2019-03

ジャニーズ

手越祐也★手越さん全奢り&シャンパンご馳走様★DgGTego認識

「手越祐也」が「ハマ」っているのは、「スマートフォン版バトルロイヤルゲーム」「荒野行動」だとされており、「一部ネットユーザー」の間では、「同ゲーム」に使用している「手越祐也」の「アカウント」が出回っていたようです。昨年「12月半ば、チーム・DgG」の代表を名乗る「Twitterアカウント」が「DvSTegoはDgGに所属し、クランタグを変えましてDgGTegoになりました!」「本物の手越か?って質問も多いので答えますが本物です!」と、報告しました。これによって「ファン」の間でも「“DgGTegoはNEWSの手越”」という認識が広まりました。
ジャニーズ

松本潤&葵つかさ★密会★意味深すぎる匂わせインスタ★大炎上

「葵つかさ」は「アカウント」復活後、口元にて五本指で輪っかを作り、竿のようなものを掴んだ「ジェスチャー写真」と、「実は今日 キノコを食べれるようになったよ」という意味深な「コメント」を投稿しました。実はこれが「アップ」された「2日前」、「松本潤」が明治のお菓子「きのこの山」のCM発表会で「実はきのこ派でした」と発言し、話題になったばかりだったようです。そのため「嵐ファン」は、「葵つかさ」は食材の「キノコ」でなく、「“松潤のキノコを久々に頬張ったことをアピールしてる”」と脳内変換します。すると「コメント欄」では「キノコとは匂わせですか?あなたは松本潤に見合いません。ありえません!」「ふざけんな!嵐ファンからしたらあなた目障りです」「匂わせとかありえんかんな?真央潤の方が絶対良きやし」と、「“真央潤応援隊”」を名乗る「ファン」が殺到し、大荒れ状態となっています。「松本潤」と「井上真央」は破局報道が出ていますが、一部の「ファン」は今でも「2人」が結ばれると信じているようです。
ジャニーズ

神宮寺勇太&高橋海人★DESHIIRI★スタッフから突然の最終回発表にあ然

「スタッフ」から「あっ、すみません!ちょっと忘れてました。大事なこと忘れてました。あの、「DESHIIRI」のコーナー、これ最終回です」と重大発表がありました。これには「神宮寺勇太」が思わず「ウソでしょ!?」と驚き、「高橋海人」も「プレッシャーのかけ方、荒っ!」とあ然とします。それでも「2人」は一度も失敗することなく、見事に「マーチングバンド」の一員として練習の成果を発揮しました。「自分たちらしくできたから、最終回としてはもうマルなんじゃないかなと」「高橋」「最高の「DESHIIRI」最終回になったんじゃないかなと思いました」「神宮寺」と胸を張り、「コーナー完結」を迎えたのでした。
ジャニーズ

菊池風磨★ジャニーズアイドル★自撮りにすっげぇ寒い&反発の訳

「自撮りじゃなくても、スタッフさんに撮ってもらうとかは?」という「佐藤勝利」の提案にも、「うわっ、キツイね。どんな顔してその3秒間耐えなきゃいけないか、とか考えちゃうよね。だってさ、マネジャーに撮ってもらうにしてもさ、「普段なんかあんな感じにしてるのに、あんな感じのキャラクターなのに、カメラ向けたらこの3秒間キメてるじゃん」みたいな」と考えをめぐらせてしまうと語り、猛反発する「菊池風磨」です。「“キメ顔”」をする自分を想像して、「すっげぇ寒くなっちゃうんだよね、俯瞰で見ちゃう」と「コメント」していました。
ジャニーズ

櫻井翔★Snow Manに贈り物★VS嵐で明かされた★神エピソード

以前から「櫻井翔」への憧れを公言していた「阿部亮平」は、「昨年、僕が大学院を卒業するタイミングで、ご飯に誘ってくださって」と告白します。「お店に行ったら「櫻井翔」がシャンパン開けて待っててくれて。院卒のお祝いで、腕時計をいただきました」と明かすと、「スタジオ」は大きな拍手に包まれます。「ドヤ顔」の「櫻井翔」に「阿部亮平」は「その時の櫻井くんが本当に格好良かったので、今日は目の前で格好良いところを、みっ、見てみたい、と思います」と、噛みながら「エール」を送っていました。
ジャニーズ

なにわ男子★初の冠番組★スタッフに絶対無理&不満げに抗議

「道枝駿佑」は「ビリヤードトリックショット」、「長尾謙杜」は「ノーリアクションバンジージャンプ」、「高橋恭平」は「ボウリング3連続ストライク」と、見せ場がしっかり設けられた挑戦でしたが、「大西流星」は「超高速だんご包装」という、「アイドル」らしからぬ地味な課題に取り組むことになります。「みんなあれですよね、バンジージャンプとか、ビリヤードとかボウリングとか、ちょっとかっこいい系であったりとか アイドルに使えるってわかるんですけど」と不満そうな「大西流星」でしたが、「スタッフ」が「「アイドルには」「“包み込む”」っていう、器の大きさが必要ということで」と説明しました。一度は納得しそうになった「大西流星」でしが、「絶対無理矢理でしょ!」と「キレ」のいい「ツッコミ」を入れていました。
ジャニーズ

WEST★グループの方向性語る★幻滅&向上心の欠片もない&ファン失望

「関西ジャニーズJr.」出身の「7人」で結成され、「2014年4月23日」に「CDデビュー」を果たした「ジャニーズWEST」です。丸々「5周年」が目前に迫る中、発売中の雑誌「SODA」「2019年5月号」「ぴあ」では表紙を飾っており、今年「1月3日~3月24日」にかけて行われた「ジャニーズWEST LIVE TOUR 2019 WESTV!」などについて振り返っていますます。その中で「メンバー」が語った「グループ」の方向性について、「ファン」から「幻滅」「悲しい」と、否定的な声が上がる事態となりました。
GACKT

GACKT★仮想通貨で違法疑惑★黒いカネ&女のウワサ★悪運が強い

「3月28日発売」の「週刊文春」「文藝春秋」により、仮想通貨「スピンドル」をめぐる「“違法営業疑惑”」が報じられた「GACKT」です。「ウェブサイト」「週刊文春デジタル」では同日、「GACKT」の「“営業トーク”」音声も公開されましたが、業界関係者の間では「今回もGACKTの悪運の強さが発揮されるか?」と「ウワサ」されているようです。「文春」は、「GACKT」が「2017年」に「仮想通貨業者・ブラックスター」の仮想通貨「スピンドル」の商談会に登場し、資金決済法「無登録営業」に違反する恐れのある話をしていたと報道しました。同誌は「GACKT」への「コンタクト」を試みたようですが、締め切りまでに返事はなく、所属事務所からは、「プライベート」について「把握しておりません」と回答があったそうです。
ジャニーズ

伊野尾慧★めざまし冠コーナー終了★他メンバーに乗っ取られる結末

「スタッフ」から小道具として「マイク」を渡された「高木雄也」は、「やった~!」と歓喜します。というのも、「マイク」には「イノ調」ならぬ「タカ調」と書かれ、ご丁寧に「タイトルロゴ」までついていたのでした。これまで、「JUMPメンバー」が「ゲスト登場」するたびに「ヤマ調「山田涼介」」「オカ調「岡本圭人」」「アリ調「有岡大貴」」「チネ調「知念侑李」」と新しい「マイク」が作られており、「伊野尾慧」はまたもや「コーナー」を「“乗っ取られた”」形になります。そのため、「伊野尾慧」は「なんでもかんでも作ればいいって話じゃないのよ!」と嘆いたのでした。
ジャニーズ

丸山隆平★ものまね芸人お墨付き★妙技にメンバー★キテる

「横山裕」が「丸山隆平」に「山根元会長ものまね」に挑戦するよう促すと、「楽しい~!」と「スイッチ」が入った「丸山隆平」です。「メンバー」から「キテる!」「すごいな!」と褒められ、「丸山隆平」はますます「ノリノリ」になりました。続いて、「神奈月」の「鉄板ネタ」「井上陽水」で使用する「カツラ」と「サングラス」を着用した「丸山隆平」は、慣れた様子でものまねを披露します。以前から「丸山隆平」は「井上陽水」のものまねを得意としており、「神無月」からは「やり慣れてる分、山根元会長のときより自信満々!」と太鼓判を押されていました。
タイトルとURLをコピーしました