2019-11

ジャニーズ

二宮和也★孤立状態&嵐の不仲説★週刊文春が報道する異常事態

「嵐メンバー」の「“不仲説”」を、ついに「ジャニーズ御用達メディア」までが取り上げていると、一部業界内で話題のようです。「二宮和也」の結婚をめぐって、「メンバー」内での溝が「いまだ修復できていない」と報じた「週刊文春」「文藝春秋」を後追いするように、最新号の「女性自身」「光文社」が、「「二宮和也結婚」の深刻余波で「「嵐」再始動は白紙に!」」という記事を掲載しました。 「11月21日」発売の「文春」では、「元フリーアナウンサー・伊藤綾子」との結婚に関する話し合いの中において、「二宮和也」が「メンバー」内で孤立してしまった流れを詳報しています。「大野智」と「松本潤」は、「祝福コメント」を出すことを拒否していたなど、踏み込んだ内容となっています。
ジャニーズ

岸優太★杉本美香選手にめっちゃ嫌い★激怒された訳

翌日の放送では、相手の「“えり”」と「“そで”」をつかむ「組み手」を練習しますが、「杉本美香選手」に圧倒される「岸優太」です。再び「土居将也選手」を相手に、実践練習したものの、相手のえりをつかめず「ちょっと待って」と中断します。まったく歯が立たなかった理由として、「心の弱さ」と「足腰の弱さ」を指摘された「岸優太」は、重さ「8キロ」の「ロープ」を上下に動かす「トレーニング」を行うことになりました。 「杉本美香選手」の「40秒行きましょう」という提案に、「岸優太」は「たぶん15秒で無理ですよ」と思わず本音を「ポロリ」。これに「杉本美香選手」は「「無理」って言葉、めっちゃ嫌い」と激怒し、「岸優太」は気合を入れ直して「トレーニング」に励みます。
ジャニーズ

二宮和也★ぼっち動画★tiktok公開で戦慄★ほか4人との距離が異常

動画に「“ある違和感”」を持つ人もいたようです。 動画では左から「相葉雅紀、松本潤、大野智、櫻井翔、二宮和也」という順で並び踊っているのですが、「二宮和也」と「他4人」との距離がすごく広いのです。これに「ファン」は反応し、「ニノだけひとりぼっちじゃない?」「4人との距離感がすごいんだけど」と、感激する一方で戸惑いの声も殺到していました。 確かに動画を確認すると、「ダンス」で「メンバー」が被らないようにという計らいがったのかもしれませんが、「二宮和也」だけ「ハブ」られてる感がすごいしました。 ここまであからさまだと、「二宮和也」の結婚が原因で他の「メンバー」との距離が生まれているは確実でしょう。 「週刊文春」「文藝春秋」では、「二宮和也」の結婚に対して、「大野智」と「松本潤、櫻井翔」の「3人」が大反対していたとの報道もあるようです。また、結婚発表後最初の「札幌公演コンサート」や「27日」放送の「ベストアーティスト2019」「日本テレビ系」、翌日放送の「ZIP!」では、「松本潤」が「二宮和也」に対して、あからさまに冷たい態度を取る「シーン」も見られましたが。
ジャニーズ

永瀬廉★マネジャーを酷評★ラジオ収録での仕事ぶりは★限りなくマイナスに近いゼロ

最近「潔癖症が治った」という「永瀬廉」に、「私は潔癖症で素の姿を見られるのが嫌で、友達と旅行にも行けず、人付き合いが悪いと思われていそうです。これは慣れなのでしょうか?廉くんは何をキッカケに潔癖症を治したのか教えてほしいです」という相談が寄せられます。すると、「永瀬廉」は完全に治ったわけではなく、「正直、人によって違う」と告白します。その上で、「一番は慣れること」と「アドバイス」を送りましたが、「N氏」から筆談で「僕ならどうですか?」と質問がきます。これに「永瀬廉」は「まだ無理ね」と即答し、「手を洗ってもらって、足も洗わして。すぐ部屋着、渡すね」と「コメント」します。それに対し「N氏」は「頑張る」と書いて返事をしたといいます。 また、「N氏」から「今日の僕は何点?」と、またしても「“筆談”」で感想を求められると、「ゼロです。限りなくマイナスに近いゼロです」と、「永瀬廉」は厳しく採点します。最後に「次は50点までいこ」と「永瀬廉」が声を掛けたものの、「N氏」は無反応だったようで、「出さんのかい!紙」と「ツッコミ」を入れました。
ジャニーズ

中島健人★過酷な表紙撮影で思い出した★ツライ体勢こそ美しい 岡田准一の言葉

表紙の「メンバー」の並びは「前後2列」に分かれており、左前が「菊池風磨」、右前が「マリウス葉」、左後に「中島健人」、右後に「佐藤勝利」という並びになっていますが、指定された「ポージング」は、「「前列の」菊池の体に、俺「の体」を密着させないといけなかった」といいます。さらに、「顔は「隣の」勝利に近づけて」との指示もあったため、「2つ」の指示を守ると「めちゃめちゃ開脚した状態で菊池にくっついて、頭だけ勝利に傾くわけじゃない?すげぇ体勢きつくて」と撮影現場での苦労を語りました。 そんな苦しい体勢を保ちながら、「中島健人」は「岡田くんの言葉を思い出したの。「ツライ体勢こそ美しい」って」と、「V6・岡田准一」の言葉を励みにしていたとのことです。「中島健人」が「レギュラー出演」している「林先生の初耳学」「TBS系」に「岡田准一」が出演した際、「ロダン」の「“考える人”」を例に挙げ「「銅像のポーズは」楽な姿勢ではなく、楽ではないワザとツライ体勢を取って「いる」。余裕があると美しくないという美意識がつまっている」と語っていたといいます。 そんな「岡田准一」の言葉を大切にする「中島健人」は、「ちょっとツライ体勢をするっていうところに美しさがあるんだって」と話し、「そのくらいの美しい表紙なので、ぜひご覧ください」と「ファン」に呼びかけました。
ジャニーズ

櫻井翔★家の掟に共感するファン続出★一方でセレブ感が漂うの声も

この流れで「有吉弘行」が「櫻井くん家はないの?変なルールは」と質問します。すると「櫻井翔」は「変な「ルール」なのか、わからないんだけど」と前置きし、「子どもの時から海外旅行に家族が行く時に、「“「飛行機の」便名”」と「“ホテルの名前”」、「“住所”」、「“旅行代理店の連絡先”」を「家族に」送ってる」と告白しました。 ですが、大学時代に友達と海外旅行に行く際、その「ルール」を忘れて出発しようとしたところ、「だから便名とホテルは!?」と怒られたそうです。この「エピソード」に「有吉弘行」は「要人として育てられてるね。要人だよ」「要人以外、そんなの聞かれないから」と驚いていました。 ただ、「ネット」上には「ウチも家族に教えている!櫻井家と同じでなんかうれしい」「櫻井家のルールって、どの家庭でもやってるんじゃない!?」「我が家も櫻井家とまるっきり同じ」との声も多く、櫻井家の「ルール」は一般的な様子です。
ジャニーズ

大野智★楽屋で鼻ほじくって流血★VS嵐で告白した人生の大一番

「二宮和也」は、「蜷川幸雄」演出の舞台に出演したことが「大一番」だと語ります。「当時、「蜷川氏の稽古には」台詞を全部入れていく習慣があって。俺もそのウワサを聞いていて、なんとか「台詞を」入れて現場に行ったら、「蜷川氏が」「よし、立とうか」って」と、動きを含めた稽古を始めたとのことです。ですが、「二宮和也」は動きまでは頭に入れておらず困惑します。とはいえ、「できない」と言ったら怒られると思い、「できます!」と答えたそうです。その結果、「1人」だけほかの出演者とは反対の上手「かみて」に走っていくなどしてしまい、「全部動きが外れた。大一番の中で1回死んでる」と苦笑いしていました。 そして、「大野智」の「大一番」は、「ミュージカル」に出演した時だといいます。「1度目」の出番が終わり、次の出番まで時間が空いていたため、「楽屋で鼻ほじくってたの。自由だから」と「大野智」。出番が近づいてきた「タイミング」で「結構奥まで「指が」いっちゃってた」といい、指を抜くと水っぽい鼻血が出てきてしまったといいます。そんな中、「ミュージカル」の本番になってしまい、鼻血を気にし、すすりながら踊ったことを告白し、「スタジオ」は大爆笑に包まれました。
ジャニーズ

玉森裕太★怖い一面がキスブサで発覚★カッとなった発言に一同騒然

この日の最低得点は「玉森裕太」でした。彼女に「ごめん、今日は帰って」と言われた「玉森裕太」は「なんで?え、え。何いきなり?」と動揺します。さらに、責めた口調で「わからないよ。いきなり不機嫌になってんじゃん」「前もそれあって、「直そうね」って言ってさ、何か不満があるなら言ってよ。言えないくらいだったらさ、そういう態度取るのやめてくれる?」と説教を始めました。それでも彼女が頑なに態度を崩さないと、「鬱陶しいわ、マジで」と吐き捨て、黙る彼女に「無視ね。なにも言わないのね」とあきれ顔です。最終的に「じゃあ、いい。帰る」と立ち上がったものの、「ソファ」にあった「クッション」を投げつけ、「怒ったからな」と「ダメ押し」していました。 「玉森裕太」の怖い一面が見え隠れしたこの対応に、総合得点は「9点」となりました。「玉森裕太」は「男女問わず、こういう人嫌いなんですよ」「ついカッとなってしまった」と、理由を言わず不機嫌になる人を嫌いだと説明しましたが、「ゲスト審査員」たちは「ドン引き」していました。
ジャニーズ

松本潤★二宮和也&確実に溝ある&相当恨んでるの声★生放送中の姿に違和感

「11月27日」に放送され、「嵐・櫻井翔」が総合司会を務めた音楽特番「ベストアーティスト2019」「日本テレビ系」です。序盤に登場した「嵐」は「日本テレビ系ラグビー2019」の「イメージソング」「BRAVE」を歌ったほか、「大トリ」として「君のうた」「Turning Up」を披露し、番組を盛り上げました。そんな中、「嵐」の「歌唱シーン」に関して「“違和感”」を訴える「ファン」が続出しています。 この日、「ジャニーズ事務所」からは「嵐」をはじめ、「NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Sexy Zone、ジャニーズWEST、King&Prince」と、「2020年1月」に「同時CDデビュー」する「ジャニーズJr.内ユニット・SixTONES、Snow Man」が出演しました。「デビュー組」の「8グループ」は番組内の「ジャニーズ青春ドラマメドレー」にも参加し、それぞれ「人気ドラマ」の主題歌などを「パフォーマンス」しました。
ジャニーズ

伊野尾慧★一級建築士から絶賛★住宅を見る眼を褒められた訳

「イノ調」では、「一級建築士の自宅」を「伊野尾慧」が調査します。「第8弾」となる今回は、家の真ん中に庭がある家や、屋根がない家など特殊な家を訪問することになります。最初に訪れた住宅では、「見て!この中庭!」と、樹木が植えられ、自然を感じられる中庭に即座に反応し、「一番ここの景色見てほしい。めちゃくちゃいいよ」と絶賛します。すると、建築士から「さすが」の声が上がり、「そこ、一等地なんですよ」とその「“眼”」を褒められる場面も。さらに、「伊野尾慧」は「コンクリートと木の感じが、なかなか見ないじゃないですか。これが絶妙にマッチしてる。合うんですね。日本家屋みたい」と、もともとこの家が木造の日本家屋だったことを見事に言い当てていました。 「“建築アイドル”」としての実力を余すことなく発揮した「伊野尾慧」が、次に訪れた住宅は、半分屋根がない家でした。「伊野尾慧」が「なんで「半分しか」屋根を付けなかったんですか?」と質問すると、建築士は「発注するのを、忘れちゃったんです」と回答し、「一級建築士の免許、はく奪されますよ!」と「ツッコミ」を入れるのでした。実際は、建ぺい率対策のために、屋根を付けなかったといい、雨や風が強い日は「タープ」「布状の屋根」を掛けることで雨風を防ぐそうです。
タイトルとURLをコピーしました