2019年 12月 の投稿一覧

岩橋玄樹★現在の精神状態★復帰は絶望的&パニック障害の治療に専念

こんばんは。
今日は「岩橋玄樹★現在の精神状態★復帰は絶望的&パニック障害の治療に専念」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」が「2020年末」に活動休止となり、新たな「稼ぎ頭」として「ジャニーズ事務所」が「猛プッシュ」するのが男性「6人組グループ」「King&Prince」です。「メンバー」は「平野紫耀、永瀬廉、髙橋海人、岸優太、神宮寺勇太、岩橋玄樹」です。ですが、現在は「岩橋玄樹」を除く「5人」で活動を続けています。

「岩橋玄樹」は「2020年10月」に「ジャニーズ事務所」に入所します。「キンプリ」の一員として「デビュー」しましたが、昨年「10月20日」に放送された「ドキュメンタリー番組」「RIDE ON TIME~時が奏でるリアルストーリー~」で「パニック障害」を患っていることを告白し、同年「11月」から治療に専念するため、休養することを発表しました。

その後、改善が見られたため、今年「2月17日」に一部制限付きで芸能活動を再開すると発表します。ところが、わずか「11日後」の「同28日」に再び活動休止が発表されました。これに伴い、「3枚目」の「シングル」「君を待ってる」の発売日は「3月20日」から「4月3日」に延期となりました。

活動再開から休止までの「空白の11日間」に「やらかしていた」と報じたのは「週刊文春」「文藝春秋」です。「2月19日」の夜、「岩橋玄樹」は原宿駅付近の「コンビニ」で酒を購入しようとしましたが、店員から年齢確認のために身分証提示を求められ激高します。激しい口論となり、店員の通報で、同伴男性とともに「パトカー」に乗せられ、警視庁原宿署に連行されたというのです。結局、「岩橋玄樹」は警察から厳重注意を受け、迎えに来た両親と帰路についたというのですが、「ファン」の間では「このトラブルで再び症状が悪化したのでは?」と囁かれています。




それ以来、「ジャニーズ事務所」も「岩橋玄樹」の近況や今後については一切発表しなくなりました。「ネット」上では目撃談こそあるものの、彼がいま何をやっているのか、復帰に向けて動いているのかすわからないようです。

「キンプリ」の「グッズ」を発売する某社の担当社員も不安そうにつぶきます。

「ジャニーズサイド」に来年の「岩橋玄樹」について聞いても、言葉を濁すばかりです。まるで腫れ物を触るかのような「リアクション」でした。結局、「岩橋の」「コメント」すらもらうことはできず。当分「キンプリ復帰」は無理なのではないでしょうか。

上記文春では気になる描写もありました。「岩橋玄樹」は休養中も飲み歩き、その際には「何かの薬をお酒と一緒に大量摂取していた。酒で流し込むように10錠以上は飲んでいた」「「岩橋は」「1軒の病院でもらえる量だと全然足りないので、何軒もの病院を回っている」と言っていた」というのです。

「病院で処方されるのですから、違法薬物ではないでしょう。おそらく精神安定剤や睡眠導入剤の類では? ただ、それも用法用量を守らなければ体に負担がかかります」と話しています。




「パニック障害」の治療に専念と発表していた「岩橋玄樹」ですが、実はいまだ「1度」も入院治療などは行っていません。やっていることとすれば、病院で「おクスリ」を大量に処方してもらうことくらいのようです。芸能関係者は「その時だけ症状は和らぐかもしれませんが、これでは根本の治療にはならない。1階10畳も飲んでいたら、今度はクスリが切れた時にどうなるか不安でパニックになる。周囲はどれだけ真剣にサポートしているのか」と指摘します。

熱心な「ファン」が集う掲示板では「大晦日のカウントダウンコンサートで復帰する」という書き込みもありましたが、その後削除されました。

もはやまともな精神状態じゃないという話もあります。このままでは復帰はおろか、脱退も現実味を帯びてきます。

一部では「岩橋玄樹」の交友関係に「筋のよろしくない連中」がいるという話もあります。世界に向けて羽ばたこうとする「キンプリ」ですが、「岩橋玄樹」だけが取り残されたままのようです。

「ファン」の復帰希望を裏切る「岩橋玄樹」の行動には呆れてしまいますよね。



嵐&米津玄師★初コラボ&カイト初お披露目★両社のファンが火花バチバチ

こんにちは。
今日は「嵐&米津玄師★ファンが火花バチバチになっている★その訳とは」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」と「シンガーソングライター」の「米津玄師」との「初コラボ」が発表され、「ファン」を「ザワ」つかせています。

「2020東京五輪・パラリンピック」の「NHKテーマ曲」を「米津玄師」が作詞作曲、「嵐」が歌うことになりました。「タイトル」は「カイト」で、大みそか放送の「第70回NHK紅白歌合戦」「NHK」で初お披露目されます。




「米津玄師」は「僕が子供の頃から変わらず活動してきた嵐の休止前ラストイヤー、その一幕に関われることをとても光栄に感じています。カイトは長く残る曲になってほしいと願いながら制作しました。どうか広く行き届きますように」と「コメント」しています。「嵐」を代表して「相葉雅紀」が「米津さんが作ってくださったこの曲は、頑張っている人が救われるようなやさしさにあふれていて、歌っていてとても感動しました。この曲でオリンピック・パラリンピックをはじめ、2020年の日本全体を盛り上げられるよう心を込めて歌わせていただきます」と、大いに意気込んでいます。

ですが、両者の「ファン」の間では期待と不安が渦巻いているといいます。

「嵐ファン」は当代一の「人気シンガーソングライター」との「コラボ」で、鬼に金棒と言った気分じゃないでしょうか。「活動休止イヤー」の盛り上がりを「パワーアップ」してくれるともろ手をあげて賛成しています。「米津玄師」の歌う自作曲が、「ロングラン」で「バカ売れ」する中、他の「アーティスト」に提供した楽曲も負けずに売れています。「Foorin」の歌う「パプリカ」や「菅田将暉」の「まちがいさがし」、「DAOKO」の「打上花火」など「ヒット曲」ぞろいで、書いてもらえば「バカ売れ」間違いなしの状態ですから、「嵐ファン」にとっては、新たな面が見られると期待が膨らむばかりです。「NHK」の「五輪テーマソング」ということもあり、必然的に番組はもちろん、局をあげての「大プッシュ」となり、歴史に名を残す名曲になることが確実視されています。大感謝しきりなようです。




ですが、「ネット」上の一方の「米津ファン」の心境は複雑で、楽曲提供することなく、「米津玄師」自身に歌ってほしいという要望が圧倒的だといいます。また、「ジャニーズ」への楽曲提供に難色を示す者も少なくなく、曲を「メンバー5人」の「ソロ」でつなぐ歌割に対する抵抗感も強いようです。

「嵐」は「24時間テレビ」や「奉祝曲」の生歌を披露しましたが、それが、歌唱力が「ズバ」抜けている「米津玄師」の「ファン」にとってはどうしても、物足りなく感じられているようです。「米津玄師」の曲の良さを十二分に生かし切れないと、憂う声も少なくありません。

「米津玄師ファン」の「懸念の声」がこだましています。

「両ファン」の賛否両論な意見もあるとは思いますが「嵐」にとっても「米津玄師」にとっても後世に残る名曲になることは間違いないですよね。



秋山大河★神田沙也加&不倫疑惑&同棲★滝沢秀明が処分を下さない訳

こんばんは。
今日は「秋山大河★神田沙也加&不倫疑惑&同棲★滝沢秀明が処分を下さない訳」の事をお伝えしたいと思います。

離婚と同時に「“不倫疑惑”」が伝えられ物議を醸していた「神田沙也加」です。「神田沙也加」は「元夫・村田充」と同日にそれぞれの「ブログ」で、「ジャニーズJr.内ユニット・MADE」の「秋山大河」との「“不倫”」を否定しましたが、一方で「秋山大河」との「“交際”」は、ほぼ認めていました。そんな中、今度は「神田沙也加」と「秋山大河」が、すでに同棲しているという衝撃報道がもたらされました。

「12月27日」発売の「フライデー」「講談社」によると、「神田沙也加」は離婚発表から数日後、「都内マンション」で一人暮らしを始めていたといいます。そして、その「マンション」には「秋山大河」の自転車が止められており、すでに同棲を開始しているとのことです。




離婚発表時、「神田沙也加」は「わたしのプライベートの話も、充さんには全て報告してきております」と、「秋山大河」との交際を半ば認める「コメント」をしました。ですが、「村田充」との離婚の原因は「子どもをもうけることへの双方の見解の違い」としており、不倫については完全否定を貫いています。

「村田充」も「神田沙也加」同様の「コメント」をしたため、あくまで公式見解は「不倫が原因での離婚ではない」ということになりますが、第一報を「スクー」プした「女性セブン」「小学館」をはじめ、「各メディア」は「秋山大河」との不倫を、ほぼ断定的に報じ続けています。

すぐに同棲を開始するとはあまりにも大胆すぎる行動です。ですが、「神田沙也加」が最も心配していたとされる「ディズニー映画」「アナと雪の女王2」の声優出演は、公開中止や違約金が発生することもなく、今後も女優活動においては、ほぼ影響が出ないとみられています。ですが、一方の「秋山大河」は、「ファン」から「干されてしまうのでは」と心配されている状況です。




「12月25日」に千秋楽を迎えた「嵐」の「デビュー20周年記念ツアー」「ARASHI Anniversary Tour 5×20」で、「バックダンサー」を務めていた「MADE」ですが、途中から降板になったといい、「不倫報道の余波では」とする声も書き込まれるようになります。

「Jr.」を管轄する「滝沢秀明」は、特に風紀に厳しいことで知られており、「9月」には女性との「プライベート写真」が流出した「HiHi Jets」の「メンバー2人」に対して、年内活動自粛の処分を下しました。ですが、あからさまに「秋山大河」に謹慎処分などを科してしまうと、「不倫を認めた」ととらえられかねません。「ジャニーズ事務所」としても、この騒動にはさぞ対応に苦慮していることでしょう。

不倫を認めた場合、自らだけでなく「ジャニーズ」にまで、多大な被害をおよぼしかねないこの状況です。もし、「神田沙也加」がここまで計算してこの「“小康状態”」を作り出していたのだとすれば、恐るべき策士だと言うほかないでしょう。

「嵐」の「ツアー」が終了したにもかかわらず何の処分も下されていないことに不気味さを感じてしまいますよね。



スノ★MVにNCTの丸パク指摘続出★ストと再生回数争いも激化

おはようございます。
今日は「スノ★MVにNCTの丸パク指摘続出★ストと再生回数争いも激化」の事をお伝えしたいと思います。

「2020年1月22日」に「両A面シングル」で発売となる「SixTONES」の「デビュー曲」「Imitation Rain」と、「Snow Man」の「D.D.」の「ミュージックビデオ」が、それぞれの「YouTubeチャンネル」で公開されました。「12月25日」「午前4時」解禁の「2本」は、配信後「2日」時点で「再生回数150万台」を突破しました。「ファン同士」も数字を気にして熾烈な戦いを繰り広げる中、「MV」の一部演出に「“パクリ疑惑”」がささやかれているといいます。

「ジャニーズ初」の「同時CDデビュー」を果たす彼らは、「SixTONES」が「ソニー・ミュージックレーベルズ、Snow Man」は「エイベックス・エンタテインメント」から「CD」を「リリース」します。「SixTONES vs Snow Man盤」「Snow Man vs SixTONES盤」名義で「計6形態」を販売し、全ての「バージョン」には「両グループ」の表題曲が収録されています。




「デビューシングル」で「“ニコイチ”」の「2組」は、大みそかの「NHK紅白歌合戦」への出演が決定しました。今年「7月」に死去した「ジャニー喜多川氏」の追悼企画で、「スペシャルパフォーマンス」を披露します。また、来年「1月2日」の「新春しゃべくり007」や、「同11日」の「嵐にしやがれ」「いずれも日本テレビ系」にも、そろって登場します。「1stシングル」が「セット」なだけあって、しばらくは切磋琢磨しつつ活動をともにしていくようです。

「25日」「午前4時」に「2曲」の「MV」が「YouTube」で公開されました。すると、「ファン」は再生回数に注目しました。当初より「SixTONES」が「一歩リード」しており、「27日」「午後5時」の段階でも「SixTONES」の「Imitation Rain」は「191万台、Snow Man」の「D.D.」は「166万台」を記録していました。こうした状況を受け、「Snow Manファン」は「どうやったらSixTONESに勝てるの?Snow Manファン頑張ろう!」「ストに負けてる。もう少し頑張らなきゃ!」と奮起します。ですが、同じ動画を繰り返し再生すると「数字の伸びが悪くなったり、不正とみなされる場合がある」という意見もあり、「Snow Man」と「SixTONES」を交互に再生するなどして、「両ファン」の相乗効果で「MV」の視聴数が増えています。

そんな中、主に「Snow Man」の「MV」に関して、「一部ネットユーザー」の間で「某アーティスト」の「MV」に酷似していると話題になっているようです。比較対象となっているのは、韓国の「男性アイドルグループ・NCT」の「派生ユニット」である「NCT U」の「第七感「The 7th Sense」」の「MV」のようです。「2016年4月」に「YouTube」で公開され、確かに「メンバー」が透明の「ボックス」に入っている「シーン」は、「Snow Man」の「D.D.」にもよく似た場面が確認できます。また、「第七感「The 7th Sense」」は赤い照明が印象的な映像になっているものの、「「D.D.」MV Teaser」と題した「バージョン」にも、同様に真っ赤な「シーン」が含まれていたのです。

「Twitter」上では、該当の「シーン」の静止画を並べた上で、「これはさすがにありえない。似すぎてる」という批判的な反応が上がっており、「NCTとSnow ManのMV見たら、マジで似てるところあった」「植物生えてる透明ボックスとか丸パクリ!メンバーに非はないのに」と共感する人もいるようです。「NCT」の日本での「所属レコード会社」は、「Snow Man」と同じ「エイベックス」ですが、「日本版Twitterアカウント」に向けて、「パクリ疑惑、どう思いますか?エイベックスで一緒だけど、デビューMVでパクリだとしたら」と「“突撃”」する「Twitterユーザー」も見受けられました。




とはいえ、「Snow Manの「D.D」が「第七感」にそっくりと聞いて見たけど、似てない」「全然似てなくない?赤いライトとか、箱の中に植物と一緒に入ってるシーンなら、ほかのアーティストでもあったと思う」「言われてみれば似てるな~っていうレベルで、正直気づかなかった。気にしすぎ」と、「“パクリ”」を否定する「コメント」も少なくありません。

「SixTONES」の「Imitation Rain」は、「タイトル」に沿って「“水”」を使った演出があるのですが、「ラストアイドル」の「バンドワゴン」や、「MAG!C☆PRINCE」の「ゴメン、、離したくない」の「MV」などを思い出した人もいたようです。また、炎に囲まれた空間があるためか、「Sexy Zone」の楽曲「忘れられない花」の「MV」にも似ているという声もわずかに出ていました。「Snow Man、SixTONES」の「MV」にしても、正直に言ってそこまで凝った演出ではない分、似通った「シーン」が存在してしまったのかもしれません。

「スタート」から残念な話題で注目を集めてしまいましたが、今回の疑惑によって、「CD」の売り上げに影響は出るのでしょうか。

似てしまっていることに対しての批判があまりにも厳し過ぎて「ファン同士」の足の引っ張り合いが気になるところですよね。



岸優太★高橋海人に物申す★ZIP!企画内容をめぐり対立か

おはようございます。
今日は「岸優太★高橋海人に物申す★ZIP!企画内容をめぐり対立か」の事をお伝えしたいと思います。

「2020年」開催の「東京オリンピック・パラリンピック」に向け、朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」で放送中の「King&Prince」「MEDAL RUSH」です。「12月23~27日」は、「競技最多チャレンジアワード」として、「スタッフ」が勝手に「King&Princeメンバー」を表彰していきました。

まず、「5つ」の球技に挑戦した「永瀬廉」と「高橋海人」が「球技部門」を受賞しました。「高橋海人」は、砂場の上で「プレー」する「ビーチバレー」が特に大変だったと振り返り、中でも「コーチ」の「石島雄介選手」の熱血ぶりに驚いたようで「松岡修造さんと同レベルで熱血でしたね。正直きつかった」と本音を明かしました。




そして、「陸上部門」は、「砲丸投げ」や「やり投げ」など、投げる競技を中心に「4つ」の種目に挑戦した「平野紫耀」が受賞しました。これに「平野紫耀」は「玄関がすごい楽に開けられるようになった。「“投げ系”」やってるからなのか「フンっ」って「開けられるようになって」。そのお陰なのかもしれないです」と謎の成果を報告し、「スタッフ」を戸惑わせていました。

また「100メートル走」や「リレー」「ハードル」などの走る競技を中心に「4種目」を行った「神宮寺勇太」も「陸上部門」を受賞しました。「100メートル走が一番きつかったです。「ZIP!」史上で!」と明かし、「次の日に響きます」と素直に「コメント」していました。そんな「神宮寺勇太」は「格闘技部門」も受賞します。ですが、「テコンドー」に挑戦した際は、最初に「スタッフ」から「空手を仕込みました!」と嘘をつかれたことを振り返り「ダマされました」と恨み節です。というのも、「神宮寺勇太」は空手有段者です。「空手」と聞き、得意の競技に挑戦できると意気込んでいたところ「テコンドー」だったそうです。一方、「“ボクシング”」については、舞台「DREAM BOYS」で「ボクサー役」を演じたことから、「こんなに直近で、仕事で役立つことがあるとは」と感謝の気持ちを述べていました。

続いて「水系部門」は、「競泳」「サーフィン」「水球」と「3つ」の種目に挑戦した「高橋海人」が受賞しました。そして「競泳は本当にきつかった。今まで仕事してきた中で一番きつかった」「一生競泳なんてやらない」と本音をぶちまけていましたが、この時に教わった内容は、ほかの水系の競技で生かすことができたといいます。そして、念願の「サーフィン」に挑戦した時は、心の底から楽しんでいたといい、「コーチ」を担当していた「平野颯馬選手」とは、実際に「今度一緒にサーフィンする約束をした」と今でもつながりがあることを明かしました。




ですが、「高橋海人」は「岸「優太」くんが「海人の競技が全部簡単そうに見える」って言ってたらしくて」と不満を「ポロリ」。これに対し、「スタッフ」が「岸優太」の元へ真相を聞きにいくと「逆に海人に物申したい」と語気を強めて、「海人は水泳 楽しんじゃってないか?」と「コメント」します。「岸優太」も「飛び込み」に挑戦していたのですが、恐怖のあまり楽しむ余裕がほとんどなかったようで、「あそこ「飛び込み台」に立たないとわからない」とその大変さを力説します。ですが、この放送を見たという「高橋海人」は「大変そうな姿を見て正直、心の底から笑いましたね」と告白し、「スタッフ」の笑いを誘っていました。

そんな中、「岸優太」は「ライド系部門」を受賞すると、今まで挑戦した競技の中で「BMXが一番向いている」と自信ありげです。この発言を受けて、「スタッフ」が「永瀬廉」に「岸さんがBMXでハンディ付きで、小学生に勝って大喜びしていた」と告げたところ、「目に浮かびますね」と呆れられたのでした。

この放送に「ファン」からは「毎回、愛のあるロケをありがとう」「来年もよろしくお願いします」と番組に向けて感謝の声が寄せられました。

他人の仕事は大変そうに見えないことってありますよね。ですが「オリンピック競技」において簡単そうだということは絶対にないと思うのですが。



マリウス葉★放送事故のカウコン落下を回顧★今年はいる&意気込み語る

こんばんは。
今日は「マリウス葉★放送事故のカウコン落下を回顧★今年はいる&意気込み語る」の事をお伝えしたいと思います。

「Sexy Zoneメンバー」が交代で「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「Sexy ZoneのQrzone」「文化放送」の「12月23~26日」の放送回に、「中島健人」と「マリウス葉」が登場しました。「26日」の「エンディング」で、昨年の「ジャニーズカウントダウン2018‐2019」を振り返り、今年の意気込みを語りました。




「26日」の放送回で、「中島健人」が「翌27日」の「ミュージックステーション ウルトラSUPERLIVE2019」「テレビ朝日系」に「Sexy Zone」が出演することを告知すると、「1年の最後の方が始まる「よし、もうここからラストスパートだな」って感じがする」と「マリウス葉」。一方、「中島健人」は「本当に思うんですけど、そういう歌番組とかに出演できてるって、当たり前じゃねぇなと思いました」と「コメント」しました。

これには「マリウス葉」も「そうですね。今年は特になんか考えさせられましたね、いい意味で」と同調します。そして、「中島健人」も「やっぱいかに、自分たちの音楽をたくさんの場所に届けたいっていう思いが強いか強くないかで、自分たちの立つステージって決まってくるんだよね。その思いっていうのは僕たちだけじゃなくて、ファンのみなさんと一緒に盛り上げていければいいなと、僕は思っています」と語りました。

一方、大みそかは、恒例の「ジャニーズカウントダウン2019‐2020」に出演するといい、「マリウス葉」が「今年は僕はちゃんといるので、ステージに!」と宣言すると、「中島健人」も「今年は落ちないでくださいよ!」と返答します。というのも、昨年の「カウコン」で、「マリウス葉」が歌っている途中、「ステージ」上から落下するという「ハプニング」が起きていたのです。また、その様子が「テレビ中継」されていたこともあり、「ネット」上は「今、マリウスが落ちた!大丈夫?」「えっマリウスが消えた!」「これって放送事故じゃない!?」と一時騒然とします。しばらくして、「ステージ」上に戻ってきたものの、すでに日付は変わっていたため、「今年は約束します!今年はみなさんと一緒にカウントダウンをしたいと思います!思いますじゃないです。カウントダウンを過ごします!」と「リベンジ」を宣言する「マリウス葉」でした。




また「マリウス葉」は、「11歳」で「デビュー」したため、長年「カウントダウン」の瞬間、「ステージ」に立つことができなかったことを回顧します。「18歳」になった昨年、ようやくそれがかなうと思った矢先に、「落下ハプニング」に見舞われただけに、「今年が僕としては初めて「のカウントダウン」、ある意味」といいます。すると「中島健人」が「「#マリウスカウントダウンリベンジ」。もしかしたら「トレンドに」上がるんじゃない?」と「イジ」りだし、「ハッピーニューイヤーより上だったらウケるよね」と笑いを誘っていました。

これに「ファン」からは、「去年は心配でカウントダウンどころじゃなかったもんね。今年こそ期待!」「本当に、去年はハラハラしながらの年越しだった。今年はみんなで年越ししようね」との声が集まりました。

「マリウス葉」には「カウコン」での「リベンジ」で男を上げてほしいですよね。



永瀬廉★正直ネタと明かした★岸優太&神宮寺勇太への誕生日プレゼント

こんばんは。
今日は「永瀬廉★正直ネタと明かした★岸優太&神宮寺勇太への誕生日プレゼント」の事をお伝えしたいと思います。

「King&Prince・永瀬廉」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「King&Prince 永瀬廉のRadioGARDEN」「文化放送」です。「12月26日」の放送では、今年を「あっという間だった」と振り返り、「「ラジオに」先輩を呼びたい!」と来年の目標を語りました。




自ら出演を熱望している「関ジャニ∞・村上信五」、お世話になっている同じく「関ジャニ∞・大倉忠義、Hey!Say!JUMP・山田涼介、ジャニーズWEST・小瀧望」などに出演してほしいといいます。ただ、「永瀬廉」が憧れる「Kis-My-Ft2・玉森裕太」については「玉さんは絶対来てくれん。「なんでお前のために時間作らなあかんねん」って言われる。絶対」と、すでに諦め「モード」でした。

また、「2年連続」で「NHK紅白歌合戦」「NHK総合」に出演することになった「King&Prince」ですが、「リスナー」から「どんなシチュエーションで、出場の決定を聞いたのでしょうか?」と質問が届くと「今年は事務所の方から聞いた」と「永瀬廉」。「2年連続」で出演できることは、純粋に「うれしい」とのことで、「メンバー同士」「頑張ろうな」と語ったといいます。そして、「ファン」だという「Foorin」も「紅白」に出場するということで「やった~!「パプリカ」踊れっかな~」「今回踊れたらいいな、「パプリカ」」と楽しみにしている様子です。

その後、「10月取材の雑誌で「岸優太くんの誕生日プレゼントを、まだ渡せていない」と話していましたが、もう渡しましたか?また、神宮寺勇太くんも誕生日を迎えたと思いますが、何か渡しましたか?」という「メッセージ」を紹介すると、「買いました!ちゃんと」とのことです。そして、「2人とも同じ柄で、岸さんは上下セットの「“パジャマ”」。神宮寺さんは「“ガウン”」」と「誕生日プレゼント」の中身を明かしました。




「永瀬廉」いわく「もこもこのついた生地的にはシルクっぽいねんけど、同じ柄でね。めっちゃ派手。正直ネタよね」といい、贈った「永瀬廉」でさえも「絶対に着らんへんような」と思ったそうです。ただ、「ちゃんと値段もそこそこしたから。ちゃんと着てほしいよね」「俺はどうしても、これを着て家でいるとこの写真を撮ってきてほしいから、「家で着ることがあったら写真送って」って言うつもり」と「ワクワク」している様子です。

そして、「1番」の「ポイント」について「2人とも同じ柄っていうね」と語った「永瀬廉」に、「ファン」からは「同じ柄でも岸くんにパジャマ。神くんにガウンを選ぶあたりが、廉さんわかっておられる「笑」」「絶対着られない柄っていうのが気になる!Wゆうたから詳細を聞けますように」「そのお写真、ぜひブログに載せて~」との声が集まっていました。

「ネタ」にできるような「プレゼント」を渡せる関係なのが「ファン」にとっては「ほっこり」してしまいますよね。



二宮和也★文春★直撃取材への回答★無神経すぎる&本当気持ち悪い

こんばんは。
今日は「二宮和也★文春★直撃取材への回答★無神経すぎる&本当気持ち悪い」の事をお伝えしたいと思います。

「12月26日」発売の「週刊文春」「文藝春秋」が、「新婚ホヤホヤ」の「嵐・二宮和也」を直撃しました。記者の質問に対する「二宮和也」の回答について、一部の「嵐ファン」から「一生許さないし、幸せになってほしくない」「無神経すぎる」などと批判が飛び交っています。




同誌は、「12月22日」の昼下がり、都内の「高級スパ」を訪れた「二宮和也」の姿を「キャッチ」します。「スパ」を出た後に声をかけると、「二宮和也」はにこやかに取材に応じたといいます。「新婚生活はいかがですか?」との「ストレート」な質問には、「あっ、いや「笑」。普通に。はい」と、困惑が伝わる様子で「コメント」しました。続けて、「お幸せですか」と聞かれ、「はい!「笑」」と、即答していたそうです。その一方で、「嵐の皆さんからも祝福されましたか?」などと「メンバー」に関して問われた際は、「事務所を通していただければありがたいです」「答えるものも答えられないので」と交わしていたそうです。

「二宮和也」は「11月12日」に「公式ファンクラブサイト」を通じて結婚を報告しました。お相手は「元フリーアナウンサー・伊藤綾子」ですが、「2016年7月」の交際報道時に判明した「“匂わせブログ”」の一件で、「嵐ファン」はすっかり彼女を毛嫌いしています。「二宮和也」が「伊藤綾子」を伴侶に選んだ以上に、「20年の活動休止まで待てなかったのか」と、「タイミング」にも疑問を抱いているのでしょう。多くの「ファン」が今回の結婚を複雑な心境で見守る中、「メンバー自体」も、全員が祝福しているわけではなさそうです。結婚後、「お祝いコメント」を出したのは「櫻井翔」と「相葉雅紀」の「2人」で、なぜか「大野智」と「松本潤」は「スルー」を貫いています。また、音楽特番「ベストアーティスト2019」「日本テレビ系、11月27日放送」では、「松本潤」が隣に立つ「二宮和也」と肩を組もうとせず、距離を置いているように見える場面がありました。

「二宮和也」の結婚を機に、最近では「一部メディア」で「嵐メンバー」の「“不仲説”」が囁かれているほどです。こうした不穏な状況で、記者の問いかけに対応した「二宮和也」について、「なんでメンバーから祝福されたかどうかは答えられないのに、幸せかどうかは即答するの?」「メンバーに祝福されたってことすら言えないの?本当に反対されてたんだね」「「お幸せですか?」にも「事務所通してください」と言えばまだマシだった」「「お幸せですか」「はい」って、本当に気持ち悪い」と失望の声が相次ぎ、「こっちは二宮のせいで、結婚発表後から1ミリも幸せじゃない」と苦しむ「コメント」も見られます。




そんな「ファン」の間で、「二宮和也」の別の発言が話題になっています。「24日、ファンクラブ」会員向けに公開された動画の中で、「本日49公演目!」と書かれた紙を持つ「二宮和也」が、「カメラ目線」で何か声をかける場面がありました。「24日」は「相葉雅紀」の誕生日であるため、「相葉くんおめでとう」と口にしたようなのですが、これが「あやこおめでとう」に聞こえると、「ネット」上の「一部ファン」が指摘しました。実は、「伊藤綾子」の誕生日は前日の「23日」で、まったく的外れの「コメント」ではないようです。「あいば」が早口になり、「あやこ」の発音に似てしまったものとみられますが。「スロー再生」などにした映像を見た「Twitterユーザー」は「これ、「あやこおめでとう」だよね」「「あやこおめでとう」にしか聞こえない。もうしゃべらないで!」「「相葉くんおめでとう」だと思ってたけど、「あやこおめでとう」だと思って聞くと、そう聞こえる」と波紋を広げていました。

さすがに「ファン」が視聴する動画で、「二宮和也」が妻の名を口にするとは考えにくく、単なる滑舌の悪さの問題もあるのでしょう。それだけ、「ファン」が「二宮和也」の言動に敏感になっているとなれば、まだまだ結婚を受け入れてもらうには時間がかかりそうですね。

結婚を強行してしまった「二宮和也」の決断には「メンバー」も賛成できなかったようですね。



伊野尾慧★クリスマスは丸々仕事でした★めざましで必死に釈明

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★クリスマスは丸々仕事でした★めざましで必死に釈明」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の「伊野尾慧」が「木曜レギュラー」を務める情報番組「めざましテレビ」「フジテレビ系」です。「12月26日」に放送された「伊野尾慧」の「コーナー」「伊野尾ピクチャー」では、「サンタ」の格好をした自身の写真を披露しました。




この写真を見た同番組の「メインキャスター・三宅正治アナウンサー」は「出た!出たよ!」と反応します。これに「伊野尾慧」は苦笑いしつつ、「昨日はクリスマスだったんで」と写真の説明をすると、「永島優美アナウンサー」から「プライベートですか?」と質問が飛んできます。「伊野尾慧」は爆笑しながら「プライベートじゃないです「笑」。プライベートでさすがにこの格好は」と否定します。雑誌の撮影だったというのですが、またしても「三宅正治アナウンサー」から「自前かもしれないよ」と「ツッコ」まれ、「永島優美アナウンサー」からも「自前かなと思っちゃった。似合ってるから」といじられる始末です。「伊野尾慧」は「クリスマスは朝から晩まで丸々仕事でした!」と話していました。

この「1枚」に視聴者からは、「違和感がないぐらい着こなしてる!」「伊野尾サンタかわいすぎる」「みんなから愛されてるね!」という声が集まりました。

次に放送された「イノ調」では、「ワンランク上の帰省土産」について「伊野尾慧」が調査します。「ようかんやお茶、のり」など進化する老舗の味を紹介していきました。最初に訪れた、「老舗和菓子店・とらや赤坂店」では、「ステキな建物!中に入ると木の心地よい香りがしますね」と「“建築アイドル”」らしい感想を述べ、大興奮の様子です。その後、階段の手すりの「カーブ」は、ようかんの角の丸みを意識して作られていると聞き「ウソでしょう!? ホントに!?」と大はしゃぎしていました。




その後、若い世代から人気を集めている、おしゃれな「一口サイズ」のようかんを紹介された「伊野尾慧」は「時代とともに変化してる感じがしますね」と「スタイリッシュ」さを絶賛します。さらに、「東京から「地元に」帰って、手土産に持っていったら「東京、お兄ちゃん、やっぱりすげぇんだな!」「東京ってオシャレなんだな!」って「言われそう」」とおすすめ「ポイント」をきっちり伝えたのでした。

放送後、視聴者からは「伊野尾くんの説明はわかりやすい!」「年内最後の「イノ調」も面白かった!お疲れ様」といった声が寄せられました。

必死に釈明してしまうから余計にいじられてしまうようですね。



千賀健永★ラジオ中に俺のことバカにしてる★舐めすぎ&宮田俊哉に激怒

こんばんは。
今日は「千賀健永★ラジオ中に俺のことバカにしてる★舐めすぎ&宮田俊哉に激怒」の事をお伝えしたいと思います。

「12月25日」深夜放送の「ラジオ」「Kis-My-Ft2のキスマイRadio」「文化放送」に、「Kis-My-Ft2・千賀健永」と「宮田俊哉」が登場し、「千賀健永」が「宮田俊哉」に「俺のことバカにしてる」と不満をぶつける場面がありました。

「リスナー」から「恋愛相談メール」が届くと、「宮田俊哉」は「恋愛相談って、ちゃんと答えられるようになりたくない?」と一言。「千賀健永」も「わかるわかる」と同調したため、急きょもう一通「恋愛相談メール」を「スタッフ」から受け取ることになります。相談内容は「私は生徒会副会長をしているですが、先輩の生徒会長と話していると、とても胸がドキドキしたり、会長がほかの女の子と話していると胸がギュッとなったりします。これは何ですか?」というものでしたが、「千賀健永」は「一言で終わっちゃうんだけど、それは恋です」と回答します。




続けて、「やっぱ生徒会長ってモテるよね。しかも先輩なわけだからさ、自分より知識とか経験とかある」と「コメント」します。これに「宮田俊哉」が「なんか先輩ってモテるよね。何なんだろうね?」と素朴な疑問をぶつけると、「千賀健永」は「でも、ただの先輩じゃモテないんだよ。サッカー部の先輩、生徒会長の先輩とか。なんか一芸がないと」と持論を展開し、「俺たちはジャニーズ事務所に入っている、タレントの先輩だったわけじゃない?」と、自分たちは「“一応”」「モテる部類」であると自負しました。

一方、姉がいる「宮田俊哉」ですが、学生時代は先輩女子のことを「姉の友達」としか見ておらず、先輩も「宮田「姉」の弟」として接してくることから、年上を好きになることはなかったといいます。また、「クラス」の女子が「先輩かっこいい」と話しているのを聞き、「なんでそんなに先輩がいいの?いるじゃん!身近に俺たちがいるよ!」という嫉妬心が芽生え、「俺は断固、年上は好きにならん!」と思っていた時期があったんだそうです。とはいえ、大人になってからは年齢の壁はなくなったと明かしていました。

その後、「宮田俊哉」が「1回くらい「生徒会長を」やってみたかったな」とつぶやくと、「千賀健永」が「俺、生徒会長でしたよ。こう見えて!」と告白します。これに「宮田俊哉」が「千賀さん。ラジオでウソつくのやめてください!」と「ツッコ」んだところ、「千賀健永」は「あなたね、俺のことバカにしてる」と激怒します。続けて、「「宮田は」俺のことを舐めすぎなのよ」といい「生徒会長だったんです。しかも「“生徒会長の中の会長”」だからね」と「キッパリ」、ですが、この発言に「ど、ど、どういうこと!?」と戸惑う「宮田俊哉」でした。




すると「千賀健永」は「生徒会長っていっぱいいるじゃない。要は あっ学級委員!あれ?生徒会長って何だっけ?あ、それ違うわ!」といい、「“生徒会長”」と「“学級委員長”」を間違えていたことが発覚します。その後、何事もなかったかのように、いかに自分が学級委員長として奮闘したのかを語りましたが、肝心なところで天然ぶりを発揮してしまいました。

そのため、「ファン」からは「「俺を舐めるな」と言ったそばから、生徒会長と学級委員長を間違えている千ちゃん、かわいいなぁ」「千ちゃんにはこれからもそのままでいてほしい!」「あんだけ宮田くんに怒りながら、生徒会長と学級委員長を間違えてるなんて天然すぎる!」という声が集まりました。

「千賀健永」の激怒した意味が全て水の泡になってしまいましたよね。