2018年 8月 の投稿一覧

佐藤勝利★24時間テレビ★笑点出演予定だった★ファン臆測

こんにちは。
今日は「佐藤勝利★24時間テレビ★笑点出演予定だった★ファン臆測」の事をお伝えしたいと思います。

「ラジオ番組」「レコメン!」「文化放送」内で「Sexy Zone」が週替わりで「パーソナリティ」を務める番組「Sexy ZoneのQrzone」「文化放送」です。「8月27~30日」までは「菊池風磨」と「佐藤勝利」が「パーソナリティ」を務めました。

「28日」の放送回に「最近みなさんがうれしかったことはなんですか?またショックだったことはありますか?」という「メッセージ」が届くと、「僕がうれしかったことは特番で、漫才をやったじゃないですか。あれが成功したというか。あの「笑点」「日本テレビ系」の「ステージ」で、あの~反応が良くてうれしかったなぁって」と、「Sexy Zone」の「冠バラエティ特番」「Sexy Zoneのたった3日間で人生は変わるのか!?」「同、8月13日放送」の「第3弾」で、漫才をしたことを挙げた「佐藤勝利」でした。




ですが、「悲しかったことは収録の最後にマリウス「葉」に「じゃぁね、「松島」聡ちゃん!」て言われて」と、一緒に「漫才コンビ」を組んで距離が縮まったかと思った「マリウス葉」に、名前を間違えられてしまうという「ショッキング」な出来事があったと告白しました。

この「エピソード」に「ファン」からは「バイバイ!聡ちゃん!」って「マリウスに言われちゃった佐藤勝利さん不憫かわいい。あんだけ一緒に頑張ったのに名前間違われちゃうの「笑」」「はちゃめちゃに愛おしい」と声が上がっていましたが、「一部ファン」の間では「「24時間テレビ」内で放送される「笑点」にも佐藤が出る予定だったのでは?」という説がまことしやかにささやかれています。

というのも、「Sexy Zone」は今年の「24時間テレビ 愛は地球を救う」の「パーソナリティ」を務めましたが、「菊池風磨&マリウス葉」は同番組内で「Sexy Zoneのたった3日間で人生は変わるのか!?」「第2弾」「7月1日放送」で習得した殺陣を生披露します。さらに「24時間テレビ」「ドラマスペシャル」「ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語」で主人公の「漫画家・石ノ森章太郎」を演じた「中島健人」は、「Sexy Zoneのたった3日間で人生は変わるのか!?」「第3弾」で「漫画家・矢部太郎「カラテカ」」に弟子入りして「エッセイ漫画」を製作しています。これらのことから、「2つ」の番組に繋がりがあると考えられているようです。




そして、長年日曜夕方の番組として親しまれている「笑点」は、例年「24時間テレビ」内でも放送されています。これまで「計3回」放送された「Sexy Zoneのたった3日間で人生は変わるのか!?」において、毎回お笑いに挑戦してきた「佐藤勝利」だけに「24時間テレビ」の「笑点」で漫才を披露する予定だったと「ファン」は臆測しているようです。

「ネット上」では、「勝利を毎回お笑い企画にしてたのは、「笑点」も出る予定だったから。でも結局、そこまでの出来にならなかったってこと?」「たぶん事務所は、勝利にお笑いを学ばせて場を回せるMC力もつけてほしかったけど、結果が伴わなかったってことかな。そうじゃなきゃ「笑点」に押し込んだでしょ」などと、「佐藤勝利」の実力不足だと勘ぐる声まで上がっています。

とはいえ、「第2弾」で培った「モノマネ」はしっかり披露していた「佐藤勝利」と「松島聡」です。いずれにせよ、「2つ」の番組を通して「Sexy Zone」が大きく成長したことは明らかです。来週の「ラジオ」では「24時間テレビ」の裏話をしてくれるでしょうか。

「佐藤勝利」の芸という隠れた才能が「ファン」に披露できる日が来るかも知れませんね。





ジャニーズランキング

中島健人★ぐるナイロケ★仲間外れ★俺の存在忘れてる★膨れっ面

こんにちは。
今日は「中島健人★ぐるナイロケ★仲間外れ★俺の存在忘れてる★膨れっ面」の事をお伝えしたいと思います。

「バラエティ番組」「ぐるぐるナインティナイン」「日本テレビ系」の「人気コーナー」「ゴチ」の「8月30日」放送回に、「小栗旬」と「菅田将暉、元ゴチメンバー」の「優香」が「ゲスト出演」しました。

この日は「ゴチメンバーが伊勢詣り!開運&神様から御利益でピタリがでた~SP」と題し、「ナインティナイン」ら「ゴチメンバー」と「ゲスト」は「ぐるナイ」初の「伊勢神宮ロケ」が敢行されたものの、「ゴチメンバー」である「Sexy Zone・中島健人」は「参拝ロケ」には参加しませんでした。番組の後半に「ゴチ」本編が始まり、「岡村隆史」から「伊勢神宮に行ってない?」と話を振られると、「中島健人」は「ロケ先」を知らなかったようで「ウソ!?」と驚きます。「お参り行ったってことですよね?俺の存在忘れてる?」と自虐する一幕もありました。伊勢に行った「6人」を「伊勢シックス」と名付け、「伊勢シックスVSソロだな」と対抗心を燃やしていました。




この日の「ゴチ」は設定金額が「3万円」でした。「中島健人」は最初から「鮑ステーキ焦がしバターソース」と豪華な「メニュー」を選んだものの、「ゴチって1時間ですよね?」「その前の1時間って」と自分が出ていないことをまだ引きずっている様子でした。「伊勢海老カレー」を選んだ「小栗旬」から「「伊勢神宮」ロケすっげえ楽しかった」「やっぱり伊勢シックスとしては「伊勢海老の料理」」といじられ、始終膨れ顔を見せていました。

とはいえ、「オーダー」した「鮑ステーキ」が来ると、「おいしっ!こんなぷりっぷりなんですね」と大絶賛します。「アゴの両脇に味わいの余韻がめっちゃ流れてきます」と「食レポ」し、「橋本環奈」に「独特なんだよな」と「ツッコ」まれていました。

その後、「スペシャルメニュー」を賭けて行われた「ゲーム」では惨敗した「中島健人」でした。「伊勢シックスじゃないから」と他出演者に言われ、しょぼくれてしまいます。最終的に、「鮑ステーキ」に加え、「伊勢海老クリームスープ、うにの冷製スープ、伊勢海老カレー、伊勢茶のムース」と「ジュレ」を「オーダー」し、「伊勢シックスには入れませんでしたが、Sexy Zoneの名に懸けて絶対負けないです」と宣言し、「オーダー」を「“セクシーSTOP”」しました。




ですが、「元ゴチメンバー」の「優香」が「ピタリ賞」を出し、「中島健人」は初めての最下位を経験しました。「やっぱり伊勢神宮なんですよ」と「伊勢シックス」は大喜びします。「中島健人」はうなだれつつ、「岡村隆史」にお金を借りて代金を支払っていました。

最下位となってしまいましたが、この日の放送に視聴者からは「今回のゴチで健人くんへの庇護欲が増しました!」「伊勢シックスに混ざれなくて、ずっといじけてる健人くんが可愛すぎた」「今回負けちゃったけど絶対次ピタリ賞出せるよー!」といった声がありした。番組途中で発表された「2018年下半期」「運がいい人ランキング」では、「中島健人」がなんと「1位」になりました。今後もますます活躍していくことでしょうね。

「ジャニーズアイドル」も「伊勢シックスメンバー」の勢いには勝てなかったようですね。





ジャニーズランキング

松本潤★誕生日に見えた嵐の深い絆★8月の後半は洋食を食べない迷言

こんにちは。
今日は「松本潤★誕生日に見えた嵐の深い絆★8月の後半は洋食を食べない迷言」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の冠番組「VS嵐」「フジテレビ系」が「8月30日」に放送されました。この日は「松本潤」の「35歳」の誕生日ということで、対戦相手には芸能界の「“じゅん”」が集合しました。「プラスワンゲスト」には「TOKIO」の「松岡昌宏」を迎え、「松本潤」率いる「嵐チーム」と「チームじゅん」の対決が実現しました。

「オープニングトーク」では、「松本家の皆様、両親。いつも産んでくれてありがとう」と家族に「メッセージ」を送っていた「松本潤」です。「ゲーム」が始まると、「じゅんチーム」の「スピードワゴン・井戸田潤」らが、「ネプチューン」の「名倉潤」が結成した「じゅん会」に「松本潤」を引き込もうと必死です。「名倉さんを社長にして、松潤が会長」という展望が明かされると、「松本潤」は「なんで俺のほうが上なの?」と苦笑いを浮かべていました。




また、「チームじゅん」の「リーダー・歌広場淳」は「松本潤」の「大ファン」です。「松本潤」の主演映画「ナラタージュ」「2017」は「8回」も鑑賞したことが明かされ、「ゲーム中」も始終、「松本潤」を応援したり「ラブコール」を送ったりと大忙しでした。対決でありながらも、いつも以上に和気あいあいとした雰囲気で番組が進行していきました。

そんな中、過去に放送され話題をさらった「クイズ松本潤」も復活しました。問題に対し、「松本潤」といくつ答えを揃えられるかを競うこの「ゲーム」です。「嵐チーム」からは「松岡昌宏」が回答者となり、「嵐メンバー」は「松本潤」の解説者を務めました。「二宮和也」が「我々は23年以上研究してますんで」と得意げな一方、「歌広場淳」は知識問題なら自信があるものの「だいぶ追っかけてても「この人わかんねえな」ってとこがあるんで」と問題によっては心配だと明かしていました。

最初の「クイズ」は「松本潤が常備しているものは?」という問題です。「嵐」の模範解答は「常温水」で、正解も「水」でした。「松岡昌宏」と「チームじゅん」は「のど飴」「胃薬」などと回答し、不正解となってしまいました。その後も同様に、「嵐」だけが正解する展開が続いていましたが、「松本潤が今食べたいのは?」という4択のクイズでは、松本潤が「ない」と回答。なんと嵐も「ここにはない」と回答しており、奇跡の正解となりました。「松岡昌宏」と「チームじゅん」は当然ながら不正解でした。




「ない」と答えた「松本淳」は、その理由として「4択の食べ物が洋食だったから」と説明します。この意味について、「嵐」は「時期だからね。いまこの時期は、洋食とか食べない」「相葉」「8月の後半戦は洋食はいただかないんです。あれ、ご存じない?」「二宮」と、解説しました。「松本潤」のことを知り尽くした解説に、はからずも「嵐」の深い絆が滲んでいました。

この日の放送は、「嵐チーム」が勝利します。視聴者から「松潤がみんなに愛されてる感があって最高だった!」「松潤祭り最高だった!」「潤くんファンにとって神回だったなー!」など絶賛の声が集まっていました。

「嵐」結成以来、苦楽をともにしてきた「メンバー」の絆の深さが伝わってくる放送回になりましたよね。





ジャニーズランキング

伊野尾慧★イノ調100回目★三宅正治アナウンサーに言われた一言

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★イノ調100回目★三宅正治アナウンサーに言われた一言」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「めざましテレビ」「フジテレビ系」内で放送される「Hey!Say!JUMP・伊野尾慧のコーナー」「イノ調」が「8月30日」に放送されました。




毎回、「伊野尾慧」が気になる「テーマ」を深堀りしていくこの「コーナー」ですが、この日はなんと「コーナー」開始以来「100回目」の放送です。冒頭、「伊野尾慧」は「スタッフ」からくす玉を渡され、「ヒモ」を引っ張ると中から「祝 イノ調100回目」と書かれた紙がお目見えし、「伊野尾慧」は「やったー!」と大喜びしました。大興奮で道行く通行人にもうれしそうに報告し、「おめでとうございます」と祝福の声をもらっていました。

そして、この日の「メインテーマ」は「いまリノベーションに熱い街」として、「伊野尾慧」が馬喰町を紹介しました。最初に訪れたのは、「築約90年」という「ビル」です。かつては文房具の卸問屋だったものの、現在はおしゃれな「カフェ」に「リノベーション」されているとのことで、「伊野尾慧」も「壁も経年劣化しているところも見えるんだけど、そこがまた素敵な味になっていますよね」と絶賛します。「リノベーション物件」ならではのおしゃれな雰囲気を堪能していました。

さらに「リノベーションビル」で経営されている美容室や「カフェ、アパレルショップ」なども訪れた「伊野尾慧」です。「カフェ」ではおすすめの「シメサバ」の「タコス」を試食するなどもしました。また、最後には「ユニーク」すぎる「リノベーション施設」として、「3年前」に引退した「寝台特急・北斗星」の「パーツ」をそのまま「ビル内」に移したという「ホテル」が紹介されました。「伊野尾慧」はそこで、「ちなみに私もね、北斗星に乗ってみたくて」と北斗星に乗ろうとしていたことを告白しました。ですが、引退前は予約で埋まっていて、切符を買うことができなかったといいます。最後には「伊野尾慧」が車掌に扮した「“妄想劇場”」も炸裂しました。「100回記念」の収録を堪能していました。




この放送に視聴者からは、「100回で満足せず、1,000回を目標に頑張ってほしい!」「どんどんレポートうまくなって、伊野尾くんの好奇心や着眼点を知ることができて本当に楽しい。ずっと続いてほしい!」「これ見て、毎回いろんなテーマで盛り上がる伊野尾くんがもっと好きになった」といった声が集まっていました。

また、「VTR後」には「めざましテレビ」の「メインキャスター・三宅正治アナウンサー」から「なんと100回ですか。本当にお疲れ様でした」と「イジラ」れる場面もありました。「伊野尾慧」は焦り顔で「終わらないし!終わらないし!まだまだ続きますから、本当に!」と「ツッコミ」ました。「スタジオ」には笑いが巻き起こっていました。

「番組スタッフ」との信頼関係も垣間見え「伊野尾慧」の「イノ調」が今まで以上に「パワーアップ」していくような気がしますよね。





ジャニーズランキング

藤ヶ谷太輔★7年間我慢してるコト★宮田俊哉との知られざる約束

こんばんは。
今日は「藤ヶ谷太輔★7年間我慢してるコト★宮田俊哉との知られざる約束」の事をお伝えしたいと思います。

「約6年」ぶりの「単独パーソナリティ企画」を「7週連続」で実施中の「ラジオ」「キスマイRadio」「文化放送」です。「第4弾」となった「8月29日」深夜放送回には「藤ヶ谷太輔」が登場しました。

今回の企画では、自分以外の「6人」の名前が書いてある「サイコロ」を振って出た「メンバー」について語るという「キスマイダイス」が「7人共通」の「コーナー」として設けられています。そして「宮田俊哉」の名前を出した「藤ヶ谷大輔」は、「デビュー時」に交わしたという「“2人の約束”」について語りました。

「宮田俊哉」について、「本当に元気で明るくて僕ら6人助かってます。オタゲーとかオタクの知識があったりとか、なんかすごく羨ましい。あぁやって熱くなれるものがあること」と話し、「アニメ」の知識を活かして活躍していることを素直に羨ましく思っているようです。




「デビュー直後」は「キスマイで何かできる人いないの?」と番組内で振られると、「宮田俊哉」にばかり行かせていた時期もあると反省し、

「宮田俊哉にやってもらって盛り上がったらやったな!って感じだし、スベったらスベ」ったで「何やってんだよ、宮田」みたいな。それね、ほんと申し訳なかったな。自分なんて何もないから、出れないくせに。本当に申し訳なかったな」

と謝罪の言葉も口にしていました。さらには、「いい人。優しい人。ほんとに人の悪口とか言ってるの聞かないもんね。悪口じゃないけど、自分の意見言う時になんか申し訳なさそうになりながら言うくらい優しくていい人。笑顔が魅力的な人かな」と、「ベタ褒め」する「藤ヶ谷大輔」でした。

また、「7年前」の「デビュー時」に「絶対、藤ヶ谷と宮田って合わないよね。キャラクター的に」と言われ、「そうっすね」と返していたことを振り返り、当時は自身の「キャラクター」を守るためにそうしていたものの、本当はすごく嫌だったと告白しました。当時「24歳」だった「藤ヶ谷大輔」は、「「10年後、2人だけでお寿司食い行こうぜ。めちゃくちゃ高いお寿司食い行こうぜ」って約束したの」と、密かに「宮田俊哉」と約束を交わしたそうで、その約束を果たすまでは、「2人」で食事に行くのも我慢しているといいます。「メンバー」を含めて食事に行くことはあっても、「2人」きりではいまだにないそうです。




「宮田さん熱いから。あと3年くらいかな。俺すっごい楽しみにしてるんですよ。なんか、2人で10年前にメンバーとした約束って、すっげぇ楽しみ!「2人きりでカウンターでめっちゃ高けぇお寿司食おうな!」って。それをね、行ってきたら「ファンにも」報告したいし」

と、熱く語っていたのでした。

「宮田俊哉」との知られざる「約束エピソード」に、「ファン」は「10年後に高級お寿司、なんて素敵な約束事なのー!」「そんな約束してた事実を今知らされるの、グッとくるものあったなぁ」と胸を打たれた様子でした。約束の年まであと「3年」です。約束が果たされた暁には、ぜひその様子を詳細に報告してほしいものですね。

「2人」にしか分からない「ファン」から見れば羨ましい限りの約束事ですよね。





ジャニーズランキング

増田貴久★コンサートTシャツ制作★こだわり明かす★ガチで業者★ファン驚愕

こんばんは。
今日は「増田貴久★コンサートTシャツ制作★こだわり明かす★ガチで業者★ファン驚愕」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS小山慶一郎」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KちゃんNEWS」「文化放送」の「8月28日」深夜放送回は「増田貴久」が「ゲスト」で登場しました。

「8月10日」に千秋楽を迎えた舞台「Only You~ぼくらのROMEO&JULIET~」で主演を務めていた「増田貴久」です。同時期には、「15周年ライブ」「NEWS 15th Anniversary LIVE 2018 “Strawberry”」も開催され、さらには「加藤シゲアキ主演」の「ドラマ」「ゼロ 一獲千金ゲーム」「日本テレビ系」にも出演と、忙しい夏を送ったようです。




多忙な「スケジュール」について「自分のメンタル面とフィジカル面と、どのくらいヤバかった?」という「小山慶一郎」の質問に、「増田貴久」は「一線を越えたけどね」と答え、「今年ね、芸能生活20年になるけど。今までで一番忙しいんじゃないかな」と明かしていました。ですが、そんな多忙さも「やべぇ、うれしい」と感じたようです。

一方「プライベート」では、休みの日に床掃除をしたり、洗濯機を回しているそうです。「洗濯ものは部屋干しですか?外に干しますか?」という「リスナー」からの質問には「乾燥機がついてるじゃない、洗濯機って。だから、ほぼほぼ乾燥したのちに干す、部屋で」と、洗濯機と部屋干しの二重で乾燥させていることを告白しました。

「MAXで乾燥させちゃうと縮んじゃう気がする」と、その理由を語っていましたが、取り出す前に乾燥が終わっていれば、「それはそれでいい」と特に強くこだわっているわけではなさそうです。お気に入りの服を色落ちさせてしまったり、色移りしてしまった失敗もあり、「ファッション好き」の「増田貴久」としては意外な一面を明かしていました。




そんな中、乾燥機にかけると縮む衣類と縮まない衣類があるという話で「今回「Strawberry」のツアーT「シャツ」縮むんですよ。みなさん気を付けてください。「EPCOTIA」は縮まないの」と「小山慶一郎」が「リスナー」に呼びかけます。すると「増田貴久」が、「「EPCOTIA」は混合なんですよ、生地が。で、今回の「Strawberry」のやつは「コットン」「100%」でいかしてもらってる」と、素材に違いがあることを「サラッ」と説明したのでした。

「ライブ衣装」を手がけている「増田貴久」は、「ツアーTシャツ」も関与しているようで、それも「デザイン」だけではなく素材選びから監修しているといいます。「小山慶一郎」に「え?増田さん業者!?」と「ツッコ」まれると、「いや、生地も糸から選んでますからね。みんな気づいてないんだよな~。俺が糸から選んでること。わかるかなぁ」と「増田貴久」は「ボヤ」きました。「混合の方がちょっと重い感じね、ちょっと垂れる感じがあるんだけど。まぁずっと着ていった感じ、着て育てていった感じは「Strawberry」の方が可愛くなる」と力説していたのでした。

「Tシャツ」の着心地だけではなく、着続けた後のことまで考えて「デザイン・製作」に挑んでいる「増田貴久」でした。業者さながらの仕事ぶりに「Strawberryは暑い夏だから汗を吸収しやすい生地にしてくれたのかな?」「まっすーすごい。ガチで。業者じゃん!」「Tシャツの糸の違いまで考えて、変えてくる男、まっすー。さすがです」などと、驚きの声とともにそこまで手掛けてくれることに感謝を述べる声が多く上がっていたのでした。

「増田貴久」の「センス」が集約された「コンサートTシャツ」は「ファン」の宝物になることは間違いないでしょうね。





ジャニーズランキング

滝沢秀明★ジャニー喜多川氏の後継者★次期社長計画はメリー氏大反対

こんばんは。
今日は「滝沢秀明★ジャニー喜多川氏の後継者★次期社長計画はメリー氏大反対」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズ事務所」の「“後継者”」として、「ジャニー喜多川社長」が直々に「滝沢秀明」を指名したと、「8月30日」発売の「週刊文春」「文藝春秋」が報じています。「85歳」という高齢かつ、以前より体調不良説がささやかれ、最近では、車椅子姿も目撃されているという「ジャニー喜多川氏」は、すでにこの人事を、直接「滝沢秀明」に伝えたようです。「ジャニーズ」の世代交代は、着々と進んでいるとみられますが、この新体制には、かつてと同じ「“派閥問題”」の危険因子も潜んでいるようです。

これまで「ジャニーズ事務所」は、「スター」の「発掘・育成」を「ジャニー喜多川氏、事務所の経営をメリー喜多川副社長」が担ってきたとされます。経営面に関しては、すでに「メリー喜多川氏」から娘の「藤島ジュリー景子副社長」に実権が移りつつあるといわれていますが、「スター」の「発掘・育成面」は、「誰もジャニー氏の後を引き継げない」と、業界内で定説となっていました。

「ダイヤモンド」の原石を見つけて磨き上げ、「デビュー」させるという「ジャニー喜多川氏」の手腕は、ほかの誰にも真似できないといわれていたためです。ですが、「滝沢秀明」が首を縦に振るのであれば、来年からは「ジャニー喜多川氏」が担う「ポジション」に「滝沢秀明」が就くことになりそうです。事務所の社内組織図を見ると、現在「ジャニー喜多川氏」は、「ジャニーズJr.」や、舞台を中心に活動する「A.B.C‐Z、ふぉ~ゆ~」らが属する「Jプロジェクト」を直々に担当していることがわかりますが、その役割を「滝沢秀明」が任されることになると予想できます。




「滝沢秀明」が引き継ぐのは、「あくまでジャニー喜多川社長の「“業務”」で、ジャニーズの次期社長はやはりジュリー副社長であると見る向きが強い」というのですが、以前から「“タッキー次期社長説”」は社内でささやかれていたといいます。

「ジャニー喜多川氏」の「滝沢秀明」に対する思い入れはかなり強いようで、「マスコミ」に対して、「滝沢秀明」への熱い気持ちを語ることも珍しくないそうです。だからこそ近しい関係者の間でも、「“タッキー次期社長説”」が浮上したのではないでしょうか。ですがこの計画は、「メリー喜多川氏」と「ジュリー景子氏」の大反対によって、結局頓挫してしまったという「ウワサ」を耳にしました。

そんな中、せめて自分の意志だけは受け継いでほしいと、「ジャニー喜多川氏」が「“後継者”」として「滝沢秀明」を指名したのではないか、と業界関係者は見ているようです。

「滝沢秀明」は、これまでも自ら進んで後輩の育成を担ってきましたし、恒例の「滝沢歌舞伎」にしても、当初は「ジャニー喜多川氏」が演出を行っていたものの、現在ではほぼ「滝沢秀明」「1人」で作り上げているようです。少なくとも舞台に関しては、もはや「ジャニー喜多川氏」の業務とあまり変わらないと言えるようです。




ですが、「文春」が指摘しているように、「ジャニー喜多川氏」と「ジュリー景子氏」が「決して良好な関係にあるとはいえなかった」ことから、この体制には一抹の不安も残されているようです。

事務所内で「“派閥問題”」が再び勃発する可能性がありるようです。かつて、「ジュリー氏」と「元SMAPチーフマネジャー・飯島三智氏」の派閥が生まれ、双方の「タレント」は「共演NG」になるなど、「タレント」や「スタッフ」だけでなく、「ファン」をも困惑させたことがありました。もし、来年以降、「滝沢秀明」が「ジャニー氏」の後を継ぐとなると、「“ジュリー派閥”」と「“タッキー派閥”」が誕生することになるのではないでしょうか。今の両者の関係は、はた目から見れば「“よくも悪くもない”」といったところですが、今後の流れ次第では、対立が生まれても、不思議ではないようです。

何はともあれ、事務所内の世代交代によって、「ファン」を悲しませる事態になることだけは避けてもらいたいものですが。

以前から「滝沢秀明」の後継者になる噂はありましたが現実実が増してきているのは確かなようですね。





ジャニーズランキング

木村拓哉&二宮和也★検察側の罪人★1位スタート★キムタク絶賛の嵐

こんばんは。
今日は「木村拓哉&二宮和也★検察側の罪人★1位スタート★キムタク絶賛の嵐」の事をお伝えしたいと思います。

「元SMAP・木村拓哉」と「嵐・二宮和也」の共演が話題を呼んでいる映画「検察側の罪人」が、「8月24日」に公開初日を迎えました。土日「2日間」「25・26日」で「31万8,000人」「全国335スクリーン」を動員し、興行収入は「4億1600万円」を記録しています。「全国映画動員ランキング」「興行通信社調べ」では「初登場1位」となり、「トップスター」の共演にふさわしい「好スタート」を切りました。

同作は東京地検刑事部の「エリート検事・最上」「木村」と、「最上」を尊敬する若き「検事・沖野」「二宮」が、ある殺人事件をきっかけに対立していく過程を描いた「社会派サスペンス」です。「時効、冤罪、司法制度」が抱える問題点に触れながら、見る者に「正義とは何か」を訴えかける作品です。「雫井脩介氏」による同名小説「文藝春秋」が原作で、「木村拓哉」と「二宮和也」のほかには「吉高由里子、松重豊、平岳大、大倉孝二、八嶋智人、山崎努」ら「実力派キャスト」が集結しています。「メガホン」を取ったのは、映画「日本のいちばん長い日」「2015年」「関ヶ原」「17年」で知られる「原田眞人監督」です。




公開前から大きな注目を集めただけに、初日を含め、「公開3日間」では「動員44万7000人、興収5億8000万円」だったそうです。「1位」の本作に次いだ「2位」は、「前週1位」の「銀魂2 掟は破るためにこそある」、「3位」には「大ヒット中」の「劇場版 コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」が「ランクイン」しました。「原田眞人監督」も同作の客入りを気にしていたようで、「公式サイト」の「DIARY」「25日付」によれば、映画の「チケット販売数」を「リアルタイム」に集計する「サイト」「興行収入を見守りたい!」を「随時チェック」していたようです。

映画を見た人々からは、これまで「“ヒーロー役”」が多かった「木村拓哉」の「シリアス」な演技に驚きの声が出ているほか、「二宮和也」演じる「沖野」が「被疑者・松倉」「酒向芳」を尋問する「シーン」に関して、「特筆もの。劇場の空気が止まってた」などと称賛の声が上がっています。「木村拓哉」についても、「いわゆるキムタクっぽい演技を嫌う方にこの作品をあえて見てほしい。役者、木村拓哉が前面に出てて新境地なのでは?」「かなりテンポが早いから飽きないし、内容も演技も攻めてる。キムタクにこの役を当てたのは大正解」などの「コメント」が見られるようです。。

一方で、「1本の映画として素晴らしいし、キャストの演技も凄まじい。ただ「検察側の罪人」の映画版としては評価が難しい」「2時間じゃ足りないな。後半一気に詰め込んでる感あったし、もう少し解明してほしいところがあるのに、ほとんど中途半端。謎が多いまま終わったからモヤモヤする」「インパール作戦や政治を絡めたのは、余分だったと思う」「原作にないインパール作戦のアレンジがうまくいっているのかはわからない」と、原作との違いや終盤の展開に疑問を抱く人も居たようです。

「木村拓哉ファン」はすでに何度も鑑賞している人が多いのか、「1回目は衝撃、2回目は感動、3回目でやっとモガ様の美しさにもウットリ。悪い拓哉のゾクッとする美しさに見とれた」「2回目、気がつけば最上のカッコよさだけに集中。どの表情、角度、動きも素敵」と、絶賛の嵐です。




一方、「原田眞人監督」は「CINEMA SQUARE」「vol.103」「日之出出版」の「インタビュー」にて、「そういえば準備中にニノのファンの方から「絶対にキスやベッドシーンはさせないでください」ってお手紙がきました。それをニノに伝えたら「それはしょうがないじゃないですか」って言ってましたけど「笑」」と、熱心な「嵐ファン」からの「“要望”」を暴露していたのですが。

実際に映画を見た「ファン」からは、「ニノのあんなラブシーンがあるなんて思いもしなかった。ショックだった」「ニノのラブシーンがあるの忘れてて、複雑な気持ちになった」「ニノの迫力ある演技は最高。ただラブシーンはいらない」と動揺の声も見受けられました。特に、「二宮和也」と「吉高由里子」の「同シーン」における「“体勢”」に「どうやったらあんな体勢に?考えさせられた」「生々しかった」「気持ち悪い」といった感想も出ているようです。

「8月26日」付の日記で、「原田眞人監督」は「「検察側」の続編?これはないよね。ないない。ありえない」と書いていましたが、「ネット上」には「続編に期待」との声も多数寄せられています。果たして、「木村拓哉 & 二宮和也」の夢の「タッグ」は再び実現するのでしょうか。

「2大トップスター」共演にして素晴らしい「好スタート」は当然の結果ですよね。





ジャニーズランキング

三宅健★ジャニーズ被災地支援★木村拓哉&長瀬智也への信頼&偉大さ

こんばんは。
今日は「三宅健★ジャニーズ被災地支援★木村拓哉&長瀬智也への信頼&偉大さ」の事をお伝えしたいと思います。

「V6」の「三宅健」が「パーソナリティ」を務める「三宅健のラヂオ」「bayfm」です。「8月27日」深夜の放送回では、西日本豪雨の「被災地・広島県呉市」を共に訪れた「木村拓哉」の話に言及しました。




「三宅健」は、「リスナー」から届いた「8月4日と5日のキムタクさんたちとの「“Smile Up ! Project”」お疲れ様でした。キムタクさんたちと、どんなお話をされたのかなと気になります」とのお便りを紹介しました。「Smile Up ! Project」とは、「木村拓哉」が発起人となって立ち上がった「ジャニーズ事務所」の「社会貢献・支援活動プロジェクト」であり、「8月上旬」には、その一環として西日本豪雨の大きな被害を受けた広島県呉市へ、「木村拓哉」と「三宅健、生田斗真」らが訪れて炊き出しなどを行いました。この時のことを振り返りながら、

「僕も今回木村くんからお声がけをいただいたことで参加することができたんですけども、木村くんから声をかけていただいていなかったら、こういった形での支援っていうのは、僕はできてなかったと思うので、本当に木村くんに感謝してますね。それぞれグループの枠を超えて、いろんな人たちが集まって、それぞれに被災者の方々への接し方が、個性があって傍から見てて面白かったですけど」

と、「木村拓哉」へ感謝を述べた「三宅健」でした。現地での印象的だった「シーン」について、「木村くんを見たご高齢のお姉さまが本当に感動してて、「え? え、本物!? キムタク?私、もう死んでもいい」とかって冗談で仰ってましたけど。そのぐらい喜んでくれていたのがうれしかったですし、先輩である木村くんの絶大なる信頼感と、偉大さを感じましたね。やっぱり影響力がとても強い人なので、そういった方が激励をしに来てくれるってことが、何よりも励みになるんじゃないかなと思いましたけどね」と、伝えました。




また、途中で合流した「TOKIO」の「長瀬智也」は、「写真撮る度に変顔してましたから。傍から見てると、リラックスできるというか、顔がゆるむというか」と、「長瀬智也」が避難所生活で「ストレス」が溜まった被災者を和ませていたと伝え、「僕たちが行くことで「緊張やストレスを」緩和できたら、それはすごくうれしいなって思いました」と語りました。

また、「三宅健」は「岡山広島の炊き出しの時に、木村くんが作ってくれたかき氷を食べさせてもらったけど」と、「木村拓哉」が被災者のためにかき氷の試作をしていた際、「三宅健」の分も作ってもらったことも告白しました。「やべー、木村くんに作らせちゃってるって思いながらも、やった~!木村くんが作ったかき氷食べれるみたいな。ハッピー!あっ、それが今年夏初めてのかき氷かもしれない」「おいしかった!宇治金時の」と声をはずませていました。

被災者の方にすれば「三宅健・木村拓哉・長瀬智也」3人の心のこもった支援を一生、忘れることのない思い出になったことは間違いないですよね。





ジャニーズランキング

堂本剛★ハイタッチ会★僕はやりません宣言★独特すぎる理由

こんばんは。
今日は「堂本剛★ハイタッチ会★僕はやりません宣言★独特すぎる理由」の事をお伝えしたいと思います。

「KinKi Kids」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「KinKi Kids どんなもんヤ!」「文化放送」で、「堂本剛」が「ハイタッチ会」について言及する一幕がありました。




「8月27日」深夜の放送では「堂本剛」が「パーソナリティ」を務め、その中で取り上げられたのが、「さだまさしさんがショッピングモールでハイタッチ会をしていた」という話題です。「ジャニーズ事務所」内の「若手グループ」も開催する機会が多くなっている「ハイタッチ会」ですが、「さだまさし」も行っていると知った「堂本剛」は、「さださんとハイタッチ会?パチン、パチンとやってらしたんですね」と驚きます。「すごいですね」と素直に感想を述べていました。

「さだまさし」については、「意外とアクティブな印象があります。活動されているお姿を拝見しましても」とし、「一見おとなしいイメージだったりインドアなイメージを持たれる方多いと思いますけど、すごいアクティブな活動されてるな」と積極的に活動している印象があることを語りました。また、出演している「テレビ」や「ラジオ」を見たり聞いたりすることもあるといい、「この世代の人たちの話ってめちゃくちゃ面白いよね。話がお上手で。こういう諸先輩方のお話を聞くのは、かなり貴重だと思うんですよね」と楽しんで聞いていることを明かしました。




また、「ハイタッチ会」については、「僕はやりませんけども」と宣言します。「「“ハイタッチ会”」って言いにくいみたいですね、さっきから」と、それまで幾度と出してきた「“ハイタッチ会”」という言葉そのものが言いづらいそうです。さらに「「“ハイタッチ”」は言えるんだけど、「“ハイタッチ会”」になったときに、イとタの間に変な音符入りますね?」と独特の感性で指摘します。「「“ハイタッチ”」はいいけど、「“ハイタッチ会”」になると、タが前のめりになりません!?」「「“ハイタッチ会”」のタが前のめりに入ってくるからハイタッチ会はやらない方がいいですね。「今日はハイタッチ会にようこそ」って言えないから」と、まさかの「“ハイタッチ会”」が言えないがために開催しない宣言をしていました。

この日の放送に「リスナー」からは、「ハイタッチ会言えないからやらないの、面白すぎる!」「言えないところが可愛いからずっと言えなくていい「笑」」「ハイタッチ会が上手に言えない剛くんが可愛すぎて悶えた」といった感想が集まっていました。さらに「ファン」からは、「KinKi Kidsはもはや握手したい存在じゃないから、ハイタッチ会しなくていい」「ハイタッチ会で疲れさせたくないからやらなくていいよね」など、「ハイタッチ会」を望まないという声も多々見受けられました。無理して練習することもないのかもしれないですね。

「堂本剛」ならではの理由に「ファン」も納得するしかないようですね。





ジャニーズランキング