になるとは思わなかった~!」「上位20人に食い込むってすごすぎるHiHiとB少年の時代が来てる!」「去年までランクインしてなかったHiBがここまで順位を上げるとは すでに次世代ジャニ-ズとしてスタンバイしてるね」との声が上がっており、さらなる活躍に期待しているようです。

来年以降、上位を独占していた「KingPrinceメンバー」が「Jr.大賞」から卒業するため、「ランキング」が大きく変動することが予想されます。「ジャニーズ」の次世代を担うのは一体誰なのか、次回以降の結果も楽しみにしたいですね。

ジャニーズアイドル」も世代交代の波が押し寄せてきたのが良く分かりますよね。



三宅健さん★ジャニーズ事務所大先輩・東山紀之さんのファンになる★ヒガシ・最高

こんばんは。
今日は「三宅健さん★ジャニーズ事務所大先輩東山紀之さんのファンになる★ヒガシ最高」の事をお伝えしたいと思います。

今年「1月1日27日」に、「東京帝国劇場」にて舞台「ジャニーズHappy New Year アイランド」が上演されました。座長は「少年隊東山紀之さん」が務め、多くの「ジャニーズJr.」が出演していました。「V6三宅健さん」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「三宅健のラヂオ」「BayFM」「2月19日」放送回では、同舞台を観劇した感想が語られました。

舞台の名称は毎回異なっていますが、毎年この時期、「ジャニーズアイドル」が出演する舞台が帝国劇場で上演されています。「三宅健さん」は昨年の公演も観劇したらしく、「去年よりも数千倍今年の方がいいね!」と大絶賛しました。「毎回ストーリー性」を重視し、芝居の部分が多い舞台でしたが、今年は例年と比べ雰囲気が大きく変化しました。特に「第2幕」は芝居をほとんど挟まず、「東山紀之さん」と「Jr.」が激しく踊る「シーン」が中心であったようです。「三宅健さん」も「2幕の東山くんがすごすぎて ビックリしちゃった!」と感想を述べていました。




三宅健さん」は以前、「同ラジオ内」で「坂本昌行くんとか井ノ原快彦くんとか長野くんがそう呼んでたから」という理由で、自身よりかなり年上の「東山紀之さん」のことを「ヒガシくん」と呼び、親しく交流していることを明かしていました。そんな「東山紀之さん」の「パフォーマンス」を目の当たりにした「三宅健さん」は、「そこに佇んでるだけで、「あぁヒガシ最高!」みたいな感じだもんね」「ヒガシくんのスーツ姿って本当にカッコいいんだよなあ~」とすっかり魅了されてしまったようです。

第2幕」で見せた「東山紀之さん」の「ダンス」について熱く語る「三宅健さん」は、「終始前のめりで見てたもん」と明かし、「あれを見せられたら弱音を吐けませんって感じだね」と思わず襟を正したそうです。「全身全霊でヒガシくんが後輩に伝えたいものって言うのは ボクは伝わりました本当にすばらしいの一言につきますね」と語り、「東山紀之さん」が後輩と同じ「ステージ」に立った意味についても考えたようです。

さらに「三宅健さん」は、「東山紀之さん」が今も衰えない「ダンス」を披露したことに、驚きを隠せない様子でした。「三宅健さん」は「ヒガシくんがちゃんと踊ったのって8年ぶりくらいじゃないそれでも今あのパフォーマンスができるってその日々のトレーニングがあるからあれができる8年間なにもしてない人はできない」とますます「東山紀之さん」への尊敬の念を深めたようでした。さらに、「オレなんて体たらくだぜ筋トレのの字もしないで柔軟のの字もしないでっと植物を見てるんだから!」と自身の行いを振り返り、大先輩との意識の差を反省したようです。




よほど「ジャニーズHappy New Year アイランド」に感動したのか、「ステージ上」で披露された少年隊の楽曲「Baby Baby Baby」「アルバムPLAYZONE’89 Again収録1989年」が、「三宅健さん」の頭の中でずっと流れているそうです。「オレもこれコンサートで歌いたいな~!ファンの子指差して歌いたいなコレ」と声を弾ませていました。

三宅健さん」は最後、「来年もヒガシくん演出の舞台を見てみたいな」と願望を口にし、すっかり「“熱狂的な東山ファン”」になっている様子でした。「三宅健さん」という「ファン」のためにも、これからも「東山紀之さん」には舞台に立ち続けてほしいものですね。

東山紀之さん」の「カッコ」良さは永遠なのでしょうね。



VS嵐★サザエさん越え★一番見られる番組★嵐・冠番組・絶好調理由

こんばんは。
今日は「VS嵐★サザエさん越え★一番見られる番組★嵐冠番組絶好調理由」の事をお伝えしたいと思います。

嵐にしやがれ」「日本テレビ系」が完全復活しました。それまで「7年間」土曜「夜10時」から放送されてきた同番組は「去年4月1時間」早め「夜9時スタート」となりました。この枠移動がどう出るか注目されていましたが、「天才志村どうぶつ園」「世界一受けたい授業」という土曜夜の人気番組の「“シャワー効果”」によりすっかり定着しました。最近の視聴率推移でも好調を「キープ」しています。

昨年「11月」以降の「データ」によると、「2月17日」までの「4か月間」で放送された「全10回」のうち、全てが「2ケタ視聴率」を達成しています。例えば「1月27日」は「15.0%」「ビデオリサーチ調べ関東以下同」、「2月3日」には「16.2%」と「ハイアベレージ」を「マーク」しました。「2月17日」の視聴率こそ「10.4%」でしたが、これは、裏の「テレビ朝日系」で「平昌五輪ノルディックスキージャンプ男子個人ラージヒル決勝」の生中継が「20%」近い視聴率を叩きだしていた中での数字となります。悪条件であっても強さを発揮しました。

一方、土曜「午後10時放送」に移動した「ドラマ枠」は好不調の波が激しくなっているようです。「今期クール」の「HeySayJUMP山田涼介さん」主演の「土曜ドラマ」「もみ消して冬わが家の問題なかったことに~」は初回「13.3%」で始まったものの、「2回目」以降はこの数字を越えられていません。「しやがれ」人気も単に枠の影響ということも考えられますが、いずれにしても成功したことは確かなようです。




では、「」のもう「1つ」の冠番組「VS嵐」「フジテレビ系」はどうでしょうか。

11月2日」放送分から「2月15日」まで「14回オンエア」がありますが、「1月18日」の「9.4%」を覗く「13回」が「2ケタ」となっています。もちろん平均視聴率も「2ケタ」でした。特に「3日」の「正月スペシャル第二部」は「15.7%」を記録しています。

低迷が続く「フジ」にあって、「2ケタ」を「キープ」している番組は貴重でしょう。さらに最近、特筆すべきことがあったといいます。

フジテレビ」を代表する看板番組と言えば「アニメ」「サザエさん」です。「3月」いっぱいをもって「メインスポンサー」の東芝が降りるという「ネガティブ」な「ニュース」も聞こえていますが、それでも「2ケタ」は維持しています。ただ、「2月11日」は「10.5%」と「ギリギリ」でした。一方、その週「8日放送」の「VS嵐」は「12.4%」です。つまり「VS嵐」のそれは「サザエさん」を「1,9ポイント」上回り、「5~11日」までの「フジテレビ」の全番組視聴率の中で最も高い数字となったようです。




サザエさん」越えを果たした「VS嵐」は事実上、「フジテレビ」で一番見られている番組になったといえます。

裏番組に「プレバト!」「TBS系」「得する人損する人」「日本テレビ系」といった安定した番組がある裏で、この数字は評価に値するようです。「2月8日」の放送では映画「今夜ロマンス劇場で」「チーム」が来場しました。「綾瀬はるかさん」が「クリフクライム」に挑戦していましたが、数ある番宣番組の中でも「スタータレント」が体を張る番組はこれしかないだけに、今後も安泰のようです。

長らく「コンサート」の動員や「CD売上」は良いのに、出演番組の数字がと言われてきた「嵐」です。今度は本物なのか?これからも注視していきたいですね。

嵐にしやがれ」「VS嵐」の「2番組」がこれからも高視聴率が続き「サザエさん」の様な長寿番組になって欲しいですよね。



小山慶一郎さん★NY滞在中悲劇★手越祐也さんが勧めた○○を見ていたら車酔い

こんばんは。
今日は「小山慶一郎さん★NY滞在中悲劇★手越祐也さんが勧めた○○を見ていたら車酔い」の事をお伝えしたいと思います。

2月21日放送」の「ラジオ」「テゴマスのらじお」「MBSラジオ」にて、「NEWS手越祐也さん」が「メンバー」の「小山慶一郎さん」を「“車酔い”」の憂き目に遭わせてしまったという「エピソード」を語りました。

リスナー」から「最近自分の好きなものを誰かに紹介したりしましたか?」という質問を受けた「手越祐也さん」は、女友達からよく「化粧品なに使ってる?」と聞かれることを明かします。美容への関心が高い女性から化粧品について聞かれるとは、それだけ「手越祐也さん」が「“美肌”」である証拠でしょう。




さらにこの質問について一考した「手越祐也さん」は、「ゲームをよく勧めるわ!」と声を上げ、「手越祐也さん」が今「ハマッ」ているという「アプリ」の「ゲーム」を周囲に勧めていると明かします。「「こんなにおもしろいんだよって見せたらみんなダウンロードしてそれみんなやってるわ」とのことで、「手越祐也さん」の勧めで「ゲーム」を始めた人が複数いるようです。それを聞いた「増田貴久さん」は、「たしかに手越面白そうなゲームやってるんだけど」と言いながら、「手越祐也さん」が「ゲーム」を勧めたことで起こった「“災難”」について語り始めます。

今年「1月」下旬、「第60回グラミー賞授賞式」を見学するため、「ニューヨーク」へ向かった「NEWSメンバー」です。その際、移動の車の中で、「手越祐也さん」が「アプリゲーム」をやっていたといいます。「増田貴久さん」と「小山慶一郎さん」に画面を見せながら遊んでいたそうですが、「ゲーム画面」を見ていた「小山慶一郎さん」が車酔いをする「ハプニング」が発生しました。「増田貴久さん」はその時の状況を思い出し、笑いながら「5分ぐらいしたら小山が気持ち悪くね?って車酔いしちゃってそっから降りてからも具合悪くて」と説明していました。

手越祐也さん」は「三半規管が弱いのかもしんない3Dというかいろんな視点のあるゲームだから」と、「小山慶一郎さん」がなぜ車酔いしてしまったのか分析しました。「増田貴久さん」も「オレもちょっと、「これずっと見てたらやべえなって思う感じだったんだけど小山はすぐ ちゃんと気持ち悪くなってた」と、「小山慶一郎さん」の三半規管の弱さに驚いていたようでした。




しかも、「小山慶一郎さん」の悲劇はその後もしばらく続いたようです。車から降りて舞台を観劇した際、「手越祐也さん」は「小山慶一郎さん」と並んで「ステージ」を見ていましたが、「1時間」ほど経った幕間で、「小山慶一郎さん」から突然「やっとさっきの携帯で酔った気持ち悪さが取れてきた」と報告を受けたといいます。「手越祐也さん」は「舞台中もちょっと多分気持ち悪かったみたい」と思い出し笑いし、「増田貴久さん」も「よかったニューヨークで嘔吐しなくて」と冗談っぽく「コメント」しました。「小山慶一郎さん」本人は大変な目に遭った「ワケ」ですが、その様子を見ていた「メンバー」としては、笑わずにはいられない「エピソード」だったようです。

なんとも不憫な「小山慶一郎さん」ですが、その後、「手越祐也さん」に勧められた「ゲーム」をやり始めたのでしょうか。「小山慶一郎さん」からの報告があることを楽しみにしたいですね。

車酔いは無意識のうちに起こる事が多いかも知れませんね。



山下智久さん&菊池風磨さん★クイズ番組出演★嫌がるジャニーズアイドル本音

こんばんは。
今日は「山下智久さん菊池風磨さん★クイズ番組出演★嫌がるジャニーズアイドル本音」の事をお伝えしたいと思います。

2月22日」、「山下智久さん」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「Sound Tripper!」「InterFM897」にて、ある番組への思いを語る場面がありました。

同ラジオ」では、日替わりで英単語を「ピックアップ」し、その単語にまつわる「トーク」を繰り広げていきます。この日の放送で取り上げられた単語は「Quiz」で、「山下智久さん」は「テレビ」で放送されている「クイズ番組」について「たまに見ますねやってたら見ちゃう」と語っていました。




ですが、「山下智久さん」は出演する側でもあるはずです。「「ネプリーグ」「フジテレビ系かなオレ出たことあるの」と出演経験のある「クイズ番組」を挙げ、「「ネプリーグは難しいよねだってオレ出る1週間くらい前から漢字勉強するもん!」と、知られざる苦労を明かしていました。なぜそこまでするのかというと、「恥ずかしいじゃんだってテレビの前でさお前この漢字書けないのかよ!?」みたいなさ」と視聴者の「ツッコミ」を受けることを気にしているからだそうです。いち視聴者として「クイズ番組」を見ている「山下智久さん」だからこそ、見ている人がどんな反応をするのかよく知っているのでしょう。

それゆえ、「本当ボクね怖いんですよネプリーグ出るの!」と本音を吐露しました。「あそこのステージに立つと普段書ける言葉がさ飛んじゃったりするのこれもう本当言い訳だと思って聞いてもらっていいんだけど 緊張すると出てこなかったりするよね。「え~わかるじゃんこれいつもは絶対わかるのに!」っていうのが出てこないっていう やっぱ「“ステージの魔物”」がいるんですね」と出演者にしかわからない、「“恐怖体験”」を語っていました。

ジャニーズアイドル」が「クイズ番組」に出演する姿は珍しいことではないのですが、「スラスラ」と問題に答えていく人もいれば、まったく答えられないまま悔しい思いをしてしまう人もいます。慶應義塾大学卒の「“高学歴ジャニーズ”」である「Sexy Zone菊池風磨さん」も、「クイズ番組」に出演することの大変さを語っていました。




菊池風磨さん」はある「クイズ番組」に出演した際、番組内で「高学歴ジャニーズ」と紹介され、注目を集めることになりました。ですが、出された問題になかなか答えることができず、いいところを見せられないまま番組が終わってしまったことがあったのでした。「菊池風磨さん」はこのときの放送について、いろいろと思うところがあったようで、「ラジオ」「レコメン!」「文化放送」に「ゲスト出演」した際に「割に合わないわキャラが!」「ちょっと答えられなかっただけで本当に慶應~!?」みたいな反応をされる」」などと苦労を語っていました。

「“ジャニーズアイドル”」として「テレビ」に出演している以上、視聴者は「カッコ」いい姿を期待してしまうものです。本人たちにとってはそれが「プレッシャー」になってしまうのでしょうが、これからも「“魔物”」に負けない活躍を見せてほしいものですね。

ファン」の心理とすれば「クイズ番組」の回答も完璧であって欲しいんでしょうね。



岩橋さん・ジャニーズJr.大賞1位・5連覇★失言批判続出★2位・永瀬さん

こんばんは。
今日は「岩橋さんジャニーズJr.大賞1位・5連覇★失言批判続出★2位永瀬さん」の事をお伝えしたいと思います。

今春に「CDデビュー」を控える「KingPrince」の「岩橋玄樹さん」が、「Myojo」「集英社」「2018年4月号」の「恋人にしたいJr.」「ランキング」で「5連覇」の偉業を達成しました。「デビュー前ラスト」の「Jr.大賞」で前人未到の結果を残し、「ファン」からは祝福の声が相次いでいます。

1995年」に「スタート」した「Jr.大賞」は、読者投票によって「恋人にしたいJr.」「友だちにしたいJr.」などが決まる年に「一度」の高齢企画です。中でも、重要視されているのは人気度が表れる「恋人にしたいJr.」部門で、過去には「山下智久さん」や「元KAT-TUN赤西仁さん」が「3連覇」したほか、「Hey!Say!JUMP山田涼介さんSexy Zone中島健人さん」も「1位」に輝いています。「Jr.」にとって、「同ランキング」の「1位」は「“スターへの第1歩”」といわれており、「岩橋玄樹さん」は「2014年」から昨年まで「山下智久さん」や「赤西仁さん」も成し得なかった「4連覇」を果たし、今回で「5連覇」となりました。

第24回」となった今年は、「Jr.卒業」が決まっている「岩橋玄樹さん」にとって最後の「チャレンジ」でした。「デビュー発表」は集計期間中だったそうですが、投票の締め切りが近づくにつれ、昨年と同じく「恋人にしたいJr.」「第2位」を獲得した「KingPrince永瀬廉さん」と競り合い続けたようです。こうして、大先輩ですら実現できなかった「5連覇」の偉業を引っさげ、華々しく「デビュー」を迎える「岩橋玄樹さん」ですが、仕事面では以前から「“問題発言”」が飛び出すことも少なくないようです。




15年4月」には、「日刊スポーツ」の「インタビュー」「Saturdayジャニーズ」で亜細亜大学に通っていると公表し、勉強熱心な「キャラクター」で知られています。ですが、かねてより不用意な発言で「ファン」と「ヒヤリ」とさせる場面がありました。「岩橋玄樹さん」は野球少年だったのですが、「14年」の「Saturdayジャニーズ」で、「ジャニーズで野球といえば中居君亀梨君岩橋と言われるぐらいになりたいです」と、野球好きな「中居正広さん」や、「KAT-TUN亀梨和也さん」に並びたいと宣言しています。「亀梨君の経歴はすごいですが亀梨君がおじさんになってできなくなったらホームランプロジェクトとかキャンプ密着取材をしたいです」と話し、「亀梨和也さん」「ファン」の「大ブーイング」を受けました。

また、今年「1月17日」放送の「TOKIOカケル」「フジテレビ系」でも、「岩橋玄樹さん」は「亀梨さんとのキャラ被りどうしたらいいですか?」と、先輩の「TOKIO」に相談しました。「「キャラ被りって言ったら本当失礼なんですけど」と前置きしつつ、「本当に野球が大好きで野球のお仕事とかもやらせてもらったりしてるんですよ亀梨くんも野球のお仕事とかやらせてもらってると思うんですけどどうやって野球のその違う方向性でお仕事を 亀梨くんとちょっと違う方向性でお仕事をやってみたいと思いまして」と告白したのでした。
過去の「亀梨君がおじさんになったら」発言の一件もあり、「ネット上」では「岩橋の発言しゃくにさわるなんで亀ちゃんにライバル心みたいなの抱いてるのキャラは全然被ってないよ」「岩橋くんの亀梨君とキャラ被ってる発言は先輩に対して失礼だと思う」と批判が続出し、再び「亀梨和也さん」「ファン」の怒りに火をつけてしまいました。

さらに、「岩橋玄樹さん」は「2年前」にも、「ジャニーズ」の先輩絡みの「コメント」で「一部ジャニーズファン」の不評を買っています。「WiNK UP」「ワニブックス」の「伝言板」「コーナー」で「世界の果てまでイッテQ!」「日本テレビ系」好きを「アピール」し、「番組レギュラー」の「NEWS手越祐也さん」に向けて、「もし今度機会があったら呼んでくださいアメリカだったら行きます」」、「メッセージ」しました。ところが、後に本人から「「~イッテQ!」見てくれてるのもうれしいけど、「アメリカだったらいきますってそんな甘いもんじゃないんすよね~」などと、やんわり注意される出来事がありました。

今年「1月」に行われた「KingPrinceデビュー会見」の場で、「所属レコード会社ユニバーサルミュージック」の話から、「ジャスティンビーバー」の名前が出た際には、「なんか空の上の存在だと思ってた」と、うっかり発言しています。すかさず、「永瀬廉さん」が「雲の上ね」と指摘するも、「岩橋玄樹さん」は気にする様子もなく「ジャスティン」への「ライバル心」をのぞかせていたようです。「Jr.人気ナンバーワン」の「岩橋玄樹さん」だけに、「デビュー後」も「グループ」の「センターポジション」や重要な役割を任されると思われますが、今後は「“失言”」に注意が必要のようです。




一方、「岩橋玄樹さん」に続いて「恋人にしたいJr.」「第2位」の「永瀬廉さん」については、女性関係の不穏な「ウワサ」がささやかれています。

16年」夏頃、「永瀬廉さん」が「プライベート」で開設していたとされる「インスタグラム」を通じて、「AKBグループ」の「女性アイドル」と「つながっているのではないか」との疑惑が浮上しました。「永瀬廉さん」の「アカウント」とみられる「フォロワー一覧」の画像が流出してしまい、その中に当時、「AKB48」の「メンバー」だった「大和田南那さん」の「“裏アカ”」が存在すると、話題になりました。また、「永瀬廉さん」は明治学院大学に在学中ですが、昨年「12月頃」には同大学に通っているという「私立恵比寿中学星名美怜さん」と一緒に写る「プライベート」の盗撮写真が出回ったこともありました。「12月2日」放送の「インターネット番組」「文春砲Live」が「Jr.内ユニットLovetune」の「阿部顕嵐さん」と「星名美怜さん」の「“お泊まりデート”」を伝えたため、「永瀬廉さん」は単なる友人である可能性が高いものの、「ファン」は「阿部顕嵐さん」や「星名美怜さん」を含めた大学内での「グループ交際」を心配しているようです。

デビュー」にあたって、より一層注目度が高くなるからこそ、「岩橋玄樹さん」&「永瀬廉さん」だけでなく、ほかの「メンバー」も自身の言動から、「プライベート」の管理まで徹底してほしいものですね。

5連覇達成」は素晴らしい事ですが先輩「亀梨和也さん」に対する失言は非常に残念に思いますよね。



菅田将暉さん&菜々緒さん★セフレ関係・お泊まりスクープ★都合の良い関係

こんばんは。
今日は「菅田将暉さん&菜々緒さん★セフレ関係お泊まりスクープ★都合の良い関係」の事をお伝えしたいと思います。

2月22日発売」の「女性セブン」「小学館」が、「菅田将暉さん」と「菜々緒さん」の熱愛を「スクープ」しました。「2人」は現在、「KDDI」「au」の「CM」「三太郎シリーズ」に「“鬼ちゃん”」と「“乙ちゃん”」役で出演しているほか、過去にも「ドラマ」や映画で共演しています。「売れっ子タレント同士」の「カップル」として注目が集まる一方、関係者の間では「双方とも交際関係は認めないだろう」と、苦笑されているようです。

同誌は「2月中旬」、「菅田将暉さん」と「菜々緒さん」が都内の焼鳥店で食事する姿を「キャッチ」しました。その後、「2人」は同じ「タクシー」で「菜々緒さん」の「自宅マンション」に向かい、そのまま「“お泊まりデート”」となったようです。




菅田将暉さん」と「菜々緒さん」は「CM」以外に、「2017年」、「NHK大河ドラマ」「おんな城主 直虎」や、映画「銀魂」で共演しており、「2人」で映画の宣伝を兼ねて「バラエティ番組」に出たこともありました。記事によれば、同年秋頃から親密さが増したというのですが。

お泊まりを「キャッチ」されてはいるものの、双方の事務所は交際を認めないようです。「16年」に、「ベッキーさん」が不倫を報じられた当初、「ゲスの極み乙女。」の「ボーカル川谷絵音さん」に「友達で押し通す予定」と「LINE」したとされていますが、「2人」も同様の設定を取るものとみられるようです。

菅田将暉さん」は現在、「連続ドラマ」「トドメの接吻」「日本テレビ系」、「菜々緒さん」も「BG身辺警護人~」「テレビ朝日系」に「レギュラー出演中」で、それぞれ今後の「スケジュール」も告知されている状況です。そんな中での熱愛発覚は仕事に差し支えるという懸念から、交際を否定するのかと思いきや、理由は別にあるようです。

2人」とも、業界では有名な「“共演者キラー”」で、異性の「ウワサ」が多い「タイプ」です。これまで、「菅田将暉さん」は「二階堂ふみさん」や「小松菜奈さん本田翼さん」との交際が報じられたものの、実はいずれも「“友達以上恋人未満”」だったといわれています。「菜々緒さん」も同様で、「西川貴教さん」や「JOYさん間宮祥太朗さん」との関係を報じられていますが、「西川貴教さん」以外はいずれも「“恋人未満”」でした。つまりは「“セフレ”」だったようです。




そんな「菅田将暉さん」と「菜々緒さん」だけに、「“都合の良い関係”」を続けているとみられますが、事務所にとっては「堪ったもんじゃないでしょう」といいます。

こうした「2人」の曖昧な関係が世間に悪い印象を与えると、まず「au」の「CM」に影響します。また、「菅田将暉さん」の「所属事務所トップコート」は「“マスコミ嫌い”」で知られていますから、「菅田将暉さん」が「スキャンダル」を連発するのには参っているようです。

いっそ本人たちが「“真剣交際”」に発展してくれた方が、事務所も安心できるかもしれませんね。

2人」の過去の行動を見ればそんなに驚く事でもなさそうですけど「ファン」にとっては「ハッキリ」として欲しいでしょうね。