2019-12

ジャニーズ

なにわ男子★1日3公演の単独ツアーに密着★足が3トン&未知の経験

今回の密着では、彼らが通常回で見せる明るい「キャラクター」とは違い、真剣に「“職業・アイドル”」と向き合う一面が、何度も垣間見えました。 「ステージ衣装」を担当する「長尾謙杜」は、「今回のコンサートは、なにわ男子の方向性を示すコンサートでもあるんで、オープニングはアイドル系で攻めました」と、「キラキラ」した「ステージ衣装」を手に熱く語りました。また、「コンサート終了後」に毎回行われている反省会では、真剣に議論する彼らの姿があり、「大橋和也」は反省会について「新たに発見するとこもあるから、それを言い合う場みたいな感じですね」と話します。 そして、「“未知の世界”」である「3公演目」に挑む本番前、「藤原丈一郎」が「ほんまに3公演目やったん?って思わせられるようにやっていきましょう!」と檄を飛ばし、いよいよ「ステージ」へ。圧巻の「パフォーマンス」を笑顔でやり切った「藤原丈一郎」が「僕らもどうなるかわからなかったんですけど、逆に3公演目の方が元気やったよな?」と感想を話すと、「西畑大吾」は「「ステージに」出てる間はアドレナリンが出てて楽しめたけど。終わった瞬間、足が3トンくらいに」と、さすがに疲労困憊といった様子でした。
ジャニーズ

関ジャニ∞★メンバーに似たプロレスラーは誰★ファンキー加藤の診断に共感の嵐

「ファンキー加藤」いわく、「村上信五」が似ている「プロレスラー」は「フリー」で活躍する「人気レスラー」「黒潮「“イケメン”」二郎」だといいます。その共通点は、「“メンタルの強さ”」「“MC能力が抜群”」「“オファーが絶えない”」といった点。さらに、「村上信五」が勉強のために英字新聞を読んでいるということと、「黒潮“イケメン”次郎」が来年から「アメリカ」の「プロレス団体」で勝負するという点が、互いに「“世界進出の野望”」を持っていると指摘しました。この結果に「村上信五」は、「めちゃくちゃ黒潮「“イケメン”」二郎好きになってきた」と感想を漏らします。 次に「横山裕」は、「元全日本プロレス」の伝説の選手「三沢光晴」という診断結果に。共通点は「“照れ屋さん”」「“兄貴肌”」「“後輩の面倒見がいい”」、加えて「サウナ」に誰かが入っていたら「“絶対そいつより後に出る”」という「横山裕」の負けず嫌い「エピソード」を例に挙げ、「“負けず嫌い”」という共通点も見いだした「ファンキー加藤」でした。これを聞いた「横山裕」は「気持ちええなぁ、プロレス見よう、これから」と満足げです。
ジャニーズ

松本潤★二宮和也アレルギーにスタッフ困惑★エゴサで不仲説チェック

「嵐・二宮和也」と「松本潤」の間に、深い「“溝”」が生じていると、「12月26日」発売の「週刊文春」「文藝春秋」が報じています。「二宮和也」の結婚発表後から、「ファン」も「メディア」も「活動休止前のタイミングでよかったのか」と再三議論していますが、やはり「メンバー」からしても、「二宮和也」に対しては不信感を抱かざるを得なかったのでしょうか。 「二宮和也」は「全国ツアー」「ARASHI Anniversary Tour 5×20」の真っただ中である「11月、元フリーアナウンサー・伊藤綾子」との結婚を発表します。その後、本人は自身の「ラジオ番組」や記者の問いかけに応じる形で、結婚について言及していますが、「メンバー」で祝福の「コメント」を発表したのは、「櫻井翔」と「相葉雅紀」の「2人」だけでした。
ジャニーズ

橋本良亮★サンタコス女性や大量の酒瓶★私生活パーティー動画流出

昨年、「ギャル系女性」との「白昼デート写真」や「電車内ツーショット」が「ネット」上に流出し、「ファン」を悲しませた「A.B.C-Z・橋本良亮」です。今度は、「プライベート」で楽しんだとみられる「クリスマスパーティー」の模様が出回り、「ファン」からは「アイドルの自覚ない」「友達選んで」などと、辛らつな声が上がっています。 流出源は、「元ホスト」で現在は美容関係の仕事をしている男性の「インスタグラム」でした。「24日」深夜、この男性宅で行った「クリスマスパーティー」の動画などを「アップ」していたのですが、その中に「橋本良亮」らしき男性の姿が映っていたのです。「テーブル」には「ビール」や「シャンパン」、豪勢な料理が並び、出席者のほとんどが「サンタクロース」の帽子や衣装を着て宴を満喫していたようです。「ゲーム」で負けた人はお酒を飲む「ルール」になっていたのか、「パーティドリンク」「Kleiner Feigling」の大量の空き瓶を捉える場面もありました。「橋本良亮」は「24日」の「午後9時台」に「ラジオ」「A.B.C-Z 今夜はJ’s倶楽部」「NHKラジオ第1」の生放送に出演しており、本番終了後、複数人の男女が集まる「パーティー」に駆けつけたのでしょう。
ジャニーズ

大橋和也★そんなんいらん&全然違う★サンタに文句タラタラの訳

「藤原丈一郎」は、「クリスマスプレゼント」のお願いで「ゲームをすごい頼んでたね。「このゲーム欲しい」みたいな」とのことで、「俺もゲーム頼んでた!」と「大橋和也」も大興奮します。続けて「大橋和也」は「けど、全然違うの来んのよ」としょんぼりしながら、「音楽レコーダー」をもらったと回顧します。「その次も、音楽レコーダー」とまさかの「“2年連続”」で同じものをもらったそうで、「そんなんいらん!「リクエストは」全部ゲームやったんよ。ゾンビシューティングゲームとか書いてたんやけど、全然違うかった。音楽レコーダーだった」と文句が止まらない「大橋和也」に、「「「音楽」聞け」ってことよ」と「藤原丈一郎」は強引にまとめたのでした。
ジャニーズ

手越祐也★ラジオで暴言連発★超だりい&嫌い&大荒れの訳

別の「リスナー」からも「今年の「ギャル流行語大賞」が発表されました。ランクインしてそうな言葉や意味を予想し合ってください。ちなみに「ぴえん」は第2位です」という「メッセージ」が届き、「メンバー全員」で挑戦してみることになりました。 ですが、ここでも「手越祐也」が「やべえ、知らねえ」と困惑します。「第9位」に「ランクイン」した「きょコ」の意味については、「加藤シゲアキ」が「今日この頃」、「手越祐也」が「今日の献立」と答えるも、二人そろって不正解となります。「小山慶一郎」からの「ヒント」をもらって「今日のコーディネート」と正解を導き出した「手越祐也」でしたが、なんでも略してしまう「ギャル語」に対し、「超だりい!」と暴言を吐いていました。 その後、「第2位」の「ぴえん」について「かわいく泣く」と意味が明かされたものの、「増田貴久」は「ごめんなさい、そんなに興味の方が「ない」」と「バッサリ」。その後も、「第3位」の「わかりみが深い」について「「よくわかる」を強調した言葉」だと「小山慶一郎」が説明すると、「手越祐也」はまた「「よくわかった」でいいじゃん!?」と猛反論しました。
ジャニーズ

スノスト★紅白出演決定★デビュー組でも出れないのに&ありえない

「12月24日、来年1月22日」に「CDデビュー」が決まっている「ジャニーズJr.内ユニット」の「SixTONES」と「Snow Man」が「第70回NHK紅白歌合戦」に出演することが発表され、「ネット」上で「まだCDを出してもないのに」「ゴリ押しがひどい」と不満が続出しています。 「SixTONES」と「Snow Man」が出演するのは、今年「7月」に亡くなった「ジャニー喜多川氏」の追悼企画で、「ジャニーズJr.」と一緒に「スペシャルパフォーマンス」を披露することも明らかになりました。 「紅白」といえば多くの「アーティスト」が出演を目指している国民的大型音楽番組で、出演したくてもできないことがほとんどです。今年は、「デビュー9年目」にしてようやく初出演を掴んだ「Kis-My-Ft2」に対し、「6年連続」で出演していた「Sexy Zone」が落選するなど、「ジャニーズ」内でも競争率が高いようです。そのため、「ファン」からは「ジャニーズJr.出すならセクゾとか、ほかのデビュー組を出してよ!」「ジャニーズJr.に枠を奪われた」と激しい批判の声が噴出しています。
ジャニーズ

三宅健★広瀬すずを大絶賛★ここまでベタ褒めするのは珍しい&ファン驚き

「三宅健」はここ最近、話題の映画「ジョーカー」を鑑賞したり、「野田秀樹作・演出の舞台」「Q:A Night At The Kabuki」を観劇したそうです。「三宅健」と「野田秀樹」は、「2000年」に上演された舞台「二万七千光年の旅 世紀末の少年」で共演してからの仲で、「ラジオ」で「野田秀樹」との交流について触れることもありました。 観劇した今作については、「やっぱ野田さん好きだな~。日本が世界に誇れる演出家だなあ、と思いましたね」とのことで、「松たか子さんもすっごい素敵だったし、何よりもすごかったのが、広瀬すずちゃんかな。初舞台とは思えないね。すごかったな~。いや、あれはすごかった」と出演者である「2人」の女優を絶賛しました。 さらに「広瀬すず」については、「まぶしいくらいキラキラしてて、すごくオーラがあって。すごいなって思いましたね。一つひとつが絵になるんだよね、声も素敵だし。ちゃんと舞台っていう大きな場所を埋め尽くす何かをちゃんと持っているっていうか。人の目が吸い込まれていくように存在している」と、とにかく褒める「三宅健」です。「これからが楽しみな女優さん」とも評していました。
ジャニーズ

堂本光一★自身のファンに申し訳ないと謝罪★裏方仕事への思い語る

「堂本光一」が「今年の漢字一文字」を発表することになりました。「ラジオ」では年末恒例になっているのですが、「2011年」から毎年発表しているがゆえ、思わず「めんどくさいね~ん!」と「ポロリ」。その後、「どうしようかな~」「一文字では決められない!」と迷いつつ、結局「章」という字に決定しました。「令和になって、「新しい章の始まりだ!」ってことで」と、その理由を説明していました。 そんな中、「堂本光一」は「2019年」を振り返り、「まあ、充実した。忙しかったな~。あんまり表に出ない仕事も、たくさんしてたんで」としみじみします。「10月」に「Hey!Say!JUMP」が台湾で行った「コンサート」で、「堂本光一」が演出の「サポート」を行うなど、確かに今年は「“裏方”」としての活躍もありました。「すごい忙しかったです。でもその分、自分としてはやりがいを感じて楽しかったです」と充実感はありつつも、「堂本光一」本人の活躍が見たいという「ファン」に対しては、「ちょっと申し訳なかった部分もあるかもしれません」と謝っていました。
ジャニーズ

JUMP★ツアーバックにTravis Japan登場★チケット2万円に高騰

「10月」発売の「アルバム」「PARADE」を引っさげ、「4大ドームツアー」「Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2019-2020 PARADE」を開催中の「Hey!Say!JUMP」です。「12月20~22日」には「愛知・ナゴヤドーム」で公演を行い、「バックダンサー」には「ダンス」に定評のある「ジャニーズJr.内ユニット・Travis Japan」が新加入し、大きな話題になっています。「今ツアー」に関しては「空席祭り」が危惧されていたものの、人気「Jr.」の投入によって「チケット価格」は高騰しているようです。 「今ツアー」は、「11月29日」の「京セラドーム大阪公演」から「スタート」しました。「10月中旬」に「ファンクラブ」の抽選結果が発表された際には、「申し込んだ公演が全部当選した」「東京は落選したけど、ほかは全部当たった」と、「ジャニーズアーティスト」の公演においては珍しいほどに「“重複当選”」を報告する声が相次ぎました。
タイトルとURLをコピーしました