2018年 7月 の投稿一覧

三宅健★23年ぶりデビューで驚愕★嵐&山下智久と共演★やっぱジャニーズすごい

こんばんは。
今日は「三宅健★23年ぶりデビューで驚愕★嵐&山下智久と共演★やっぱジャニーズすごい」の事をお伝えしたいと思います。

「タッキー&翼・滝沢秀明」との「新ユニット」「KEN☆Tackey「ケンタッキー」」の「逆転ラバーズ」が「オリコン週間シングルランキング初登場1位」を獲得した「V6」の「三宅健」です。「7月23日」深夜に放送の「三宅健のラヂオ」「bayfm」には、「滝沢秀明」が「ゲスト出演」し、「KEN☆Tackeyのラヂオ」として放送されました。

「KEN☆Tackeyの活動、本当に慌ただしかったね」と、「三宅健」が「7月18日」の「デビュー」に向けて、「MV撮影」や「歌番組、バラエティー番組」の出演など忙しい日々をおくったことを振り返ると、「滝沢秀明」も「慌ただしかったですね。やってもやっても終わらないですからね」と同意しました。




「まぁ、本当にデビュー当時を思い出すね。デビュー当初のV6もそうだけど、タキツバもさ、忙しかったでしょ?デビュー当時ってさ、どんだけ働くのってぐらい忙しいじゃない」と、「2日間」で「逆転ラバーズ」「逆転ラバーズのVR」「浮世艶姿桜」「蒼き日々」「アイシテモ」の「5本」の「MV」を撮影したことを報告しました。「23年」ぶりの「デビュー」で味わった多忙な日々を語りました。

「これ、滝沢だから良かったんだよ。これ、もしうちのメンバーの森田くんだったら大変だよ。ブーブー言っちゃって」と「V6・森田剛」を引き合いに出し、「滝沢秀明」を忍耐力のある人と評価します。すると「滝沢秀明」も、「僕というか、健くんも何も言わないじゃないですか。それはもうみんな言いませんよ」と発言しました。

そして、話題は「KEN☆Tackey」として「7月26日」放送の「VS嵐」「フジテレビ系、午後7時〜」に出演するという話になりました。この日の「VS嵐」は、夏休み「3時間スペシャル」です。「嵐」の「プラスワンメンバー」として登場する「KEN☆Tackey」に対抗する「チーム」は、「山下智久」率いる映画「劇場版 コード・ブルー」「チーム」と、「アンタッチャブル・山崎弘也」率いる「ザキヤマ軍団」です。

「内容は言えませんけども」と「滝沢秀明」が言うと、「三宅健」は「やっぱさ、俺たちジャニーズなんだよね」と勝負強く、いわゆる「“持ってる”」と呼ばれているジャニーズだということを強調しました。「そうです。それ言うと、なんとなくわかりますね。でも結果、そうなんですよね」と「滝沢秀明」も同意しました。




さらに「三宅健」は「やっぱジャニーズってすごいなって思った」と収録のことを回想し、「いや、僕の中で「VS嵐」のジンクスがあって、ゲストで出た時はそこそこ良い成績を残すんだけど、プラスワンで出たときの方がダメなときが多くて。だから、いかがなものかなって思ってたんだけどさ。あとはさ、何が面白かったってさ、山下がいて、嵐がいて、僕ら2人がいて、結構な人数のジャニーズが出てたよね」と語り、なかなか絡まない「メンバー」が出演していることを示唆しました。

「同期はいるの?嵐の中に」と「三宅健」が「滝沢秀明」に聞くと、「同期はいないですね。大野くんがちょっと先輩。あとはちょっと後輩というか、同じ世代ですけども」と、先日「櫻井・有吉THE夜会」「TBS系」で放送された、「滝沢秀明」と「嵐・櫻井翔」の確執問題には触れませんでした。

最後に「三宅健」は、「滝沢歌舞伎」御園座公演ごろから「滝沢秀明」がやり始めたという「セクシーなささやき声」を指摘し、その声で「リスナー」へ「おやすみ」と言うことを強要します。照れる「滝沢秀明」に「ダメ」出しをし、合計「3回」も「滝沢秀明」に「おやすみ」を言わせたのでした。「KEN☆Tackey」の息のあった関係が見えた放送でした。

「三宅健&滝沢秀明」の息の合った「トーク」で番組を盛り上げる雰囲気は「23年間」の実績がそうさせるのかも知れませんね。





ジャニーズランキング

嵐・KAT-TUN★ガチさ感じる★A.B.C-Z活動ジャニーズ★被災地支援広がる 

こんばんは。
今日は「嵐・KAT-TUN★ガチさ感じる★A.B.C-Z活動ジャニーズ★被災地支援広がる」の事をお伝えしたいと思います。

「7月20日」、広島と愛媛の両県庁を訪問した「嵐・松本潤」が、西日本豪雨の復興支援のため、「義援金「5000万円」」の目録を贈呈しました。「二宮和也」も岡山県へ出向くなど、「ジャニーズ事務所所属」の「タレント」たちがそれぞれの形で被災地に「エール」を送っているようです。

「6月下旬」から「7月上旬」にかけ、西日本を中心に豪雨の被害が広がった「平成30年7月豪雨」です。多くの被災者が避難所での生活を余儀なくされる中、「嵐メンバー」は「2011年」の東日本大震災の復興支援として始まり、毎年開催されている「イベント」「嵐のワクワク学校」の収益の一部を寄付しました。

「松本潤さん」は「21日」に愛媛の「西予市立 野村小学校」を訪れ、拍手や歓声で迎え入れられると、「東京から来ました。嵐というグループで活動してます、松本潤です」と挨拶します。避難所生活を続ける子どもたち一人ひとりに支援物資を手渡した上で、記念撮影に応じるなど激励したといいます。また、「一部」の「ニュース番組」では当日の様子が公開されており、「松本潤さん」が「熱中症になると大変だから、みんなちゃんとお水飲んでね」と注意を促す一幕もあったようです。一方、「キャップ」をかぶった男の子に「カッコいいね、帽子」と優しく声をかけましたが、「うん。次の時は嵐のメンバー全員来てね」と言われてしまい、「そうだね~。ごめんね、今日1人で」と申し訳なさそうに返答しました。周囲が和やかな笑いに包まれていました。




「松本潤」の登場について、感想を求められた女の子は「カメラ」に向かって「テレビで見るよりカッコよかったです。いい思い出になりました」と、うれしそうに「コメント」していました。「松本潤さん」は豪雨で甚大な被害が出た「広島県・広島市安芸区」の避難所にも足を運び、被災者らと交流。「Twitter」に「アップ」された画像によれば、「Tシャツ」や「タオル」といった嵐の関連「グッズ」や、「ライオン」の「災害時にも使える 清潔・健康ケアセット」などを現地の人たちに「プレゼント」していたようです。そして「松本潤」に続き、「23日」には「二宮和也」も岡山県庁にて、「義援金5000万円」の目録を伊原木隆太知事に手渡しました。浸水被害が大きかった同県倉敷市真備町の避難所に姿を現し、こちらでも記念撮影や「サイン」の「“神対応”」を見せていたそうです。

「ジャニーズ事務所」は、これまでにもさまざまな復興支援活動を行っており、過去には「阪神・淡路大震災」「1995年」の「チャリティー」活動の一環として、「TOKIO、KinKi Kids、V6」の「3組」による「ユニット・J-FRIENDS」を結成します。また、東日本大震災にあたり、復興支援「プロジェクト」「Marching J」を立ち上げたほか、「SMAPメンバー」は「SMAP×SMAP」「フジテレビ系」にて、継続的に支援金の受け付けを実施し、最終回となった「16年12月26日」の放送でも熊本地震の被災地に向けた「サポート」を併せて呼びかけていました。

なお、「嵐」が所属する「レコード会社」「J Storm」「ジェイ・ストーム」の「サイト」には、昨年「3月」に「2016年度 弊社が行った各種の支援について」として、熊本地震の被災地と被災者へ「義援金5000万円」を寄付したことや、東日本大震災の支援継続を報告。今年「3月」にも「岩手、宮城、福島」にそれぞれ「3400万円」の義援金を拠出したと公表しています。

こうした活動は、「嵐ファン」の間で「「ワクワク学校」の収益金とかだけじゃなくて、ジェイ・ストームからも毎年寄付がされています。「CD」や「DVD買う、嵐を応援することが被災地の皆さんの支援になっているのなら、こんなにうれしいことはない」「自分がグッズとかチケット代を払ったお金が寄付されるのっていいね。「ワクワク学校」の本来の目的になってる」と、被災地に目を向けるきっかけとなっています。




一方で、「嵐」の後輩である「A.B.C-Z」の「塚田僚一」は「広島・似島「にのしま」」に向かい、酷暑の中で「ボランティア活動」を行ったようです。

「ネット上」には似島へ「ボランティア」に行った家族が「フェリー」で塚田と遭遇し、握手をしてもらったという情報が上がっています。「テレビカメラ」はなかったそうで、塚田の行動は「プライベート」とみられますが、「一番暑い持ち場」で、黙々と作業に取り組んでいたようです。似島からの帰りの「フェリー」で塚田を見た別の「Twitterユーザー」も、周囲の人々と笑顔で握手する写真を「アップ」しているため、現地入りは間違いないでしょうね。

「7月16日」に配信された産経新聞の「ニュースサイト」「産経WEST」の記事によると、「似島は今回の豪雨で人的被害はなかったようですが、土砂崩れで複数の住宅が壊れ、道路が寸断された」地域だという。大型の重機は入らず、「手押し車1台通るのがやっと」の路地で、住民とボランティアが力を合わせて土砂のかき出しや撤去を続けていると伝えていた。それだけに、「ネットユーザー」も「似島に行ったところにガチさを感じる。地元の人がボランティアに行こうと思ってもなかなか選ばない場所」「重機が入らない場所にあえて駆けつけるなんて、ただただすごい」「フェリーに乗って、手作業で 頭が下がります」と、感激していました。

また、「23日」にも「広島・熊野町」の避難所で「KAT-TUN・亀梨和也」が目撃され、「ジャニーズ勢」の支援の輪が広がっています。今後も「ジャニーズファミリー」一丸となり、被災地の「復旧・復興」を「サポート」してもらいたいものですね。

各地に震災がおこると「ジャニーズアイドル」が集結をして「ボランティア活動」に力を注いでいることは「ファン」にとっては嬉しくもあり誇らしく思えるでしょうね。





ジャニーズランキング

伊野尾慧★自身の大学受験を語る★説得力ある&頼もしい★反響呼ぶ

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★自身の大学受験を語る★説得力ある&頼もしい★反響呼ぶ」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の「八乙女光」と「伊野尾慧」が「パーソナリティ」を務めている「午後8時台」の「生放送ラジオ」「らじらー!サタデー!」「NHKラジオ第1」です。「7月21日」の放送回では、受験を控える「リスナー」に向けて「伊野尾慧」が真摯に相談にのる場面がありました。

大学受験を控えているという「リスナー」から「アイドルもやりながら受験勉強はやっぱりつらかったですか?伊野尾くんがアイドルしながら大学生だったなんて本当に尊敬しかありません。よろしければ何かエールをいただけるとうれしいです」というお便りを受け取った「伊野尾慧」でした。




すると「う~ん、大変は大変でしたけど、僕センター入試とかではないので。絶対このお便りをくれた方であったり、一般入試で「受験を」受ける方々の勉強量に比べたら本当に、限られたポイントについてめちゃくちゃ勉強するという形 論文書いたり、プレゼンしたりとかだったので。まぁ~ほかの生徒さんに比べたら こう「集中してやればできる」って頑張ってたので。まぁ、大変だったですけど、みなさんの方がつらいと思います。正直」と当時を回顧しました。

「2007年」に「Hey!Say!JUMP」として「デビュー」した「伊野尾慧」は、「2009年」に明治大学理工学部建築学科に入学します。留年することもなく「4年」で大学を卒業しましたが、当時は「アイドル」としての露出の少なさから、「ファン」にも「見切れアイドル」「隠れイケメン」と呼ばれており、世間からの認知度はほぼないに等しい状態の頃もありました。

ですが、大学卒業後の活躍ぶりはご存じの通りです。朝の情報番組「めざましテレビ」「フジテレビ系」の「木曜レギュラー」や「トークバラエティー番組」「メレンゲの気持ち」「日本テレビ系」の「MC」にも抜てきされ、主演映画に「ドラマ出演」と幅広い活躍を見せています。中でも、「めざましテレビ」での大学の専攻を生かした「“建築物レポート”」などは、まさに建築を勉強した「伊野尾慧」でないとできない仕事だと言えるでしょう。




自身のそうした経験もあってか、「こういった勉強した積み重ねや努力っていうのが将来の投資になると思ってる」「あの時努力した頑張る力であったり、蓄えた知識っていうのは絶対「20代、30代」になったときに生きてくると思う」と「アドバイス」をした「伊野尾慧」でした。

そして最後は「無駄かなと思ってもね、頑張って勉強してください。挫折することも、もちろんあるかもしれません。受験っていうのは。だけどね、くじけないで頑張ってほしいと思います」と受験生に向けて「エール」を送っていたのでした。

実体験を元に語られる「伊野尾慧」の「受験トーク」は、かねてより好評でしたが、今回も「SNS上」では「個人のお仕事がなかった時期を持つ伊野尾くんが言うからこそ、この「“投資”」って言葉に説得力が生まれるよね」「伊野尾さんのアドバイスまじで心に響く受験頑張る」「努力した力であったり、蓄えた知識が将来的に生きるっていうのは、大学受験に限らず何に関しても言えることだよなぁと。伊野尾くんの前向きなコメントに頼もしさを感じたなぁ」と刺激を受けた人が多かったようですね。

「伊野尾慧」の未来の自分に投資をする考え方が今の人気に繋がっているのかも知れませんね。





ジャニーズランキング

相葉雅紀★うどん作りでも嵐愛炸裂★嵐のようだね&5つの点が交わりました

こんばんは。
今日は「相葉雅紀★うどん作りでも嵐愛炸裂★嵐のようだね&5つの点が交わりました」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の「相葉雅紀」が、番組を通して日本の文化や食材を学んでいく「バラエティー番組」「相葉マナブ」「テレビ朝日系」です。千葉県南房総で「300年」続く「農家・稲葉芳一さん宅」を訪れた「7月22日」の放送では、うどん作りに挑戦しました。

小麦の畑を訪れた「相葉雅紀、アンジャッシュ・渡部建、ハライチ・澤部佑」の「3人」は、うどんに適した中力粉を作るため中間質小麦と言われる種類の小麦を収穫することになりました。鎌の切れ味が悪く、上手に収穫できない「相葉雅紀」でしたが、雨のために着ていた「レインコート姿」に「ファン」は注目しました。




透明の「レインコート」の下に着ていた赤い「フード付きパーカー」も合わさって「稲刈りするマナブくん、赤ずきんちゃんかと思った」「赤いフード可愛すぎて、赤ずきんちゃんかと」「赤いフードかぶった赤ずきんちゃんみたい かわいいー!」と「ファン」の間ではすっかり「赤ずきんちゃん」と化していたのでした。

そして、いよいようどん作りに挑戦します。教えてくれるのは、なんでも作れるけどちょっぴり厳しい「稲葉芳一さん」の「奥さん・彰子さん」です。さっそく、ふるいにかけた小麦粉を「わぁ気持ちいー!」と触っていた「相葉雅紀」に「あのね、あんまり触っちゃダメ!」と「ピシャリ」でした。

その後は、「全然まとまらない。そばよりまとまりづらいかも」と、そば打ち経験者の「相葉雅紀」は戸惑いを見せる場面もありましたが、うどんがまとまってくると「まとまってきたぜー!良いまとまりだ。うん、嵐のようだね!」と誇らしげに「コメント」します。「ひとかけらも漏らせないよ、これ。そんなたとえしちゃったら」と言う「渡部建」の「コメント」にも「漏らせないね」と「相葉雅紀」は応答し、「“嵐愛”」を見せつけていたのでした。

うどんの生地を寝かせている間は、「「小麦粉があるし」せっかくだから、かき揚げたいんだよね」という「相葉雅紀」の提案で「“かき揚げ”」を作ることになりました。「5つ」のかき揚げを揚げる「相葉雅紀」に「渡部建」が「どうですか?現場」と問うと、「見てください。5人が力を合わせて中心にこう集まってね、5つの点が 今、交わりました!」と「コメント」します。




これには途中、「まさか、これは!」「渡部さん」「嵐?」「澤部さん」と期待を寄せていた「2人」も「「いつ」交わった?」と苦笑いします。「ちょっとダメだぁ。昨日、ちゃんと寝ておけばよかった」とすぐに反省する「相葉雅紀」の姿に爆笑する「スタッフ」なのでした。

それでも「ファン」は「何見ても嵐を思い出しちゃう相葉さん、嵐愛あふれすぎ!」「嵐にたとえたいのにうまく言えない相葉くんかわいい」「5つあったら嵐を思い出す相葉ちゃん」「相葉ちゃん、「嵐のようだね」って、メンバー愛」と、どんな時でも「嵐」にたとえる「相葉雅紀」の「“メンバー愛”」にほっこりしたようです。

最後は見事な腕前でうどんを完成させていましたが、実際に今回収穫した小麦は、「“追熟”」といって脱穀した身を半年から「1年」ほど乾燥させる必要があるといいます。というわけで、今回「相葉雅紀」たちが収穫した小麦は追熟させて来年に使うことになるようです。番組冒頭では「小麦があれば、ラーメンもできる、うどんもできる、パスタもできる、パンもできるね!いろいろできちゃう」と語っていた「相葉雅紀さん」です。今後は、「包丁王子シリーズ」に続き、「“小麦粉王子”」「シリーズ」にも期待したいですね。

どんな時も「嵐愛」を考えて行動している「相葉雅紀」が愛おしく思えてきますよね。





ジャニーズランキング

重岡大毅★初めてのソロラジオ★売れた!売れたわ、俺★浮かれて豪語

こんばんは。
今日は「重岡大毅★初めてのソロラジオ★売れた!売れたわ、俺★浮かれて豪語」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズWEST」の「メンバー2人」が「4週」ごとに入れ替わって「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「bayじゃないか」「bayfm」です。ですが、「7月21日」深夜の放送では「重岡大毅」が単独で番組を取り仕切り、突然の「ソロラジオ」に戸惑う「ファン」が続出しました。

番組冒頭で、「出演メンバー」と「メンバー」が決めた「チーム名」を紹介するのがお決まりとなっている「bayじゃないか」です。この日は、「メンバーは重岡大毅と重岡大毅のチーム「重岡大毅・重岡大毅」がお送りいたします」と「重岡大毅」自ら紹介しました。「紹介メッセージ」の途中には、「キター!」「ヤッタァー!」という甲高い声の「“合いの手”」が入っていたため、「2人体制」を疑う声もありましたが、本当に「重岡大毅」ひとりで、今回は「ソロラジオ」となりました。




前回放送で、「スタッフ」や「マネジャー」から「「ラジオの司会」大丈夫か?」「ちゃんとできへんのちゃうか、コイツ」と心配されていることを、共に「パーソナリティ」を担当していた「中間淳太」に暴露されたばかりだっただけに、今回の「ソロラジオ」には「しげ1人なの?絶対やばいやつじゃん」「まさかの1人 大丈夫か「笑」?」「今日はしげ1人でやってるのか~。重岡ワールドすごそう」と、「SNS上」には放送中から心配の声が続出しました。

ですが、「重岡大毅」は「いや~ほんとにね、うれしいね!なんて言うんでしょうかね。この解放感というか、えぇ。まさか!僕が!というね。記念すべきラジオでございます。なんせ1人ですからね!ありがとうございます。やった!スタジオのみんなもありがとう!売れたっ!売れたわ、俺。もうこれは凱旋やね、大阪にね」と、「ラジオ開始1分」で大興奮しています。そして「あとで特別なゲストが来ます。この「bayじゃないか」に、ゲストが来ます。なので1人なのですね~」と、「ゲスト」がいるから「ソロラジオ」になったという、不可解な「コメント」も残したのでした。

終始「ハイテンション」の「重岡大毅」は、自身が「メンバー」の「神山智洋」と「W主演」を務める「ドラマ」「宇宙を駆けるよだか」「Netflix配信、8月1日スタート」の宣伝も含め、「ドラマ主題歌」「アカツキ」を「フルコーラス」で「2回」も流すなど、やりたい放題です。そして、番組時間が残り「3分」を切った「エンディング」で「ゲスト登場」となりましたが、紹介されたのは「メンバー」の「濱田崇裕」でした。




「すみません、濱田です。すみません、すみません、ただいまですー」と、「ゲスト」にもかかわらず「濱田崇裕」は平謝りを繰り返し、「ちょっとお仕事の都合で押してしまいまして。すんません。申し訳ない」と再度謝罪しました。というのも、本来は「重岡大毅」と共に「ラジオパーソナリティ」を務める予定でしたが、前の仕事の都合で間に合わなかった、という顛末のようでした。「濱田崇裕」は「不安やったと思う。「“にぃ”」がいなくて、不安にさせた部分もあって心配したと思うんですが、実はお仕事の都合だったということで、申し訳ないです。次週からはしっかりと出させてもらいますので」と、「重岡大毅」に心配をかけたことを詫びたのでした。

「濱田崇裕」にとっては災難でしたが、「しげ1人のラジオだし「アカツキ」もフルで聞けるとか、重岡担からしたら神回すぎる」「重岡ひとりのラジオって神回すぎません?謎の面白さをありがとう」と「ファン」は「重岡大毅」の「ソロラジオ」に大喜びでした。貴重な「“神回”」となったようですね。

一時的とは言え「重岡大毅」の「ソロラジオ」の時間になっていたことには間違いないですけどね。





ジャニーズランキング

有岡大貴&高木雄也★お忍びで夜ディズニーへ★ジャニーズの青春

こんにちは。
今日は「有岡大貴&高木雄也★明かした・お忍びで夜ディズニーへ★ジャニーズの青春」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の「有岡大貴」と「高木雄也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「JUMP daベイベー!」「bayfm」です。「7月20日」深夜の放送回で「有岡大貴」と「高木雄也」が「“青春”」について語る一幕がありました。

この日は、隠していることを暴露する「コーナー」「暴露Say!」を放送しました。「中学3年生」の「リスナー」から寄せられた「メッセージ」には、授業前の休み時間に友人と「ノート」を見ており、「このノートの持ち主、字が上手だね」と褒めたものの、よく見ると自分の「ノート」で、恥ずかしい思いをしたという「エピソード」がつづられていました。




「2人」はこの「メッセージ」に対し、「ええ!」と驚きつつ、「自画自賛しちゃったわけだ。恥ずかしい」と反応しました。「有岡大貴」が「でも俺、本当にきれいなノート書ける人、羨ましかったわ」と学生時代を振り返ると、「高木雄也」も「ほんとに!」と同意しました。「有岡大貴」は、「最初は頑張るんだよね。新しいノート買ってきて。3、4ページくらいまでは色ペン使って」と、新しくした直後は頑張るものの、改行などがうまくいかないと「もういいや」となってしまうといい、「ぐちゃぐちゃになるんだよねえ」と学生時代の思い出を語っていました。

また、その後には「少女漫画のような青春にあこがれています」という「リスナー」からの「メッセージ」も紹介しました。「お二人はあこがれの青春はありますか? 22歳の社会人でも間に合う青春はなにかありますか?」と質問も記されていました。

「有岡大貴」は社会人の青春に対し、「ありますよね、もちろん」ときっぱり言います。「学生時代にしか味わえない青春はもちろんありますし、僕たちもあこがれてますけれども」と話すと、「高木雄也」も「それはいっぱい話したもんね。制服でデートしてみたかったな。グループデートとかもいいし いいなー」と感慨深そうに共感しました。「2人」とも少女漫画のような青春を味わってみたかったといい、「有岡大貴」が「突然の出会い。トラブルに巻き込まれた2人が「なんだ、あいつ」みたいに別れるんだけど、朝学校に行ってみると転校生だった みたいなね」とあこがれの「シチュエーション」を話すと、「高木雄也」は笑いながら「めちゃくちゃ王道のこと話している!」と爆笑していました。




また、社会人でもまだ間に合う青春として、「オフィスラブ」や友人との青春もあるとし、最近感じた青春として、「有岡大貴」が「Hey!Say!JUMP何人かと夜にディズニーランドいった時」と挙げると、「あー行きましたね。楽しかったなー」と「高木雄也」も返答しました。「2人」とも「みんなで花火見たり、写真撮ったり、青春したなって感じだね」と言い合っていました。

青春時代を「アイドル」に捧げてきた「2人」です。「“青春”」に対するあこがれは人一倍強いのかもしれないですね。

誰にも「青春時代」の楽しかった思い出や「エピソード」は歳を重ねて行っても忘れることのない良い思い出の「1ページ」になりますよね。





ジャニーズランキング

村上信五★戦い方が変わってきた★ジャニーズ事務所の競争意識語る

こんにちは。
今日は「村上信五★戦い方が変わってきた★ジャニーズ事務所の競争意識語る」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞・村上信五」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「村上信五の週刊!関ジャニ通信」「ABCラジオ」が「7月22日」深夜に放送されました。




この日の「メッセージテーマ」は、「あなたに足りないものはなんですか?」というものです。最初に取り上げられたのは、「自分に対する厳しさです」という「メール」です。「リスナー」は、やらなければならない課題があるにもかかわらず、「まだもうちょっと大丈夫やろう」と、どうしても自分に甘くなってしまうといい、「村上くんはストイックなイメージがあるのですが、自分に甘くしてしまうことはありますか?」と質問しました。

「村上信五」はこれに「僕、全然ストイックじゃないんですけどね」ときっぱりです。「なんでそんなイメージを持ってるのか不思議ではありますが、でも厳しさの度合いが人それぞれ違いますからね」と語りました。また、「村上信五」自身も「自分に甘いな」と思うことが多々あるといい、「でも大体の人がそうじゃないですか?」と、意識的に自分に厳しくできる人は少数であると持論を展開しました。「理想の時間の使い方だったり、夏休みの宿題もそうでしょう。最初にやろうと思うのに大体の人は最後に残してしまうっていうね。「“あるある”」になってるってことは統計学ですから。これを思ってることが大事だと思います。これ以上甘えないラインの瀬戸際にいると思えば、保てるんじゃないですかね」と言いました。

また「村上信五」は、「自分に足りないものは闘争心」だとする「リスナー」の「負けてもあまり悔しくありません」という「メッセージ」にも反応しました。「村上さんは負けて悔しいと思うことがありますか?」との問いかけに、「闘争心なあ」とつぶやきつつ、「闘争心という意味では鎮火してきているかもしれないですね、確かに」と年々闘争心が薄れてきていることを告白しました。




自身の闘争心は「ジャニーズJr.時代」がもっとも高かったといい、「「あいつに負けたくない、こいつに負けたくない。デビューしたい」という思いが強いですから。その時は競争ですから、どうやったら一歩前に出られるんだろう、センターに近づけるんだろう」と考えていたことを明かしました。「20代」の頃は近い世代に「タキツバ」「タッキー&翼」や「嵐」が同世代でそれぞれ「デビュー」していったのを見ていたといい、「その時は「負けたくない」っていうのがありましたけど、でもグループのカラーが、戦い方が変わってきたりするでしょ?」と、現在は闘争心を抱いていないとしつつ、だんだん他人よりも自分との戦いに「シフト」してきたことなども語りました。

さらに、「「他人と」比べてモチベーション保つ時期もありましたけど、それにも限界がきてしまいますし」としつつ、「「どうあがいてもここには勝てない」ということもわかってきた」と語った「村上信五」でした。「じゃあ自分ができることってなんだろう、っていうことになってきますから。そういう意味では闘争心というよりも自分との戦いになったかな」と、いつにも増して自身の深い考えを明かした放送回となっていました。

「10代・20代・30代」と歳を重ねていくにつれて考え方や感じ方が変わってきて、その度に自分なりの考え方の修正などを経て良い大人に成長していくんでしょうね。「村上信五さん」の言う「闘争心」が鎮火してきたと言う回答は理に叶う答えだと思いますよね。





ジャニーズランキング

二宮和也★竹内涼真をすごい天性&あんな人出会ったことない★手放しで絶賛

こんばんは。
今日は「二宮和也★竹内涼真をすごい天性&あんな人出会ったことない★手放しで絶賛」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の「二宮和也」が、先月まで放送されていた「主演ドラマ」「ブラックペアン」「TBS系」で共演した俳優の「竹内涼真」について語りました。

「二宮和也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「BAY STORM」「bayfm」です。「7月22日」の放送回では、「嵐」や「二宮和也」にまつわる質問が寄せられる「裏嵐」の「コーナー」が実施され、そこで読み上げられたのは、「竹内涼真が「二宮教の信者じゃないか」とネット上でウワサされている」という「エピソード」でした。なんでも、「ブラックペアン」最終回の直前に、「竹内涼真」が「ナレーション」を務めた「ダイジェスト版」が放送され、「二宮和也」「主演ドラマ」の最後を盛り上げたいと、意気込んでいたといいます。また、「涼真くんと連絡を取っていますか?」という質問も添えられていました。




「二宮和也」はこれに、「取っていますよ。ごはんも食べたり」と話し、「でも、あの子が一番忙しいんだろうな、今」「いろんなところに、これからも出ていくわけだから、大変だよね」と、売り出し中の若手俳優を気遣いました。

「竹内涼真」は「サッカー」をやっていただけに「体力あるんだろうな」と「二宮和也」は推察し、「現場とか入ると、「すげえ元気だな」って。いつも見ながら「元気だな」って思ってた」そうで、「でも気づくと寝てるけど。立ちながら寝たりしてるけど、急に。でも珍しいタイプだなって思って見てた」と振り返りました。

また、現在「25歳」という「竹内涼真」の年齢について、「あれぐらいの年齢の時って、格好つけたり斜に構えたり、とがることが個性だみたいな年代だったりするじゃない?それが一切ない」「あの年であれだけまっすぐな人ってなかなか出会ったことないかも」と稀有な存在であるとまで評価しました。さらには、「テレビ」の番宣などでの「竹内涼真」の姿は「割と緊張してたりとか、おとなしくしてる」ものの、それは役柄の影響によるものだそうです。実際の「竹内涼真」の性格については、「本当に元気で明るくて、ってのが、あの年でできるって、すごい天性だなってあの子。そう思う」と手放しで絶賛していました。




この日の放送に「ネット」からは、「ニノが竹内くん大好きなの伝わってきてよかった!」「竹内くんは何となく相葉ちゃんとタイプが同じそうだから、二宮くんは好きそう!」「二宮くんの竹内涼真愛が尊かった」といった声が集まっていました。

先週放送の「「ブラックペアン」祭り」に引き続き、「ブラックペアン」の話題となった今回でした。「ファン」たちが「ブラックペアン」で楽しむ日々はまだ続きそうですね。

「二宮和也」の話しの内容からも分かるように「竹内涼真」の日頃からの仕事に対する姿勢や礼儀など粗相のない行動が良く分かりますよね。





ジャニーズランキング

大倉忠義&横山裕★番組3年目・衝撃発言★関ジャニ∞クロニクルへの本音

こんばんは。
今日は「大倉忠義&横山裕★番組3年目・衝撃発言★関ジャニ∞クロニクルへの本音」の事をお伝えしたいと思います。

「7月21日」放送の「関ジャニ∞クロニクル」「フジテレビ系」に、「サイエンスプロデューサー」の「米村でんじろう先生」が登場しました。「横山裕」と「大倉忠義」が、科学実験で大興奮する一幕がありました。

「スゲーなのに図鑑」は、話題の人物や企業に潜む、人気の秘密や意外な「ギャップ」「=なのに」を探る「コーナー」です。今回は夏休み突入「スペシャル企画」として、「なのにな自由研究」と題し、「でんじろう流」の簡単で楽しい自由研究が紹介されました。




「横山裕」と「大倉忠義」が向かったのは、「3階建」ての「ビル」の中にあるでんじろうの研究室です。雑多な物が置かれ、倉庫のような研究室に「2人」が入っていくと、誰もいない部屋に突然大きな雲が出現します。間髪入れず、雪も降ってくる展開に「2人」は驚くものの、「横山裕」は「俺らのリアクション悪いな。安「田章大」だったら、もっとうまくやってる。わーわーわー言うて」と早くも「反省モード」です。

少々年季の感じられる「2階」の研究室に行く階段で、「横山裕」は「阪神パークのお化け屋敷思い出すわ。あのちょっとちゃっちい感じの。潰れかけのお化け屋敷思い出す」と「2003年」に閉鎖した「甲子園阪神パーク」の話をすると、「大倉忠義」は「ちゃっちい言うな!」と「フォロー」します。「2階」に到着すると、「でんじろう」が登場しました。

「さっきの雲みたいの出て、あれはどうなんですか?」と「横山裕」が質問すると、「お湯の中にマイナス200℃の液体窒素を入れると、お湯の水蒸気が冷却され、一気に発生した霧が雲の正体」と、「でんじろう」は「大倉忠義」に実践させながら解説します。舞い上がった白い霧に、「横山裕」と「大倉忠義」は興奮し、「横山裕」は、「先生。俺、今わかったけど自由研究好きやわ!」と、「でんじろう」の実験を称賛しました。




次の「でんじろう先生」の実験は、「火を一切使わないのに火起こしができる!アウトドアにも活用できる科学の実験」というものです。身近なもので簡単に火をつける方法で、材料は「フライパン」などを洗う「スチールウール」「金たわし」と割り箸と電池のみです。さっそく「横山裕」は、電池の「プラスマイナス」をくっつけ、電池に「スチールウール」をつけてみるが反応はなしです。

そこで、「でんじろう先生」が「電池はプラス極とマイナス極をつながないと電気は流れないので」と説明すると、「横山裕」は「あっ、こういうことか!」と、「スチールウール」を電池の「プラス」と「マイナス」の両方にくっつけ一周させるような形にします。すると、数秒後、早くも「スチールウール」に火がつき、「はやっ!すげー!えーこんなことなるの?」と、「2人」は今まで以上に大興奮しました。燃えた「スチールウール」に割り箸を立てかけ、息を吹きかけると、徐々に火が大きくなっていきます。

これを見た「大倉忠義」は「面白!! 面白いわ!!  初めて「なのに」が面白いわ」と、笑顔で爆弾発言します。それを聞いた「横山裕」も「俺も」と同意します。番組が始まって「3年」あまりで、初めて満足のいく「スゲーなのに図鑑」を体験した「2人」なのでした。

「石の上にも3年」と言うことわざがありますが、番組も「3年」経過すれば楽しい満足のいく番組に近づいていくのかも知れませんね。





ジャニーズランキング

二宮和也★熟年オネエの苦悩★我々だって新しい子が★寄り添いコメント

こんばんは。
今日は「二宮和也★熟年オネエの苦悩★我々だって新しい子が★寄り添いコメント」の事をお伝えしたいと思います。

「7月22日」放送の「嵐・二宮和也」の「冠バラエティー」「ニノさん」「日本テレビ系」は、「ゲスト」として「タレント・はるな愛、芸人・ガンバレルーヤ」と「椿鬼奴」が登場しました。

先週に引き続き、「ニノさんの私の歌グランプリ」と題し、お笑い芸人や「タレント」が自身の「エピソード」や日頃のうっぷんを、誰もが知っている名曲に乗せて歌う「替え歌大会」を実施しました。司会は「二宮和也」、「アシスタント」は「平成ノブシコブシ」の「吉村崇」が進行、特別審査員として「NEWS」の「加藤シゲアキ」が登場しました。




「トップバッター」の「はるな愛」は「熟年オネエの苦悩」を、「杏里」の「CAT’S EYE「キャッツアイ」」に乗せて替え歌を歌うといいます。「吉村崇」から「苦悩ありますか?」と問われると、「はるな愛」は「これね、ちょっと私のことどう思います?普通」と質問返しします。即座に「二宮和也」は「え、ちょっと太ったな」と返答しました。会場から笑いがおこり、「はるな愛」は「いや、じゃなくて。あのキレイだなとか」と言うと、「吉村崇」は「年々声が低くなっているな」と畳み掛けるように発言しました。

すると、「はるな愛」は「若いオネエがどんどん出てくるんですよ。横に並んだりしたら、みんなこうハリがあったり、顔のたるみとかもそうだけども。それだけじゃなく、この辺から「後頭部を触りながら」お父さんの臭いがする」と「熟年オネエ」の苦悩を告白しました。

それに対して「二宮和也」は「我々だって新しい子がデビューしたり、どんどん出てくるわけだから」と言うと、「加藤シゲアキ」も「もう別に、その地位は確立されているじゃないですか」と「はるな愛」に「コメント」します。「二宮和也」も「加藤シゲアキ」の意見に相槌を打つと、「はるな愛」は「もっと自信持っていいってこと?」と不安が少し解消されたようでした。




そして、「“どうでもいい”」曲紹介でおなじみの「芸人・アナログタロウ」が「今年46歳になり、最近は昔以上にお肌に気を使いはじめたというはるな愛さん。よく使う美容グッズは軽石だそうです。「CAT’S EYE「キャッツアイ」」の替え歌で、「キッツイ・愛」どうぞ」と曲振りすると、「レオタード姿」の「はるな愛」は「胸で揺れてる「シリコンパッド ホルモン注射everyweek 枕からする加齢臭 同じ臭いねお父さん」と「オネエ仲間」とともに歌と「ダンス」を披露しました。曲が終わり、特別審査員の「加藤シゲアキ」は「素晴らしいなと思います。時々香る男の哀愁が素晴らしかったです。匂い立つものがありました」と小説家ならではの表現力で「コメント」しました。

その後、「ガンバレルーヤ」が大好きな先輩への思いを「テーマ」に、「椿鬼奴」が「ダメ夫」への究極の愛を「テーマ」にそれぞれ歌うと、いよいよ「MVP」の発表になりました。「加藤シゲアキ」から発表された「MVP」はというと、先週発表した「3年目の浮気」の替え歌「2年目の嫌気」を歌った父娘芸人「完熟フレッシュ」に決定しました。「2位」の「ゆりやんレトリィバァ」に「3票差」をつけての「MVP」でした。この「MVP」をうけて、娘の「池田レイラ」は「気を使っていただいてすみません。めちゃめちゃうれしいです」と、「13歳」とは思えぬ大人顔負けの「コメント」を残しました。

「加藤シゲアキ」の「はるな愛」への「コメント」の上手さが小説家の雰囲気を醸し出しているようですね。





ジャニーズランキング